沖縄へ引越しするには出費覚悟?引越し料金を少しでも安くしたいなら

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3

本土から沖縄への引越しにかかる料金は、単身チャーター便利用で20万円から、家族引越しになると100万円を超える事もあります。

単身引越しの混載便やコンテナ便の利用は料金が抑えられて10万円弱から家族引越しでは80万円程度が相場と言われています。

このように本土から沖縄への引越しは距離が長いため高額になってしまいます。
高額になりがちな本土から沖縄への引越しにおいては工夫次第で数十万円の差が付く事も。

そんな沖縄へ荷物を運搬する手段は飛行機と船の2種類があり、引越し料金を安くあげるのであれば船を利用する事になります。

船を利用するにしても以下の3通りの運搬方法が考えられます。

  • 引越し業者利用
    家財道具全てを船で運ぶ
  • 引越し業者利用
    家財道具を最小限にして船で運ぶ
  • ゆうパック利用
    家財道具を最小限にして船で運ぶ

少しでも安く沖縄引越しをするために、ポイントを抑えて自分に合った引越し方法を見つけましょう!

沖縄へ引越しするときのポイント①現地に支社がある業者を選ぶ

%e6%b2%96%e7%b8%84

まずは引越し業者を利用する場合。
1つ目のポイントはできるだけ現地に支社や支店がある引越し業者を選ぶ事です。

沖縄引越しに対応している引越し業者はアート引越センター・ハート引越センター・サカイ引越センター・アリさんマークの引越社・アップル引越センターなどがあります。

今回は大手業者アート引越センターと中小業者ハート引越センターの出発地別・時期別の参考料金を表にしました。
表にある単身の料金は荷物多めの場合で2社で用意している通常プランでの参考料金となっています。

アート引越センター

札幌⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥340,000 ¥530,000
繁忙期 ¥450,000 ¥700,000

東京⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥285,000 ¥450,000
繁忙期 ¥375,000 ¥600,000

大阪⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥245,000 ¥300,000
繁忙期 ¥325,000 ¥400,000

ハート引越センター

札幌⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥300,000 ¥650,000
繁忙期 ¥400,000 ¥800,000

東京⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥250,000 ¥400,000
繁忙期 ¥300,000 ¥500,000

大阪⇔沖縄

  単身 家族
通常期 ¥200,000 ¥300,000
繁忙期 ¥250,000 ¥360,000

※あくまでも参考料金です。

単身の料金は2社にそこまで大幅な差額はありませんでした。
全体的にはハート引越センターの方が安いように見えますが、札幌⇔沖縄の家族引越しの料金はアート引越センターより100,000円も高いです。

沖縄へ引越しをするのはお金がかかるとわかっていても、時期や距離で100,000円以上も料金差があるとどの引越し業者を選べば良いかわからなくなりますね。

とは言え引越し業者を1社1社調べて問い合わせていては時間がいくらあっても足りません。

でも、ある方法を活用すれば手間も労力もかける事なく沖縄引越しに対応してくれる、格安引越し業者を簡単に探しだす事ができますよ。

その方法とは…
引越し料金を安くする方法はこちらから

この方法を使うと近距離単身引越しでさえ相場料金より引越し料金を安くする事が可能です!

長距離の沖縄への引越しとなれば、より引越し料金の節約に期待できそうですね。

実際に沖縄への引越しを考えている人は、まずは一括見積もりサービスを使って最低でも2~3社から見積もりをとってみてくださいね。

沖縄へ引越しするときのポイント2、荷物は船で送ること!

沖縄へ荷物を送るには飛行機と船があります。
引越しとなれば単身引越しでもある程度の重量がかかってしまうもの。

2つ目の引越し料金を安くするポイントは航空便を使うよりも船舶便で荷物を送る事!

船舶便で荷物を送るという選択が最も料金的に負担の少ない方法です。
船を使って荷物を運んでもらう場合、更に3通りの方法があります。

  • 引越し業者利用
    家財道具全てを船で運ぶ
  • 引越し業者利用
    家財道具を最小限にして船で運ぶ
  • ゆうパック利用
    家財道具を最小限にして船で運ぶ

この中で最も安いのは3番目のゆうパックを利用する方法。

ただし、家財道具も送る場合は郵送費が案外高くつくので、大物の家具家電は現地で揃えても費用は大差ないと思います。

どうしても必要なもの以外は引越しを機に断捨離してもいいかもしれませんね♪

ゆうパック東京⇔沖縄間のサイズ別料金表

ゆうパックは東京⇔沖縄間だと重さが30㎏以内であれば、170サイズの1番大きなダンボール箱でも、1箱あたり2,710円で送る事ができます。

ダンボール箱サイズ 料金(1箱あたり)
80サイズ ¥1,510
100サイズ ¥1,730
120サイズ ¥1,940
140サイズ ¥2,160
60サイズ ¥2,370
170サイズ ¥2,710

日本郵便のホームページで調べたところ料金は上記のようになりお届け日数は翌々日午前となりました。
上記の表にある料金もお届け日数も細かい条件によって異なります。

船便や航空便は特に天候に左右されやすいので要確認です。

また、引越し業者にお願いした場合、コンテナ輸送か引越し業者のトラックに積んでフェリーで運ぶか2通りの選択肢があります。

安いのはコンテナですが梱包しても積み下ろしの時の衝撃がかなりすごいので、どうしても荷物破損の不安がつきまとってしまいます。

お金がかかっても丁寧さを求めるなら引越し業者のトラックに積んでそのままフェリー輸送が安心できる運搬方法ですね。

現地の引越し業者も豊富なプランが勢ぞろい!

現地業者の中にも優秀な引越し業者はたくさんありますが、今回オススメしたいのがプランとサービスが豊富な琉球トータル引越サービス。

沖縄から北海道まで全国各地に提携業者がいるので県外から沖縄への引越しも可能です。

全国どこからでも引越対応可能
引越プラン色々相談してね☆勿論全国各地から引取して沖縄まで配達のお任せでも。
☆各都道府県の業者に引越をお任せして各港の指定場所まで持ち込みを依頼して、
各港から海上輸送と沖縄の配達を当社に依頼でも対応可能です。
☆沖縄の那覇空港から本島内配達だけで対応します。色々なプランで各業者に見積りを依頼してみてはどうですか?引用元:沖縄引越便☆県外から沖縄へ(琉球トータル引越サービス)

豊富なプランを揃える琉球トータル引越サービスでは以下の4つのプランを揃えています。

プラン 料金 対応エリア 無料サービス
ちょこっと便 大物3点¥8,000~ 沖縄本島内:中南部 引越見積・下見・相談
ダンボール、布団袋、接着テープ
引越し後1ヶ月以内:家具・家電等大物配置、ダンボール回収(繁忙期対応不可)
大物フキフキサービス
※すべて沖縄本島内でのサービス
うれシーサー便 大物10点¥18,000~ 沖縄本島内:中南部
チャンプルー便 大物10点+ダンボール20個以内
¥20,000~
沖縄本島内:中南部
美ゅらパック便 大物5点+ダンボール20個以内
¥15,000~
沖縄本島内:北部・土日限定

他にも単身者向けの沖縄発~全国各地へ引越しができる『お友だちパック・まかちょ~け~パック』があります。

お友だちパック・まかちょ~け~パックの料金は沖縄⇒東京に荷物を送るのに、1番安くて35,000円。
画像のようにコンテナに荷物を相乗りさせて運搬する混載便です。

あいのり便で割引(琉球トータル引越サービス)

画像引用元:あいのり便で割引(琉球トータル引越サービス)

また、『うちなぁ~めんそ~れ~便』という毎週月~水曜日まで荷物の相乗りでお得になる便もあり東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・京都・兵庫・奈良・愛知から沖縄までのエリア限定で割引が適用されます。

サービス面も充実していて単身女性引越、母子家庭引越など、条件付きで通常とは違った特典が受けられます。

内容はカーテンレールの設置、TV・DVD・オーディオの配線、エアコン取り外し、大物家具のフキフキサービスといった女性には難しい配線などを無料でやってくれるとの事。

期間限定、15分以内の簡易作業という決まりはありますが、せっかくの無料サービスなので是非お願いしちゃいましょう!

沖縄からでも県外からでも引越しを考えている人は一度、見積もり依頼をしてみてくださいね。

沖縄への引越しはココに注意!

沖縄県内の引越しなら何ら問題ないことでも、本土から沖縄への引越しには気をつけるポイントが3つあります!

  • 引越し荷物の輸送日数の考慮

    おおむね本土からの引越しには、1週間の日数がかかります。
    引越しでの荷出しと荷受けには立ち合う方が良いので、この期間を考慮して移動するようにしてください。日数がもっと必要なら沖縄現地で引越し荷物を現地支店で荷留めをお願いするのも良いかもしれません。
  • 引越し業者の現地支店の確認

    引越し業者を決める場合、その引越し業者の現地での支店を確認しておきましょう。
    沖縄に支店のある大手でも現地業者に委託している中小引越し業者の場合でも、これを怠ってしまうとトラブルに発展する恐れがあるので要注意です。
  • 荷物の確認

    引越し業者によると荷物を分散して船便で送る場合があるとの事。
    荷造りした時と同じ内容、荷物量かの確認を現地で必ず行ってください。

引越し業者が決まった人、荷物が沖縄に届いた人はこのポイントをしっかり確認しましょう!

長距離引越しには帰り便がオススメです!

本土から沖縄への引越しには、とにかくお金がかかるものですよね。
その料金をいかに抑えるかは引越しをする人、つまりあなた次第。

琉球トータル引越サービスにもありますが、長距離引越しには帰り便という荷降ろし後のトラックに、現地で自分の荷物を積んで運んでもらう方法もあります!

この便は格安になるのがウリですが、その分デメリットも。

  • スケジュールは完全に業者におまかせ
  • 梱包資材の用意、梱包は自分で行う
  • 訪問見積もりができないため、見積もり金額との差額がでる可能性がある

なかなか厳しい条件だと思うのでこの便は時間に余裕があって荷物が少ない人にはオススメです。

引越し業者もこのような帰り便や混載便など様々な割安になる引越しの方法を提案しています。
ネットの情報はあくまでも参考として、まずは複数業者から見積もりをとりましょう。

実際に見積もりを出してもらうと提示された見積もり金額が『意外と安かった!』という事は珍しくありません。

最後にもう一度、沖縄引越しを格安にするためのおさらい!

  • コストを抑えるには、チャーター便より混載便やコンテナ便
  • 沖縄引越しを安くしたい人は、航空便より船便
  • 荷物が少ない人はゆうパック、帰り便を検討する

船便を使うにしても一般的な引越し同様、荷物がより少ない方が費用は抑えられます。
全ての家財を運ぶ必要があるのか、現地で用意できるものがないかなど、じっくり検討してムダな出費を減らしてくださいね。

引越し料金を安くする秘訣はこちら

一括見積もりサイトを使わない人は絶対に損をする!ランキングNo,1サイトで格安引越し