家具や家電、家が傷ついた!壊れた!引越しトラブルはなぜ起きる?

家具や家電、家が傷ついた!壊れた!

引越しで最も避けたいトラブルは荷物の破損ですよね。
家具や家電が壊れたり傷ついたりするのは仕方ない・・・という話を聞いたりもしますが、
トラブルにあってしまった本人としては、仕方ないでは済まされません。
でも、あるひと手間さえかけていれば大丈夫。損傷したところがあれば面倒くさがらず、
また遠慮することなく業者に訴えて自分の家財を守りましょう!!

トラブルの中で家具や家電、家の損傷はどれぐらいの割合?

引越し業者にとって、家具家電損傷に関しては信用を失うデータとして門外不出ですが、
業者内部のデータとして必ずどの業者も必ず持っているものです。

とある業者では・・・実に3割にも及ぶトラブルが『物損』によるものというデータがあります。

これは利用者からクレームの入った数。

ある意味氷山の一角ですから、クレームの入っていない損傷を含めると、
さらにこのパーセンテージはもの凄い数字になるでしょう。

・家具家電を搬出し
 ↓
・トラックに積み込み
 ↓
・移動
 ↓
・トラックから積み下ろし
 ↓
・搬入
 ↓
・セッティング

という流れが単身引越しや家族引越しほかどんな引越しでも共通の基本作業。

この工程のすべてにおいて事故が発生する可能性が考えらるわけですが、
では何故、作業中に家具家電の破損などの物損が起きるのでしょうか?

視点を変えてみましょう。

利用者の多くは、引越し当日までに非常に多くの手続き、
多大な作業、精神的ストレスが大きくのし掛かっています。

そうした中で引越し当日は『素早く的確に仕事をしてもらい早く作業を終えて欲しい』
という業者に対する思いがあります。

業者サイドとしても『次の現場にできるだけ早く到着したい』
『早く作業を終了させて休憩を取りたい』という思いがあります。

利用者と引越し業者の双方が暗黙の了解のもとで作業を早めることになります。

とある引越し業者では信じられないことですが・・・

荷物を持って走ることを作業スタッフに強要しているところもあるそうです。
物損の確率は当然上昇するわけですよね。

ここで、「慌てなくていいから壊さないようにね」という声かけをしてください。
こちらの意図を明確にすることで、「引越スタッフは仕方なし?」に
丁寧にゆっくり作業を進めるしかなくなります。

ひと声かけることぐらい誰にでも出来ますよね。
トラブルに見舞われ不快な思いをしたくないなら、まずこの「ひと声」から始めましょう。

もし、万が一物損が起きた場合には遠慮せず指摘すること!

引越し完了直前に各家電一式のチェックを行い、もし損傷箇所があれば
遠慮なく引越し業者のリーダーに指摘してください。

そのためには、引越し前後にキチンと荷物の状態をチェックしておくことが重要。
時間がなくてどうしてもバタバタになってしまいますが、このひと手間が
万が一のときに大いに効果を発揮するのです。

テーブルの脚部分の傷であるとか、ガラス戸のひび割れ等は
明らかに補償対象となるので、大いに指摘しましょう。

ただし、家電製品など外部損傷のない内部補償や、骨董品美術品など
付加価値のある物品については残念ながら保障の対象外。

引越し業者を決める際には、賠償責任保険に入っているのかどうか、
見積もりに反映されているのかどうかの確認は必須です。

引越し料金のことばかり気にしがちですが、必ずこのチェックは行っておきましょう。

引越しによる家具家電の物損に対して、具体的にどういう対処方法が良いのかは
改めて詳しい記事を掲載するので、そちらをぜひ参考にしてください。