少しでもトクをしたい!上手な引越し業者の見積もりのコツ

「少しでも良いから、できるだけ安い引越し業者に頼みたい」
「一社だけに頼むと、ぼったくり価格で請求されないか不安」
「初めての引越しで、しかも一社にしか頼まないとすると、かなり足元を見られてしまうの?」
「引越し業者ごとで、かなり値段がかわるって聞いたけど…」

そんな風に不安に思ってはいませんか?

上手な引越し業者選びのコツ~「見積もり」の必要性

引越しの規模が大きければ大きいほど、引越し業者に支払うお金は多くなってしまいます。
そのため、不安も大きくなりますよね。

「本当にこの会社のものが適正価格なの?他の会社だったら、もっと安くやってくれるんじゃないの?」

こう考えるのは、ごくごく自然なことです。

そこで一番大事なのが、「見積もりをとる」ということです!

見積もりを頼むとこんなことがわかる

見積もりをとることにより、「引越しにいくらくらいかけなければいけないか」がわかります。
また、「この作業が、全体の金額を高くしている。それならこの作業は自分で行おう」
といったように、頼む作業と自力でやる作業の色分けをすることもできます。

結果的に、大幅に金額が安くなる、ということもあり得るのです。

家を建てるときに、見積もり書を出させないひとはいないでしょう。
また、仕事をしていく上で、クライアントとの間で一切見積もりをとらない、
なんていうのは本当にレアなことです。
引越しもそれと同じで、必ず見積もりが必要になってくるのです。

上手にとりたい、見積もり書

見積書をとることによって、「何にお金がかかるか」などが見つけやすくなる、
というのは先ほどご紹介したとおりです。
そこでここからは、より具体的に、
「では、どのように見積書をとるのが一番トクなのか」ということを考えていくことにしましょう。

ちょっと裏技的なやり方になるのですが、一番いいのは、いくつかの会社を呼びつけて、
実際に部屋を見てもらうことです。

これは、できるなら「同じ日、同じ時間」に設定することが望ましいです。
(部屋は、ある程度「ひとに見られても恥ずかしくない程度に」掃除しておくとモアベター)

そしてそれを見てもらった直後に、自宅のリビングテーブルなどの上で、
一斉に見積もりをだしてもらうのです!

見積もりで引越し料金を更に安くする方法はこちら

この方法のメリット

この方法ですと、「ぼったくり」はまず生じません。なぜなら、隣の業者よりも高すぎる金額をつければ、
すぐにそれとわかってしまうからです。
さらに、同業他社がいる中での見積もりですから、
一般的な金額よりもやや安い金額を付けてくるのが普通です。

「その場での相見積もり」であるため、他社より自分のところの金額が少なければ、
その時点で候補から外れることがわかりきっているからです。

この結果、利用者はもっとも安い価格の業者に引越しを依頼することが可能です。
引越し費用の見積もりの取り方においては、これに勝る方法はないでしょう。

ただし、「基本料金の中に何が含まれているか」はきちんとチェックしておかなければなりませんよ。

見積もりで引越し料金を更に安くする方法はこちら