少しでも得をしたい!上手な引越し業者の見積もりのコツ

『ぼったくり価格で請求されないか不安』
『初めての引越しだと足元を見られて高額請求されそう』
『引越し業者によって、かなり値段がかわるって聞いたけど…』

そんな風に不安に思ってはいませんか?
実はその通りです(><)!

『少しでも安い引越し業者に頼みたい』という人がほとんどだと思いますが、引越し業者によって価格にはかなり差があります。

また、引越しに慣れていない人は足元を見られて高い引越し費用を請求される恐れが…。

引越しは決して安価なものではありませんよね。
でも、繁忙期も引越し費用を節約できる方法があります!

上手な引越し業者選びのコツ!見積もりの必要性

引越しの規模が大きければ大きい程、引越し業者に支払うお金は多くなってしまいます。
単身者と家族の引越しでは荷物の量もトラックのサイズも異なりますよね。

引越しは基本的に荷物量や作業員数によって算出されます。
そのため4人家族などの引越しは規模が大きいとされ、もちろん引越し費用も高くなります。

繁忙期になると引越し業者のCMなど頻繁に見かけるようになり、引越しに慣れていない人はそれを見て直接引越し業者に依頼する事がありますが完全なNG行動。

最近は引越しをする前にインターネットで引越し業者の評判や相場料金などを検索する事ができますよね。
そういった情報から『本当にこの会社の価格は適正?他はもっと安くやってくれるかもしれない』と考えるのは、ごくごく自然な事だと思います。

そこでポイントとなるのが見積もりをとるという事!

見積もり依頼でわかる事

引越し業者から見積もりをとってわかる事は引越し料金やサービス内容ですね。
まずは『お客様の荷物量、条件なら大体これくらいの金額です』と概算料金を出してもらいます。

その後、訪問見積もりをして正確な金額とサービス内容を確認します。
単身引越しなら電話やメールで写真を送って見積もり料金を出してもらう方法もあるので、時間がない人や部屋に来てほしくないという人は良いかもしれません!

見積もりを出してもらう時に家族も単身も行って欲しいのが、複数の引越し業者に見積もり依頼をするという事。

CMで見た1社だけでは比較対象がないので本当に自分の条件で適正価格なのか、その引越し業者が安いのか高いのかもわかりませんよね。

また、複数の引越し業者に見積もりを出してもらう事で「他の引越し業者さんはもう少し安かった」と他の引越し業者に言えるメリットがあります。
これが大幅な金額ダウンへ繋がる最大のポイントです!

見積もり依頼で引越し料金が格安になる方法をもっと詳しく見る

見積もり書の中身

見積もり依頼をしたら引越し業者の営業マンが見積もり書を作成してくれます。
基本的には名前、住所、建物情報、日程、引越し料金などが記載されます。

訪問見積もりの場合は一緒に部屋を回って荷物量を見て営業マンが書き込んでいきますが、単身引越しだとメールでやり取りをする場合も少なくないので紙の見積もり書がない事も。

ただし、見積もり書=契約書としている引越し業者がほとんどなので、見積もり書や見積もりメールは大切に保管しておきましょう!

見積もり書は裏面に標準引越運送約款という様々な引越しに関するルールが記載されている場合もあります。
内容としては引越し業者と依頼者間でのトラブル防止のためのルールで、引越しのキャンセルに関する事などが記載されています。

標準引越運送約款はインターネットで見る事ができるので、かなり膨大な量ですが一度目を通してみても良いかもしれません!

見積もりのコツは他社との比較

訪問見積もりに来てもらったら荷物量の確認をするので部屋の中を一緒に回ります。

あくまでも人様を家にあげるので、ある程度は片付けや掃除をしておきましょう!
部屋が散らかっていると荷物量が多く見えてしまうかもしれませんよ…。

引越し料金は荷物量=トラックのサイズも関係するので、できるだけ小さいトラックの方が規模が小さい引越しになるので費用も抑えられます。

また、訪問見積もりを依頼する際に時間の関係などで複数の引越し業者がバッティングする可能性があります。
複数の引越し業者が同じ空間にいる事で、引越し料金やサービスを引越し業者が競ってくれるので引越し料金の値下げなどはスムーズにいくかもしれません。

ただし、とにかくお客さんを取られまいと魅力的なサービス提案などをしてくると思いますが、それが当日になってトラブルの原因になる可能性もあります。

営業マンが勢いで言った事が当日作業に向かった作業員には伝わっていなかったために、確認などで時間をとって作業が押してしまう事も起こりかねません。

複数の引越し業者を同じ時間に家に呼ぶ事は引越し初心者にはかなりハードルが高いです。

営業マンの常套句「今すぐ決めてもらえないとこの金額ではできません」が発動すると人間の心理的に『契約しなきゃ』と思ってしまいます。
バッティングさせると上記のような危険がありますよ。

慣れてきたとしてもあまりオススメの方法ではないので、できれば同じ日に時間をずらして複数の引越し業者に来てもらいましょう!

1番最初の引越し業者が安いと思っても次の引越し業者の方が安い可能性もあるので、焦らずまずは約束した引越し業者には全て訪問見積もりをしてもらってください。
その後は値下げ交渉のために、2社目からは他社の引越し料金を伝えてみましょう。

やり方はバッティングと似たようなものですが、その場で他社を蹴落とすような事はしないのでこの方法の方が印象は悪くないですね。
できれば1社目にも『希望額は○○円くらいです』と伝えると良いです。

引越し業者もお仕事なのであまりにも非常識な値下げ交渉や、希望額の提示はしないでくださいね!
あくまで相談といった形で話を進めていきましょう。

最終的にどの引越し業者にするかを決めるのは自分です。
見積もり料金だけではなく、サービス内容や営業マンの態度などもしっかりとチェックしておきましょう!

また、基本料金の中に何が含まれているかは把握しておきたいので、見積もり書を見て不明点があればその場で営業マンに質問してください。

引越し料金が格安になる詳しい方法はこちら