ピアノの輸送は専門業者より引越し業者に頼むのが正解!!

ピアノの引越しは単にトラックに積み込み引越し先へ搬送するだけではありません。
調律が狂わないように丁寧な梱包、運搬、設置と細心の注意を払う必要があります。

ピアノの種類によっては引越し先の搬入経路などもしっかりと確認しておく必要がありますね。

そんなデリケートなピアノ、大切な物だからこそ知識も経験もある専門業者に頼みたい、引越し業者では不安と思う人が大半だと思います。

でも、ピアノ引越しもできる引越し業者ではピアノ専門業者と提携、委託している場合が多いのでそこまで心配する必要はありません!

ピアノの基本運送費目安

ピアノ運送を引越し業者に依頼する場合、基本的な運送費用は主に以下の2点によって変動します。

①ピアノの種類
②移動距離

ピアノ運送相場料金

  ~50km ~200km
アップライトピアノ ¥20,000~ ¥40,000~
グランドピアノ ¥30,000~ ¥60,000~

※あくまでも相場料金です

グランドピアノはアップライトピアノよりも体積が大きいため、アップライトピアノの約1.5~2倍の金額が相場料金となっています。
ちなみにエレクトーンは近距離で15,000円程度~が相場料金です。

ホームページに表記があった引越し業者では以下の金額から承っています。

ダック引越センター ¥8,800~(+税)
ファミリー引越センター ¥10,000~(+税)
アップル引越センター ¥16,000~(+税)

ホームページに金額のある引越し業者は少なく記載がない引越し業者がほとんど。
上記3社はホームページに記載がありましたが、かなり料金差が見られますね。

ピアノ専門業者は10,800円~というところがあるので、引越し業者より安く済む場合もありますが条件次第です。

また、ピアノ引越しはYAMAHAでも行っています。
YAMAHAではピアノの製品番号を伝えるとスムーズに見積もりをしてもらえます。

引越しと同時に預かりによるクリーニング依頼もできるので、日ごろピアノ内部までお手入れが行き届いていないと思ったら併せて依頼するのもありですね!

搬出入の環境により追加料金の可能性あり

基本料金に加えて搬出・搬入の際の環境によっても金額が変動する事があります。

・エレベーター使用

搬出入の際にエレベーターを使用する場合は1台あたり、2,000円から8,000円程度費用がかかります。追加料金はピアノの種類やサイズにより変動するため、アップライトピアノで3,000円、グランドピアノで5,000円程度と考えておきましょう!

・エレベーターが使用不可

マンションなどでエレベーターがない、使用できないという場合も追加料金が発生します。階段で通常の荷物と同じように運ぶと階が上がるごとに5,000円~10,000円程度費用がかかる事を把握しておきましょう。

・2階以上で家の中に階段がある

階段からの搬出入で特に問題になるのが戸建ての屋内階段。一般的な戸建て住宅は階段が狭いため、大きなピアノの搬出入には手間がかかります。

・玄関から搬出入ができない

ピアノが階段や玄関を通るのが難しく、解体できない物は窓から搬出入する場合があります。手吊りもしくはクレーン車での作業が必要となり追加料金が発生する事も。クレーン車は15,000円~、手吊りに関しては人手を要するので10,000~30,000円程度は考えておきましょう。

・ピアノを解体して搬出入

どんな方法を使ってもピアノを搬出入できないという時は、最終手段のピアノ解体。追加料金はピアノの種類に関わらず30,000円以上かかる事がほとんどです。

引越し業者とピアノ専門業者なら

繊細なピアノの運送を依頼するのに、引越し業者とピアノ専門業者どちらが良いと思いますか?

安心できるのは経験豊富なピアノ専門業者と思われがちですが、引越し業者もピアノ専門業者と提携している事が多く、ピアノに関する知識があるスタッフもいるので意外と安心。

運搬後の調律までおまかせできる引越し業者もあります!

費用に関しても引越し業者で依頼した場合は引越し料金からの割引などがあるので、大きな差はないと思います。

引越しも併せて行う人は引越し業者に依頼してしまった方が一度で手配などが済むので余計な手間もかかりませんね!

ピアノ引越しは便利なオプションサービス

ピアノの運送は引越し業者に依頼する場合、有料のオプションサービスとなります。

更にピアノに関する便利なサービスも用意されているのです♪

・調律やクリーニングサービス

引越し業者によっては引越し完了後に調律やクリーニングサービスがあります。

ピアノは少しの振動や刺激で音程が狂ってしまう程デリケートな物。
引越しの際に同時に頼んでおけばすぐに使用できるようになって安心ですね。

・敷板を用意してくれる

特に畳の上にピアノを置く時にピアノの重みで跡が付かないように使用されるのが敷板。
新居で敷板を使用したい場合、あらかじめ伝えておけば引越し業者が用意してくれる事もあります。

・一時預かり可能な引越し業者あり

引越し先が落ち着いてから搬入したい、建て替えなどで仮住まいにはピアノが置けないなどの場合、引越し業者よっては一時的にピアノを預ける事が可能です。

決まった期間内なら無料、1日単位で1日/500円前後、1ヶ月単位で1ヶ月/1~2万円程度など料金設定は様々です。

ただし、引越し業者に預ける場合、通常のトランクルームなどと違い保管環境が多少劣る部分もあります。

ピアノや絵画などは温度や湿度が重要ですが、引越し業者の一時預かりサービスでは保管方法が必ずしも空調が整った環境の下ではない可能性があります。

引越し業者によるので預けたい期間が長い場合は引越し業者に相談をして、ピアノだけはトランクルーム専門業者にお願いしても良いと思います!

【ピアノ運送対応業者】

調律 クリーニング 修理 買取
アート引越センター
サカイ引越センター × × ×
アリさんマークの引越社 × ×
日本通運 ×
ヤマトホーム
コンビニエンス
ハート引越センター
カルガモ引越センター × ×
ハトのマークの
引越センター
×

ピアノ引越し事前確認項目

引越し先の物件についても確認をしておきましょう!

・搬入経路

部屋まで階段かエレベーターが使用できるのか、階段の形状や幅、エレベーターの間口や奥行も確認してください。マンションの場合は廊下の幅も併せて確認した方が良いです。

2階以上に搬入する時は引越し業者のトラックや作業者が建物に横付できるかも重要。

引越し先に到着してから搬入経路が確保できず急遽引越し業者の一時預かり利用、クレーン車を要請するなどのケースがあるので注意が必要です。

・床の強度

グランドピアノ・アップライトピアノで重量がある物は設置可能な部屋を確認しておきましょう。床の強度によって設置できない場合もあります。

・床材

カーペットやクッションフロアなど床材は設置が必要な場合、搬入前に手配を忘れずに行いましょう。特に畳の場合は傷予防の工夫が必要です。

次に保証内容と雨天時の対応や運送方法も確認しておきましょう!
ピアノは重量のある物なので、運搬中にトラブルが起きないとは言えませんよね。
万が一の時の保証がどのような内容か確認しましょう。

もう一つ雨天時の対応ですが、雨天時の引越しは他の家財道具さえ濡れる事があれば大問題。

基本的に雨だからと引越しが中止になる事はありません。
でも、ピアノは湿気に弱く非常にデリケートな楽器です。

雨天時のピアノ輸送でも養生をして予定通り搬入をするのか、後日延期になるのか事前に聞いておいた方が良いです。
特に後日延期になる場合、キャンセル費用や預かり保管料の発生など細かい部分も担当者と確認してく事が重要となります。

引越し業者に頼む方が手間はかからない

引越し業者にピアノの運送も依頼する時に1社1社、ピアノ運送が可能な引越し業者を探すのは至難の業ですよね。
引越しにも費用がかかる上にピアノ運送はオプションサービスになるので更に費用がかさむ…

しかもグランドピアノともなると運送費も結構な金額になります。

不用品として処分や新しく買い替えや人に譲るという事がない限り、ピアノだけ引越しする機会は少ないと思います。
ほとんどの場合は引越しをする際にピアノも新居へ運搬になるのではないでしょうか。

通常の荷物は引越し業者に依頼、不安だからピアノだけ専門業者という手もありますが、引越し前は本当に忙しく別々に手配するのは手間がかかるもの。

荷造りを始めると意外と荷物が多くて梱包に時間がかかって驚きますよ!

引越し業者では荷造りや荷ほどきまで行ってくれるサービスもありますが、費用を抑えるためには自分で行う事が一番です。

荷造りなどを自分で行った上で、更に引越し料金が安くなる裏ワザがある事をご存じですか?

この裏ワザを使えば有料オプションサービスのピアノ運送があっても、全体的に引越し費用を抑える事ができます。
まずは複数の引越し業者に見積もり依頼する事がポイントです♪

引越し料金が安くなる裏ワザを詳しく見る

引越しとピアノ運送を引越し業者に1本化するメリット

最後にピアノ引越しのメリットをまとめてみました!

  • 窓口を集約できる

別々の業者に依頼した場合に起こるのは、2つの業者に依頼しなければならないという事。
準備やら何やらでそれでなくても朝から忙しい引越し当日に2つの業者を相手にするのはかなり面倒ですよね…
その点、引越し業者に同時依頼すれば窓口を1本化出来きるのでスムーズな引越しが可能に!

  • 引越し時間の短縮に繋がる

引越しとピアノの運送を同じ業者に依頼しておけば引越しそのものの時短になります!
仮に引越し荷物搬出後、別業者にピアノ運送を依頼したとして、引越しが予定より早く終了したらピアノ業者を待たなくてはいけませんよね。
こうした時間のロスを無くす事が可能です。

  • トータルコストの節約に繋がる

引越し料金そのものもピアノ運送費用も、業界統一価格が存在しないため引越し業者によって金額は様々です。
2つの料金のトータルで値引き交渉することが出来るので、結果的に引越し業者とピアノ運送業者を別々にするよりコストを抑えられる可能性があります!

引越し業者はココまでやってくれる!

引越し業者は単にピアノ運送をするだけでなく、搬入後の調律の依頼も受け付けていますよ。
その他にも不要になったピアノの買い取りや修理、クリーニングなど様々なサービスも提供中。
こうしたトータルサービス面でも、ピアノの輸送は引越し業者に一括で依頼してしまうのが手堅いとう訳ですね!

【料金一覧】

ヤマハ・アップライトU30BL ¥105,000~
ヤマハ・アップライトU3H ¥52,500~
カワイ・アップライトBL-31 ¥10,500~

処分の依頼も可能です。

アップライトピアノ ¥49,500~
グランドピアノ ¥66,150~
電子オルガン ¥30,450~

引越し料金が安くなる裏ワザを詳しく見る