「特殊な荷物」、取扱いは?

引越しをするときには特殊な荷物に該当するものがあります。
しかしこれ、この言葉だけではいったい何のことかわかりませんよね。
そこでここでは「そもそも、特殊な荷物というのはいったいどういうものを指すのか」「それにかかる引越し費用はいくらくらいなのか」「そもそも引越しするときに持っていくことはできるのか?」などをお教えしていこうと思います。

まずは簡単、これはダメ

まず、「特殊な荷物」の中で、比較的想像しやすいものをお教えしましょう。
これには、「動植物」が挙げられます。
特に問題となってくるのが、動物の方です。

多くの場合、(牛などのようないわゆる「経済動物」ではない場合)動物=家族、という認識を持っているひとが大半かと思われます。
そのため、好き好んで、「荷物」として引越し業者に頼みたい、と考えるひとはそういないでしょう。
しかし引越し先が遠方であったり、また電車などの公共交通機関での移動しかできない場合、動物のストレスや周囲の迷惑を考えて、引越し業者に頼むこともあるかもしれません。

このような場合でも動物は「特殊な荷物」として扱われます。
金額に関しては、業者ごとや場所ごとで、大きく変わります。
ただ、一つの目安をお伝えしますと、中型犬の場合で、かつ同じ市内での移動だと2万円前後というところでしょうか。
逆に、北海道―沖縄のように、長距離の移動の場合、同じ中型件であっても7万円近くかかることになります。
このように、引越し料金が距離に比例するのは、動物の搬送も同じです。

動物の搬送に関しては、取扱いがないとしている業者もとても多いです。
そのため、事前に確認しておかなければなりません。
また、ペットの移送を専門に行っている業者もあります。
信頼度という意味ではこちらの方が高いのですが、大手の業者の場合は「業者としての」信頼度が高く、
どちらを選ぶか迷うところです。

ピアノの話

次にイメージしやすいのが、ピアノの運送でしょう。

ピアノは、ものによっても違いますが、非常に重いです。
そのため、運搬には専門の知識が必要となります。
小さな引越し業者などですと、ピアノの引越しに対応していないこともあるのはこのためです。
逆に、ピアノの運送を専門に行っている業者もあります。
このような業者の場合、調律から引き取りまで、ピアノ全般の運用知識に詳しいことが多いので、
その点でも安心ですね。

金額は業者によって違いが大きいですし、距離によっても変わります。
ただ、同じ県内での移動であれば、もっとも高額となるグランドピアノの運搬で、
1台3万円程度が相場
でしょうか。

ただ、ピアノの場合、動物と違って「届ければ終わり」というものではありません。
部屋に設置しなければいけないからです。
そのため、そこでも料金がかわってきます。
中には、「1階建ての引越しにしか対応していない」という業者もあるので注意が必要です。

他にはこんなものも

特殊な荷物に分類されるものとしては、ほかにも美術品などが挙げられます。
また、金庫なども、中に貴重品や財産が入った状態だと運んでもらえないこともあります。
美術品の運搬をお願いする場合は、専門業者に頼むとよいでしょう。
場合によっては保険加入もできます。

あなたへのおすすめ特集