引越し費用、払いすぎ対策にはこの方法

引越というのはとてもお金がかかるものです。
そのため引越し費用をできるだけ抑えて、予算内に収めるよう心掛けるべきです。

それにはどんな方法が必要なのでしょうか?
今回はそれについて考えていくことにしましょう。

まず基本の大前提、「引越しはお金がかかる」と理解する

まず基本の大前提ですが、タイトルでも述べたように、「引越しはお金がかかるものだ」と理解してください。

これは私の実際の話ですが、私が引越しをする際、会社から補助金が15万円ほど出たことがあります。
「15万円もあれば余裕余裕!むしろ、新しい家具とかを買うことができて、オトクなんじゃなかろうか」
と私は考えました。

しかしこれがまったくもって甘かった!

実際には、15万円では引越しは完了しませんでした。
大きな荷物だけを運んでもらい、小さな荷物は自分で運ぶ、というスタイルをとっていたにも関わらず、
結局持ち出しが大きくなってしまいました。

私は自他ともに認める「引越しの多い人生」を歩んできており、
無駄の少ない引越しをできると自負していますが、
そんな人間でもこのような「見通しの甘さ」はあるのです。

初めて引越しをする人の場合、自分の頭で見つくろった金額以上のお金が飛んでいくというのは、
まずは覚悟しておいてください。

業者に払うお金を安くする方法は?

しかしそれでも、「予算」というものはあるものです。
では、どうしたら払いすぎを防止することができるのでしょうか。

あなたが業者を使うつもりであれば、はじめに、
この予算以内で行ってください」と告げることがとても大切です。
もちろん、引越しには相場というものがあります。

非常に極端な話ですが、
「春の昼下がりに、東京-沖縄の引越しを家族4人分の荷物で、かつ3万円で収めてくれ」
と言っても、それは絶対に無理ですよね。

しかし、「相場」と言われる金額を提示した上で、
「この間で収めてください」と言えば、多くの業者はその間で見積もりをとってくれます。
また、中にはその時点で「ちょっとウチでは無理です」と断る業者もいるかもしれません。
これはその業者が高すぎるから悪い、ということではなく、
スタンスやクオリティ保証の違いだと考えておきましょう。

ただ、交渉下手な方も沢山いると思います。
そんな方は一括見積サイトを使ってみることをオススメします。
一括見積サイトを使うことで多くの引越し業者からの見積りが一括でとれるので、
この見積金額を見比べて、考えた方が言いづらい交渉事もやり易くなると思います。

一括見積サイトで見積もりをおこなう

自分でできることはすべて自分で、が基本

引越費用の払いすぎ防止、または少額で抑えたいのであれば、
自分でできることは自分で行う」ということはとても大切です。

現在、引越しのプランというのは多岐に及んでいます。
荷造り~荷解きまでを含めて、自分が一切手を出さなくても、すべて業者がやってくれるものまであります。
しかしこの方法は、当然のことながら非常に高価。

簡単にできる欲をおさえ、できるだけやれることは自分でおこなう覚悟を持ち、
かつ一括見積サイトなどで複数の引越し業者の見積もりをとり
検討、交渉することが予算内でおさめる“カギ”になると思います。

引越し費用の払いすぎを防止するために

引越しには、自分の想像以上のお金がかかります。
払いすぎを防止、そして少額におさえるためには、
まずは自分の予算を決めましょう。
そして一括見積サイトを有効に使ってみましょう!

一括見積サイトで見積もりをおこなう