月別の格安引越し方法 3月の引っ越し予約はいつからできる?キャンセル料金や相場の半額で引っ越す方法も

  • 更新日:2023.01.26

毎年3月になると新年度に合わせた人の移動が多く、引っ越しが集中する時期なので、予約が取りにくいだけではなく引っ越し料金も非常に高くなります。

だからといって入社や入学、転勤といった重大事を止めるわけにもいかないので、3月に引っ越しの予定や可能性があるなら早めに準備をすることが大事です。

最近話題になっている引っ越し難民になることなく、出来るだけ安い料金で3月の引越しできるように、この記事は以下の疑問や悩みを解決する内容となっています。

  • 3月の引っ越し予約はいつから取れるの?
  • 3月の引っ越し予約の特徴は?
  • 引っ越しの見積もりはどう取るのが良いの?
  • 3月の引っ越しが高いのはなぜ?また少しでも安くする方法は?
  • 引っ越しの予定がなくなったときのキャンセル料は?
  • 3月の引っ越しで気を付けること

引っ越し予約は1~3ヶ月前から取れる

引っ越しサービスによって若干の差はあるのですが、引っ越し予約は1~3ヶ月前から取れる業者がほとんどです。

引っ越し業者にとって超繁忙期の3月の予約は、少しでも早く済ませたいところですが、まず大手引っ越しサービスの予約可能期間を確認してみましょう。

業者名 予約受付開始日 予約締切日
アート引越センター 記載なし 3日前
サカイ引越センター 3ヶ月前 記載なし
日本通運 約2ヶ月前 2日前
ヤマトホームコンビニエンス 2ヶ月前 2日前
ハート引越センター 記載なし 4日前


混むと分かっている時期の引っ越し予約にも関わらず何となく曖昧な印象を受けると思います。

実は3月の引っ越し予約・見積もりに関しては、これより早く受付してくれるケースが多いので、実際に問い合わせしてみることをおすすめします。


1-1.【3月の引っ越しは2ヶ月前に予約しないと埋まってしまう】

引っ越し業界にとって繁忙期の3月の引っ越し予約は、2ヶ月前に予約しておかないと埋まってしまい、予約できない可能性が高くなります。

3月に引っ越しをする方は、「入学」「就職」「転勤」のいずれかのケースがほとんどでしょうが、家族引っ越しは転勤に伴うことが多いと思います。

ところが多くの企業では、転勤辞令交付前に行う内示が早くても転勤1ヶ月前なので、そこから引っ越し予約をするのは難しいのが現実です。

それというのも家族引っ越しは荷物量が多くなるので、3月の引っ越しでは大型トラックや人員の確保が難しくなる傾向があり、単身引っ越しより予約が取りにくくなります。

転勤の内示をもっと早くしてくれたら苦労しないけど、無理なのよね・・・


ただ単身引っ越しの方が予約が取りやすいといっても、2月中旬から下旬にかけて私立大学前期日程の合格発表が始まると一気に予約が取りにくくなります。

やはり3月の引っ越し予約は可能なかぎり早くしましょう。
  

1-2.【3月は18日~31日の予約が特に取りにくい】

3月の引っ越しは非常に混みあっているのですが、その中でも18日~31日の予約が特に取りにくく、混雑が予想されています。

最近は引っ越しをしたくてもできない「引っ越し難民」が社会問題化したこともあり、国土交通省が中心となって「分散引越」を呼び掛けています。

2023年の混雑予想も公表されているので確認してみましょう。

引用:国土交通省引越繁忙期対策チラシ

3月18日から月末にかけてはもちろんですが、その1週間前から混雑が予想されているので、やはり予約は2ヶ月以上前に済ませておきたいところです。

1-3.【3月の引っ越し予約は一括見積りが便利】

3月の引っ越しは、早めに見積もりと予約を済ませておくことが大事なので、引っ越しの一括見積もりサイトを利用することがおすすめです。

1件ずつ業者に連絡をするのは現実的には難しく、多くの見積もりを比較できないことになります。

一度に複数の見積もりを取って比較することで、3月の引っ越し予約もスムーズに行くでしょう。

そこでおすすめなのが引っ越しの一括見積もりサイト「引っ越し侍」で、3月の引っ越しを早めに予約するため利用するのに便利です。

また直前に予約したい場合でも翌日以降の見積もりから一括して取ることができます。

ただ直前に見積もりが取れるとはいっても、3月の引っ越しの混雑ぶりは想像以上なので、可能な限り早い段階から効率よく良い条件の引っ越し業者を探す方が安心です。

【裏ワザ!】知って得しよう!引越し費用を”50%安く”してくれる業者を見つける方法

3月の繁忙期の引越し費用をとことん安くする方法は何だと思いますか。

それはできるだけ多くの引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること!

そこで利用したいのが引越し業者の一括見積もりサービスです。

ここで紹介する「引越し侍」は、340社以上の見積もり業者の中から最大10社まで無料一括見積もりができるので、3月の引っ越し予約には最もおすすめできます。

イチ押しの理由は、引っ越し侍が上場企業であるエイチームのグループ会社が運営するサービスということ。なので引っ越し侍には、優良な引越し業者しか登録されていないんです。

引越し侍は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、
価格・サービスともに優良な引越し業者の見積もりを簡単に取ることができます。

  • 引越し侍・・・入力時間30秒で、340社以上の引越し業者の料金を簡単比較

3月の引っ越し相場は15万円で高い

3月は引っ越しの超繁忙期なので、引っ越し業者とユーザーの関係で見れば完全な売り手市場です。そのため引っ越し相場は2人家族の引っ越しで15万円と非常に高くなります。

気になるのはその他の月と比べて3月の引っ越しがどれくらい高いのかではないでしょうか。

先ほど紹介した「引っ越し侍」で公開されているデータで月ごとの引っ越し費用が確認できます。

そこで引っ越し費用の相場が一番高い3月と、安い料金で引っ越しできる1月を比較してみましょう。

3月下旬 3月中旬  1月中旬
単身(荷物少) 88,000円 58,200円 35,000円
単身(荷物多) 106,300円 75,000円 38,400円
2人家族 150,000円 120,000円 59,160円
3人家族 170,000円 130,000円 70,000円
4人家族 195,000円 140,000円 70,000円

特に高い3月下旬にかけての引っ越しでは、1月中旬の相場の2倍以上の引っ越し料金になっていることが分かります。

引っ越し予約が遅くなるほど引っ越し業者の見積もりは高くなり、選択肢も限られることから、引っ越し料金を考えても早めの引っ越し予約は重要です。

2-1.【3月の引っ越し料金が高くなるのは、就職や進学の直前期だから】

3月の引っ越し料金が高くなるのは、就職や進学の直前期で移動する人が多いからです。

そのため引っ越し業者のキャパシティーを超える需要になるため、料金が上がってしまいます。

4月からの新年度へ向けてこのような人たちが一斉に引っ越しするので、3月の引っ越し予約が取りにくいだけではなく、新居探しでも苦労することになるでしょう。

引越し
3月中旬までは不動産の物件探しも大変だし、家賃や管理費も高めに設定されているようね!

就職する方は内定が10月~12月に出ているので予定は立てやすいでしょうが、2月以降に合格発表のある一般入試の受験生は大変です。

2-2.【見積もりを取れば3月の引っ越し料金が最大50%オフになる】

3月の引っ越しは繁忙期で料金も高いことが分かりましたが、先ほど紹介した一括見積の「引っ越し侍」を利用することで、3月の引っ越し予約を最大50%オフと安くすることができます。

引っ越しの見積もりを一括で取ることができるサービスは、ネットをみると複数見つけることがでしるでしょう。

しかしサービス選びのポイントは、提携業者の多さと、その中から業者の絞り込みが簡単にできるかです。

「引っ越し侍」は、340社以上の見積もり業者の中から最大10社まで無料一括見積もりができるので、3月の引っ越し予約には非常におすすめできます。

引越し
「引越し侍」なら優良な業者しか登録されていないから安心ね。

3月の引っ越しキャンセル料は予定日の2日前から発生する

3月の引っ越しを早めに予約して、もし引っ越しが中止になったとき、引っ越し予約のキャンセル料は予定日の2日前以降に発生します。

これは国土交通省が引っ越し業者の守るべきルールとして定めている「標準引越運送約款」において、「引っ越し予定日の3日前」までに引っ越し業者へ意志表示をすれば「解約手数料(キャンセル料)を請求しない」となっているからです。

予約受付開始日の比較で例に挙げた引っ越し大手各社も全て同じで、例えばアート引越センターのキャンセルポリシーは次のようになっています。

・お引越の前々日に解約または延期になると、当社見積り書に記載した見積運賃等(料金にあっては、積込み、取卸し、搬出、搬入、荷造り及び開梱に要するものに限ります)の20%以内。
・お引越の前日に解約または延期になると、当社見積り書に記載した見積運賃等(上記に同じ)の30%以内。
・お引越の当日に解約または延期になると、当社見積り書に記載した見積運賃等(上記に同じ)の50%以内。
・解約の場合は解約手数料とは別に、当社がすでに実施し、または着手した附帯サービスに要した費用(見積書に記載したものに限る。)を収受します。

引用:アート引っ越しセンター

このため3月25日に引っ越しの予約をしているケースなら、3月22日までにキャンセルの連絡をすればキャンセル料は発生しません。

ただ使用してしまった段ボールなどの資材や、着手してしまったエアコン取り外しなどのオプション契約は実費を全額請求されるケースが多いでしょう。

引越し
このようにオプション契約の実費負担の有無についても、事前見積もりの際に確認しておくと良いですね。

3-1.【3月の引っ越し見積もりを依頼しただけならキャンセル料はかからない】

3月の引っ越しをするため複数の見積もり依頼をした場合、最終的には契約した1社以外はキャンセルすることになりますが、それによるキャンセル料は発生しません。

これも国土交通省が定める「標準引越運送約款」に記載があり、具体的には次のように書かれています。

見積料は請求しません。ただし、発送地又は到着地において下見を行った場合に限り、下見に要した費用を請求することがあります。この場合には、見積りを行う前にその金額を申込者に通知し、了解を得ることとします。

引用:標準引越運送約款

このように見積もりをするだけで費用を請求できないことになっています。

しかし離島のような遠隔地での見積もりなど、事前に利用者へ了解を得た実費については請求されることがあります。

ただキャンセル料は掛からないとはいっても、決めた1社以外に対して正式に断っているわけではないので、最低限のマナーとしてキャンセルの連絡をするべきです。

3月の引っ越し予約は予約内容に注意する

3月の引っ越し予約は、早くに済ましておくのが良いのですが、予約内容については注意する必要があります。

何となく繁忙期の予約を取れたからといって安心していると、こちらの要望が正確に伝わっておらず希望どおりの引っ越しができなくなるケースもあり得るのです。

極端な事例では、4人家族の引越なのに単身パックの枠しか確保されていなかったということもあります。

3月の引っ越し予約は、日程を押さえただけで終わりではなく、移動させる家財の詳細・内容を決めるまで終わりではありません。

3月の引っ越し予約のポイントは、必要な情報を引っ越し業者と共有し、確実に希望日時を押さえるということです。

4-1.【訪問見積もりを依頼する】

3月の引っ越しで見積もりを依頼するときは、電話見積もりではなく訪問見積もりを依頼しましょう。

電話見積もりだけでは見積額も変わる可能性があるので、電話口の話だけで済ませようとする業者は避けたほうが無難です。

引越し
口頭だけで安い料金を伝えて契約を急がせるような業者には気を付けましょう!

ありがちなトラブル例では、引っ越し業者の営業担当が電話見積もりだけで安い料金を口頭だけで提示し、後から話の違う高額請求をされるような事例も聞かれます。

訪問見積もりを依頼して、荷物の量や大きさ、そして移動距離など正確な情報を把握してもらい、しっかりした見積額を書面で受け取ることで、トラブルや追加料金の発生を防ぐことができます。

4-2.【料金だけではなく引越し内容も確認する】

3月の引っ越し予約は、とかく料金が高くなりがちなのですが、見積もりは金額だけではなく引っ越し作業の内容もよく確認しましょう。

見積もりを比較するときは金額に目が行きがちですが、引っ越しスタッフの数や無料で提供される段ボールの数などもチェックが必要です。

引っ越し業者の中には段ボールが有料だったり、あえて必要な作業内容を記載せずに別途料金を請求したりすることがあるので、金額だけでサービスの質は判断はできません。

また引っ越し業者と家具よっては、解体・組み立てを断られることもあるので、引っ越し当日に困らないように事前確認をしておきましょう。

引越し
見積もり料金が同じだとしても、業者によってサービス内容は大きく変わってくるので、細かい内容もチェックしましょう!

4-3.【補償内容やアフターサービスを確認する】

3月の引っ越し予約の見積もり比較では、引っ越し業者の補償内容やアフターサービスもしっかり確認しましょう。

引っ越し業者が「運送業貨物賠償責任保険」への加入の有無や、引っ越して荷解きが終ったあとの段ボールの回収など、見積金額だけでは判断がつかないポイントもあります。

アフターサービスを充実させることで高い評価を得ている引っ越し業者も増えているので、見積もり内容の確認に加えて、疑問に思ったことは質問しましょう。

細かい確認の積み重ねになりますが、3月の引っ越しを気分よく終えるためにはどれも大事なことなのです。

年間で最高の引っ越し繁忙期を乗り切るには工夫が必要です

一年の中の引っ越しで最高に忙しい3月の引っ越しは、何より早めの対応が大事だということが分かったと思います。

3月の引っ越し予約は少しでも早い方が良いと分かっていても、予定がはっきりしないなど迷うこともあるでしょう。

しかし超繁忙期だけにキャンセル込みで考えた方が良いというのが結論です。

新年度を明るく迎えるために、「引っ越し侍」を利用しながら、明るい新生活を迎えることを願っております。

引越し侍

画像引用:引越し侍
  • 入力30

    入力30秒完了

  • 料金50%オフ!

    最大50%オフ