引越し時間を指定しないフリー便で料金がさらに安くなる!!

%e6%99%82%e8%a8%88

同じ日に全く同じ内容のプランで引越しをするという2つの家族。
引越し作業開始時刻が違うだけで料金に差が出てきます。

安いのは午前よりも午後、午後よりも時間指定なしのフリー便。

そこには1件でも多くの受注を確保しようという引越し業者の内部事情が見え隠れします。

午前は作業開始時間に確約があり作業員の疲れもほぼない。
午後は遅くても13時~14時にはスタートできる可能性が高い。

どちらも引越し作業終了後には荷解きや照明の取り付けなど新生活に必要な作業がその日にできますよね。

ただし、フリー便の場合は引越し業者都合になるので引越し作業開始時間がわからず当日に荷解きも日常生活に必要な照明の取り付けもできず真っ暗な中で新居生活がスタートなんて事も…

フリー便はメリット・デメリットを十分に理解した上での利用をオススメします!

引越し料金は午前よりも午後が安いのはどうして?

引越しは荷物を運ぶだけではなく、荷物搬出後の掃除もあるし引越し先でダンボールの荷解きしなければなりません。
できれば午前中のうちに引越し作業を終わらせておきたいですよね。

新居が遠い場合、尚更早い時間から始めたい!という人が大多数。

引越し依頼は午前中に集中するため費用が高くなるのは当然の事ですよね。

また、引越しのトラックには1台あたりのノルマが課せられています。
ノルマをクリアするのは手間のかかる高額な引越しを1回受注するのも拘束時間が短くて安い引越しを数件こなすのも同じ事。

つまり、20万円の案件を1回やるか10万円を2件こなすかはノルマ達成のアプローチが違うだけで結果は同じ。

多くの引越し業者は午前中に規模が大きめの引越しを1件こなして、午後は小規模の引越しを詰め込みノルマを達成する傾向にあります。

「午前の作業が何時に終わるかわからないので午後の遅い時間だと助かる」
「1件でも多く予定を入れてないとノルマを達成できない」

そんな引越し業者の事情に合わせてもらう見返りとして、午後の引越し料金を安く設定するのです。

フリー便は引越しする人も引越し業者もお互い好都合

win

利用者側は引越し料金が安い。
業者側は時間の融通がきき、しかもノルマ達成にもつながるというメリットがあります。

フリー便は一日の引越し作業のうちで一番最後の引越し作業になるので、午後便より更に条件は良くないですよね。

ほとんどの案件が一番最後になる事が多いですがフリー便でも作業時間が午前になる事も!
ただ午前中の作業になる事は稀で引越し業者が時間通りに来ない、スケジュールを組んでも予定通りには進まない、優先順位の低い引越しと考えていた方が良いと思います。

それでも安さを重視するのであればフリー便をオススメします。

例えば、引越し料金高めな大手引越し業者のアート引越しセンターでもフリー便があるので、引越し費用を抑える事ができますね♪

引越し業者によってはフリー便にするだけで午前便より10,000円以上も安くなる事もあり、値引き交渉しなくても安くなるというのはフリー便の大きなメリットと言えますね♪

もしもフリー便について記載がない引越し業者でも訪問見積もりの際などに確認してみましょう!
フリー便がない場合でも少しでも引越し費用を安くできるように値段交渉はしてみてくださいね。

フリー便で引越しするならデメリットも覚悟

移動距離が近い、その日に荷物が届かなくても良い、荷物量が少ないといった引越しの際には便利なフリー便。

ただし、フリー便にはデメリットも多くありましたね。

引越し先が遠方、あまりに遅い時間からの作業開始となると近隣住民に迷惑をかける可能性もあり、特に繁忙期はかなり時間が押してしまう事もあるので注意が必要です。

例えば、新居への到着が遅れてガスの開栓に間に合わない、暗くなっていたために照明のセッティングができないという生活に支障がでるというデメリットも。

また、引越し業者もプロとは言え人間なので午前中から働き詰めでは作業のクオリティーが落ちてしまうのは否めません。

つまり、トラブルが起きる可能性が高くなるという事。

午後のフリー便を利用する際はこうしたリスクを覚悟の上で依頼をしましょう!