自力で引越すのは案外大変!

引越しをするときに業者に頼むとお金がかかってしまいますよね。
そのため一度は考えるのが自力で引越しをしようという事。

これって可能なのでしょうか?

自力で引越しすることが可能な事例

自力で引越すのはとても大変です。
ただ、可能な事例はあります。まずはそれを紹介しますね。

まずは「実家がある状態で、それほど遠くない場所に引越しをする」というケースです。

地元で就職や進学をしたけど、自立する意味で実家から居を移すという状況です。

この場合、積み残しや持って来るのを忘れた荷物もすぐに取りに帰ることができます。
また実家があるため最低限の荷物を「持ち出す」だけですみます。

加えて一人暮らしの場合は持ち出す荷物もそれほど多くありません。
このようなケースなら自力で引越すことも可能でしょう。

もう一つのケースはかなりハードルが高くなります。
「昔から何度も引越しており引越しのノウハウがわかる」という場合です。

熟練者なら何を捨てるべきか、引越しの段取りはどうするべきかが分かっています。
ただこのようなケースは、前者以上に稀ですよね。

引越し上級者も業者を頼みます

私は人生で18回も引越しをした「引越し熟練者」です。
だからこそ言えることがあります。

それは、全てを自力で引越しするというのは非常に大変であるという事。

上であげたことと矛盾するように思うかもしれません。
でも、自力で引越すのは可能ではあるが、非常に大変だから現実的ではないと考えてください。

洗濯機や冷蔵庫といった大きな物を移動させるのは至難の業です。
自家用車を持っており、かつ引越し慣れした人間であっても骨が折れます。
そのため引越し慣れしている人間だからこそ、声を大にして言いたいのです。

自力で引越すのは引越し料金を出す以上にデメリットが多いと。

余談ですが私はお金がなかった頃、引越し料金をけちり自力オンリーでやりました。
結果として腰を痛め医療費の方が引越し料金よりも高くつきました…。

引越し料金を安くするためには?

自力で引越しをすることの大変さは良くわかっていただけたと思います。

しかしそれでも、高すぎる引越し料金は払えないという人もいるのではないでしょうか。

そのような時の解決策があります。

自力で引越しをするときにネックとなるものだけを引越し業者に運んでもらいましょう!

例えば上であげた冷蔵庫や洗濯機といった大物家電ですね。
他にはテーブルや机も考えられます。
このような自力で運ぶと腰や腕を痛める危険性があるものだけを運んでもらうのです。

この手段を使えば、自力で引越しする大変さを緩和することができます。
また同時に引越料金を安くあげることが可能です。

自力で引越しをすることはとても大変です。
でも、業者に全てをお願いするのは費用面から考えてきついもの。

どちらか片方だけでなく、両方の手段を併用することをオススメします。

ただ、引越し業者を1社1社調べて連絡をして…なんて事をしていては肝心の引越しに間に合わない可能性があります。
そんな時に頼りになるのが一括見積もりサービスです。

たった3分程度の作業で10社近い引越し業者から見積もりがとれるというもの!
荷物だけという場合もその条件に合う引越し業者を選別してくれるので、まずは複数の引越し業者から見積もり料金をだしてもらいましょう。

無料の一括見積もりサービスでまとめて引越し業者を探す

良心的な引越し業者がきっと見つかると思います♪