面倒な引越しの荷造りをスムーズに進めるコツはたった4つ!

引越しのときに必ず行う事と言えば荷造り。
詰めるだけだから簡単に終わると思いがちですが、時間も手間もかかるので事前に作業を進めておく事が重要です!

効率的に荷造り・荷解きを行うためのポイント、それは作業の段取りをきちんと組む事。

①業者にもらえない物の準備
②梱包済ダンボールの置き場所の確保
③梱包する物の順番を考える
④ダンボールは2カ所に中身を書いておく

この4つのをあらかじめ考えておくとスムーズな荷造りができますよ。
荷造りだけではなくこの作業をしておくと荷解きもスムーズに行う事ができちゃいます!

①業者にもらえない、荷造りに必要なハサミやペンを用意する

荷物を詰めるダンボールはもちろん、割れ物などを梱包する緩衝材、新聞紙などの梱包資材、ガムテープ、ハサミやカッターが必要になりますね。

引越しが決まったらまずは必要なものを揃えましょう!
100円均一やホームセンターで購入できるものばかりなので費用もそんなにかかりません。

チェックリストを作っておくと準備し忘れることがなくなりますよ。

荷造りに必要なものリスト

  • ダンボール
  • 通常は引越し業者からもらえますが、自分で用意する場合もあると思います。
    ドラッグストアやコンビニ等でもらう時は、なるべく強度が高そうなダンボールを選びましょう!

  • ガムテープ(養生テープ、ビニールテープ)
  • 養生テープはポリエチレン製などの粘着性の弱いものなので、ダンボールではなく衣装ケースなど引き出し付きのものを止めるのに使用してください。
    通常のガムテープだと粘着力が強いのではがす際に跡が残ることがあります。

    パソコンがある場合は配線がわからなくならないようにビニールテープがあるといいです。
    色で分ける、ビニールテープに番号を書くなどして小さなダンボールにまとめておくとセッティングがしやすくなります♪

  • 緩衝材(エアパッキン、新聞紙、タオル等)
  • 緩衝材、これも引越しの梱包には必須アイテムですね。
    ダンボールの隙間を埋める食器類の梱包に使用します。

  • 油性ペン(黒、赤)
  • 油性ペンは梱包済のダンボールに中身や運び入れて欲しい部屋や場所を書くために使用します。
    特に”割れ物”は赤マジックで大きく目立つように書いておきましょう!

  • ゴミ袋、ビニール袋
  • ビニール袋はコンビニやスーパーでもらった物で十分です。
    使いきれなかった調味料など、液体の物を包む際に使用します。

  • その他
  • 他にもはさみ、カッター、軍手、ひも、サランラップ、キッチンペーパー等があると便利です。
    軍手はダンボールを移動させる時、ひもは書籍類や新聞紙、掃除用品などをまとめるのに使用します。
    サランラップやキッチンペーパーは食器などの割れ物を梱包する際に使用します。

    ここで一つ注意点。
    書籍類などをひもで結んでそのまま運んでもらうのはNGです。
    ひもでまとめた後は、ダンボールに入れておきましょう!

②梱包したダンボールの置き場を用意する

荷造りを始めると梱包が終わったダンボールが増えて、生活するスペースが狭くなります。

短い期間とは言え狭い空間で生活することに、ストレスを感じる人もいるかもしれません。
少しでも快適に過ごせるように、梱包済のダンボールの置き場所を確保しておきましょう!

出来るだけ玄関から近い場所にダンボールを置くようにすると、引越し当日の搬出作業がスムーズに行えるメリットも。

この時ダンボールを高く積み上げないように、気を付けてください。

荷造りは奥の部屋から始めると思うのですが、玄関先まで持って行ってしまうと出入口がふさがって生活がしづらくなります。
この画像の間取り図で言うと、玄関近くの洋室のどちらかに置くのが理想的ですね。

間取り図

画像引用:間取りTouch+お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

一人暮らしの場合、下の画像の間取り図で言うと赤い〇の付いている部分あたりに置くのが理想的です。

間取り図

画像引用:間取りTouch+お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

単身の人はそんなにダンボールの量も多くないと思うので、ドア付近の壁際に置いておきましょう!

家具家電のような大型の物だって、玄関から遠い部屋にあっても作業員は運んでくれますよね。
ぎっくり腰になりかねないので、奥の部屋にある重い荷物はムリして玄関付近まで運ばず、作業員におまかせしましょう!

また、賃貸住宅から引越しをする予定の人は自分で運ぶ際に壁に傷などを付けないように気を付けてください。

③ダンボール箱に詰めるものは部屋ごと、用途が同じものごとにまとめる

なるべく普段の生活で使わないものから梱包していきましょう。
例えば、オフシーズンの物や来客用の物、スポーツ用品やキャンプ用品など用途が限られている物。

それを部屋ごとに梱包していきましょう。

子ども部屋にあった物は、新居に行っても大体子ども部屋の物ですよね!
特に使用頻度が低い物は、新居に行ってもきっと同じ部屋内に収納すると思います。

日常生活関連の物から詰めて、「やっぱり必要なものがあったから出したい」とダンボールを漁っていては、スムーズな荷造りとは言えません。
その上、ガムテープでフタまで止めていたら、資材までムダにすることになってしまいますよ。

次に用途が同じものごとの梱包ですが、これも部屋ごとに梱包するのと同じ事。

〇新居で収納場所を同じにする、近くにする予定の物
〇使用時期や用途が同じ物

これを同じダンボールに入れておくと、新居での収納時はもちろん、次に使うときにも探しやすくて便利です!

シーズンオフの物などをまとめて梱包した場合、荷解きをせずにダンボールのまま保管してしまう人もいるかもしれません。
いちいち確認するのは面倒かもしれませんが、運搬の際に破損などがあるかもしれないので、一度自分の目で見てチェックしてみてくださいね。

もしも業者のミスで破損などがあっても、国土交通省が定める規約にもあるのですが、3ヶ月を過ぎてしまうとクレームにする事もできなくなってしまいます

④ダンボールの上部と側面の2カ所に中身を書いておく

ダンボールに荷物を詰めたら、何が入っているのかを、上部と横の部分の2カ所に書きます。

2カ所に書くのは面倒かもしれませんが、積み重なったダンボールの上部に書かれた文字は見えません。

でも側面にも書いてあれば、積み重なっていても中身がわかりますよね!
荷造りをしてしまってから、どうしても必要なものがあったとしても見つけやすいですよ。

また、中身の情報があれば、作業員も転居先でスムーズに搬入作業が進められますね

荷解きの際に必要な物から取り出すことができるのも、大きなメリットです!
どのダンボールに何をしまったかわからなくなって、あれこれ引っかき回すことも減ります。

家族引越しの場合、ダンボールはかなりの量になると思いますが、その全てに中身が何かを書くのは大変ですよね。

全てに書く時間がなかったとしても『ワレモノ』の表記だけは必ずしてください!

梱包をしっかりしたと言っても、自分たちでやったものは梱包が不十分なことがあります。

ダンボールにワレモノと書いてあれば、作業員も丁寧に扱ってくれると思います。
特に自分たちで梱包をするなら、トラブル回避のためにも忘れずに書きましょう!

ワレモノの有無


業者によってはワレモノの有無がダンボールに表記されているところもあるので、その場合は赤いマジックで目立つように〇を付けておきましょう!

ダンボールの底は十字貼りで強度は十分!

覚えておくと便利な梱包方法のコツがあります。

ダンボールの底にはガムテープを十字貼り

荷物を詰める前にまず、ダンボールの底にガムテープを十字に貼って補強しましょう。

一方向だけに貼るよりも、ぐんと強度が増すので安心です!

両端に貼ることもありますが十字に貼るだけでも十分という事です。

ダンボールの底


ダンボールを組み立てる際に、ガムテープを使わずに、ダンボールを折り込むだけは絶対にNGです!

書籍類など重さで底が抜けてしまう恐れがあるので、気を付けてください。

ちなみにリサイクルダンボールだと、前に使用したガムテープが残っている事があります。
そのまま残ったガムテープに重ねて貼ってしまうとはがれやすいので、一度はがしてから新しいガムテープで補強した方が良いです。

軽いものは大きく、重いものは小さく

ついつい重いものは大きなダンボールに入れたくなりますが、それは厳禁です。

食器や本などの重い物は小さなダンボール、衣類やタオルなど軽くてカサがある物は大きなダンボールへ!

荷物が重くなりすぎると運びにくく、作業に時間がかかってしまうのはもちろん、ダンボールが破れてしまう可能性もあります。
重さを確認しながら、ムリなく持ち上げられる重さを目安に梱包しましょう。

ここで一つポイント。
スリッパやトイレットペーパー等の小物類は、新居ですぐに使えるように、重くなくても小さなダンボールにまとめておきましょう。

軽い物は下、重い物は上

普通は重い物を下、軽い物を上となるように詰めますよね。

これを反対に詰めて持ち上げてみてください、不思議なことに軽く感じます。
持ち上げるのは運んでくれる作業員ですが、少しでも軽く感じれば作業スピードがアップするかもしれません!

ただしつぶれやすい物、割れる恐れのある物は、重い物とは一緒に箱詰めしないようにしてくださいね。

荷造りはテクニックより、ちょっとしたコツがポイント!

引越し業者の人によると、当日まで荷造りしているお客さん、結構多いそうです。
作業員が時間通りに来ても、荷造りが終わっていなかったら当然スタートも遅れます。

そうならないためにも、4つのポイント最終チェックをしておきましょう!

①業者にもらえない物を用意する
②梱包済ダンボールの置き場所の確保
③梱包する物の順番を考える
④ダンボールには2カ所に中身を書いておく

準備を怠らずに荷造りを進めていけば、当日まで荷造りが終わらないなんて事はありません。
荷造りも荷解きもちょっとしたコツがあれば、スムーズに行う事ができます。

難しいテクニックは必要ありません!

急な転勤等の場合もどこから荷造りを始めるか等、お昼でも食べながら考えてみてください。
時間があるうちに準備をして、当日までに荷造りを終わらせましょう!

そして、引越しは部屋を一掃できる貴重な機会です。
要するに、不要な物があれば処分できるチャンスという事!

引越しは想像以上に費用がかかるもの。
不用品を処分するにも回収してもらうにもほとんどが有料です。

せめて引越し料金を少しでも削減するために”ある方法”を試してみてださいね。
引越し料金を安くする方法はこちら