引越しのダンドリ~効率良く引越すための最強手順マニュアル~

%e3%81%b2%e3%82%89%e3%82%81%e3%81%8d1

初めての引越しの場合、一体何から手をつけたら良いのか分からず右往左往しがち。
でも大丈夫、慌てる必要はありません!

ロードマップさえしっかりしていれば、後は一つ一つの工程を淡々とこなしていくだけです。

最初は王道ですが引越し方法の検討に入ります。

家族引越しなのか?それとも単身引越しなのか?
転勤引越しの場合は特に家族みんなでじっくり話し合いたいところ。

今住んでいる住居を引き払って引越すという事になれば、早急に新居を決めて現居の契約の解約手続きを行ってください。

どんなケースの引越しでも新しい家にはいつから入れるのか、今住んでいる家の契約はいつまでなのか、残りの家賃はどうなるのかなど契約内容を良く確認して手続きを行いましょう。

引越し先が決まったら今度は引越しの方法について。
引越し業者を手配するのか、自力で運ぶのか、引越し業者に依頼するならどこまで作業をお願いするのかを決めましょう。

ここまで方向性が固まったら早速引越し業者選びに入りましょう!

引越し料金は一括見積りサイトで一気に集めるのが正解

C789_mbaniokaretakeitai_TP_V

見積もりを依頼する際、事前にやっておきたいのは荷物の量がどれぐらいになるのかの把握。
引越し業者によって料金設定は様々で、荷物量や選ぶプランにより料金も大きく変わってきます。

家具家電がどれくらいあるか、ダンボール箱は何箱くらいになりそうか、大体で構わないので見当をつけて引越し業者に見積もりを依頼します。

見積もり料金を出してもらう時はインターネットで簡単にできる無料引越し一括見積もりサイトを利用してみてください。

自分で1社1社連絡して見積もりをとろうと思うと時間と手間がかかってかなり面倒…

その点、一括見積もりサイトは荷物量などの引越し情報をフォーマットに入力すればOKで、作業時間もたった3分程度。
CMで有名な大手引越し業者から地域密着の中小引越し業者まで、最大10社にまとめて一括見積もり依頼ができます。

それぞれの引越し業者から届いた見積もり料金やサービス内容を比較検討するだけで、一番安い引越し業者がどこか簡単にわかりますよ。

一括見積もりサイトで一番安い引越し業者を探す

一括見積もりサイトは慌ただしい引越し前の時間と労力の節約に一役かってくれます。

私も何度も利用している『引越し価格ガイド』なら、何百社もある引越し業者の中から自分の条件にピッタリの引越し業者を選んでくれます。

更に、引越し料金の相場がいくらぐらいなのかを把握する事もできるので、ムダに高いお金を払って結果的に損したというリスク回避できるのも魅力。

手っ取り早く見積もりで一番安い業者に依頼するのも良し、電話で値段交渉をするも良し。
訪問見積もりに来てもらって何社か競合させてさらに値引交渉をうのも良し。

一括見積もりサイトを使えば納得できる業者選びが必ずできると思います♪

引越し業者と契約を結ぶときはココに注意!!

料金やサービス内容に折り合いのつく引越し業者が見つかったら正式に引越し契約締結。

この時、後々のトラブルを防ぐために次の点をしっかり確認してください。

備えあれば憂いなしです!

□梱包資材はプラン内容に含まれているかどうか
□どこまでの作業をお願いできるのか(荷造り、荷解きも含まれているのかどうか)
□家具のセッティングはどこまでやってもらえるのか
□電化製品の取り外しや取りつけはやってもらえるのかどうか
□車、バイク、ピアノ、ペットの運搬について
□不要品の回収などはしてもらえるのかどうか
□使用済み段ボールの回収はしてもらえるのかどうか
□引越し保険の補償内容について
□引越し当日のスケジュールについて

面倒な荷造りは後回しにしないで早めにスタート

gf1420071002m

引越しのスケジュールが確定したら先延ばしせず、すぐにでも荷造りに着手しましょう!

直前に荷造りでバタバタすると必要な手続きをうっかり忘れがち。

家族引越しの場合はケンカの原因にもなりかねません。
というのも、引越しの中で荷造りは気が重い作業の一つ。

『荷造りは1週間もあれば余裕』なんて思っていると間に合いませんよ。

シーズンオフの物などすぐには使わない物からどんどん片付けていきましょう!

荷造りも段取り良く進めないと必要な物はもうダンボール箱の中で出すのに手間がかかる、せっかくキレイに詰めたのに詰め直しという事もあります。

最高のスタートダッシュで荷造りをクリアしてしまえば一気にプレッシャーから開放されますよ♪

山ほどある手続はチェックリストを作って効率よく!

%e6%9b%b8%e9%a1%9e

引越しはただ移動して終わりというわけではありません。
学校、銀行、郵便局、電気会社、ガス会社など様々な手続きが必要です。

例えば電気やガス、水道の開通は引越し当日に行います。

事前に連絡しておけば電気や水は最初から出るようになっています。

ただしガスに関しては自分で元栓を開けるのは禁止なので、必ずガス会社の係員立会の元で開栓しましょう。

手続き関連は意外と忘れがちなので、いつ、どんな手続きをすべきかをまとめたチェックリストが役に立ちます。

引越し手続チェックリストがあれば、様々な手続を計画的に一つ一つ潰していく事ができますよ。

近所の挨拶周りは前日までに行い当日は引越しに専念

引越し当日は色々と細かい気遣いが必要になります。
例えば、引越しを手伝ってくれた友人へのお礼や引越し業者スタッフへの心付け。
昼食をご馳走する、ジュースやお菓子などを渡す場合もあると思います。

心付けとして1人あたり1,000円程度の現金を用意する人もいます。

現金で渡す場合、いくら渡さないといけないというルールはありませんが、お礼の気持ちを表現できるくらいの金額は用意しましょう。

搬出が全て終わったら忘れ物をしていないか家の中を最終確認!
そして、荷物の搬出に遅れないように移動してください。

また、近所への挨拶回りは前日までに済ませておくのがベスト。

当日は思いのほか時間の余裕も気持ちの余裕もなくなってしまいます。
挨拶できずに終わるケース、実はよくあるパターンなんですよ。

引越し後は必ず新居周辺の人に挨拶に行きましょう。
マンションの場合、両隣と上下の部屋への挨拶はマスト。

後々の事を考えると最初に引越しの挨拶しておくほうが好印象間違いなしです♪

引越し当日の荷解きは割れ物・家電・荷物の配置が最優先

%e9%a3%9f%e5%99%a8

新居への荷物の搬入が終わったら荷物を解いて中身を確認していきましょう。
引越し当日に全ての荷物を開梱する必要はありません。

最初に行ないたいのが、割れ物に破損などがないかの確認です!

もし破損があった場合はその場で作業員に報告して補償内容を確認。
後になればなるほどトラブルの元になりかねません。

また、引越し業者は補償期間を3ヶ月としているところが多いので、少しでも早く破損があった事を伝えないといけません。

当日に伝えても知らない、自分たちではないと責任逃れをしようとする引越し業者もいます。

TVやPCといった家電は一通り電源を入れて正常に動作するかどうかをチェック。
家具に関しても配置変更などは作業員がいる間にお願いしましょう!

他にも壊れやすい物やブランド物を詰めたダンボール箱は、なるべく早めに確認する事をオススメします。

忙しい時こそチェックリストで再確認

引越しを効率良く進めるために忘れてしまいそうな事はチェックリストで確認してください。

  • 引越し方法の検討
  • 荷造り
  • 公共料金諸々手続き
  • 挨拶回り

上記4項目はマストでチェックリストを用意しておきましょう!

引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

入力にかかる時間は3分!

厳選した200社から見積もりが取れる

引越し料金が3万円も以上安くなる!

ダンボール無料など嬉しい特典勢ぞろい

3分の簡単入力で見積もりを取る