引越し料金を安くする知恵集 引越し料金を安くするポイントも相場も全て教えます!

%e3%81%8f%e3%81%be2

引越しは何かとお金がかかるものなので少しでも引越し料金を安くしたいと思うもの。
皆さんは引越し料金を少しでも安くする方法、知っていますか?

実は、引越し料金の高い繁忙期でも格安引越しをている人はたくさんいます!

値段交渉する、繁忙期を避ける、時間指定をしないなど、その方法は様々。
損をしないためにもまずは引越し料金の相場から見ていきましょう!

単身引越し、家族引越し料金相場一覧表

引越し料金の相場がわかっていないと高額な見積もり金額を提示される可能性があります。

『本当にそんなに高いの…?』と思っても引越し業者に言えない人もいるかもしれません。
足元を見られて高い金額を請求されないためにも、まずは引越し料金の相場を見てみましょう!

表内、移動距離の目安
・同一市内=15km以内
・同一県内=50km以内
・同一地方=50~200km以内

【単身引越し料金相場】

移動距離 料金
同一市内 通常期:¥30,000~50,000
繁忙期:¥40,000~70,000
同一県内 通常期:¥30,000~80,000
繁忙期:¥40,000~100,000
同一地方 通常期:¥40,000~150,000
繁忙期:¥50,000~250,000

【家族引越し(4人家族)料金相場】

移動距離 料金
同一市内 通常期:¥50,000~150,000
繁忙期:¥60,000~200,000
同一県内 通常期:¥60,000~180,000
繁忙期:¥70,000~250,000
同一地方 通常期:¥100,000~300,000
繁忙期:¥120,000~350,000

※あくまでも相場料金です。

距離や時期によっても引越し料金は異なります。
特に家族引越しの場合は通常期・近距離の引越しでさえ高いところでは10万円以上費用がかかる事も。

相場料金3社比較(単身・荷物多め)

アート引越センター サカイ引越センター ファミリー引越センター
通常期 ¥63,000 ¥55,000 ¥34,000
繁忙期 ¥68,000 ¥69,000 ¥39,000

※あくまでも相場料金です。

サカイ引越センターも大手業者の中では安い方ですが、中小業者のファミリー引越センターと比べると2万円以上も料金が違います。
同じ条件でも大手か中小かというだけで引越し料金は異なるという事ですね。

また、第一に引越し料金の事を考えると思いますが丁寧に作業してもらいたい、色々サービスしてもらいたいなどの要望もありますよね。

引越し業者は安いからと言って安易に価格だけで決めない事が鉄則!

複数業者から見積もりをとって料金以外の比較をする事も必要です。

例えば無料でくれるダンボールの枚数、養生の有無、訪問見積もりの時の営業マンの態度などもチェックしたい部分です。

丁寧さやきめ細やかなサービスといった点を重視するのであれば、少し高くても大手業者を選んだ方が満足のいく引越しができると思います。

ポイント①交渉時に他社の見積もり金額を伝える

さあ、次はいよいよ引越し料金を安くするポイントです!

引越し料金を少しでも安くするためには交渉

『営業マンって口がうまいイメージだし、強引な人もいるって聞くけど交渉なんてできるか不安…』と考える人もいると思いますが心配はいりません!

交渉なんてした事がないと不安を感じている人でも交渉がうまくいく簡単な方法があります。

  • 見積もり時に他社の見積もり金額を伝える
    これが最も重要。引越しは3月・4月が繁忙期で一番忙しい時期。
    それ以外の2月~5月は通常期と言われ、繁忙期ほどは忙しくないので契約をとるためにライバル業者と競い合う営業マンが多いのです。
    中には営業マンの方から「他社さんは見積もり金額どれくらいですか?」と聞いてくる事も。
  • 最低でも2、3社から見積もりをとる
    見積もりが1社だけだと値段交渉が難しくなります。複数業者を競争させる事が目的なので、必ず複数業者から見積もりをとってください。
  • 「即決してくれるなら安くする」という言葉にのらない
    営業マンは「即決してくれれば安くします」「今決めてもらわないと、もうこの金額にはできません」といったお決まりの言葉を言ってくる事があります。
    こんな風に言われると焦りから多くの人が決めてしまうのですが即決はNG!
    これが1社目だったとして、2社目以降の方が安くしてくれる可能性もありますよ。

ポイント②なるべく3月・4月の繁忙期は避ける

x

繁忙期の引越しはなるべく避ける

引越しにもシーズンがあり、時期によって引越し料金は異なります。
引越しのハイシーズンと言われる3月・4月は転勤や学生の引越しが多い時期なので、すぐに予約がいっぱいになってしまいます。

黙っていても依頼が来る時期なので通常期程、割引がありません。

通常期というのは基本的に5月~2月と言われています。
この期間内でも9月は転勤が多い時期で引越し料金が繁忙期に近い扱いになり、通常期の中では引越し料金が高め。

ただ、繁忙期や通常期で引越し料金が違うと言われても引越しって頻繁にするものでもないし、いまいちピンとこないですよね。

そこで引越し料金が割引きになる日が簡単にわかるカレンダーをサカイ引越センターのお得な引越カレンダーを例に見てみましょう!

サカイ引越センターではお得に引越しができる日を色分けしてわかりやすく掲載しています。
色分けは3種類あり赤くなっている部分が一番安くなる日を表しています。

・赤部分→赤字覚悟
・青部分→勉強しまっせ
・白部分→通常

上が4月、下が5月のカレンダーです。
通常期である5月のカレンダーは赤字覚悟の部分が多いですね。

4月
pannda

画像引用:お得な引越カレンダー(サカイ引越センター)

4月は赤字覚悟の日が5日間しかない上にお得な日が後半にしかないのに対して、5月は赤字覚悟の日はなんと11日と4月の半分以上!

繁忙期と通常期の料金に差があるのは割引が適用される日が少ない事も関係しています。

このお得な日がわかるカレンダーは他にもアーク引越センター、ダック引越センター、アリさんマークの引越社のホームページにも掲載されています。
カレンダーを参考に引越し希望日を割引のある日から決めても良いかもしれませんね!

ポイント③時間を指定しないフリー便にする

%e6%99%82%e8%a8%88

時間指定はしないで引越し業者におまかせ

ついに引越し料金が安くなるポイントのラストまできました!

引越し料金を安くするためには時間も関係があります。

時間帯を指定せずに、引越し業者に作業開始時間をおまかせするフリー便にすると、引越し料金を抑える事ができます。

時間帯 料金
午前 高い
午後 比較的高い
フリー 安い
◇午前便◇
引越し作業1件目になるので作業員の疲れもなく作業パフォーマンスも高め。
何時に来るかわからないという不安や時間のロスがありません。

通常お昼前後には終了するので荷解きや片付けもその日の内にできるメリットの多い便です。

◇午後便◇
一応時間は決まっていても前の作業の進み具合や交通状況により、必ずその時間に作業員が到着できるかわからない少し不安のある便。
そこまで時間に大幅なズレなどがないため午前便よりは多少安くなりますが比較的高めです。

◇フリー便◇
引越し業者におまかせするため作業開始時間が何時になるかわからない便。
前日に引越し業者から「〇時~〇時の間に伺います」と連絡があり、当日も作業員から一応連絡はありますが渋滞などによりその時間に来る事ができない可能性もあります。

何時に来るかわからないので、かなり遅い時間から作業がスタートする事も。


夜の作業は近隣の人に迷惑をかける、クレームになるといったデメリットもあるので、前もって近隣の人たちに一言挨拶しておくと良いかもしれません。

実際に引越し料金を安くした人たちが使っていたのは…

皆さん引越しが決まったらまず、引越し業者探しをすると思いますが、1社1社に連絡するのは相当な手間と労力がかかるものです。

引越し料金を安くするには見積もりを頼んでからが勝負。

安くするポイントに挙げた交渉や時間指定もまずは見積もり依頼をしないと始まりません!
とは言え、3月・4月は引越しをする人が増えるいわゆる繁忙期。
黙っていても依頼が来る時期なのであっという間に予約は埋まってしまいます。

そんな引越しのハイシーズンでも安く引越しをしている人たちがいるのをご存じですか?

格安引越しをした人たちの中にはお得に引越しができちゃう方法を知っていたのです。
実際に私も引越しの際には必ず利用していますよ~。

特に主人の転勤の時はとにかく早く安く済ませたいので、一括見積もりサービスを使わない時はないです。

☆カンタン30秒!一番安い引越し業者を見つける↓↓

画像引用元:引越し達人

☆カンタン入力30秒で見積もり!

☆引越し料金最大55%OFF!

引越し達人ならたった30秒で見積もり依頼◎


☆260社以上の引越し業者から最大10社を厳選↓↓

引越し価格ガイド
画像引用元:引越し価格ガイド

☆見積もりと同時に相場料金がわかる!

☆口コミ・評判など情報満載

参加業者多数!厳選の引越し業者を探す◎

何かと物入りな引越しで最も節約したいのは引越し料金ですよね。
一括見積もりを使うと時間もお金も節約できるので私は気に入ってます。

『単身・家族・シニア』『節約・おまかせ』豊富な引越しプランが勢ぞろい!

ほとんどの引越し業者で、依頼者の条件に合わせたプランが選べるようになっています。
プラン内容や組み合わせ方によって引越しの料金は異なりますが、どこの引越し業者も似たようなプラン設定が多いです。

単身・家族・シニア業者別プラン

 引越業者 単身向け 家族向け  シニア向け 
 アート引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社
アーク引越センター
ハトのマークの引越センター

※各業者によりプラン名は異なります。

今回はプランが豊富なアーク引越センターを例に見てみましょう!

まず基本の単身者用、2人用、家族用、それに加えて大物限定、建て替えプランがあります。
その中で更に近距離、長距離、新生活、シニアプランが用意されています。

◇大物限定プラン→大きな家財道具のみ運んでくれるプラン

◇建て替えプラン→旧居から仮住まいへ、仮住まいから新居への合計2回の引越しが一つになったプラン。その際に仮住まいに入りきらない荷物があった場合、業者の保管倉庫にて荷物を預かってもらえる

アーク引越センターは特に2人用のプランが充実しています。

◇新生活プラン→結婚を機にふたり暮らしを始める人たち向けのもので、2か所から荷物を回収して新居へ運んでくれる便利なプラン

◇シニアプラン→60歳以上の人に向けたもので最大20%割引


【選べる3種類のプラン】

 引越業者 節約プラン 通常プラン  おまかせプラン 
 アート引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社
アーク引越センター
ハトのマークの引越センター

※各業者によりプラン名は異なります。

  • 節約プラン→荷造り・荷解きは自分たちで
  • 通常プラン→荷造りは作業スタッフ、荷解きは自分たちで
  • おまかせプラン→荷造りから荷解きまで、全ておまかせ

基本的に大型家具の梱包・運搬・設置はどのプランにも入っています。

アーク引越センターの場合だと養生、簡易照明取付、節約プラン以外は小物荷造り、食器梱包も行ってくれます。

引越しサービスの代表!無料ダンボールは最大70枚もらえる

af9920050523w

ほとんどの引越し業者で無料ダンボールや梱包資材無料貸出、有料で頼めるオプションサービスなどを用意しています。
ただし、中小引越し業者の中には引越し料金を安くするために梱包資材などの無料サービスがない場合があります。

【無料サービス】

引越業者 梱包資材 養生 ダンボール回収 家具設置
アート引越センター
サカイ引越センター
アーク引越センター
ファミリー引越センター
ハート引越センター

他にも業者によっては引越し時に必要な諸々の手続きを代行してくれるワンストップサービスや、簡単な掃除などを10分間してくれるサービスなどを行っています。

◇梱包資材
ダンボールやガムテープが足りないといった事がなければ無料の範囲内で収まると思います。

ダンボールを無料でもらえる枚数は大体30~50枚が普通。

そんな中ファミリー引越センターでは70枚というかなりの量を無料で提供してくれます。

◇養生
タワーマンションで建物の保護範囲が広いなど特別な事がない限りは無料の範囲内で十分です。
ただし、高層マンションなどは養生をするスペースが増えるなどの問題があるので追加料金になる可能性があります。

中小引越し業者の中には養生をしないところもあるので、安いからと言って安易に決めてしまう前に養生をちゃんとしてくれるのか聞いてみましょう。

◇ダンボール回収サービス
無料の業者が多いですが基本的に1回限りとなっています。
サカイ引越センターに関しては大手引越し業者にしては珍しく、個人で引越しをした人はダンボール回収に1,000円(税別)かかります。

◇家具の設置
基本的に引越し作業は大型家具・家電の梱包・運搬・設置までがワンセットですね。

新居のどこに配置するか事前に決めておきましょう!

また、アート引越センターでは引越し後1年以内であれば、1回限りですが家具の移動を無料で利用できるサービスも行っています。

【オプションサービス】

引越業者 エアコン脱着 盗聴器発見 トランクルーム 不用品回収
アート引越センター
サカイ引越センター
アーク引越センター
ファミリー引越センター
ハート引越センター

オプションサービスは必要な有料サービスを自分で選択できます。

◇エアコン脱着
どこの引越し業者でも行っているサービスで1台あたり15,500円、専門業者だと15,000円が相場料金と言われています。
引越し業者の方が高いと思うかもしれませんが、あくまでも相場なので条件などにより金額は異なります。

◇盗聴器発見サービス
このサービスがある引越し業者自体少なく、ほとんどの引越し業者で簡易的な調査しか行っていません。
万が一盗聴器が見つかった場合、その後の撤去作業などは別途料金がかかります。

◇トランクルーム
建て替え引越しの時などに一時的に荷物を預ける事ができるサービス。
地域や荷物量によって料金が異なるので訪問見積もりの際に確認しましょう。

◇不用品回収
基本的に引き取りがメインですが買い取りを行っている引越し業者もあります。

状態の良い物やブランド物だと買い取ってもらえる可能性が高い
です。
リサイクルショップに依頼すると引き取り料を請求される事もあるので、引越しの際に引越し業者に依頼してしまった方が手間もムダな費用もかからなくて済みますね!

他にもオプションサービスにはハウスクリーニング、ペット輸送、自動車陸送などがありますが、オプションサービスに関してはほとんどが専門業者への委託になります。
例えばペット輸送は命を扱う事なので、専門的な知識がある人にまかせた方が安心できますよね!

心付けは作業開始前に、リーダーにスタッフ全員分まとめて渡すのが鉄則!

最後は引越し当日に作業員のやる気アップに繋がるワンポイントアドバイス!
心付けと言って気持ち程度のお金を作業員に渡して、引越し作業を頑張ってもらおうというもの。

心付けの相場は¥500~1,000と言われています。

お金を渡す場合、作業リーダーにはその2倍の金額を用意すると良いです。
お茶やコーヒーなどの飲み物、お菓子などでも良いのですが自分たちで好きに使えるようにお金を渡した方が効果的です。

そして肝心なのが心付けを渡すタイミング!!

作業が始まる前に作業リーダーにまとめて渡すか、一人一人に直接渡しましょう。

というのも、作業リーダーだけに渡してしまうと全部自分のものにしてしまう人もいるとの事。

業者のホームページに料金が書いていないのは条件により金額が異なるため

引越し料金は定価があるようでないもの。

単身引越し〇〇円~などとホームページに記載がある引越し業者でも、見積もりをしてもらうと金額がそれより高くなる事は少なくありません。

プランの内容だけではなく4月か5月か、午前か午後かだけでも料金は大幅に変わってきます。
より安くしたいなら3つのポイントを忘れないようにしてください!

  • 交渉時には、他社の見積もり金額を伝える
  • 3月・4月の繁忙期の引越しはなるべく避ける
  • 時間に余裕がある人は午後便かフリー便

引越し料金を安くするのは難しい事ではありません。
でも、何も知らないと高額な引越し料金を請求される恐れがありますよ。

少しでも引越し料金を安くしたいあなた!
まずは格安引越しをした人たちが使っていた方法にトライしてみてください。

私のオススメの一括見積もりサービスなら信頼できる引越し業者を探す事ができますよ♪

☆カンタン30秒!一番安い引越し業者を見つける↓↓

画像引用元:引越し達人

☆カンタン入力30秒で見積もり!

☆引越し料金最大55%OFF!

引越し達人ならたった30秒で見積もり依頼◎


☆260社以上の引越し業者から最大10社を厳選↓↓

引越し価格ガイド
画像引用元:引越し価格ガイド

☆見積もりと同時に相場料金がわかる!

☆口コミ・評判など情報満載

参加業者多数!厳選の引越し業者を探す◎