引越し時の信じられないトラブル!

point

引越の時には思いがけないトラブルが起こるもの。

荷物の紛失や破損、
そこでここでは、そんなトラブルを紹介していく事にしましょう。

こらからで紹介するのは、私の実体験です。

初の一人暮らしで起こったトラブルとは…!?

なんで、どうして!?テレビが映らない!

私が初めて本格的に一人暮らしをしようと決めたのは19歳の時でした。
引越し場所に決めたのは片田舎の安アパート。

契約も何もかも初めてで、20万円という19才の女の子にとっては、大金のお金を自分の口座から引き出し支払うのも初めての経験です。

外装はどこからどうみてもオンボロという表現がぴったりのアパートでした。

でも、中身はリフォームされたばかりでとてもキレイでした。

全体で12畳程度だったように記憶しています。
ユニットバスだけどバストイレ付きで洗濯機も中に入れる事ができました。
リフォーム前は、洗濯機は外置きだったんです。

今の若い人には、ちょっと信じられないかもしれないですね。

そんなアパートに不満が全くない訳ではありませんでしたが、金額も非常に安く借りる事ができて、とにもかくにも私の一人暮らしは始まりました。

でも、そのわずか3日後、私は気付く事になるのです。

あれ…?テレビが映らない!?

白と黒の波線の画面のまま、他は何も映りません。
ただし、音声だけは聞こえます。

また、極まれにちゃんと映るチャンネルもあって、テレビゲームなどはちゃんとできました。

テレビが映らなかったその理由

初めは配線ミスかと思いました。
でも、私はこの類の事に非常に疎かったので、わざわざ詳しい人に頼んで設置してもらったのです。

そのため、配線がおかしいということは考えにくかったです。
一応配線を買い換えてはみたものの、やはり変わらず…。

次に疑ったのはテレビの故障でしたが、これも違う模様。
わざわざ実家に持っていき、そこで点けた時はちゃんと映るのです!

ある時、私の部屋に遊びに来ていた友人がふとつぶやきました。

「電波塔がすぐ近くにあるのって関係ないかな?」と。

そう、私のアパートのすぐ目の前、徒歩で3歩の距離に電波塔がそびえ立っていたのです。
テレビはこの影響を受けていたようです。

聞いていない!対策はあるの?

電波塔がこんなに近くにあるなんて、私は全く聞いていませんでした。

不動産会社からも大家さんからも、一切教えられていなかったのです。

結局私はそのまま泣き寝入りする事に。
もう少し正確に言うなら『別に良いかなー』と思ってしまいました。

家にいてテレビを点けるのは料理をする時だけ。
キッチンに立つとテレビに背中を向ける形になるので、そもそも音声しか聞こえなくても問題がないのです♪

また、私にはテレビを点けたまま食事をする習慣がありません。
テレビゲームはそのままできるので、私の生活においてはテレビが映らないという事はそこまで支障にはならなかった訳です。

でも、これはあくまでも私の考え方です。

楽観的に考え格安アパートに住み続けるか、テレビを見るために別の場所へ再度引越しをするか…

今は色々と対策も練られていると思いますが、このような形での思いもかけない近隣トラブルもあるので入居前に周囲の環境も必ず確認しましょう!