初めての一人暮らし、かかる費用はいくらくらい?

%e9%9b%bb%e5%8d%93

一人暮らしで特に問題になる事と言えばお金の事ですよね。
この一人暮らしにかかる費用、具体的にはいくらくらいかかると思いますか?

新生活にかかる費用は40~60万円が相場とされています。

内訳は敷金・礼金(家賃〇ヶ月分)、保険料、仲介手数料など、いわゆる初期費用ですね。

一人暮らしを始めるという事は、更に引越し費用も上乗せされます。

単身引越しでも繁忙期の3月、4月になると相当高いですよ。

もちろん自力引越しもいいと思いますがこれが意外と大変!
長距離引越しともなると自力での引越しはなかなか難しいです。

実際の体験談を例に一人暮らしにかかる費用を見てみましょう!

一人暮らしの料金相場は40~60万円!

%e3%81%8f%e3%81%be2

敷金・礼金、引越し費用、新生活を始めるにあたってかかる雑費などを含めて、大体40万円~60万円くらいが相場。

このうちの大半を占めているのが家賃、敷金、礼金。

最近は敷金・礼金なしという物件も多くなっていますが、それが良いか悪いかと言われると、人によると思います。

敷金:退去するときに戻ってくるお金
家賃滞納や現状回復が必要な場合は戻ってこない、『担保金』です。

礼金:部屋を貸してくれる家主さんへのお礼金
名前の通り、部屋を貸してくれる相手へのお礼金になるので、残念ながら戻ってきません。

仲介手数料:家賃1ヶ月分が相場
不動産屋によっては、契約更新のタイミングで、再度支払いを要求される事もあるもの。

敷金・礼金の相場は家賃2ヶ月分と言われていますが、1ヶ月や無しというところも増えているようです。

初めはそれを良しとしても、敷金を払っていなかったために退去の際に、信じられないくらいのハウスクリーニング代を請求されることもあります。

と言っても、本来は敷金からハウスクリーニング費用を請求するのはNGですけどね…。

最後まで部屋をキレイに使用できる自信がある人は、敷金なしでも良いかもしれません!

入居のタイミングによっては、日割り家賃、前家賃の支払いがあり、他にも入居前に鍵交換、ハウスクリーニングなどもあります。

中にはこういった内訳を賃貸契約の前に、説明しない不動産屋もいます。
諸々の内容をしっかりクリアにした状態で、契約してくださいね!

実体験!田舎の賃貸物件自力引越しでも17万以上かかりました!

「相場料金なら40万円以下にもなるでしょ?」
「もっと安く引越しできそう」
「私は都会に引越すわけじゃないし」

と思った人もいると思います。
でも、この40万円以下という表現は、非常にあいまいですよね。

もしも、10万円程度で引越しができるハズと思っているのなら、それは甘い考えです!

私が初めて一人暮らしをするのにかかった費用をお教えします。
条件はこんな感じでした。

○家電:新品購入は洗濯機のみ
(テレビもコタツもエアコンも電子レンジも全て実家に余っていた)
○家具:実家に余っていた物
○家賃:1ヶ月¥35,000
○敷金・礼金:2ヶ月/1ヶ月分
○距離:実家から車で20分
○引越し業者:なし。自分と友人・知人のみ

まず敷金・礼金、さらに1か月分の家賃が前払いだったので、これだけで
¥35,000×4ヶ月分=¥140,000

洗濯機は中古でしたが、¥3,000でした。
テレビなどは持っていけるとしても、冷蔵庫の中身は買い足さないといけません。

調味料、お米、色々と買い足して、これで¥10,000くらいだったと思います。

家具はいらないと言っても、家電を置いた時に床がへこまないように、下に保護材になる物が必要になります。
洗濯機にも、設置のホースなどが必要ですよね。
梱包材もタダではないので、ここでも¥7,000くらいは飛びます。

細かい事ですが、例えばシャンプーやリンス、お風呂場に置く台、バスチェア、ハブラシ、掃除用具などの出費は、チリも積もれば山となるで、結局¥5,000くらいかかりました。
こういった生活用品は、実家から持ってくればもう少し費用は抑えられますね。

引越し業者を頼まないとは言え、まだまだ残暑が厳しい中で、仕事の休みにわざわざ手伝ってくれた友人・知人に、昼ご飯くらいはごちそうしたいもの。
これもだいたい¥10,000前後くらいはかかりました。

今までの費用を計算してみましょう。

家賃、敷金、礼金 ¥140,000
洗濯機 ¥3,000
食材 ¥10,000
保護材など ¥7,000
生活用品 ¥5,000
お礼(食事代) ¥10,000
Total ¥175,000

単純計算でも¥170,000を超える金額が、一気に飛んでいく事になりました。

自分なりに節制し、高額な購入品もほぼなく、しかも近場での引越しであってもこの金額です…

家族引越しですが、引越しの経験があったこともあり、正直甘くみていました。
一人暮らしでも、こんなにするものなのかと、ガッカリしたのを今でも覚えています。

手伝ってくれる人がいる人も、まずは引越し業者で見積もりを出してもらいましょう!

閑散期なら安く引越せる可能性もあるので、業者で見積もり金額を聞いてからでも良いと思います。

友人・知人にお願いすれば、結局お礼として食事代などかかりますからね。
どちらがいいかは時期や条件によると思いますが、自分に合った引越し方法を見つければ引越し費用は抑えられます!

引越し料金を格安にしたい人はこちら