引越しの段取りと準備 【引っ越し】ニトリのベッドの解体・組み立て方法!業者へ依頼した場合の料金は?

  • 更新日:2023.01.12

お手頃な価格と種類の多さから利用されている方も多いニトリのベッドですが、引っ越しをするとなると解体してから運ぶ必要があります。

そして解体したベッドを運んだ先では、組み立てをしなければ使えないので、引っ越しには解体と組み立てという2つの作業をしなければなりません。

しかし解体・組み立て作業をやるとなると上手くできるのか不安になるものですし、自分ではできないときの選択肢や費用面の心配もあるでしょう。

このようなニトリのベッドに関するお悩みを解決するため、この記事では

  • ニトリのベッドは解体できるの?
  • 解体したベッドは組み立て直せる?
  • 解体のやりかたを詳しく知りたい
  • 解体を業者に安く依頼したい
  • ニトリのベッドの処分の方法は?

これらの疑問について、それぞれの解決方法を詳しく解説しています。

ニトリのベッドが、解体や組立でも「お、値段以上。ニトリ」なのか、この記事を見ていくと理解が深まり、お悩みも解決できるでしょう。

目次


ニトリのベッドは解体しないと運べない

引っ越しでニトリのベッドは、ほとんどの場合解体しなければ運び出して搬送することができません。

ほとんどの場合というのは、折畳みベッドやソファーベッドなど一部のベッドはそのまま運ぶことができるから例外が存在するという意味です。

ニトリで新品のベッドを購入すると、ベッドのフレームなどは組み立て前の部品の状態で搬入され、屋内で組み立てしてから使用しているでしょう。

ベッドは組み立てられた状態では非常に大型な家具で、そのままの運び出すことは無理なのです。

つまり単純なことですが、ニトリのベッドを運び込んだときと逆のことをすればよいので、組み立てと逆の解体をする方法を調べなければなりません。


ニトリのベッドは自分で解体できる

基本的にニトリのベッドは、引っ越しなどで解体することを前提に設計されているので、自分でベッドを解体することができます。

引っ越しでは、ベッドを解体しマットレスとフレームなどの部品をまとめて別々に持ち出しますが、それは組み立てた状態のベッドフレームは運び出しができないからです。

つまりマットレスと、解体したそれ以外の部品にしてから運んでもらうので、難易度はともかく自分で解体する手立てを検討します。

ベッドのタイプにもよりますが、一般的なシングルベッドのように比較的容易に解体できるものから、素人には解体できないようなベッドまであるので、無理のないような解体方法について考えましょう。

また何より問題になるのが、1人でベッドを解体するのはとても危険でリスクのある作業なので、自分でやるなら誰かに手伝ってもらわなければならないことです。

これらの点さえクリアできるのであれば、ニトリのベッドは自分で解体することができます。


2-1.【ニトリのベッドは解体して組み立て直すこともできる】

先ほども触れたとおり、ニトリのベッドはほとんどが解体してから組み立てなおすことができる設計になっています。

ただし、木ネジを使用しているベッドや一部のパイプベッドは、解体してから再度組み立てると本来の強度を保てなくなったり、そもそも組み立てができなかったりする可能性があります。

木ネジ

木ネジ

パイプベッドなどは、組み立てはできるものの、何回も解体と組み立てを繰り返すことで、ネジで固定する部分が弱りやすいということが欠点です。ナットを使用して組まれているベッドであれば問題なく組み立て直せますが、長く使用したパイプベッドなどではサビでナットやネジが固着しているケースもあるので、無理に解体をすると組み立てられなくなるので気を付けましょう。

ナット

ナット

引越し
だけど自分で解体できるかできないか見分けられるのかしら?

心配ありません。ニトリのベッドはほとんどが解体後の組み立てが問題なくできるので、あまり心配することはないでしょう。

それではニトリのベッドについてタイプ別に解体後の組み立てができるかと、注意点などを説明します。


<すのこベット>

ニトリのすのこベッドは、通気性が良くカビにも強いことから人気の商品です。

すのこベッドは基本的に解体してからの組み立ては可能ですが、商品によっては木ネジが使われているパーツがあるので、注意が必要です。

説明書を見ると分かると思いますが、すのこの固定に木ネジを使用するベッドや、フレームの固定に木ネジで金具を固定するものは慎重に作業しましょう。

すのこベッド

引用:ニトリ公式サイト


<収納付きベッド>

デッドスペースになりやすいベッド下を、収納スペースとして有効活用できるニトリの収納付きベッドは、解体後の組み立てが可能な商品です。

一般的なベッドと比べて部品点数が多くなるので、解体のときに部品やネジがどの箇所で使われるものか分かるようにしましょう

収納付きベッド

引用:ニトリ公式サイト


<ローベッド・フロアベッド>

低床フレームなので部屋に置いたときの圧迫感がないローベッド・フロアベッドです。

ニトリのローベッド・フロアベッドは解体・組み立てが可能ですが、一部の低額商品ではヘッドボードとフレームの固定に木ネジを使用しているので組み立て後の使用には注意が必要です。

ローベッド

引用:ニトリ公式サイト


<組み合わせベッド>

ニトリの組み合わせベッドは、ライフスタイルやお部屋に合わせてヘッドボードやフレーム、収納などを自由に組み合わせるタイプのベッドですが、解体と組み立ては問題なく行えます。

どの組み合わせパターンでも、最終的なモデルは収納付きベッドかスタンダードベッドと同じスタイルなので、組み立て難易度もそう高くはありません。

組み合わせベッド

引用:ニトリ公式サイト


<パイプベッド>

ニトリのパイプベッドですが、最近のモデルは解体も組み立ても問題なくできます。

構造は非常に簡単なので、組み立ての難易度は低いいっぽうで、ネジをしっかり締めないときしみ音が気になるでしょう。

パイプベッド引用:ニトリ公式サイト


<スタンダードベッド>

ニトリのスタンダードベッドは、標準的なベッドで解体と組み立てを行う前提で設計されています。

商品によっては、ヘッドボードやサイドフレームが重いので、気を付ける点はその取扱いです。

スタンダードベッド引用:ニトリ公式サイト


<折りたたみベッド>

ニトリの折りたたみベッドは、購入時は組み立てしなければならないのですが、その後は折りたたんでコンパクトに移動できるので、解体と組み立てをする必要がありません。


折り畳みベッド
引用:ニトリ公式サイト


<二段ベッド>

省スペースで機能的なニトリの二段ベッドですが、解体から組み立てが可能な商品です。

気を付けなければならないのは、二段ベッドだけに部品点数も約2倍になることで、特にネジやボルトの数の多さには注意したいところです。

1個でも紛失すると二段ベッドとして使えなくなってしまいます。

二段ベッド

引用:ニトリ公式サイト


<ロフトベッド>

ベッド下のスペースをお部屋の一部として使うことができるロフトベッドですが、ニトリのロフトベッドは高さが色々選べることが特徴で、もちろん解体・組み立ては可能です。

値段の高いタイプほど構造が複雑で部品点数も多くなるので、組み立てには苦労するかもしれません。

ロフトベッド引用:ニトリ公式サイト


ニトリのベッドは説明書をダウンロードして解体する

ニトリのベッドを解体するとき、書品の説明書があると作業もスムーズに進みます。

もし説明書を紛失している場合でも、ニトリの公式通販サイトの各ベッドのページからダウンロードできるので安心です。

もし廃盤になってしまった古いベッドの場合でも、その後継商品など同じタイプのベッドがあれば、その説明書が参考になるので確認してみましょう。

解説書にはベッドの組み立て方法や部品の種類が記載されていますが、ベッドの解体作業は組み立てと逆の順序で行うので参考になります。

さらに最初から一定程度組みあがっていた部品を無駄に分解しすぎない境界線も確認できるので、説明書がない場合はダウンロードすることをおすすめします。


3-1.【ニトリのベッドを解体するための工具を準備する】

ニトリのベッドを解体するために、ドライバー、六角レンチ、外したネジを入れる袋、軍手など、解体に必要な工具を用意しましょう。

必要な工具は100均で全て用意できますが、六角レンチはベッドを買ったときの付属品として入っていたはずですが、このような工具です。

六角レンチ

もしない場合でも買えば済むのですが、ニトリのベッドで使用する六角レンチは4mmか5mmのサイズがほとんどです。

ベッドの解体では隙間やベッド下に溜まった埃が結構な難敵なので、掃除機やマスクを用意すると良いでしょう。

ベッドの解体作業では木のささくれや、六角レンチを回すときに手や指を痛める恐れがあり、軍手できればラバー付きの軍手があるとケガを回避できます。

ラバー軍手

ニトリのベッドの解体は、フローリングの床の上でじかに作業をすると床を傷つける恐れがあるので、下に敷く毛布などを用意すると安心です。


3-2.【ニトリのベッドを解体する前にマットレスを外す】

ベッドの解体で最初にするのがベッドからマットレスを外す作業です。

マットレスは意外と重いものなので、ニトリのベッドの説明書に記載されているように2人以上で作業してください。

ベッドの解体作業は、広いスペースが必要になるので、外したマットレスは邪魔にならないように少し離れた壁に立てかけておくとよいでしょう。


3-2.【ニトリのベッドの説明書を最後からさかのぼって解体していく】

ニトリのベッドを説明書の最後からさかのぼりながら解体する例として、スタンダードベッドのベッドフレームS(商品コード:5633160)を取り上げてみます。


<床板と開き止め金具を外す>

説明書の最後から逆に見ていくと、マットレスの下にひいてある床板を取り外しますが、サイドフレームの上にのせてあるあるだけなので簡単に外せます。

床板を外したら、両方のサイドフレームをつなぐようにはめられている開き止め金具を抜き取りましょう。

床板を外す

引用:ニトリ公式サイト


<サイドフレームを外す>

2本のサイドフレームは、ヘッドボードとフットボードの取り付けてある組立金具ネジ(小)に引っ掛けて取り付けられています。

ヘッドボードとフットボードに4か所ずつある組立ネジ(小)をプラスドライバーで少し緩め、サイドフレームを外します。

このときヘッドボードやフットボードを支える人と、サイドフレームを外す人の2人以上で作業をしないと、ボードが倒れてきて危険です。

組立ネジ(小)は、サイドフレームを外せるくらい緩めるだけでよく、ヘッドボードやフットボードに取り付けた状態で運んでもらえます。

引用:ニトリ公式サイト


<部品点数を確認>

ここまでで引っ越しに必要な解体作業は終了します。

組立ネジなどは取り付けたままなので、マットレス、ヘッドボード、フットボード、サイドフレーム2本、開き止め金具の計6点の部品になっているでしょう。

まるでリバースエンジニアリングのようですが、ほとんどのニトリのベッドは解体して再組み立てする前提で設計されているので、説明書の最後からさかのぼることで比較的容易に解体できるのです。

部品点数

引用:ニトリ公式サイト


費用によってはニトリのベッドを買い替えか処分

ニトリのベッドを解体して運び、そして組み立て直して新居で利用できることは分かりましたが、最初に買ったときの値段によっては買い替えてしまったほうが良い場合もあるでしょう

ニトリのベッドは、お手頃価格で水準以上のクオリティということが特徴です。

しかしニトリのすのこベッドでフレームだけですが、安いものだと8,490円という値段なので、運搬費とのバランスはとれない可能性もあります。

参考までに、引っ越し業者へベッドだけ(マットレス+フレーム)運搬を依頼した場合の料金を見てみましょう。

引越業者 シングルベッド セミダブルベッド ダブルベッド
ヤマト 15,000円~ 15,000円~ 23,000円~
サカイ 20,000円~ 30,000円~

この料金には、ニトリのベッドを解体する作業と新居で組み立てる作業が含まれていますが、元値が安いニトリのベッドだと損をしたような感覚にならないでしょうか。

資源を無駄にせずベッドを大事に使いことは、エコな取り組みとしてとても大事なことでも、生活していく上ではコスパも考えなければなりません。


ニトリのベッドを自分で解体できない場合は業者へ依頼する

ニトリのベッドを自分で解体できない場合は、業者に依頼するのが無難な選択です。

ニトリのベッドには驚くほど高価な商品があるわけではないのですが、できないものを無理に解体して壊すくらいなら、費用がかかっても安心でしょう。

業者選びではいくつかの選択肢があり、費用面と解体するときの日取りやシチュエーションで考えることが必要です。

例えば引っ越しの場合で、ギリギリまで今の住居にいるケースと、先に新居に移っている、あるいはホテルなどで数日寝泊まりするなど、いつまでベッドを使うかが変わってきます。

また中にはベッドを入替して処分のために解体することもあるので、最適な依頼先を選びましょう。


5-1.【ヤマトやサカイなどの引っ越し業者へベッド解体を依頼する】

ヤマトやサカイなどの引っ越し業者へベッド解体を依頼するのが、自分で解体しないときの最もポピュラーなパターンです。

引っ越し業者にニトリのベッドの解体を依頼するとことで、解体作業から運搬、そして引っ越し先での組み立てまで行ってくれるので、手間もかからず非常に効率的だといえます。

ニトリのベッドの解体料金は、サイズによって変わってきますが、相場は下表のとおりとなっています。

ベッドのサイズ 解体引っ越し料金
シングルベッド 5,000円~10,000円
シングルベッド 5,000円~10,000円
セミダブルベッド 10,000円~15,000円
ダブルベッド 10,000円~20,000円
クイーン・キングサイズベッド 20,000円~30,000円

サイズ以外でも二段ベッドなど、別途見積もりが必要な場合があります。

またベッドでも木ネジを使用した商品は、原則対応しない引っ越し業者がほとんどなので、ベッドの種類によっては事前の確認をしておきましょう。


5-2.【ニトリの家具移動サービスならベッドを解体してくれる】

ニトリの家具移動サービスならベッドの解体にも対応しているので、解体の依頼先として候補に入るでしょう。

この家具移動サービスは、部屋のレイアウトを変えたいとき、重い家具を家屋のなかに限り移動させてくれるサービスです。

この家具移動サービスのなかでベッドの解体も行ってくれるのですが、解体したベッドの再配達はしないので、引っ越しであれば中途半端なサービスとなります。

また解体したベッドを新居で組み立てるのも非対応となっているので、レイアウト変更のついでにベッドを処分するときなど、利用シーンは限られるでしょう。


5-3.【ニトリの引取サービスならベッドを解体しなくてもOK】

ニトリでベッドや家具を購入したとき使える引取サービスですが、この引取サービスを使うときは不要になったベッドの解体は自分でしなくてOKです。

ニトリの引取サービスは、購入したベッドと入替に古いベッドを回収してもらうサービスなので、引っ越しであれば使いにくい内容になっています。

また引取サービスを利用する条件があり、購入するニトリのベッドが「配達員設置」の商品であり、配送日の4日前までに引取の依頼をしなければなりません。

ただ、このニトリの引取サービスを利用するメリットが1点あります。それは、引き取ってもらう古いベッドの種類を問わないという事です。

引き取ってもらうベッドはニトリのものである必要はなく、他社製のベッドも引き取ってもらえます。


5-4.【ニトリのベッドを不用品回収に出す】

ニトリのベッドを処分する場合は、不用品回収に出すなどいくつかの方法があります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、解体が必要かどうかを含めて簡単に見てみましょう。

<リサイクル業者で買い取ってもらう>

不要になったニトリのベッドは、リサイクル業者に買い取ってもらえる可能性があり、中には無料で出張買取をしてくれる業者もあります。

もし買い取ってもらえるなら、ニトリのベッドの解体はリサイクル業者に任せることができるので、自分で解体する必要はありません。

ただニトリのベッドは、もとの販売価格も安く、リサイクル業者に買い取ってもらえるケースは稀なので、他に引き取ってもらえそうなものがあるとき、ついでに引き取ってもらえるような交渉をしてみましょう。

引越し
リサイクル業界では、一部の高いベッド以外はニーズがすくないようです。

<不用品回収業者に引き取ってもらう>

不要になった家具やベッド、家電などを不用品回収業者に引き取ってもらうと、費用はかかりますが解体する手間は省けます。

不用品回収業者のベッド引き取り料金ですが、多少の差はあるものの5,000円~10,000円が相場です。

無駄に高い料金を払わなくて済むように、いくつかの不用品回収業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。


<粗大ごみとして処分する>

ニトリのベッドを解体しなければなりませんが、粗大ごみとして自治体に回収してもらうことができます。

メリットは費用を安く済ませることができることで、自治体によって違いますが数百円~3千円ていどで処分できるでしょう。

粗大ごみは、自治体が指定する場所に運び出さなければならないので、1人では困難なケースも考えられます。

引越し
自治体によっては、高齢者や障碍者向けに家から運び出すサービスを行っているそうよ!


引っ越し見積もりを取れば最安値でニトリのベッドを解体できる

ニトリのベッドの解体が引っ越しに伴うものであれば、複数社から引っ越し見積もりとることで、最安値で済ませることができます。

しかし日中に仕事をしているなど、時間や日取りに制約がある方も多いでしょうし、そんなに多くの見積もりを取ることができるのでしょうか。

残念ながら、自分で一件ずつ引っ越し業者に連絡をとり見積もりを取るのは大変手間がかかり現実的ではありません。

そこでおすすめなのは、一括で複数の見積もりを取れるサービスを利用することです。


6-1.【おすすめの引っ越し見積もりサイトは引越し侍・スーモ】

引っ越しの見積もりを一括で取ることができるサービスは、ネットを見ると複数あることが分かると思いますが、提携業者の多さと、その中から業者の絞り込みが簡単にできるところがポイントです。

このポイントを踏まえて、引っ越しにあたってニトリのベッドの解体でお悩みの方におすすめの引っ越し見積もりサイトが「引越し侍」「スーモ」といった一括見積もりサービスです。

【裏ワザ!】知る人ぞ知る引越し費用を”50%安く”してくれる業者を見つける方法

引越し費用を極限まで安くする方法は何だと思いますか。

それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること!

そこで利用したいのが引越し業者の一括見積もりサービスです。

ここで紹介する「引越し侍」は、安心して利用できる当サイトイチ押しの一括見積もりサービスです。

イチ押しの理由は、引っ越し侍が上場企業であるエイチームのグループ会社が運営するサービスということ。なので引っ越し侍には、優良な引越し業者しか登録されていないんです。

引越し侍は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、
価格・サービスともに優良な引越し業者の見積もりを簡単に取ることができます。

  • 引越し侍・・・入力時間30秒で、310社以上の引越し業者の料金を簡単比較


引っ越しでニトリのベッドを解体するなら自分でするか最安値で依頼しよう

いざ引っ越しというとき、ニトリのベッドのような大型の家具は、どうしたらよいのか悩むものですが、自分で解体や組み立てができるならそれが一番お得です。

解説してきたとおり、作業の手順自体は難しいものではありませんが、作業スペースや人数によっては、難易度が格段に上がってしまうでしょう。

しかし手伝ってくれる人がいなかったり、そもそも自分で解体や組み立てができないなら、業者などに依頼しなければ引っ越しが進まなくなってしまいます。

しかし一括見積もりサイトを利用すれば、ニトリのベッドの解体を引っ越し業者にお安く依頼することもできます。

この記事を参考にして、ベストなベッドの解体方法や処分方法を選んでみてください。

引越し侍

画像引用:引越し侍
  • 入力30

    入力30秒完了

  • 料金50%オフ!

    最大50%オフ

  • 大手から中小の310社以上の中から、ピッタリな引越し業者を選べる
  • その場で引越しの料金の相場が分かる
  • 上場企業エーチームのグループ会社運営なので安心

SUUMO引越し見積もり

画像引用:SUUMO引越し見積もり
  • 入力1

    入力1分完了

  • 料金50%オフ!

    最大50%オフ

  • 業者との面倒な電話連絡なし。メールでやり取りできる
  • リクルートが提供するサービスだから安心
  • 大手から中小業者の中から、最適な引越し業者を選べる