引越し希望地の治安のチェック方法

引越し先を探すときに気になるのは、「そこは治安がいいのかどうか」ということです。
特にお子さん持ちの家庭だと、このことが気になりますよね。

そこでここでは、引越し先の治安がいいのかどうかを見抜く方法をお教えしたいと思います。

まずは不動産屋に確認を

まず真っ先にしてほしいのは、「不動産屋への確認」です。

きちんとした不動産屋であるならば、お子さんがいる家庭に、
治安が不安定な場所はまず勧めないはずです。

ただ、念のため、
立地条件のよさよりも、治安のよさを重要視している」ということは伝えておくべきでしょう。
そうすれば、より細かく、希望している地域の治安条件を解説してくれるはずです。

逆にいえば、この時点で、不動産屋さんの方から、
「立地はいいし値段も安いけれど、治安はよいとは思えませんがどうしますか」と聞かれたら、
そこはやめておくべきでしょう。

男性の一人暮らしならまだしも、そうでない場合は、不安要素の方が大きく、リスクが極めて高いからです。

自分の目で確かめるときには、必ず昼間と夜間に行く

もっと気を付けたい、というのであれば(もしくは長い間住むことになる、ということであれば)、
日中と夜間、両方のタイミングで、自分自身でその土地を訪れてみることをオススメします。

昼間は閑静な住宅街であっても、夜間には暴走族が走り回っている、ということは、よくあることだからです。

街というのは、昼間の顔と夜の顔、両方を持つものです。

そのため、片方だけを見て判断するのではなく、必ず両方の機会で行ってみることにしましょう。

また、このときは「騒音」についても見ておけるといいですね。
終電が遅くまであって、しかも駅に近いというのは立地条件としては優良物件にあたりますが、
そこに住み続ける上では、騒音などに頭を悩ませることになる可能性も十分にあるからです。

駅の近くであるのなら、「」「ネオン」のチェックも忘れないようにしておきたいものです。

もしもあなたが、そこで「一戸建てに住む」という選択肢をするのであれば

もしもあなたが、「ここが最後の引越しであり、この一戸建てでずっと住んでいく」ということであれば、
周囲の人間がどんなひとであるかを把握しておくことも大切です。

中には、「隣が暴力団の事務所だから、ものすごく安い金額で打ち出されていた」
なんていうケースもあります!

そのため、一戸建てに住むということであれば、より厳しい目で精査する必要があります。
昼間と夜に一度行くのはとても大切ですが、周囲を歩いているひとの格好や様子も、
一通り把握しておきたいものです。
一戸建ての場合は、「気に入らないからまた引越す」ということが、とても難しいからです。

治安のよいところに住むためには

治安のよいところを選ぶためには、まずは不動産屋さんから情報を引き出すことが大切です。
また、その上で、夜間と日中、両方のタイミングでその場所を訪れてみましょう。

もしもあなたが、一戸建てに住み、その場所に永住する、というつもりであるのなら、
周囲の様子を把握しておくことも大切です。
もしも「治安が悪そう」と判断するのであれば、ほかの条件がよくても、引越すのは思いとどまりましょう。

あなたへのおすすめ特集