引越し準備の知恵袋 【引っ越しでベッド解体】詳しい手順とポイントを解説!業者に依頼するといくら?

多くの人にとって引っ越しは、それほど頻繁に経験するものではないので、準備や作業も大きな負担に感じるものです。

大型の家具など、特にベッドについては「自分一人で解体できるのだろうか?」や「解体のために何を用意すればいいの?」など、そもそも処理方法に悩む方も多いのではないでしょうか。

また場合によっては、引っ越しを機にベッドを買い替えるため古いベッドを処分することもありますが、その場合でもベッドの解体が必要になります。

こんなベッドの解体に関するお悩みを解決するためこの記事では

・ベッドを解体するのはどんな時?

・どのようにベッドを解体すればいいのか

・業者に頼むときの注意点は?

・解体や処分に費用はいくら必要?

これらの疑問ややり方について、分かりやすく解説します。

引越しを考えていて「このベッドどうすれば良いんだろう…」とお考えの方は、この記事を参考にしてみてください。

ベッドを解体する必要があるのは、引っ越しや処分する時

ベッドの解体が必要になるシチュエーションの多くは、引っ越しなどでベッドを運び出す時か、買い替えなどで不要になったベッドを処分する時でしょう。

使っているベッドを今の部屋へ搬入したときのことを思い出せば分かると思いますが、たいていのベッドはパーツごとに別れた状態で運び込んで、部屋の中で組み立てしているはずです。

新品のベッドを買ったときは、業者さんが搬入から組み立てまで代行してくれたり、説明書を見ながら苦労して組み立てられたでしょうが、いざ解体するとなるどのようにやってよいのか分からずに悩むことも多くなります。

また一口にベッドといっても様々なサイズ・タイプがあり、収納ベッドやチェストベッド、システムベッドやロフトベッドになると部品点数も多く構造も複雑になるので、自分で解体する場合はかなりの労力を要することになるでしょう。

まずはベッドを解体しなければならないシチュエーションを考え、本当にベッドを解体する必要があるのか考えることにします

【ベッドをそのまま運搬できない場合は解体が必要】

引っ越しなどでベッドをそのまま運搬できない場合は、ベッドの解体が必要となってきます。

例えば部屋のドアや廊下、エレベーター、新居の間取りなど、ベッドが通れる幅・高さがあるかを確認してみましょう。

多くのベッドは、マットレスとフレームによって構成されていますが、解体しないで搬入や搬出が出来るのは、大きめの一軒家からやはり大きめの一軒家へ引っ越すときなど、レアなケースといえます。

現実的にはベッドを解体せずに運搬することはできないといえるので、引っ越しではほぼ全てのケースで解体は避けられない作業です。

また中途半端な解体をしてベッドを無理して移動させると、壁や床にキズを付けてしまう可能性があり、その場合は余計な修理費用など請求されてしまいます。

このようなリスクを避けるために、引っ越しでベッドを移動させるときは、ベッドの解体はやらなければいけないことだと思っておきましょう。

【費用を抑えてベッドを処分したい場合】

ベッドを小さく解体すれば、費用を抑えてベッドを処分することができます。

必要なくなったベッドを処分するには複数の方法がありますが、費用を抑えたいなら自治体に粗大ごみとして引き取ってもらうのが一番安上がりです。

しかしベッドはそのままの状態では粗大ごみとして出せないので、やはりベッドを解体する必要があります。

さらに費用を抑えようと思えば、解体だけではなく部品を細分化し、通常ゴミとして排出することでもっと節約ができます。

ただこのようなDIY的な作業は、現実的ではありませんし、時間も労力も割けない人がほとんどではないでしょうか。

しかし粗大ごみだろうが家庭ごみだろうが、いずれにしても解体作業は避けては通れないので、解体を考えなければなりません。

ほとんどのベッドは解体できるが、できないベッドもある

ほとんどのベッドは購入後の組み立てを想定して作られているため逆に解体もできますが、中には解体できないベッドもあります。

ただ解体できないベッドというのは2種類の意味があり、物理的に解体できないベッドもあれば、解体することが想定されていないため組立て直しができないベッドもあるので、まずは自分のベッドを確認しなければなりません。

ここでは解体できるベッドと、残念ながら解体できないベッドの違いについて、それぞれの特徴をふまえて説明します。

【一般的なベッドは解体する前提で作られています】

一部のベッドを除き、ベッドは部品ごとに製造されて組み立てるものが多く、解体することが前提で設計されています

もっともポピュラーなタイプは、組み立てたフレームの上にマットレスを乗せるもので、あとはフレームの違いによって部品点数が変わってきます。

このようなベッドは組み立てと解体が前提のものなので、かかる手間に差はありますが問題なく解体できます。

考えなければならないのは、自分で解体や組み立てもできるのかということで、ベッドも高いものになるとフレームの部品自体がずっしりと重く、危険性もあるので2人以上で作業するようにしてください。

ただ自分でできないにしても、業者に依頼することで解体できることを考えると、解体できるベッドに分類されます。

現実的に自分で解体作業ができるのかという視点を加えて、解体できるベッドかどうか判断するようにしましょう。

【一部の高級品やニトリ・IKEAのベッドは解体できないものがあります】

ベッドの中には解体できないものも存在しています。

例えば高級なベッドではフレームが一体型の完成品となっており、素人が解体するとそれが破壊になってしまうものがあります。

またスチールフレームで部品が溶接されているようなものも、それ以上解体することはできないでしょう。

意外なものではニトリやIKEAの一部のベッドでは、そもそも解体を前提とした設計を行っていないものがあり、解体したものを組み立てしても従来どおり使えない可能性があります。

このようなベッドでは、組み立て部品に木ネジを使っていて、いちど解体するとネジ穴が緩くなってしまい、ベッドのぐらつきが発生します。

解体したニトリやIKEAのベッドを無理やり組み立て直して使用するのは危険なので止めましょう。

ベッドの解体は自分で行うか、業者に依頼する

ベッドの解体は、費用を抑えるために自分で行うか、プロの業者に依頼する方法があります。

自分で解体するメリットは、やはり費用を抑えられることで、せいぜい解体のための工具代だけで済むことです。

一方でベッドの解体に費やす時間や労力、そして部屋にキズを付けたり再度の組み立てが上手くいかない可能性があることがデメリットとなります。

業者に依頼して解体することは、自分で行うメリットとデメリットが逆転することになり、費用はかかるものの、全てにおいて安心感を得られるでしょう。

特に引っ越しの際は、解体している時間的余裕はあまりないですからね。

つまり部品点数が多く、解体の難易度が高いベッドになるほど、業者に依頼するメリットが多くなり、魅力を感じる選択肢になるということです。

ベッドの解体はマットレスを外してから床板などを外していく

ベッド解体の基本的な流れはまずマットレスや布団を外し、床板→フレーム→ボード→脚の順で外していきます。

マットレスやフレームなどは、高いベッドになるほど重くなります。そのため、一人で無理して作業せず、二人以上で解体を進めていきましょう。

それでは一つ一つの手順について具体的に説明していきます。

【ドライバーやネジを入れる袋を準備する】

ベッド解体に必要なドライバー、六角レンチ、ネジを入れる袋、軍手などを準備しましょう。ほとんどの工具は100均にも売っています。

六角レンチは、ベッドを買ったときの付属部品で入っているはずですが、このような六角レンチは手元に残っているでしょうか。

ベッドに使われる六角レンチは4mm・5mm・6mmの3サイズのいずれかですが、紛失していて買う場合は、事前にサイズを確認しておきましょう。

100均などでは複数本セットになったものが売っているので、持っていると今後も家具の組み立てで活躍します。

ちなみに六角レンチを差し込む穴は、当然六角形となっています。

簡便な六角レンチでネジを回していると指が痛くなるので、素手で作業するのを避けるため軍手や、特にラバー軍手があると作業がはかどります。

また工具も高価で良いものを使えば作業が捗るのですが、めったに使うものではないので、もし知人などから借りられるならそれに越したことはありません。

【ベッド解体手順1 布団・マットレスを外す】

解体作業に入る最初に布団を片付け、マットレスをベッドから外します

外したマットレスは、解体作業の邪魔にならないように少し離れた場所の壁にでも立てかけておきましょう。

マットレスもダブルサイズやクイーン・キングサイズになると、かなりの重量になるので、解体作業全体を通して2人以上で行うことをおすすめします。

【ベッド解体手順2 床板を外す】

マットレスを外すとフレームに乗せられた床板が姿を現すので、床板をフレームから外しましょう。

大抵の場合はフレームの枠に乗せただけなのですが、このようにネジで止められている場合は、ネジもとらなければならないので面倒です。

一般的な木製ベッドの床板はスノコのようなタイプが多いのですが、マットレスを外してみたら一部が割れていたということもあるので、そのときは床板の修理も考えなければなりません。

【ベッド解体手順3 フレームを分解する】

床板を外してフレームだけになったら、フレームを分解していく作業です。

ベッドのフレームは、縦方向の長い部品と横方向の短い部品を組み合わせて、両方形の箱型の形で機能しています。

組み込み方法ははめ込むだけのタイプや、ネジ止めが必要なタイプなど様々ですが、それほど難しい構造ではないので見れば理解できるでしょう。

一般的にフレーム部分は強度を高めるため、このような金属の金具で連結されていますが、解体作業では金具をフレームから外す必要はありません。

つまり解体といっても全てをバラバラにはしないのです。

一般的なベッドであればフレームの構造は簡単なのですが、2段ベッドやロフトタイプは部品点数も多く、少し手間がかかります

またフレームに引き出しが付いたタイプやはね上げ式のベッドも組付けが複雑なので、解体し始める前に十分確認することをおすすめします。

部品点数が多いほど組み立て時にどこの部品なのか分かりづらくなるため、付箋やシールなどに場所など分かりやすく書いて貼っておくと、あとで困ることがなくなるでしょう。

【ベッド解体手順4 ボード・脚を分解する】

ベッドによってはフレームの頭の部分のボードにライトがついているものや、フレームに脚が付いているタイプがあるので、必要な範囲(搬出できる大きさまで)で分解をしておきます

高級なベッドになるほどヘッドボードは凝った造りになっていて、重量もかさみます。フレームを外すときやボード自体を分解するときは、慎重に作業しましょう。

ベッドの解体は写真を撮りながら行うのがポイント

ベッド解体の1番のポイントは、各工程の写真を撮りながら行うことです。

というのも解体した後には再度組み立てを行うので、解体と逆工程で作業をすることになります。

つまり各工程の写真を撮っておくことで、組み立てもスムーズに行えるようになるのです。

特に部品点数が多いときは、位置情報など書いたシールなど貼ってから写真を撮ることで、迷うことが少なくなります。

その他のポイントとして、次の点にも注意しておきましょう。

【小さなネジは袋にまとめておく】

六角レンチやドライバーで外したネジは、外した場所を記載した袋にまとめておくことで、組み立て作業で迷うことがなくなります。

よくあることなのですが、雑に解体作業を行っているとネジを紛失して組み立てが出来なくなったり、どの場所に使うネジか分からなくなって作業で苦労したりすることがあるのです。

引っ越し先で組み立てることを想像しながら、チャック付きの袋を利用して整理するのがよいでしょう。

【しっかり作業場を確保する】

ベッドの解体にあたっては、しっかりとしたスペースを確保しましょう。

壁からの距離をとっていないと外したフレーム部品で壁にキズを付けることもあり、部品を仮置きする場所なども必要です。

これは解体のときだけではなく、組み立てのときも同じ事が言えるので、ベッドの解体だけではなく周囲に置くものなども想定して作業の順番を考えておきましょう。

解体作業では今までは床面に接していなかったフレームを床に置くことになるので、フローリングなどに傷かつかないようにタオルケットや毛布をひいた上で作業をすると安心です。

【無理に骨組みを外していくのはNG】

ベッドを解体していくと、どこまでバラして良いのか迷うと思いますが、無理に骨組みを外しすぎるのはNGです。

木製の丈夫なフレームでも組付け部のスチール部品などは、無理に力を入れると歪んだりする可能性があります。

またスチールフレームのベッドでも、無理に骨組みを外していくとフレーム自体が曲がることもあるので、なかなか外れないときはその原因を考えてみましょう。

とくにスチール製の部品ではサビの可能性もあるので、無理矢理力を入れると破損することもあります。

木製の部品でも床板なども一部分に力を入れすぎると割れてしまうので、作業全般に言えることですが外しずらいときには一度立ち止まってみましょう

自分でベッドを解体・運搬できない場合は業者へ依頼する

自分でベッドを解体・運搬できない場合は、業者へ依頼しましょう。基本的にはベッドを解体した後、運搬、組み立てまで行ってくれます。

特に高価なベッドを使っている場合など、自分で解体しようとして破損させるリスクがあるなら、むしろ積極的に業者を利用しましょう。

ベッドの解体を業者へ依頼すると解体料金が発生しますが、大まかにはサイズによって変わってきます。

通常引っ越し業者に依頼すると、解体から運搬、そして引っ越し先での組み立てまでセットになっていて、料金の目安は次のとおりです。

ベッドのサイズ 解体引っ越し料金
シングルベッド 5,000円~10,000円
セミダブルベッド 10,000円~15,000円
ダブルベッド 10,000円~20,000円
クイーン・キングサイズベッド 20,000円~30,000円

この目安以外にも、IKEAのベッドや、高級ベッドの場合は業者への事前相談が必要となることがあります。

【最安値でベッドを解体・運搬してもらう方法は一括見積もりを取ること!】

最安値でベッドを解体・運搬してもらう方法は、複数社への一括見積もりを取ることです。

一括見積もりを取ることができるサービスは複数存在するのですが、提携業者の多さと、その中から業者の絞り込みが簡単にできることが大事なポイントになります。

そこでおすすめなのは「引越し侍」という引越し見積もりサイトです。

【裏ワザ!】知る人ぞ知る引越し費用を”50%安く”してくれる業者を見つける方法

引越し費用を極限まで安くする方法は何だと思いますか。

それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること!

そこで利用したいのが引越し業者の一括見積もりサービスです。

ここで紹介する「引越し侍」は安心して利用できる一括見積もりサービスです。

上場企業であるエイチームのグループ会社が運営するサービスなので、優良な引越し業者しかサービスに参加できないからです。

引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、
価格・サービスともに優良な引越し業者の見積もりを簡単に取ることができます。

  • 引越し侍・・・入力時間30秒で、310社以上の引越し業者の料金を簡単比較

【単身パックでもベッドの解体はしてもらえる】

単身パックでも、基本的に別途料金を支払えばベッドの解体をしてもらうことができます。

そもそも単身パックは、家財道具の少ない1人用の引っ越しサービスですが、単身パック用のボックスに収まらないベッドや家具も追加料金を払うことで、解体・運搬・組み立てまでお任せできるのです。

一般的な単身パック用のボックスには、ベッドは収まらないのでその分の予算は予定に入れておきましょう。

この場合でも注意すべきことは、解体・組み立てサービスに対応したベッドかという点で、当日になって慌てないよう事前の確認が重要です。

【ベッドの引っ越しだけも依頼できる】

遠方への引っ越しではなく比較的近いところへの引越しであれば、引っ越し費用を節約するために小さな荷物や段ボールを自分で運び、ベッドだけ業者に引越しを依頼することも可能です。

引っ越し業者には家財だけ運搬するメニューがあるのですが、ベッドの引っ越しの場合は原則として解体した状態で引き渡さなければなりません。

もし自分で解体できないのであれば、解体・組み立てをしてくれるオプションがあるので利用を検討しましょう。

単身パックでも説明しましたが、業者が対応してくれないベッドがあるので、事前の確認は欠かせません。

解体したベッドの処分は家で行うかリサイクル業者へ引き取ってもらう

解体したベッドの処分は家庭ごみや粗大ごみとして出すか、リサイクル業者などへ引き取ってもらう方法があります。

どの方法で処分するにしても費用は発生するのですが、メリットやデメリットがあるので費用面だけを考えるのではなく、自分に合った方法で処分するようにしましょう。

ここでは処分方法ごとのメリットやデメリットを確認することにします。

【細かく解体すれば家庭ごみで出せる】

フレームや脚を細かく解体し分別すれば、家庭ごみとして出すことができます。

木製のフレームから金属部品を外し、そのままでは大きすぎるので木製部品をごみ袋へ入るサイズに裁断すれば、可燃ごみとして家庭ごみになります。

金属部品は燃やせないごみになりますが、一番の問題はマットレスの解体です。

マットレスはクッション性を持たせるため、コイルやスプリングといわれるバネが入っているので、それを取り外していくのは大変な労力を要します。

ほとんどの自治体は家庭ごみも有料となっているので、労力に見合う節約とは言えません。よほど解体作業に興味があるのでなければ、おすすめできない方法です。

【数千円で粗大ごみとして出せる】

各自治体で定められているサイズ以上のごみを廃棄するときは、粗大ごみとして自治体に回収してもらう方法があります。

一般的には、マットレスとその他の部品の2つの粗大ごみとして出すのですが、フレームなどはあらかじめ解体しておくことが必要です。

ベッドを粗大ごみとして出す場合、ベッドのサイズなどで費用が変わってくるので、回収を依頼するときにはベッドの特徴を把握しておきましょう。
粗大ごみの料金は数百円~数千円で自治体によって違いますが、ホームページなどで確認することができます。

回収までの大まかな流れはこのようになります。

  • 自治体の回収センターへ連絡して予約し、回収日・料金・収集場所を確認する
  • 回収料金額の粗大ごみシールをコンビニなどで購入する
  • 解体したベッドに粗大ごみシールを貼る
  • 予約した回収日時までにベッドを指定場所に出しておく
  • 自治体の指定業者が回収作業を行う

メリットは費用を抑えることができることで、数千円でベッドのような大きな家具を処分できるのは魅力的です。

ただ時期によっては、収集日がかなり先になってしまうことがあるので、急な引っ越しなどの場合は間に合わない可能性があります。

また収集場所まで自分で運ばなければならないので、一人では困難なケースもあるでしょう。

自治体によっては、高齢者や障碍者向けに家から運び出すサービスを行っているので、該当する方は利用することを検討しましょう。

【無料出張買い取りしてくれるリサイクル業者もある】

ベッドがまだ使える状態でなおかつ美品であれば、リサイクル業者に買い取ってもらえる可能性があるので、ベッド買い取りに対応しているお近くのリサイクルショップを探してみましょう。

ただベッドはかさばるうえ中古品のニーズは高くはないので、どんなベッドでもリサイクルショップが買い取ってくれるわけではありません。

一般的には、高級メーカーのベッドや大きいサイズのベッドのほうがニーズは高いようなので、最初の選択肢として早い段階でリサイクル業者に相談することをおすすめします。

逆にどんなに状態が良いベッドでも、ニトリやIKEA、通販などでお手頃に購入できる商品は、買い取ってもらえないので、最初から別の処分方法を考えましょう。

そもそも引っ越し先でベッドが置けないなどの事情がないかぎり、リサイクル業者に買い取ってもらえるようなベッドは、処分せずに使い続けたほうがお得だといえます。

【ベッド買い替え時に引き取ってもらう】

もし引越しを機にベッドの買い替えをするのであれば、新しいベッドを購入するお店で古いベッドを引取ってもらえる可能性があります。

多くの場合は処分料として有料のサービスになるのですが、お店によってまたセールなどの時期に無料で対応してくれることもあるので、ベッド購入時に確認しておきましょう。

ただ通常は新しいベッドの搬入時に古いベッドを引取るので、引っ越しの場合はタイミングが合わないことになります。

引っ越しではなく、単にベッドを入れ替えるのであれば、全てが同時に終わるので便利なサービスです。

注意しなければならないのは、一部のお店では引き取り料金が高額なことがあることで、逆に引き取り料を比べながらお店を選ぶことがおすすめです。

【引っ越し業者に引き取ってもらう】

引っ越しのタイミングでベッドを処分するなら、引っ越し業者に引き取ってもらうのもありでしょう。

ちょうど使わなくなるタイミングで引き取ってもらえるので、合理的で手間もかからない方法です。

引き取りに対応しているか事前に確認が必要ですが、業者によっては無料の引き取りに対応しているので、引っ越し業者に選びの参考にしてみましょう。

【不用品回収業者の利用は、粗大ごみで出すよりも高い】

不要になったベッドを処分するとき不用品回収業者を利用するのも一つの選択肢と言えますが、粗大ごみで出すよりも高い料金がかかってしまいます。

不用品回収業者を利用するメリットは、ベッドに限らず家電などを廃棄したいものをまとめて引き取ってくれる手軽さです。

不用品回収業者のベッド引き取り料は業者によって変わってきますが、相場では5,000円~10,000円となっています。

手間をかけずに要らないものを処分してくれる不用品回収業者ですが、一部に免許を持っていない不法業者がいるので注意が必要です。

ひどい業者では高額の請求をしてきたり、回収品を不法投棄したりするので、事前の確認と複数業者への見積依頼をするようにしましょう。

ベッドは自分で解体できるが不安なら業者へ依頼しよう

引っ越しでベッドを解体することは、意外と多くの選択肢が存在することが分かりました。

ベッドは家具のなかでも大きく重いものなので、一人で解体作業をするのは困難さが伴います。

しかしいくらでもお金をかけられるわけでもないので、この記事を参考にして自分に合った解体・処分方法を選んでください。

もし業者に依頼するのであれば、少しでも費用を抑えるために一括見積もりサイトを利用することがおすすめです。

特に引っ越しの準備だけではなく、仕事をしながらだと一件ずつ見積依頼をするのは難しいだけではなく、それ自体がストレスになってしまいます。

労力を抑えながら費用も抑えられるよう、便利なサービスは積極的に活用しましょう。

引越し侍

画像引用:引越し侍
  • 入力30

    入力30秒完了

  • 料金50%オフ!

    最大50%オフ

  • 大手から中小の310社以上の中から、ピッタリな引越し業者を選べる
  • その場で引越しの料金の相場が分かる
  • 上場企業エーチームのグループ会社運営なので安心

SUUMO引越し見積もり

画像引用:SUUMO引越し見積もり
  • 入力1

    入力1分完了

  • 料金50%オフ!

    最大50%オフ

  • 業者との面倒な電話連絡なし。メールでやり取りできる
  • リクルートが提供するサービスだから安心
  • 大手から中小業者の中から、最適な引越し業者を選べる

    関連記事