一人暮らしを快適にする方法、3つのポイント

せっかく一人暮らしをするなら快適に過ごしたいもの。
快適に過ごすにはと考えた時になんとなく思い浮かぶのは治安はどうか
部屋の間取りやユニットバスかバストイレ別か、など割と身近で表面的なことだと思います。
しかし快適な一人暮らしに必要なことって意外なところにあるんです。

そこで今回は一人暮らしを快適にする方法を3つのポイントから絞ってお伝えしようと思います。

ポイントその1、立地で選ぶ

一人暮らしをするのであればまずは立地にこだわること!

これからあなたが生活していく部屋なのでもちろん部屋自体にこだわることは大切です。
しかし、まずこだわってほしいポイントが立地です!

家族と一緒に暮らすわけではないので、「妻の職場まで車で20分以内、幼稚園には歩いて10分以内、病院には15分以内に行けて、ああ、でもこれだとスーパーまで30分もかかってしまう…」なんて悩む必要はありません。
自分一人の都合だけで決めていいという最高の条件です!

ここで望ましいのが、会社や学校まで徒歩で行ける場所です。

「会社が都心部なので、値段が高すぎる」ということであれば、
最寄り駅までの距離が近いところを選びましょう。
特に学生さんの場合、最低でも2年、長ければ6年という期間そこから通うことになります。

遠いところを選んでしまうと、初めの内は「少し遠いけど通えるな」と思っていても、
徐々にきつくなる可能性が高いです。

それでも安さ重視ならば、自転車を使う、バスを利用するという手もあります。
ただ、安全面には十分気を付けてくださいね。

駅から自分の部屋までのたった数十分で、何か起きる事だってあるかもしれません。

物件選びも大切ですが家賃が少し高くても立地が良いところをオススメします。
交渉次第では家賃の割引などをしてくれることもあるかもしれません!

ポイントその2、「お金がない」は解決できる

かなりの割合でおちいるのが、お金がないという悩みです。
みなさんなら、どのように解消しますか?

手っ取り早くて、効果的なのは自炊に切り替えるということです。
これが最高に節約になります。

とは言え実家暮らしが長かったり、作ってあげる相手がいないと
自炊ってなかなかやろうという気にならないですよね。
しかし、始めてみると案外楽しかったりするものなんですよね。
特に出来栄えがよかったときなんて、誰かに見てほしくなりますよ。

私は一人暮らしのとき、週に1回、多ければ週に2回(週休2日でしたので)遊びに行っていましたが、
それ以外の食費は月に1万円もいきませんでした。

コンビニは歩いて3分の距離、ファミレスにも自転車で5分で行ける距離でしたが、食材を買ってきて
平日はすべて自炊していました。

こうするだけで、お金は簡単にうきます。

外食してしまうと、サンドイッチ+オニギリ+お茶で約500円ほど。
これを20日間続ければ、500円×3食×20日間=30000円です。
こんな質素な食事でも、2万円もの差額が生じます。

ちなみに、「今まで実家暮らしで作ったことが一切ないんだけど」という人でも、
今はインターネットなどで簡単においしいレシピを調べられますから、困ることはありません。

私はインターネットがない時代、しかも母親が「こんなに料理ができないんじゃ、お嫁に行きようがない!」
と本気で嘆くほどでしたが、この生活を2年続けることができましたよ!

ちなみに自炊は、料理の腕前を確実に上達させます。
19歳のとき、一切料理ができなかった私は、今では料理を仕事にしています。

ポイントその3、「寂しい」を克服する

「寂しい」というのは、かなり個人差が大きい感情だと思います。
今まで大家族で、しかも仲の良い家庭だった人などは、このような気持ちになりがちですね。
中には「家に帰ってきたとき、無音なのがさみしいからずっとテレビをつけている」という人も。

これの解消方法としては、家でできる趣味を探すということ。

もちろん友だちと遊ぶのも、夜な夜な長電話をするのもいいのですが、結局また寂しさが襲ってくるんですよね。
これが毎日のように続けば、友だちの生活リズムを乱してしまうことにもなりかねません。

そのため一人で「家で」できる趣味を探すことがオススメです。
特に時間を忘れるくらい集中できる作業だと、終わったときには達成感も得られます!

メジャーなものだと読書やゲーム、インターネットで動画視聴などもいい暇つぶしになりますね。

最近だと人気のDIYなど、100円均一の商品でもできるようなので、モノ作りに没頭してみても
いいかもしれませんね!
さまざまな参考サイトで作り方や使用方法を検索すればでてきます。
賃貸物件でも壁に穴をあけずに、色々できますよ。費用を抑えた手作りインテリアで、自分好みの部屋にしてください。

もしも趣味が見つからない場合は、休日でたまった洗濯や掃除、ゴミ出しを一気に片付けましょう!
意外といい運動になるし、思っている以上に時間が経つのが早く感じると思います。

あなたへのおすすめ特集