引越し業者の地震対策サービス、どんなものがあるの?

引越し業者によって地震対策サービスの内容って違うの?

競争が激しくなってくると、さまざまなサービスをくっつけて、付加価値を高めるという対策が取られます。
これは引越し業者でも例外ではありません。

地震大国と呼ばれる日本、現在は、この「サービス」を地震対策に特化したものにする業者も増えてきました。

代表的な業者で見る、地震対策あれやこれ

地震対策を得意とする「アート引越しセンター」を例に挙げましょう。
この業者は、耐震マットの設置をお願いすることができる業者であり、
加えて地震対策用のフィルムなども打ち出しています。

これらは有料ではありますが、引越しを依頼するときに頼めば、工事費に関しては無料となります。

また、このアート引越しセンターの傘下業者である「ダック引越しセンター」も、
このアート引越しセンターの地震対策の理念を受け継いでいます。

まず、ホームページで「どのようにしたら地震対策ができるか」「家具の配置に必要なことは何か」
というのをこと細かく説明しています。

この業者に頼む、頼まないにかかわらず、一度目を通しておくと良いでしょう。
さまざまな部屋の形態をあげ、それぞれに効果的な対策方法を紹介しており、非常に有意義だからです。

そのほかにも、サカイ引越センター、あるいはハート引越しセンターなどでも地震対策を行っています。

ハート引越しセンターの対策はなかなか面白いです。
安震オーダーラック」と呼ばれるものがとても特徴的ですので、これをちょっと紹介しておきましょう。

「棚と壁、あるいは棚と天井の間に隙間があると、棚も倒れやすいし、
そこの上に置いたものが落ちてきやすい」というリスクがあります。
ハート引越センターの安震オーダーラックは、天井と棚の上部までの長さを測り、
ぴったりと隙間を埋められる大きさの棚を作ることができるのです。

自分好みの大きさ、棚にぴったりの大きさにするために、
1センチ刻みでオーダーすることができるという画期的なシステムであり、非常に有用です。
しかも価格形態がシンプル!
棚までの高さを2倍にした数字+横の長さ+縦の長さで計算した数字に105円をかけると料金が算出できるのです。

棚の横の長さが1メートル、棚の厚みが30センチ、棚から天井までの距離が50センチだった場合、
(50×2+100+30)×105=24150円、となるわけです。

地震対策のサービスをどう考えるか

地震対策というのは、たしかに自分でも行うことができます。
DIYなどが得意な人の場合、楽しみながら自分自身で家具を固定したり棚を作ったり、ということもできます。

ただ、「DIYをやったことがない」「女所帯なので、重い家具を動かせない」
「美観を損ねないような施行をしたい」「面倒なことはやりたくない」ということであれば、
やはり引越し業者に頼む方がよいでしょう。

引越しのときに一度にやってくれるので、改めて依頼する手間も省けますし、
プロがやるということで確実にきれいな外見に仕上がるからです。

2011年の3月に起こった地震を、忘れている人はいないはず。
出来る限りのことをして、自衛に努めたいですね。

あなたへのおすすめ特集