引越しの面倒な手続きはこうすれば効率よくスムーズにできる!

引越しは「引越しをしよう」と思ったその瞬間からスタートしています。

引越しの当日も引越しをした後にも、やらなければいけない手続きがてんこ盛り!
『引越しはまだ先だから大丈夫』なんて気を抜いてると、忘れてたという事が絶対に起きます。

そんな失敗をしないためにも、チェックリストを使って引越し手続きは計画的に行いましょう♪

引越し1カ月前まで

引越しが確定したら、すぐにでも行動を始めてください。

引越しする日と業者確定は真っ先に行いたい手続です。

早割キャンペーンを展開中の業者もあり料金が安くなる可能性も。
少しでお得料金にしたいなら、この早割を利用しない手はありません。
その一方で、手配が遅れると希望日に引越しできないと泣きを見る可能性もあるので気をつけてください。

引越し料金は業者を競わせれば限界まで安くなる!!

賃貸住宅に住んでいる人は、管理会社に連絡をして契約の解約告知を至急行いましょう。
契約内容によっては告知が遅れた場合、追加料金を取られることがあります。

  • 引越しの日程を決定する
  • 転居先を下見し、決定する
  • 転居先の間取り図を入手する
  • 現在の住居や駐車場の管理人に連絡する
  • 子供の学校へ連絡する
  • 引越し業者へ見積もりを依頼する
  • 粗大ゴミの処分について計画を立てる(※直前まで先延ばしにしていると、
    「結局捨てられなかった」ということにもなり兼ねません)
  • 転居先が遠い場合は引越し当日の交通手段のチケットを手配する

引越し2週間前まで

直前になればなるほど荷造り等でバタバタ。各種届け出手続きは2週間前に済ませておくのがベストです。

特に忘れがちなのはインターネットのプロバイダーへの連絡。

連絡が遅くなると、転居先でしばらくネットが使えない・・・という事態にもなりかねません。
荷造りや掃除もこの頃から計画的に行ってください。

  • 転出届けを提出する
  • 印鑑登録の廃止手続きを行う
  • 国民年金の住所変更手続きを行う
  • NTTやインターネットのプロバイダーへ連絡する
  • 銀行への住所変更連絡
  • クレジットカード会社への住所変更連絡
  • 保険会社の住所変更連絡
  • 梱包資材を入手する
  • 細かな荷物の梱包を開始する
  • 旧居の掃除を開始する

その荷造りは間違ってる! 引越し荷物の作り方マニュアル
割れ物の包み方の完全ガイド

引越し1週間間前~前日

いよいよ引越しが近づいてきてそわそわする時期です。

各種手続きをもう一度洗い出し、漏れがないか、しっかり確認しておきましょう。

引越しでPCを移動する際、ちょっとしたトラブルでデータが消えてしまうことも100%ないとは言い切れません。
この機会にバックアップを取っておくことをオススメします。

  • 電気・ガス・水道会社への連絡
  • NHKへの連絡
  • 郵便局へ転送届けを提出する
  • バイクの登録変更手続きを行う
  • 新聞の営業所変更を依頼する
  • 引越し挨拶用の品を用意する
  • 家賃清算する(日割りになる場合もある)
  • PCのバックアップをとる

引越し前日

明日から新生活のスタート!! このタイミングで荷造りが終わっていないようであれば、猛烈にピッチを上げて頑張ってください。業者に手伝ってもらうという手もありますが、もちろん追加料金が発生。せっかく安くした引越し代がもったいないことになります。引越し当日は気持ちも時間も余裕がなくなるもの。
近所への挨拶は前日のうちに済ませておくと良いでしょう。

  • 夜までに荷造りの目処をつける
  • 冷蔵庫、洗濯機の水抜きをする
  • 旧居の掃除
  • 近所への挨拶

引越し当日

洗面用具や寝具など、最後まで使用していたものを梱包すれば荷造りは終了です! あとは今まで住んでいたお家に感謝を込めて、隅々までキレイに掃除しましょう。
当日、新居へ搬入までを行う場合は引越し業者とタイムスケジュールの打ち合わせを綿密に!
時間に間に合うように移動しましょう。

  • 当日朝まで使用した荷物を梱包する
  • 段ボールの個数の確認する
  • 引越し業者と作業内容を確認する
  • エアコンや照明器具の取り外し作業に立ち会う
  • ガスの閉栓に立ち会う
  • 荷物搬出後、最後の拭き掃除を行う
  • 管理人への挨拶と立会いチェック→鍵の返却
  • 新居での荷物搬入に立ち会う
  • 引越し料金を清算する
  • ガスの開栓に立ち会う
  • 新居での挨拶回り

引越しの挨拶はいつ、どこまですればいいの?

引越しが終わったら

お役所関係の手続きは「転居後、○日以内に」と期限が決められているものばかり。引越し後は、速やかに各種手続きを行ってください。
真っ先に行うべきは転入届提出のタイミングで、新しい住民票を何枚か入手しておくこと。
夫婦別々の住民票、家族全員が記載された住民票など何パターンか手に入れてください。自動車免許証はじめ、その後の各種手続きに大活躍してくれます。

  • 転入届を提出する
  • 自動車の登録変更手続きを行う
  • 免許証の住所変更手続きを行う
  • ペットの登録変更を行う
  • インターネットの回線工事に立ち会う