引越し業者のトラックに同乗は…できない!

引越しの際に引越し業者が荷物を積み終ったら、次は新居へ移動という流れになります。

自家用車がある、自転車で移動できる距離なら問題はないのですが、単身者は特に自家用車を持っていない人も多いと思います。
自家用車がないと移動に時間もかかり、引越し業者を待たせるのも悪いので、引越し業者のトラックに同乗させてもらえれば一番良いですよね。

でも、引越し業者のトラックに同乗はできません!

テレビドラマや映画で、トラックの助手席に乗って去って行くシーンなどがありますが、実際にはほとんどの引越し業者で同乗は断られます。

引越し業者のトラックに同乗できない理由は、引越し業者の行っている貨物運送では乗客を乗せる行為が法律上、禁止されているからです。

引越し業者のトラックには同乗できない

トラックアイコン

引越しの時に新居までの移動を、引越し業者のトラックで一緒に乗せて行ってもらえれば良いなと考えた事のある人、たくさんいると思います。

でも、残念ながら引越し業者のトラックに同乗する事はできません!

そんな堅苦しい事言わなくても良いのにと思いますが、引越し業者のホームページにも法律で禁止されているという主旨の内容が記載されています。

Q引越トラックに同乗させてもらえますか?
Aお客様がトラックに同乗することは、法律で禁止されております。大変申し訳ございませんが、ご移動は、自家用車または公共交通機関をご利用ください。
引用:よくある引越しQ&A(アーク引越センター)


タクシーやバスなどの一般旅客自動車運送事業とは違うので、作業員以外の乗客を乗せる事はできません。

引越しの際に保険に入る人がほとんどですが、この引越しの保険というのは貨物のみに適用されます。

お客さんを乗せて万が一事故が起きたとしても、保証されるものがないのです。

ただ、引越し業者のトラックには、絶対に同乗できないワケではありません。

赤帽のように同乗OKとしている業者もあります。

転居先が近場とか、小規模な引越し業者だと規定も緩く、ドライバーの善意で同乗させてくれるケースも。
しかし、あくまでもドライバーの独断のため、安易に同乗するのはオススメできません。

同乗可能なファミリーサルーン

ファミリーサルーン

画像引用:アート引越センター

大手引越し業者のアート引越センターには、ファミリーサルーンという電動リフト付きの特殊車両があります!

大型バスと引越しトラックの荷台部分が繋がったデザインで、車内は小型テレビがあるなど、特別仕様にほどこされている業界初のサービスです。

大型ペットも同乗可能なので、わざわざペットの引越し専門業者に依頼する必要がありません。

乗車人数:9人
(運転席3、顧客用居室6、ペット別)
最大積載量:2.2t
費用:引越し料金のみ

特別仕様なんて聞くと、別途費用がかかりそうですが、引越し料金のみで利用できるというのは嬉しいですね♪

ただし、ファミリーサルーンは台数が少ないので、早めの予約が必須です。

また、対応していない地域もあるので、ファミリーサルーンを利用したい人は要確認です。

自分で移動する時は、引越し業者より遅れない意識を!

ランニング


引越し業者のトラックに同乗ができない場合、自分で移動するしかないのですが、公共交通機関を利用する人は、転居先への到着が引越し業者より大幅に遅れないように気を付けましょう。

転居先へ当日の移動が可能

自家用車で移動する場合、引越し業者より依頼者の方が早く到着する事が多いです。
公共交通機関を利用する場合、自分の移動に時間がかかりそうなら、引越し業者に到着予想時刻を伝え時間調整をしてもらいましょう!

お客様が引越業者のトラックで新居まで移動することは出来ません。車や電車など、移動方法をあらかじめ考えておいてください。また、今までのお住まいを発つときに、引越業者との新居での待ち合わせ時間などの確認をしておきましょう。
引用:お引越し当日(ハトのマークの引越センター)


通常、引越し業者は搬出が終了した時点で、大体の到着時間を打ち合わせてから、転居先へ向かいます。
作業員も早く着きすぎる事がないように、昼休憩を利用して時間を合わせる、荷物を降ろしやすくするための準備をするなどの調整をしてくれます。

ただし、繁忙期になると引越し業者のスケジュールが綿密に組まれるので、お客さんに合わせた調整が難しくなってきます。

また、遅れてしまう可能性がありそうな場合は、事前に相談して、引越し業者の当日のスケジュールを確認しておく必要もありますね。

引越し業者は1日に数件の引越し作業をこなすのが普通です。
1件1件きっちりと時間制限があるワケではありませんが、次の依頼が入っていれば、少しでも早く前の作業を終了させたいですよね。

公共交通機関を利用する場合、特に電車やバスは大幅な遅れがでる可能性があるもの。

仕方がない事とは言え、できるだけ時間通りに移動できる手段を選びましょう!

転居先へ当日の移動は不可能

引越し業者は長距離引越しなどで、翌日以降の配送になると一旦荷物を預かるか、夜間走行での移動になります。
長距離引越しの場合は荷受けがいつになるか知らされるので、それに合わせて移動すれば問題ありません。

ただし、引越し業者も同じように荷物を運ぶのに移動が必要なので、必ずしも予定通りに荷物の運搬がされるとは限りません。

万が一荷物が予定通りに届かなかった時の事を想定して、転居先ですぐに必要になりそうなものは自分で運ぶか、購入するなどして準備しておきましょう!

ペットも一緒に…運ぶ事はできません

IMG_1114


引越し業者のトラックには人間だけではなく、ペットも同乗できません。
もちろん自家用車なら自分たちで一緒に連れて行く事ができますが、大型のペットで自家用車がない場合は困りますよね。

ペットの引越しは専門業者に依頼しましょう!

生物貨物輸送、ペットタクシー、ペットハイヤーといった輸送方法があります。

引越しを扱う業者では、ヤマトホームコンビニエンスがペット輸送を行っています。
輸送方法は3種類あり、着空港、着拠点の関係で途中スタッフが変更になる便があります。

直行便 発地から着地まで同一スタッフが輸送 お客様のペットのみ
航空機併用便 専門スタッフが輸送。別ドライバーに引継ぎあり 荷物と混載
トラック併用便 専門スタッフが輸送。別ドライバーに引継ぎあり 荷物と混載

基本的には犬・猫・その他小動物が対象ですが、熱帯魚や爬虫類なども相談すれば運んでもらえる可能性があります。

気になる料金ですが、見積もりフォームがあり、ペットの種類や発地・着地を選択すると、見積もり金額がだせます。
最安値で利用できる、トラック併用便を選択した際の料金を見てみましょう♪

東京⇒大阪

大型犬 ¥42,000~
中型犬 ¥35,000~
小型犬 ¥35,000~
¥35,000~

※6月~9月はトラック併用便は利用不可。
※あくまでも目安料金です。

他にも小動物、その他動物(ミニ豚など)を選択できるのですが、料金検索対象外となるので、直接問い合わせが必要になります。
直行便はペットにとって一番負担が少ない輸送方法という事もあり、料金は割高です。

また、生後3ヶ月未満、土佐犬はお預かりできないペットとなっています。

他にもお預かりできないペットの種類や注意事項など、さまざまな決まりがあるので、しっかり確認してから利用しましょう。

ペットハイヤーやペットタクシーの場合、飼い主も一緒に移動できるサービスがある業者もあります。

ペット輸送専門業者のエイチケイEXPRESSでは、大型犬の場合で下記の表のようになります。

東京⇒大阪(直行) ¥100,000前後
東京⇒神奈川(直行) ¥24,000~
航空機併用近場 ¥60,000前後

近距離の引越しなら、一緒に同乗もできるペットハイヤーなどを利用すると安心できますね。
ちなみに飼い主の同乗は無料です♪

引越し業者はあくまでも荷物を運ぶ人

引越し業者のドライバー次第で同乗させてもらえる場合もありますが、大手引越し業者になればなる程、トラックへの同乗は断られます。

もしもドライバーの善意、その時の判断で同乗できたとしても、万が一事故があった場合、引越し業者は責任を負ってはくれません。

近場への引越しなら徒歩や自転車で行く事も可能ですが、引越し先が遠く長距離となると、必ず移動手段が必要になります。
そんな時に引越し業者のトラックに同乗して、引越し先まで向かう事ができたら良いですが、その日初めて会った人と車中に二人きりというのは、なかなか耐えがたい雰囲気になると思います。

交通費も浮くと思うと同乗したい気持ちになりますが、転居先までは自力で移動しましょう!

同乗はできないけど…格安引越し業者を探す方法はあります