転勤による単身引越し成功のための基礎知識

a002

転勤で引越しが決まった皆さん、注意してほしい事があります。
引越し業者に依頼をする前に引越しの相場料金を把握しておかないと、引越し業者の言い値を払う事になり確実に数万円の損をします!

転勤と言えば長距離引越しの人がほとんど。

長距離の引越しは近距離の引越しに比べて当然引越し料金が高くなります。

時期や曜日、荷物量など様々な条件で引越し費用は変わってきますが、主要都市間を例にあげて単身の転勤引越し相場がどれくらいか見てみましょう。

東京発、距離別引越し相場料金

荷物少なめ

東京~札幌 ¥80,000~150,000
東京~仙台 ¥50,000~80,000
東京~名古屋 ¥50,000~70,000
東京~大阪 ¥60,000~100,000
東京~福岡 ¥70,000~120,000

荷物多め

東京~札幌 ¥150,000~280,000
東京~仙台 ¥50,000~90,000
東京~名古屋 ¥40,000~90,000
東京~大阪 ¥70,000~130,000
東京~福岡 ¥130,000~200,000

大阪発、距離別引越し相場料金

荷物少なめ

大阪~札幌 ¥100,000~180,000
大阪~仙台 ¥50,000~80,000
大阪~名古屋 ¥20,000~50,000
大阪~福岡 ¥40,000~70,000

荷物多め

大阪~札幌 ¥180,000~310,000
大阪~仙台 ¥100,000~210,000
大阪~名古屋 ¥40,000~90,000
大阪~福岡 ¥70,000~130,000

※参考料金です。

相場料金と言っても引越し業者によって引越し料金は大きな差があるため、表内の相場料金にもかなり差が出ていますよね。

その理由は引越し料金には定価がなく各引越し業者によって異なるため。

例えば同じ条件で大手A社に依頼すると40,000円、格安B社に依頼すると20,000円以下で引越しができるという可能性も。

転勤の引越し料金を安くしたい人がするべき事は?

同一市内の超近距離の引越しでさえ引越し業者によって引越し料金は大幅に変わってきますが、それが長距離なら尚更ですよね。

引越し費用を安く抑えたいなら最初から1社に決め込むのは絶対NG。

複数の引越し業者から見積もりをとって引越し料金の比較検討をする事が必須条件です。
各社から見積もりをとれば大体の相場料金の把握ができて一番安い引越し業者を見極める事ができるのです!

ただでさえ時間確保が難しい転勤直前に何件もの引越し業者に問い合わせるのは至難の業。
そんな時、心強い味方となってくれるのが無料で利用できる方法です。

長距離引越しを格安にできる方法はこちら

この方法を活用すればたった3分程の作業をネット上でするだけで、複数の大手・中小引越し業者から簡単に見積もりを集める事が可能。

スピード勝負の転勤引越しで費用節約をしたいと思ったら一度試してみてください。

最も効率的に一番安い引越し業者を探しだす事ができますよ。
引越し料金は必ず安くなります、転勤引越し頑張りましょう!

転勤族マサが選定!転勤引越しにオススメ引越し業者

引越し業者と言っても大手から中小まで何百社とあります。
単身引越しに特化している引越し業者もありますが、そういった引越し業者はほとんどが近距離向けのプランになっています。

何百社もある中から自分に合っているであろう引越し業者を探すのは困難を極めます。

そこで長距離引越しにオススメな引越し業者を何社かピックアップしてみました!

  • アート引越センター

大手引越し業者と言えばここ。
引越し料金は他と比べて少し高いですが梱包や養生は丁寧で、サービス面も充実しています。
引越し料金が高いのは安心料と割り切れば良い引越しを提供してくれる引越し業者。

  • ヤマトホームコンビニエンス

単身者の引越しと言えばここ。
単身引越サービスという決められた容量の荷物を専用BOXで輸送するサービスがあります。
荷物量が少ない人は引越し費用を抑える事ができる効率の良い引越しプランです。

  • 日本通運

日通もヤマトと同じく専用BOXで輸送する単身パックというサービスがあります。
訪問見積もりが不要なので時間がない人、荷物量が少ない人にはもってこいのプラン。
日通もヤマトも単身パックは引越し業界では珍しい定額の料金設定になっています。

  • カルガモ引越センター

長距離の格安引越しが可能な引越し業者です。
例えば東京~名古屋へ荷物少なめで引越しをする場合の相場料金は50,000円~ですが、カルガモ引越センターでは34,000円~と相場料金より安めになっています。
サービス面よりも費用面を重視したい人にオススメ。

長距離引越しを格安にする方法はこちら

いずれの引越し業者も移動距離や希望日など、条件次第で引越し料金は異なります。
トラックをチャーターして荷物を運ぶプランか専用BOXの大きさや数に応じて定額で運搬する運送方法なのかによっても、大幅に引越し料金は変わります。

まずは複数の引越し業者から見積もりをとる事から始めましょう!

転勤引越しの豆知識

%e3%81%b2%e3%82%89%e3%82%81%e3%81%8d

会社都合でやむなく引越しをしなければならない場合、引越し料金の一部または全額会社負担のケースが多いです。
気の利いた会社ではあらかじめ引越し業者を手配してくれる事も。

引越しプランからオプションサービス選定まで、面倒な作業を会社が全て行ってくれるなら自分で引越し業者探しから始める必要はありません。

中には会社で用意された申請書に必要事項を記入すればOKという至れり尽くせりなケースもあります!

でも、これって良く考えると自分でプランもオプションサービスも選べないわけですから、会社が選んだ引越し業者は自分には合っていないかもしれないという事になります。

会社にどのプランを申し込むのか確認をして事前に把握しておきましょう!

急な辞令で会社都合の引越しになるし、荷造りも全てやってもらえるプランだと思っていたら搬出・搬入のみのプランだったなんて事になりかねません。
オプションサービスも無料ではないので会社負担だと思っていたエアコン取り付けサービスが自己負担だった…なんて事もあるかもしれませんよ。

急な転勤と言えども会社に全て任せる時は思わぬトラブルがつきものなので要注意です!

また、会社負担の場合でも予算が決まっていて、引越し料金をどうしても抑えなければならない事もあると思います。
新しい場所で生活するには色々と必要な物もあるわけで、会社が全額負担してくれない人にとってはムダな費用がかかってしまいます。

そういった場合は荷物を少なくする事が最善です。

テレビ・冷蔵庫・ベッド等の大物家具・家電は引越し料金が高くなる元。
できれば新居に移ってから購入する、家具・家電付きの物件に引越しをする事を検討してみてください。

もしくは転勤がわかっている職業ならあまり物を多く持たないというのも一つの手です。

転勤引越しは時間もお金も節約しないといけない

急な転勤の場合、引越し業者探しから不動産会社・部屋探し、荷造り準備、様々な引越し手続きとやる事が盛りだくさんですよね。
でも、引き継ぎやら挨拶回りに追われてとてもじゃないけど自分で引越し業者に見積もりをとる余裕がない、辞令から赴任まで1週間しか猶予がないようなバタバタの人がほとんどのはず。

家族引越しと違うとは言え、単身引越しも長距離となれば引越しにかかる費用はそれなりに高いです。

引越し料金も引越し業者によってピンキリ。

少しでも安く引越しをしたいならまずは複数の引越し業者から見積もりをとる事がポイントです!

また、引越し料金を安くするポイントとして荷物量を少なくするという方法があります。
ただ、転勤の度に転居先に新しい家具・家電を用意するのはコスパが悪すぎますよね。
特に赴任期間が短期の場合はかなりムダです。

そんな時は家具・家電のレンタルサービスを利用しましょう!

なんとこのサービス、カーテンまでもレンタルできるというから助かりますね。
また、レンタルの契約期間は月単位から年単位まであり途中解約も可能。

急に単身赴任期間が変更になった場合でも安心して利用できます。
転勤回数が多い事があらかじめわかっている場合はそれを見越して小さめの家電製品等を最初に揃えておくのも良いですよ。