引越し料金!相場を知らないと大損しますよ
単身引越し料金の相場
家族引越し料金の相場
同一市内
移動距離は15km以内程度が目安

3万円~5万円

5万円~15万円

同一県内
移動距離は50km以内程度が目安

3万円~8万円

8万円~18万円

同一地方
移動距離は50km~200km程度が目安

4万円~15万円

10万円~30万円

相場がいくらぐらいなのか?実際にどれぐらい料金がかかるのか?引越でいちばん気になるのはズバリ、ココですよね。
日にちや荷物の量や距離により、さらに同条件でも業者により万単位で差が出るため相場はこんなに幅が!

しかし、ある方法を使えば必ず相場の最安値で引越しすることが出来ると思いますよ。

それは・・・

相場よりも引越し料金を安くする方法はこちら

  • 人気記事
  • 新着記事
  • 相場は底値の1月!引越し料金をさらに安くする「ある方法」とは・・・

    相場は底値の1月!引越し料金をさらに安くする「ある方法」とは・・・

    どんな引越し業者でも、予約に空きがあるコトが多くヒマを持て余している時期が1月。 つまり1月は相場が安くなる引越し閑散期。 閑散期は「1月、2月、6月、11月、12月」で、特に1月は閑散期中の閑散期と言える時期。 1年を通してみると、1月は引越し料金の相場が最も相場が安い月になります!

  • 即実践!12月の引越し費用を安くする即効テクとは?

    即実践!12月の引越し費用を安くする即効テクとは?

    意外!当然?12月は引越し料金相場の底値だけど… 12月の引越し業界は閑散期、相場料金は他の月と比べて明らかに安い時期! 1年の中で高い時期と安い時期がある引越し料金相場。 12月はどうかと言うと他の月と比較すると引越し需要が少なめなのです。

  • ソファーだけ、冷蔵庫だけ引越しのコツ※どこに頼めば安い?

    ソファーだけ、冷蔵庫だけ引越しのコツ※どこに頼めば安い?

    荷物が少ない引越しの時や、引越しで不要になった荷物を単品でどこかに送る時、通常の引越し料金を払うのは損した気分ですよね。 そんな時に便利なのが、ヤマトホームコンビニエンスの大型家具・家電のみ配送できる、らくらく家財宅急便!
    ソファーやベッド、冷蔵庫や洗濯機やテレビ等の、大型家具・家電を一つから運んでくれるサービスです。

  • その荷造りは間違ってる!引越し荷物の作り方マニュアル

    その荷造りは間違ってる!引越し荷物の作り方マニュアル

    引越しが決まったら、避けては通れないのが荷造りですね。金銭的に余裕があるのであれば、荷造りから荷解きまでの全てを業者にお任せできるおまかせパックを選びたいところ。でも、引越しにそこまでお金をかけていられないという人もいると思います。少しでも安くしたいと思うなら、自分でやる事がポイント。

  • 単身の引越しのコツ|格安料金で引越しするベストな方法!

    単身の引越しのコツ|格安料金で引越しするベストな方法!

    自力で引越しを済ませようと思っている人も、心のどこかで引越し業者をどこにしようか決めている人も、自分に合った単身引越しの方法をもう一度考えましょう!『引越し業者に頼むと高そう…』と思いがちですが、実はそうとも言えません。引越し業者によってはレンタカーで自力引越し、赤帽よりも引越し料金が安くなる可能性が十分考えられます!

引越し料金はまだまだ安くできます!

引越しは単に物を移動するだけなのに、数万円ものお金が飛んでいってしまいます。
後には何も残らないと思うと、非常にもったいない支出。
『できるだけ引越し料金を安くしたい!!』そう思うのは当然の心理です。

続きを読む

しかし、納得の料金で引越しができた人、どれくらいいますか?
訪問見積もりで営業マンに提示された金額に対し、『なんだか高い気がするけど…』と思いつつ、『安くしてほしいなんて言いづらいし、引越しの料金ってこんなものなのかもしれない』と妥協していませんか?

ちょっと待ってください。

大手引越し業者でも中小引越し業者でも、引越し料金は交渉次第で必ず安くなります‼

値引きを要求するのは図々しいと思うかもしれませんが、営業マンは値引き交渉には慣れっこだし気にしなくても大丈夫!

そもそも引越し料金には定価というものは存在しません。
要するにどの引越し業者も、最大料金、最小料金はいくらですとはなかなか言えないのです。

という事は、引越し料金の平均金額を知らないととんでもない金額を請求されても、『移動距離が長いから高いのかもしれない…』とか自分の中で妙に納得してしまい、値引き交渉をせずに即決する羽目になるかもしれませんよ。

例えば電話で見積もりを出してもらっても、それはあくまでも概算料金。実際の支払い料金より安く言ってきても、いざ訪問見積もりをしたら金額がかなり高くなるケースも少なくありません。

また、引越しには“繁忙期”があり割増料金の発生などもあるため、その時期を避ける事でも料金は大幅に変わってくるもの。
引越しニーズが少ない“通常期”と言われる月に引越しをする事ができれば、格安で引越しができる可能性が高いのです。

誰だって失敗はあります‼ 管理人ヒロの初めての引越し失敗談

初めて引越しを経験したのは大学進学のため。しっかり下調べをしていれば…とつくづく思います。
引越し料金を安くしたいとは思ってみたものの『荷物量を少なくする』以外の知恵がなく…

結局、テレビCMで有名な大手引越し業者にお願いしました。

なんと言っても初めての引越し。相場料金なんて知る術もありません。

引越し業者に電話をして言われた金額が高いか安いかさえ判断する事ができず。。
世間知らずだった私は「これが普通なのかな」と、なんと即決してしまいました‼

管理人ヒロの引越しデータ
引越しのタイプ
荷物少な目の単身引越し
引越し距離
神奈川県→東京都へ。約30km
支払った金額
45,000 円

この条件でこの料金、あなたは高いと思いますか?安いと思いますか?

今だから言えるのは、なんてバカ高い引越しをしてしまったのかという事。
実はこの金額、相場料金よりも明らかに高いのです!!高い授業料でした…

でも、引越し経験を積んだ今の私ならこうします!

インターネットで簡単にできる引越し一括見積もりサイトを利用して引越し業者を決める‼

一括見積もりサイトを利用すれば、単身の引越し料金なら最低でも25,000円くらいに収める自信があります。
交渉次第では20,000円前後だって十分な射程圏内ですよ。

もちろん家族引越しも一括見積もりサービスを利用すれば安くする事は可能です!
家族引越しの場合は荷物量が多いので元々見積もり金額が高い事がほとんどですが、一括見積もりサービスを利用して交渉をすれば10万円以上も値引きできる可能性が。

実際に私も家族引越しで10万円以上安くなった事があります。

また、一括見積もりサービスは複数の引越し業者から一度に見積もり金額を提示してもらえるので、引越し前の忙しい時でも時間の節約もできちゃいます!

引越し料金を更に安くするには自分たちでやる事を増やす!!

大型の家具家電やピアノなどの梱包や運搬は引越し業者にやってもらうのが正解ですが、引越し料金を更に安くするにはできる事は自分たちでする事がポイント。

まず、引越しにかかせないダンボールは自分で調達できれば梱包資材費を抑える事ができますよね。営業マンにダンボールは自分で用意できるから、引越し料金を安くしてもらえないか交渉してみましょう!!

ただし、単身者で一人暮らしをするために引越しをするという人で専用ボックスを使用する単身パックなどを予約するかもしれませんが、単身パックは最初から梱包資材は別というプランなので梱包資材費カットは期待できません。

次に身の周りの小物荷造りを作業員におまかせするプランではなく、自分で準備するプランにすればここでも費用カット。

他にもエアコン取り付け・取り外しなどのオプションサービスを一切利用しなければ追加料金はかかりません。
ほとんどが有料サービスの不用品引き取りが無料サービスとなっている引越し業者もあるので、サービスをうまく利用して費用削減をしましょう!

会社の都合で引越す人も全て引越し業者におまかせするつもりが、自分でやらなければいけない一番安く済むプランに勝手にされていたというケースもあるので、梱包方法などの情報を集めておく事をオススメします。

格安引越し一番の近道は一括見積もりサイト

先述した事を参考にしてもらえれば、ある程度引越し料金を安くする事は可能です。
引越し一括見積もりサイトがなぜそんなに引越し料金を安くするのに効果があるのかと言うと、理由は簡単。

複数の引越し業者を競合させるための材料になるから。

依頼する側としても複数の見積もり金額を見て引越し料金が安い、サービス内容が良いなど比較検討できた方が選択の幅も広がります。

ただ、実際に訪問見積もりに来てもらい、いざ交渉となった時に交渉の仕方や料金相場がわからなければ引越し料金を更に格安にする事は難しいです。

いずれにしても管理人ヒロと夫のマサが実際に体験した引越しを元に、詳しい値引き方法や梱包方法などなど紹介しています‼ぜひチェックしてみてください