月別の格安引越し方法 即実践!12月の引越し費用を安くする即効テクとは?

こんな人にぴったり
  • 冬休みや年末年始の連休を利用して引越しを考えている
  • 12月の引越し料金を知りたい
  • 12月に格安で引越しできる業者を知りたい

12月は、下旬になると学校の冬休みや会社の年末年始休みが始まるため、このまとまった休みを利用して引越しをする人が急増します。

需要が高まるほど引越し料金は高くなるため、12月下旬の引越し料金は上旬~中旬の約1.5~2倍になってしまいます。

そのため、安く引越ししたいのであれば、上旬~中旬を狙うか、下旬であれば最低5社の見積もりを取って値引き交渉するしかありません。

しかしここで、あなたは以下のような不安を感じたかもしれません。

  • 12月下旬に引越さなければいけないが、忙しいので業者と値引き交渉してる暇なんてない
  • そもそもどのように引越し業者から見積もりを取れば良いのかが分からない
  • いくら料金が安くても、サービスが悪い業者は選びたくない

そこでこの記事では、12月の引越しを安くお得に、かつ時間も手間もかけずに簡単に行うコツをお伝えします。

実際に引越し料金を安くできた裏ワザも数多く紹介していますので、新しい家で気持ちよく新年を迎えるためにも、ぜひ参考にしてみてください!

【裏ワザ!】希望日に一番安く引越しできる業者を、手っ取り早く見つける方法

先程、”12月下旬に安く引越ししたいのであれば、最低5社の見積もりを取る必要がある”とお伝えしましたが、それを簡単に叶えてくれるのが「引越し業者の一括見積もりサービス」です。

引越し業者の一括見積もりサービスでは、大手や地元の数ある引越し業者の中から、希望日に一番安く引越しできる業者を簡単に見つけることができます。

そしてその専用のサイトが「引越し達人」と「スーモ」です。

引越し達人」の特徴は、入力時間30秒で総勢210社以上の引越し業者を簡単比較できること、「スーモ」の特徴は、電話番号入力が自由でメールだけでやりとりを完結できるところです。

引越し業者に1社1社問い合わせていると、その間にどんどん他の人たちの依頼で埋まって希望日の確保すら難しくなってしまいます。

たとえギリギリで依頼出来る引越し業者が見つかったとしても、値引き交渉に応じてもらえないどころか割高になってしまうことも。

そうならないためにも、引越しが決まった段階でまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を使うのがおすすめです。

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

【スーモ】で無料一括見積もり→ https://hikkoshi.suumo.jp/

12月の引越し料金が割高になる要注意日カレンダー

12月の引越し料金が割高になる要注意日を、サカイ引越センターの「お得な引越しカレンダー」を参考にまとめてみました。

これから引越し予定日を決めようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

◆料金が割高になる12月の要注意日◆

1週目:1日(土)

2週目:2日(日)、3日(月)、7日(金)、8日(土)

3週目:9日(日)、13日(木)、14日(金)、15日(土)

4週目:16日(日)、19日(水)、21日(金)、22日(土)

5・6週目:23日(日)~31日(月)

12月は早いところだと22日(土)から学校の冬休みに入る地域もあり、そこから一気に引越しの駆け込み需要と料金が高まることが予想されます。

5・6週目はまるまる一週間、割高になる要注意日となるため、12月に引越しをするなら遅くても20日までに済ませておきたいところです!

上記のカレンダーにない日付は、引越し業者が赤字を覚悟するくらい空いている日となるので、安く引越しを済ませたい人は必見。

でも、仕事などの都合で割高日や月末しか引越しできない…という人も多いと思います。

そんな人におすすめなのが、リクルートが運営するSUUMOの「引越し業者の一括見積もり」サービスです。

一括見積もりをすることで、希望日に一番安く引越しできる業者を手っ取り早く見つけることができます。

料金が高くなってしまう月末に引越しを考えている人、少しでも引越し費用を節約したい人はぜひ試してみてください♪

もちろん、20日までの引越しを考えている人にも有効な方法です。

SUUMO(スーモ)

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

東証一部上場のリクルートが運営しており、大手引越し業者が勢ぞろい!

早めに見積もっておけば、希望日に一番安く引越しできる業者を見つけられます。

12月の引越し料金を格安にする簡単テク

12月の引越し料金を格安にするためのポイントは主にこの4つ。

  • 上旬を選ぶ
  • 平日を選ぶ
  • 早期依頼をする
  • 複数の引越し業者を見積もり比較する

引越し経験者の多くは「年末は引越し料金が高い」ということを知っているため、早めに動き出す人がほとんど。

そのため、12月に引越し料金を格安にしたいと考えているのならば、余裕を持って1ヶ月前の11月中には見積もり依頼をしておきたいところです。

見積もり依頼をする際に注意したいのが、必ず複数の業者から一括見積もりをとることです。

複数の引越し業者から一括見積もりをとることで、1社1社個別に連絡をする必要がなくなるので時間の節約になるうえ、一括見積りサイトを経由することで割引があったり特典がついたりもします。

また、他の業者との料金比較をしないまま訪問見積もりを呼んでしまった場合、「本当はもっと安く出来たはずなのに、知識不足からカモにされてしまった」という話も少なくありません。

ぼったくりに合わないためにも、まずは複数の引越し業者を見積もり比較しておくことはとても重要!

複数の引越し業者を見積もり、その中から手っ取り早く一番安い引越し業者を確保するには、「SUUMO(スーモ)」の一括見積もりサイトが便利です。

SUUMOのおすすめポイントは、電話番号の入力が不要なので、見積もり後のしつこい営業電話がなく安心して見積もりができるところ。

12月の引越しに向けて本格的に引越し業者を探したい人はもちろん、とりあえず見積もっておきたいという時にも便利ですよ!

SUUMO(スーモ)

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

12月の引越し料金相場と月末に割高になる理由

12月の引越し料金相場は、引越し料金が最も高くなる繁忙期の3月と比較するとグンと安くなります。

単身 2人 4人
12月 49,698円 77,597円 89,422円
3月 83,939円 141,885円 167,960円

参考:hikkoshizamurai.jp

繁忙期の3月と比べると、単身の場合は約3万4千円、2人家族の場合は約6万4千円、4人家族の場合は約7万8千円も安くなっています。

しかし冒頭でもお伝えした通り、12月ならいつでも安いのかというとそうではなく、月末は駆け込み需要によって引越し料金が割高になります。

12月は仕事納めのため、1年の業務の締めくくり、取引先への挨拶や忘年会などで何かと忙しい時期。

「年越し前に引越しを終わらせてしまいたい」
「新しい家でゆっくり新年を迎えたい」

と考える人が多いことから、年末のまとまった休みに入るタイミングで引越しをする人が急増するのです…

また、進学や就職などで引越しの繁忙期となる3月はアルバイトが大量動員されますが、12月は1年を通して見ると閑散期となるため引越し業者のスタッフは多くありません。

そのため、引越したい人の数と引越し業者のスタッフの数(需要と供給のバランス)が合わなくなるということも原因にあげられます。

実際に12月に引越しをした方々の引越し料金口コミ

12月に引越しをした経験がある方々に、実際にかかった費用や引越し料金を安くした方法についてアンケート調査を行いました!

引越しした年 2015年 引越した人数 単身
移動距離 200km 業者 クロネコヤマト
かかった費用 30,000円
→相場から19,698円OFF!
オプション なし

大型の家具や家電は本当に必要な物品だけを業者に頼み、小物は自分で搬入しました。新居で不要な家電などは欲しいと言う人にあげて、不用品処分にはお金をかけないようにしました。テレビの接続など、できることは極力自分でやりました。

引越しした年 2014年 引越した人数 2人家族
移動距離 15km 業者 大手以外
かかった費用 18,000円
→相場から59,597円OFF!
オプション なし

とにかくあらゆる引越し会社を検索しまくりました。最終的に、大手ではなく子会社に依頼することで大幅に節約できました。大きな家電のみの依頼でしたが、ドライバーさんが優しくダンボールなどの荷物も運んでくれました。

引越しした年 2017年 引越した人数 2人家族
移動距離 50km 業者 大手以外
かかった費用 45,000円
→相場から32,597円OFF!
オプション エアコン、洗濯機、テレビの取り外し・取り付け

担当者が見積もりに来る前に不要品を処分しておいて、目に見える荷物をできるだけ押し入れやクローゼットに直して家の中をスッキリさせておくと、担当者側から見たら引越しの時に運ぶ荷物の量が少なくて、この家の引越しはラクに出来ると思うみたいなので料金を安くしてくれます。

引越しした年 2015年 引越した人数 3人家族
移動距離 15km 業者 大手以外
かかった費用 35,000円
→相場から53,708円OFF!
オプション なし

他社の見積もりを見せて値段交渉しました。引越し日を平日にして時間は引越し業者の都合にお任せ、できることは全て自分でやりますから、と言うと安くしてもらえます。自分の車で運べるものは自分で運んで、お願いする荷物も出来る限り少なくしました。

引越しした年 2016年 引越した人数 3人家族
移動距離 100km 業者 サカイ引越センター
かかった費用 62,000円
→相場から26,708円OFF!
オプション エアコン、洗濯機、テレビの取り外し・取り付け

一括見積りサイトで比較して一番安いところにお願いしました。他にも、転居前の場所で不要な家具や家電を売却してその売上金を引越し費用に充てました。荷物量を減らすことで料金も安く済みますし、断捨離にもなって一石二鳥でした。

皆さん、相場価格よりもかなり安く引越しされています。

一括見積もりをする他にも、自分で運べる荷物は自分で運んだり、見積もりの前の段階で荷物を売ったり処分したりして出来るだけ減らしておくことがポイントと言えますね!

少しでも引越し料金を節約したいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

12月の引越しで気を付ける事・注意点

12月の引越しは、月末の料金以外にも注意したい点があります。

注意ポイント

・年末は道路が混み合い渋滞に巻き込まれる可能性がある
・地域によっては天候に左右される
・休みになる引越し業者がある
・手続き関連が滞る可能性がある

年末は帰省ラッシュで道路が混み合うため、引越し業者が渋滞に巻き込まれる可能性があり、作業開始時間が大幅にずれることがあります。

また、地域によっては雪の影響により引越し業者の身動きが取れなくなってしまう可能性も。

もしも悪天候で作業を決行したとしても、作業自体がスムーズに進まないことも考えられるので、12月の引越しは地域によっては予定通りにいかない可能性があることを覚悟しておきましょう。

他にも、年末年始は休業になる引越し業者があり、依頼できる引越し業者が少なくなります。

引越し
引越し業者が減ったら、競争率が高くなって希望日に引越しできないかも…!

そうならないためにも、早め早めに複数の引越し業者を見積もり比較するということはとても重要です!