結婚時、転居地に迷った場合のアドバイスが欲しい!

大半の人は結婚にあたって居を移すことになります。
その時にはどんな場所をどんな風に選んだらよいのでしょうか。

長い結婚生活の中で起こりうる事例に従って見ていきましょう。

ある程度好きな場所を選べる、という場合

「ある程度自分の融通を通すことができる」
「一つのところに落ち着いたら、しばらくは転勤がない」
というひとの場合、「いかにして自分が住みやすい環境を選べるか」というのが、
大きなキーワードになってきます。

特に、「一つのところに落ち着いたら、しばらくは転勤がない」という場合、
初動が非常に重要です。

たとえアパート暮らしであったとしても、「その土地に一戸建てを買い、地元に密着して過ごす」
という認識を持っておいた方がトラブルが少なくてすみます。

この場合は、子どもが生まれた場合を想定し、保育所などに近い場所を選ぶと良いでしょう。

このようなケースのときは、「駅まで○分」というような交通の利便性よりは、
静かである」「閑静な住宅街である」「教育機関やスーパーに近い
といった住居環境優先で選んだ方がいいです。

特に、繁華街などは避けた方が賢明です。

夫も妻も仕事を続ける、しかし2人の職場が遠い、という場合

共働き世帯は年々増加傾向にあり、2012年には35.8パーセントに達しました。
対して、男性側だけが働き女性側が専業主婦、というケースは、27パーセント程度です。
このような数字からもわかるように、結婚後も2人とも仕事をやめず、
働き続けるというケースが増えています。

ここで問題になってくるのが、「職場までの距離」です。

たとえば、「同じ県内で片道1時間」という通勤圏内の数字であっても、妻側は県西部に、
夫側は県東部に働きに行っているのだとすれば、同じ「片道1時間」でも意味合いは大きく違ってきます。
妻の職場に近いところに住めば夫は片道2時間かかりますし、
夫側に近いところに住めば都万は通勤に2時間かかります。

このようなケースの場合は、2人の中間地点で転居地を選ぶのがもっとも一般的です。

ただし、「片方が著しく朝が早い」「残業続きである」ということであれば、
それぞれのライフスタイルにあわせて選ぶ必要がでてきます。

両方仕事がある、しかし片方が遠方に転勤!

もっとも難しいのがこのケースでしょう。配偶者が県外に転勤を命じられた、
しかし自分にも仕事があるし人付き合いがある、というケースですね。

この場合、いくつかのパターンが考えられます。

・片方が仕事を辞めてついていく
・単身赴任の形をとる
・通う

夫側がメインの稼ぎ主であり、妻側がパートタイマー、さらに子どもがいないということであれば、
1番の選択肢を選ぶひとが多いでしょう。

子どもがいてすでに生活の基盤がある、ということであれば、単身赴任のスタイルをとるのが一般的です。

最後の「通う」は非現実的だと思われるかもしれません。

しかし、大変有能で敏腕だった知人は、
「妻とも子どもとも絶対に離れたくありません。しかし妻は責任のある仕事をしており、
辞めろなどと言えません。私が通います」と掛け合い、
静岡から京都まで新幹線で通勤していました。

どのケースもメリットとデメリットがありますが、円満に解決していきたいですね。