引越し料金!相場を知らないと大損しますよ
移動距離 単身引越し料金相場 家族引越し料金相場
同一市内移動距離15km以内が目安 3万円から5万円 5万円から15万円
同一県内移動距離50km以内が目安 3万円から8万円 3万円から5万円
同一地方移動距離50km~200km以内が目安 4万円から15万円 10万円から30万円

引越しの相場料金がどれくらいなのか?実際にどの程度引越し料金がかかるのか?
引越しで1番気になるのはズバリ、引越し料金ですよね。

日にち・荷物量・距離、更に同条件でも引越し業者により数万円単位で差が出るため、上記の表にもあるように相場料金にはこんなにも幅が!

でも大丈夫♪
管理人ヒロも活用中の裏ワザを使えば必ず相場料金よりも安い金額で引越しする事ができると思います。

楽して賢く引越ししましょう!

  • 7月の格安引越し術【最安値業者】を見つけて費用節約!

    7月は梅雨が明けるか明けないかの夏休み前までは引越し件数もそれほど多くなく、どこの引越し業者もヒマを持て余しているタイミングです。
    そのため相場料金はそこまで高くありませんが、それは7月上旬~中旬までのお話し!
    7月後半にもなると夏休みを利用して引越しをする人が増えるため引越し料金がグンっと高くなります。
    そんな7月の引越し費用が高い時期でも引越し料金を安くするコツがありますよ♪

  • 6月の引越し料金を安くする!閑散期でも更に安くなる方法とは?

    6月は繁忙期が終わり、引越し料金が落ち着く時期。
    梅雨で天候が不安定な分、引越しニーズが少なく、お客さんを確保したい引越し業者は必死です。天候によるデメリットはありますが、費用面で考えると絶好の引越しシーズン。
    ただし、引越し料金が落ち着く時期だからと言って、何も考えずにサクッと引越し業者を決めてしまうと数万円も損をする可能性がありますよ…。

  • 単身引越しのコツ!格安料金で引越しするベストな方法

    自力で引越しを済ませようと思っている人も、心のどこかで引越し業者をどこにしようか決めている人も、自分に合った単身引越しの方法をもう一度考えましょう!
    『引越し業者に頼むと高そう…』と思いがちですが、実はそうとも言えません。引越し業者によってはレンタカーで自力引越し、赤帽よりも引越し料金が安くなる可能性が十分考えられます!

  • 単身引越し体験談 地域密着の中小引越し業者に依頼!

    管理人ヒロの弟が最近単身引越しをしました!
    見積もり依頼前に荷物量を聞くと単身者にしては荷物が多い…いつの間にこんなに荷物を増やしたのか…実は引越しは荷物が多いとその分、引越し料金が高くなる可能性があります。
    そこで、弟が単身引越しで損をしないための裏ワザを伝授しました!

  • ソファーだけ、冷蔵庫だけ引越しのコツ※どこに頼めば安い?

    ソファーや冷蔵庫など、様々な理由でどこかに単品で送りたい場合、どんな運送方法が1番良いと思いますか?
    友人・家族が近場にいれば頼む事はできますが、頼む相手がいない場合は…
    できるだけ費用を抑えるために、格安で単品引越しできる方法をまとめてみました!

引越し料金は安くできる!

引越しは物を移動するだけなのに数万円ものお金がかかります。
後には何も残らないと思うと、非常にもったいない支出だと思いませんか…?

多くの人が『できるだけ引越し料金を安くしたい!』そう思うのは当然の心理です。

でも、納得のいく金額で引越しができなかったという人は少なくありません。
実際に自宅まで荷物量を確認に訪れる訪問見積もりで、営業マンに提示された金額に対し『なんだか高い気がする…』と思いつつ、『安くしてほしいなんて言いにくい、引越しの料金はこれが普通なのかもしれない』と妥協していませんか?

それ、大間違いです!

大手引越し業者でも中小引越し業者でも引越し料金は交渉次第で必ず安くなります!
値下げ交渉をするのは図々しいと思うかもしれませんが、営業マンは値下げ交渉には慣れっこなので気にしなくて大丈夫♪

そもそも引越し料金には定価というものは存在しません。
どの引越し業者も最大料金はいくら、最小料金はいくらと確定した金額は言えないのです。

その結果、特に引越しに慣れていなそうな相手には、高い金額を即決してほしいと要求してくる場合も…。

例えば、電話で見積もり金額を出してもらっても、それはあくまでも概算料金。
実際の支払い料金より安く言ってきても、いざ訪問見積もりをしたら金額がかなり高くなるケースもあります。

また、引越しには繁忙期があり割増料金の発生などもあるため、その時期を避ける事でも引越し料金は大幅に変わってきます。
引越しニーズが少ない通常期と言われる月に引越しをする事ができれば格安で引越しができる可能性が高いのです。

ただ、引越しニーズが少なく相場料金が低い通常期に、必ず引越しできるかと言うと、仕事の都合などで難しい人もいますよね。
解決策としては引越しの相場料金が高い時期でも引越し費用を相場料金以下にする事。

中には繁忙期でも通常期でも引越し業者の言い値を支払ってしまった人もいると思います。
誰だって失敗はありますよ!もちろん私も初めは引越し料金で大失敗しました。。

私も経験がありますが、意外と引越し業者に直接依頼している人って多いですよね。でも、それが引越し料金で損をする要因になっているとは思いもしませんでした…裏ワザを知ってからは夫の転勤の際などに必ず活用して、引越し料金の節約を成功させています♪

引越しは自分が考えている以上にお金がかかるものです。
少しでも安く、損をしない方法で引越しをしないと本当にもったいないですよ。

相場よりも引越し料金が安くなる裏ワザを詳しく見る

裏ワザを使って納得のいく引越しにしてくださいね!

続きを読む

閉じる