引越の繁忙期、いくらくらい変わる?

引越し業界には繁忙期と閑散期があります。
「繁忙期に引越しをすると、お金が余計にかかると聞いたけど…?」と疑問に思う人もいるはずです。

その疑問の答えはあなたが考えている通りで、繁忙期は引越し料金が高くなるもの。

繁忙期はひっきりなしに引越し業者へ依頼がくるので予約もいっぱい!
そんな時に引越し料金を下げる必要はないですよね。

定価で売れるものをわざわざ安く売るお店がないのと同じです。

では、実際には繁忙期と閑散期はいつくらいで金額はどれくらい変わるのでしょうか?
謎が多い引越し業界の”引越し時期”について見ていきましょう!

繁忙期と閑散期

a0006_002881

引越し業者によって多少差はありますが、引越しの件数がピークになるのは3月~4月。

引越し業者の人も言っていましたが、やはり3月はかなり忙しくなるとの事。
仕事によって差はあるかもしれませんが、基本的には年度末での異動が多いですよね。

また、大学進学を期に引越すという学生さんも多いはずです。
合格発表後~新学期が始まる前に引越す事がほとんどだと思うので必然的にこの期間が繁忙期となります。

逆に閑散期というのはそれ以外の5月~2月。

と言っても8月などは夏休みを利用しての引越しニーズが増えるため、引越し料金が繁忙期に近い金額の引越し業者もあります。

5月~2月の内でも本当に閑散期と言えるのは、引越しニーズがぐっと下がる1月や11月でしょうか。
スケジュールに余裕がある場合は引越し時期をずらすと、引越し料金が安くなる可能性が高いです。

金額増加の目安は?

一番気になるのは「繁忙期に引越し業者にお願いすると、どれくらい値段が高くなるの?」という事ですよね。

これはもちろん業者にもよりますが、概ね20%~30%くらいは値上がりがすると言われています。

中には2倍も引越し料金が高いというケースも…
20%~30%の値上げでも高いと感じるのに2倍もの料金差があるなんてたまったものではありません!

また、引越し業者もお客さんのニーズに1件でも多く応えられるように1日の引越し作業件数をMAXまで詰め込んでいます。
繁忙期には人員を増やし、対応できる案件を増やしていると考えればこの数字も納得がいきますよね。

引越しにも洋服や食べ物と同じようにシーズンがあります。
シーズンオフの時期を選んで引越しする事ができれば、自然と引越し料金は安くなるという事ですね。

繁忙期でも安く引越したい人は相見積もりがポイント

繁忙期でも閑散期でも、基本的な価格は変わらないという引越し業者も稀に存在します。
でも、ほとんどの引越し業者では引越し料金の定価はありません。

時期はもちろん荷物量や作業員数、移動距離によっても引越し料金は異なるため。

単身者と3人家族の引越しでは荷物量が同じという事はほとんどないと思います。

また、条件が同じでも大手引越し業者か中小引越し業者かによっても金額は異なります。

上記のような理由があるため引越し料金は定価が定められないのです。

繁忙期だからとことん高い金額を提示しようという引越し業者があれば、特に引越し初心者はその通りの金額で引越しをしてしまう危険があります。
では、繁忙期であってもできるだけ安く引越しをするにはどうしたら良いと思いますか?

その答えは複数の引越し業者に見積もりをしてもらうという手段です!

引越しの繁忙期は3月~4月ですが引越し業者によっては、夏休みと冬休みに依頼が多く必然的に繁忙期になってしまう事もあると思います。
そんな時でも引越し料金を安くしたい人は複数の引越し業者から見積もりを出してもらいましょう。

相見積もりをする事が引越し料金を安くする最大のポイントです。

ところで相見積もりってどうやってするの?と疑問に思ったあなた。

オススメの方法はこちら
複数の引越し業者から見積もりをとる理由とは…?

実際に私もこの方法で繁忙期を乗り切った経験者です!
『噂には聞いていたけど抜けてる私でも本当に安くできるんだぁ』と変な達成感があった事は主人には秘密です(笑)