六曜って何?引越し料金に差がでるのか知りたい!

何かと大安が良いと耳にしますが引越しも大安にするのが良いと言われています。
大安を含めた先勝・友引・先負・仏滅・赤口の事を六曜と言い、大安はその中で最も良い日。

結婚を始めとした祝い事はもちろん、引越しなど新しい始まりの門出は吉日が良いと言われていますよね。

ただ若い世代の人たちはあまり六曜などは気にしない人が増えています。
それぞれ予定もあるので、暦上の吉日を気にして大安に必ず引越しをする必要はありません。

今回は六曜がどんな風に引越しに関わっているのか、選ぶ日取りによって引越し料金が変わるのかなど見ていきたいと思います♪

六曜ってどんなもの?

a0006_002881

六曜というのは中国でできたと言われ暦に記載される日時・方位などの吉凶、その日の運勢などを表す暦注の一つ。

大安・先勝・友引・先負・仏滅・赤口の6種類があります。

歴史のあるもののように思われますが、その起源ははっきりとは分からず不明点もとても多いものです。
日本には1300年代に伝わってきたと言われています。

六曜は実は仏教を直接的に受け継いで作られた暦ではありません。
また、中国ではすでに廃れてしまった暦でもあります。

しかし日本には根付き、今も冠婚葬祭の際に気にする人が多いのですね。

六曜には意味がある

六曜のそれぞれの言葉には意味があります。

  • 大安
    六曜で一番の吉日と言われ何事においても吉、失敗する事がないとされる。引越しを希望する人が多いため、料金が高くなる引越し業者が多い。
  • 先勝
    先んずれば勝つという事で急ぐ事が良いとされる。午前は吉、午後は凶と言われる。
  • 先負
    先勝と逆パターン。午前は凶、午後は吉と言われる。先んずれば負けるという事で急ぐのは良くないとされる。
  • 友引
    結婚式など祝い事はOK、葬儀関係はNGとされる。凶事に友引くという事で火葬場は休業するのが基本とされていた。朝→吉、昼→凶、夕方→大吉。
  • 仏滅
    仏も滅するような大凶日。祝い事などは控える習慣とされ、引越しも仏滅に行うと良くないと言われる反面、引越し希望者が少ないため料金が割安になる引越し業者もある。
  • 赤口
    牛の刻(午前11頃~午後1時頃)のみ吉、それ以外の時間帯は凶とされる。赤が付き火や血を連想させるため、火の元や刃物に注意すべきとされる。祝い事には避けるべきと言われる日。

引越しにおいては安全に引越しができるようにという意味も込めて、吉日の大安を選ぶ人も少なくありません。

最近は六曜を気にしない人も増えていますが、仏滅に引越しをして事故などが起これば『仏滅に引越しをしたせいだ…』と思う人もいるかもしれません。
特に年配の人は六曜を気にする人が多いので家族内で「仏滅に引越しなんてやめなさい」と言われる事も。

でも、仏滅は引越しを希望する人が少ないため、格安で引越しができる可能性が高い日でもあります。

大安だから引越し作業が完璧とか、仏滅だから引越し中に問題が起こったという関連性はほぼないと思いますが、古くからの習慣で六曜が要因という考え方が今も残っています。

本当に大安に引越しするのが良いの?

六曜から引越しに適した日というのは特にありませんが、予定が合わせられるなら大安がやはり縁起が良いですね♪
ただ仕事や学校など引越しのためだけに休めない事もありますよね。

引越しには電気・ガス・水道などライフラインの手続きもあり、立ち合いが必要なものもあります。

日取りを気にしすぎて支障がでるなら、余裕を持って引越しできる日があなたにとって適切な引越し日と言えるのではないでしょうか。
とは言え日取りを気にしない人も増えていますが、もちろん大安が良い、仏滅は避けたいという人もいます。

大安に引越しできるのは良い事ですが引越し希望者が多いので料金が割高になる可能性が高いです。
六曜を理由に価格交渉は難しいですが、訪問見積もりの際に価格交渉は必ず行ってください!

また、安く引越しがしたい場合にポイントとなるのが時期・曜日・時間です。

繁忙期と言われる3月~4月は引越し料金が他の月に比べると割高。
月末や土日も引越しが集中するので引越し料金が高めです。

時間に関しても午前便は作業開始に確約が取れるので割高、引越し業者におまかせのフリー便なら何時になるかわからない分格安になります。

引越し料金を格安にする方法はこちら

一粒万倍日と天赦日は縁起の良い日

一粒万倍日は暦注の中で六曜など以外のものの総称の一つで大安と並んで良いとされる吉日。

一粒のモミが万倍にも実る稲穂になるという意味で何事を始めるにも良い日とされ、大安など吉日と重なると効果が倍増、仏滅など凶日と重なると半減すると言われています。

天赦日は起源が紀元前中国にある陰陽道において一年の中で最高とされる吉日。

他の凶日や禁忌日と重なってもそれを跳ね返す最強の吉日と言われ、年に5~6回しかありません。

大安・一粒万倍日・天赦日が重なると最強の吉日になりますね!
ちなみに2016年は一粒万倍日と天赦日が重なる日がありました。
夜の9時くらいに知ったので私は何もできませんでしたが…(泣)

年間を通してレアな吉日なので引越し日を合わせるのは難しいかもしれませんが、大安以外の吉日も視野に入れてみてくださいね♪

引越しに六曜は関係ないようである

六曜などの吉日や凶日はいわゆるジンクスのようなもの。
引越しをする際にそこまで気にする必要はないと思います。

ただ引越しに全く関係がないという訳でもなく、大安だから引越し希望者が多い、仏滅だから引越し希望者が少ないというのは少なからずあると思います。

そのため大安は引越し料金が割高になり、仏滅は引越し料金が割安になる傾向にあります。

あくまでも引越し希望者が少ないというだけなので、凶日だから割引してほしいという値下げ交渉はしないように気を付けましょう!
引越し料金を安くしたいならまずは時期や時間を調整するなど、できる限りの事はしてください。

それでも引越し料金が高いと感じる場合は見積もりの際に値下げ交渉を行いましょう。

六曜といった漠然としないものより現実的に安全に安心して引越しができる事を考え、より良い引越し業者を選んでくださいね♪

格安引越し業者を探すコツはこちら