初の一人暮らし、しかも長距離の引越し。家具、家電は運ぶ?買う?

初めての一人暮らしは嬉しさと同時に不安も感じますよね。
様々な疑問も浮かんでくると思います。

家具・家電は引越し先で買った方が費用を抑えられるのか?
購入するとしたらいくらくらいなのか?
金額の事って特に気になりますよね!

普通に考えて新しく購入した方が費用がかかる気がしますが引越しは荷物量によっても料金が異なります。
要は全部の家具・家電を持って行くのも、高くつく可能性があるということです。

●家族、友人の誰かが以前使っていたものを譲り受ける
●引越し先ですべて新調する

自分に合った方法は何か、一緒に考えてみましょう!

生活家電、安いものだと¥10,000以下!

みなさん生活家電の価格知っていますか?
家具とか家電って引越しと同じでこれと言った金額がないですよね。
大手の家電量販店では、ライバル店と値引き合戦しているくらいです。

●家電料金相場

洗濯機(~5kg) ¥30,000
冷蔵庫(~200L) ¥29,000
オーブンレンジ(~20L) ¥20,000
テレビ(~20インチ) ¥25,000
炊飯器(~3.5合) ¥8,000
掃除機(~1L) ¥18,000

あくまでも相場なので、販売店によって料金は異なります。
ネットで購入した方が安いものもあると思うので、検索してみてください。

冷蔵庫は安いものだと¥10,000以下なんてものもあります。
ただ、安いのにはそれなりの理由があって、缶ジュースが数本入る程度の小さなもの。
自炊をしようと思っている人には、なんの役にも立ちませんね。
¥20,000ちょっとだせば、2ドアの野菜室付きのものも購入可能ですよ。

レンジはオーブンレンジの相場なので少し高めです。
単機能の電子レンジなら、安いものだと¥6,000程度で購入可能。
案外一人暮らしを始めて自炊をするようになると、単機能では物足りなくなることがあるので
オーブン機能も備わっているものがオススメです。

他の家電に関しても、安かろう悪かろうになりかねないので、
値段だけで決めない方がいいですね!

あとは節約のためにどれだけ費用を削れるか。
たとえばテレビは、パソコンやスマホがあると意外と見ないことが多いので、必要ない人もいると思います。
炊飯器も、最近はレンジやお鍋でもおいしくお米を炊けるようなので、一人暮らしなら購入しなくても
いいかもしれませんね。
ちなみに最短10分でお米が炊けるという代物も!値段も¥4,980と格安です。

poddi

画像引用:「ニュースリリース>poddi(株式会社神明ホールディングス)

続いて家具の料金相場です。

●家具料金相場

ベッド(折りたたみ) ¥8,600
テーブル(~100cm) ¥5,700
机(折りたたみ) ¥3,900
イス(折たたみ) ¥3,000
カーテン(~200cm) ¥4,500
衣装ケース(1段) ¥1,500

ベッドはスノコのものや、マットレスなら¥1,000以上、費用は抑えられます。
ただ、ベッド下に衣装ケースなどを置けば収納場所として使えるので、少し費用はかさみますが
脚があるタイプの方が便利ですね。

机とイスは小さいものだとセットで¥4,000程度のものもあるので、デザインを気にしない人は
セット購入がオススメです。
テーブルだけで用が済む人は、机とイスの分は節約できますね!

意外と忘れがちなのがカーテン。
私は安さに惹かれ、カーテンをネットで購入して、結局買い直したことがあります。
ネットは安くて手軽に購入できますが、実際に自分の目で確認できないのが痛いところ。

衣装ケースは1段からも購入できますが、安いところだと3段で¥2,800などもあります。
たくさん衣類がある人は、まとめ買いの方がお得になりますね!

IKEAの家具は壊れやすいので、訪問見積もりの際に必ず申告を!

最近は海外ブランドのIKEAなど、オシャレで低価格なものを売っているお店が増えていますよね。
基本的に引越し業者はどんな家具も運んでくれますが、IKEAのものは断られることも。

私の家にも何点かあるので、今後のために業者に問い合わせたところ、
「IKEAに限らず輸入家具は解体できる仕様になっていますが、ネジが木製だったりと壊れやすく、
補償外になるので、お客さま自身で解体・組立をお願いしています」ということでした。

もちろん解体しなくても運べるものなら、吊り作業になっても運搬はしてくれます!
でも自分で組み立てたものって、ネジの締めが甘かったりするので、搬出入や運搬時に壊れる
ことも十分考えられます。

業者によっては「壊れてもよければ一筆いただき、対応します。」というところもあるようですが、
ムリに運ばず、断捨離を兼ねて新しく購入するのも一つの手だと思います。

海外引越しの際は、現地で調達した方が安く済む!

海外へ引越しをするときは、たとえ実家に一人暮らし用の家具・家電が残っていたとしても、
現地で購入しましょう!

特に家電に関しては電圧などの関係もあるのと、輸送費が恐ろしく高くつきます。
日本国内での遠距離移動とはくらべものにならないほどお金がかかります。

沖縄から北海道、単身荷物多めでも約50万円。
これよりも高いとなると、わざわざ持って行く必要があるのかと悩みますよね。

費用の足しにもなるので、こちらで使用していた家具・家電はリサイクルショップなどで
買取ってもらいましょう!

家族のなかに、一人暮らしをしていた人はいませんか?
友人・知人で一人暮らしをしていた人がいれば、家具や家電を譲ってもらうこともできます。

使うことがなくなった家具・家電は、保管場所にも困るので処分してしまう人も多いと思いますが、
運よく保管されていればラッキーですね!

近距離引越しなら、トラックに積める分だけ持って行き、残りの必要なものは購入。
海外や遠距離引越しなら、すべて新調した方がよさそうですね。

単身引越しでも、訪問見積もりはしてくれるので、営業マンに相談してもいいかもしれません!

あなたへのおすすめ特集