敷金なし、礼金なしの物件をどう考える?

%e3%81%8a%e9%87%912

ふとした時に『引越しをしたい』という思いにかられる事ってありませんか。
でも、引越しには何十万もの費用がかかると聞くと、なかなか決心がつかないもの。

何十万という高額な引越し費用がかかるのは敷金、礼金という不動産業界特有の習わしがあるためです。

最近では敷金礼金不要やお手軽引越しを謳い文句にする不動産業者も増えています。

敷金は一切返ってこない、敷金不要なら家賃だけで済むという誤解、礼金は支払って当然という先入観を解消して引越しを検討してみませんか?
物件探しの前に知らないと大損してしまう敷金・礼金の仕組みをしっかりと理解しておきましょう!

部屋を契約してしまう前に知っておくべき常識とは

敷金・礼金更には保証金って一体何の費用なの!?と、部屋探しをしている時に疑問に感じる人も少なくないと思います。
まず賃貸物件を契約する際に保証金という費用が請求される場合があります。

保証金はその名の通り万が一の保証という意味です。

例えば家賃を滞納した場合、敷金だけでは原状復帰費用が不足してしまった場合など何かしらトラブルが生じた時のための費用。

保証金は通常は退去時に全額返金される費用です。

物件によっては、契約時に保証人や保証会社を立てない代わりに、保証金を前払いするという事もあります。

保証金1ヶ月分なら、家賃滞納も1ヶ月分は保証金の充当で対処するが、それ以降の猶予はないという意味になり、強制解約へと繋がります。

敷金と敷引きって違うの?

敷引きは物件の退去時の原状回復費用を敷金から相殺する事。

例えば敷金250,000円を支払い契約した物件の退去時に「敷引き200,000円です」と言われた場合、敷金の返還額は50,000円という事になります。

敷引きに関しては法律で経年劣化を原因とするものは費用を請求してはいけないと定められているので、故意による破損や汚れ以外の修繕費用は全て大家負担となります。

戻らない礼金と戻る敷金の仕組み

%e3%81%8a%e6%9c%ad

敷金・礼金は混同されがちですが、用途が大きく異なるのでしっかりと理解しておきましょう!

礼金は支払い後に返還される事は一切ない

古い習慣でもあり入居にあたって大家への挨拶、手土産、お礼という意味が込められています。

礼金の金額は仲介業者によって異なります。

大家と懇意である事から契約にあたって礼金の減額を交渉してもらえる場合があります。
大家としても礼金を減額する事で入居が決まり今後家賃収入が見込めるため交渉に応じるのです。

また、中には大家は礼金無しで物件の入居者募集をしているものの、仲介業者が上乗せをしている事もあります。

契約希望者が礼金を支払う事で、その分も仲介業者の利益になるという事ですね。

賃貸物件は何社もの仲介業者が情報を共有し早い者勝ちで入居者獲得に動いています。
同じ物件でも仲介業者の腕次第で契約費用に差異が生じるので、引越し業者を探すのと同じように物件探しも何社かで見積もりをとって比較しましょう!

敷金は全額返金される場合あり

関東では家賃2ヶ月分、ペットがいる場合は3ヶ月分が敷金の相場とされています。

本来は退去時に原状回復費用を差し引いた上で残額を返金するのが普通。
でも、何かとトラブルが多い事から今は法律で日常生活の範疇で生じた破損、劣化に関しては敷金での補修はしないと定められています。

まず、賃貸で部屋を貸し出す以上は生活をする上で汚れや劣化が生じる事は法律でも当然とされています。

例えば壁紙の汚れや畳の日焼け、キッチンや浴室のカビなどは日常生活で生じる事ですよね。
これを入居者に負担させ修繕費用を請求する事は違法行為となります。

他にも鍵の交換費用や部屋のクリーニング費用を敷金から差し引く事も本来はNGです。

一方で窓ガラスが割れた、壁に大きな穴を開けてしまった、扉が壊れて開閉ができない、床に大きな傷を作ってしまったなど、普通日常生活では起こらないであろう事態に関しては、特別な事象として入居者は修繕費用を負担する必要があります。

つまり、敷金から修繕費用を差し引かれるという事。

上記のように特別な事象がない限り通常は敷金が入居年数にかかわらず全額返金されます。

ない・ない物件は本当にお得!?敷金・礼金不要のからくり

%e9%83%a8%e5%b1%8b3

最近は”ない・ない物件”などと言われるように敷金・礼金が発生しない物件が増えています。
引越しは何かと物入りなので入居者としても初期費用を抑える事ができるなら嬉しいですよね!

でも、本当に礼金・敷金はなくて良いもの?

まず、礼金はないにこした事はありません!
物件を検索する時にも礼金無というチェック項目がある事から礼金なしの物件はお得と言えます。

敷金の場合は契約条項をしっかりと確認した上で判断をしてください。

敷金なし物件で良くあるのが退去時精算金。
退去する際に原状回復費用を請求されるのでその時に支払いをする、つまり単なる後払いという事です。

上記の場合、新しい物件に引越しをするなら次の物件の引越し費用も生じてくるので、両方支払いができるかしっかり考えておきましょう!

もう一つ敷金を月々の家賃に上乗せして支払いという方法があります。

本来の敷金は家賃2ヶ月分相当なのでこの費用を分割にして月々の家賃に上乗せされている可能性が高いです。

入退去時の費用を抑える事はできますが、長期で居住した場合、敷金相当として支払った金額が本来の2ヶ月分を上回る可能性がある上に、退去時の返還もないので一概にお得とは言えません…

敷金・礼金の相場は地域によって異なる?

引越しに付きものの敷金・礼金は、実は地域によっても大きく異なります。

関東の相場は敷金2ヶ月分、礼金2ヶ月分、契約手数料1ヶ月分、家賃の前払い1ヶ月分となっています。
関西だと敷金・礼金ともに3ヶ月分が相場となっています。

1ヶ月分とは言え引越し費用を工面する上でとても大きな差になると思います。
引越しの際は引越し先の地域の相場を事前に調べておく事をオススメします!

もしも費用の工面が難しい時はUR賃貸住宅など、敷金・礼金不要で契約が可能な物件も候補として考えておきましょう。

また、以前は礼金を支払う事が当然とされていましたが、最近では賃貸物件も入居者が減少している事から入居者の確保のため礼金を廃止する傾向が強いです。

だからと言って契約費用が安く抑えられているわけではありません。

礼金の廃止で大家の収入は減少する事になりますが不動産業者の収益になるように、入居前に室内を抗菌消毒するために15,000~30,000円、他にも鍵交換費用消火器などの防災用品の設置費用を契約時に請求されるケースも増えています。

本来の目的である物件契約以外の契約や販売を強制的に付帯させる事、必須条件とする事は違法行為です。