単身引越し料金 単身引越しのコツ!格安料金で引越しするベストな方法

引越しコツ

これから一人暮らしが始まるけれど、
「引越し業者に頼んで引越しするのと、自力で引越しするのはどちらが安く済むのか」
「単身で一番安い引越し方法は何なのか」と悩んでいる人も多いと思います。

この記事でわかる事
  • 単身パックで引越す時どれくらい安くなるか
  • 自力引越しする場合は何にどれくらいお金がかかるのか
  • 単身パックの料金相場と条件
  • 単身パックを利用する際の注意点
  • 単身プランはどんな時に利用するべきか

などを詳しく紹介していきます。

この記事を読んでおけば、引越しする日が決まった時に格安の料金で引越しする事ができるようになります。

【裏ワザ!】知る人ぞ知る単身で”55%安く”引っ越しできる業者を見つける方法

単身で格安引越しをする方法は何だと思いますか。

それは5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。

そこで利用したいのが引越し業者の一括見積もりサービスです。

ここで紹介する「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。

従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。

しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、
面倒なやりとりをせずに、その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

引越し料金が一番安い業者も一目瞭然♪

あとは、気になる業者とやり取りをしていくだけで、最大55%安く引越しができてしまいます。

複数の業者とやり取りしなければならない”面倒”が不要なので、
仕事や家事に忙しい人にこそ、試して欲しいサービスです。

あなたも、引越し達人で単身引越し料金を55%安くしませんか?

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

一人で引越しするなら「単身パック」が格安

「単身パック」はコンテナボックスというカゴ車に荷物を積んで輸送する格安サービスで、通常の引越しよりも1万円ほど料金が安く済みます。

単身引越しの相場は21,000円です。クロネコヤマトの単身引越サービスmini(割引あり)を使って引っ越した場合、10,600円も相場より安く引越しする事が可能です。

引用:引越し侍

なぜ安くなるのかというと、引越し専用のトラックをわざわざ貸し切らず荷物を運ぶため、人件費やトラックの料金、ガソリン代や高速料金がほぼかからないからです。

また、コンテナボックスに荷物を積むだけなので事前に訪問見積もりをする必要がなく、わざわざ日程を合わせて業者に荷物を見てもらう必要がない事もメリットと言えます。

引用:日通

上の画像は日通の「単身パックS」の運べる荷物量です。右のオレンジのカートに荷物を積みきって引越しをします。

実際にどれくらいの荷物が積めるかというと、日通の「単身パックS」の場合以下の量の荷物が運べます。

  • 冷蔵庫(2ドア、109リットル)
  • 薄型テレビ(20インチ)
  • テレビ台(小)
  • 電子レンジ
  • 掃除機
  • カラーボックス(3段)
  • 姿見鏡
  • 布団
  • 日通ダンボールMサイズ(517mm×343mm×343mm)4個

この単身パックには1ボックスにつき200万円の運送保険がついていますので、荷物を業者に運んでもらう際安心して荷物を預けられます。

自力で引越しは料金もかかる上リスクがある

荷物が少ないから自分で引越し作業を行いたいと考えている人もいると思いますが、自力で引越しをする場合でも料金が2万円ほどかかってしまいます。

  • 軽トラックなどのレンタカー代
  • ガソリン代
  • ダンボールなどの梱包材代

最低でもこの料金が15,000円〜20,000円ほどかかるからです。

もし引越し作業を友人・知人に手伝ってもらう場合、引越しは重労働なので常識的には一人当たり5,000円ほどの謝礼金はかかってしまいます。引越しが遠方の場合だと、交通費や昼食代なども考慮しなければなりません。

また、単身パックには大概運送保険がついていますが、自力で引越しをするとなると荷物の破損は自己責任になります。

レンタカーや梱包材、謝礼金などの料金がかかってしまう事、もし家具家電を破損させてしまっても自己責任である事を考えた場合、自力引越しはあまり現実的ではありません。

単身パック利用の流れを見てみると、自力で引越しをするよりも安全で楽な事がわかります。

引用:日通

最大55%OFF 単身引越しを格安にするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

「単身パック」の料金相場と条件

ここでは、ハトのマークの引越しセンター、日通、クロネコヤマト、アート引越センター、アーク引越センターの平均相場、各パックの料金や特徴を紹介していきます。

■ハトのマークの引越しセンター

平均相場は単身パック荷物大:15,800円 単身パック荷物小:13,800円です。

小鳩プチトラパック、小鳩パック、小鳩スカイパック、青春引越便の4つの単身パックを展開しています。ハトのマークの引越しセンターは、引越しを扱っていないエリアが多く、遠方の引越しよりも近場の引越しに向いていると言えます。

【小鳩プチトラパック】
11,000円〜の料金で、同一市内もしくは都道府県内での引越しが条件です。

【小鳩パック】
料金21,000円〜、移動距離が200km以上あること、全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に収まりきる事が条件で引越しを行ってくれます。

【小鳩スカイパック】
料金は36,000円〜で、引越し先が空港から50km以上ある場合は相談が必要です。

【青春引越便】
料金見積もりが必要で、移動距離が200km以上あることが条件となっています。

■日通

平均相場は単身パック荷物大:18,900円 単身パック荷物小:17,850円です。

日通は「単身パック当日便」「単身パックS」「単身パックL」の3つのプランを展開しています。

日通は割引サービスが豊富で、下記の割引サービスを利用する事でさらに安い単身引越しが可能です。

サービス名 割引金額 利用方法
WEB割引 −2,000円 PC、スマホなどインターネットから申し込みすると2,000円の割引が適用される
平日割引 −1,000円 平日の日程で引越しすると1,000円の割引が適用される
複数ボックス割引 −1,000円 コンテナボックスを2ボックス以上利用すると1,000円の割引が適用される

【単身パック当日便】
料金は見積もりが必要で、移動距離は車で30分前後、作業開始から4時間以内に終わる引越しが条件です。

【単身パックS】
15,000円〜の料金で、全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ることが引越しの条件です。

【単身パックL】
16,000円〜の料金で、全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ることが引越しの条件です。

※今まで展開していた単身パックXは、2018年10月にサービス終了しています。

■クロネコヤマト(現在停止中、10月再開めど)

平均相場は単身パック荷物大:14,700円 単身パック荷物小13,650円です。

クロネコヤマトは「単身引越しサービスmini」「単身引越しサービス」2つのプランを展開していました。

クロネコヤマト引越しセンターの単身パックは、最短翌日に荷物を輸送可能で、荷物の宅配時間帯を無料で選ぶ事ができます。

枠 選べる無料時間帯
✅午前中
✅12〜15時
✅15〜18時
✅18〜21時

【単身引越しサービス(mini)】
13,000円〜からの料金で、全ての荷物がコンテナ(高さ130cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ることが引越しの条件です。

【単身引越しサービス】
14,000円〜の料金で、全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ることが引越しの条件です。

■アート引越センター・アーク引越センター

この2社は料金を公表していませんが、格安の単身パックを展開しています。

【アート引越センターの料金相場と特徴】
平均相場は単身パック荷物大:16,300円 単身パック荷物小:14,500円

アート引越センターは基本コース、ハーフコース、フルコースの3つの単身パックを展開しています。

コース名 特徴
基本コース 荷造り、荷ほどき両方自分で行うコース
ハーフコース 荷造りはアート引越センターが行ってくれる
フルコース 荷造り、荷ほどき両方自分で行うコース

【アーク引越センターの料金相場】
平均相場は単身パック荷物大16,700円 単身パック荷物小:14,450円

アーク引越センターはミニ引越しプラン、ミニ引越し長距離プラン、荷物多め単身プラン、全ておまかせフルプランの4つを展開しています。

ダンボールも最大50枚無料でもらえるのでわざわざ自分でダンボールを購入する必要がない事も便利な点です。

コース名 特徴
ミニ引越しプラン 荷造り・荷ほどきは自分で行う

一人暮らしを始める荷物が少ない人向けの近距離プラン

ミニ引越し長距離プラン 荷造り・荷ほどきは自分で行う

一人暮らしを始める荷物が少ない人向けの直距離プラン

荷物多め単身プラン 荷造り・荷ほどきは自分で行う

一人暮らしを始める荷物が多い人向けのプラン

全ておまかせフルプラン 荷造り・荷ほどき全てアークが行ってくれるプラン
最大55%OFF 単身引越しを格安にするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

単身パックの注意点と安い業者の探し方

■単身パックの注意点
単身パックはお得なプランですが、荷物が多くなってしまうとパック内に料金が収まりきらず、割高になってしまいます。

なぜかというと、「単身パック」ではピアノ、大きなタンス、3ドア以上の冷蔵庫、ベッドや机など組み立て式家具、エアコン、自転車が運べず、コンテナが2台・3台と増えて割高になってしまう可能性があるからです。

例えば日通の単身パックSを使用した場合、料金は15,000円〜。コンテナを2台使用した場合、15,000円×コンテナ2台=30,000円になります。

単身引越しの平均相場が21,000円なので、普通にトラックをチャーターする位の料金がかかってしまう計算になります。

■安い引越し業者の探し方
せっかく料金を安くするために「単身パック」を選んでも、選んだ業者のプランと自分の荷物の量が合わなかったら損をしてしまう可能性があります。そこでおすすめなのが、一括見積もりサイトを使う事です。中でもおすすめなのが、「引越し達人」です。

なぜなら、引越し達人なら複数の業者と面倒なやりとりをせずに、スマホやPC画面で見積もりボタンを押してその場ですぐに格安引越し業者がわかるからです。

荷物の量を入力する項目があるので、自分の荷物の量に合わせておすすめの引越し業者・プランを知る事ができます。

最大55%OFF 単身引越しを格安にするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

荷物が多い単身者は「単身プラン」を使う

【単身パックと単身プランの違い】

料金 荷物量 訪問見積もり ダンボール提供
単身パック 安い なし なし
単身プラン 高い あり あり

荷物が多い単身者の人は、トラックを丸々一台チャーターする「単身プラン」を利用する事をおすすめします。

なぜなら、「単身パック」のコンテナに収まりきらなかった荷物は追加のコンテナ料金がかかってしまい、その分料金が嵩んでしまう可能性があるからです。

「単身パック」は積み込める荷物も限られており、コンテナには

  • ピアノ
  • 大きなタンス
  • 3ドア以上の冷蔵庫
  • ベッドや机など組み立て式家具
  • エアコン
  • 自転車

などの大きな家具・家電は入りません。荷物の量によって「単身パック」と「単身プラン」を使い分け、格安の引越しを行いましょう。

最大55%OFF 単身引越しを格安にするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

単身プランの料金相場

【単身プランの料金相場】

引越し業者 プラン 料金
アート引越センター おまかせパック

基本コース

29,000円〜
アリさんマークの

引越社

超ミニ引越しプラン 25,000円〜
サカイ引越センター せつやくコース 30,000円〜
ハート引越センター スタンダードプラン 30,000円〜
ファミリー引越

センター

シングルプラン 21,000円〜

※上記は参考料金で、一番安いプランを掲載しています。

単身プランの平均金額は3万円〜になっており、単身パックを利用するよりも値段は高くなるものの、荷物が多い単身者にとって「単身プラン」は格安な引越し方法と言えます。

この中でもおすすめの引越し業者は、ファミリー引越しセンターです。
おすすめの理由は「とにかく費用を抑えたい」という人にアプローチする業者で、「標準コース」を使えば料金を2万円弱で済ませることができるという部分です。この値段は単身プランを提示する業者の中ではトップクラスの安さを誇ります。

また、ダンボール最大70個、ハンガーボックス6個、布団袋3枚レンタル無料サービスも行っています。

コースの内容は
・家具の梱包
・荷物の搬出
・荷物の輸送
・荷物の搬入
・荷物の設置

を行ってくれますので、大変な作業はほぼファミリー引越しセンターが行ってくれることになります。自分で行う作業は衣類や本、食器など小物類の荷造り、荷ほどきとダンボールの処分だけです。

上で料金を比較した他の業者も、様々な特徴があります。

■アート引越しセンター おまかせパック基本コース

・ダンボール引き取りサービス無料
・ワンストップサービス無料(住所変更手続き無料サービス)
・家具クリーンサービス無料(家具の裏に溜まったホコリを掃除してくれるサービス)
・ふたつよろしくサービス無料(ご近所に粗品を持って挨拶代行してくれるサービス)

・家具移動サービス無料(引越し日から一年以内、1回に限り大型家具を移動してくれるサービス)

■アリさんマークの引越社 超ミニ引越しプラン

・とっておきサービス無料(作業終了後簡単な掃除や配置換え、荷ほどきの手伝いなどを行ってくれるサービス)
・ダンボールが最大50枚まで無料(超ミニプランはダンボール10個以内の引越しに限る)
・同一市内5km以内の引越し限定

■サカイ引越センター せつやくコース

・引越資材(ダンボールなど)が無料
・家具家電の梱包を行ってくれる
・日時や時間の指定が可能
・荷造り、荷ほどきは自分で行えるので、荷物の中身のプライバシーを守れる

■ハート引越センター スタンダードプラン


・ダンボール50枚まで無料
・ガムテープ、ハンガーBOX、ふとん袋無料
・タンス、食器棚、本棚、テレビ、電子レンジ、パソコン、カラーボックス、箱入りギフト用品無料引き取り

最大55%OFF 単身引越しを格安にするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

まとめ 状況に応じてプランを使い分ける事がポイント

【こんな状況なら単身パック】
・荷物が少なく量が決まっている
・ダンボールを自分で準備できる
・大きな家具は運ばない

【こんな状況なら単身プラン】
・荷物が増える可能性がある
・ダンボールは業者に準備してほしい
・大きな家具を運ぶ予定

引越し達人

画像引用:引越し達人I
  • 入力30

    入力30秒完了

  • 料金55%オフ!

    最大55%オフ

  • 業者とのやり取りなしで、その場で最安値が分かる
  • オプションサービスの内容や口コミも、一覧表でまとめてチェックできる
  • 大手から中小の210社以上の中から、最適な引越し業者を選べる

SUUMO引越し見積もり

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

面倒な電話連絡なしで、一番安い引っ越し業者が見つかります。

SUUMOだけの特典・プランでお得に引っ越し可能!

【電話連絡なし】SUUMOで最安値をチェック