月別の格安引越し方法 即実践!12月の引越し費用を安くする即効テクとは?

12月は、下旬になると学校の冬休みや会社の年末年始休みが始まるため、このまとまった休みを利用して引越しをする人が急増します。

需要が高まるほど引越し料金は高くなるため、12月下旬の引越し料金は上旬~中旬の約1.5~2倍に跳ね上がります。

でも、12月にどうしても引越しをしなければならない!
そんなあなたも、ご安心ください。

この記事では、12月の引越しを安くお得に、かつ時間も手間もかけずに簡単に行うコツをお伝えします。

新しい家で気持ちよく新年を迎えるためにもぜひ参考にしてみてください!

【裏ワザ!】12月下旬でも格安で引越せる業者を見つける方法

料金が高騰する12月下旬に安く引越ししたいのであれば、最低でも引越し業者5社の見積もりを取って料金を比較しましょう。

なぜなら、2~3社のみに絞ってしまうとあまり料金差が出ないことも多いため、大きく料金差を出すためには最低でも5社の見積もりが必要だからです。

とは言っても、引越し業者に1社1社問い合わせて見積を依頼するのは面倒くさい、忙しくて何社も問い合わせる時間なんてないという人も多いと思います。

そんな時は「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、大手や地元の数ある引越し業者の中から、最大50%安く引越しできる業者を簡単に見つけることができます。

中でもオススメなのが「スーモ」です。

  • スーモ・・・電話番号入力が不要なので、面倒な業者との見積もりのやり取りがメールだけで完結します

入力時間は1分程度なので、仕事や家事のすき間時間で複数の引越し業者の見積もりが取れて、お金を節約しながら時間や手間もかけずに引越しすることができます♪

引越しが決まったら、まずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね!

【スーモ】で無料一括見積もり→ https://hikkoshi.suumo.jp/

12月の引越し料金が割高になる要注意日カレンダー

12月の引越し料金が割高になる要注意日をまとめました!

これから引越し予定日を決める人はぜひ参考にしてみてください。

2018年12月
◆料金が割高になる要注意日◆

1週目:1日(土)

2週目:2日(日)、3日(月)、7日(金)、8日(土)

3週目:9日(日)、13日(木)、14日(金)、15日(土)

4週目:16日(日)、19日(水)、21日(金)、22日(土)

5・6週目:23日(日)~31日(月)

土日祝日と大安の日(3日,7日,13日,19日,25日,31日)は、引越し料金が割高になる要注意日です。

早いところだと22日(土)から学校の冬休みに入る地域があり、そこから一気に引越しの駆け込み需要と料金が高まると予想されます。

上記に記載のない日は、『値引きしまっせ!』とサカイ引越センターが公表するほど空いている日となるため、12月に格安で引越しをするなら上旬~中旬の大安以外の平日が狙い目となります。

では12月の具体的な引越し料金相場はいくらなのか、次の見出しでチェックしていきましょう!

12月の引越し料金相場

12月の引越し料金相場を、引越し業者4社で比較してみました!

【同都道府県】12月の引越し料金相場

引越業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 48,051円 76,290円
アート引越センター 41,897円 77,414円
アーク引越センター 33,414円 59,733円
ハート引越センター 31,654円 58,915円
4社平均相場 38,754円 68,088円

【同都道府県】12月の引越し料金相場

引越業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 81,775円 155,063円
アート引越センター 64,304円 140,684円
アーク引越センター 44,410円 88,110円
ハート引越センター 62,343円 118,721円
4社平均相場 63,208円 125,645円

参考:引越し侍「サカイ引越センター」
引越し侍「アート引越センター」
引越し侍「アーク引越センター」
引越し侍「ハート引越センター」

引越し料金相場で、大手の引越し業者(サカイ・アート)と中小の引越し業者(アーク・ハート)の引越し料金を比べてみると、大きく差が出ていることがわかります。

単身引越しの場合、大手と中小の引越し料金の差は最大3万7千円、家族引越しの場合は大手と中小の引越し料金の差は最大6万7千円にものぼります。

同じ12月の引越しでも、選ぶ業者によっては6万円以上も引越し料金が安く済むというわけですね!

このことから、引越し料金を安くするためには”業者選び”が最も重要と言えます。

引越し業者はここに挙げた4社以外にも何百社以上あるので、しっかり調べて見積もりを比較すれば、さらに料金を安くすることが可能になります。

とはいえ、引越し業者を1社1社調べて、見積を依頼するのは時間も手間もかかって面倒…というのが本音ですよね。

そんな時は、リクルートが運営するSUUMOの「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、最大50%安く引越しできる業者を簡単に見つけることができます。

SUUMOの一括見積もりサービスの特徴は、電話番号入力が不要でしつこい営業電話の心配がなく、メールだけで見積もりのやりとりを完結できるところ!

今すぐ引越し業者を探したい人はもちろん、とりあえず引越し料金を調べてみたいという人にもおすすめです。

最大55%OFF 12月の引越しを安くするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

冒頭でもお伝えした通り、12月上旬~中旬と下旬では料金に差が出るのですが、その差額は一体いくらなのでしょうか?

アーク引越センターの「引越見積もりシミュレーション」を元に、12月下旬の最高値12月上旬~中旬の最安値から差額を算出してみました!

【県内に単身引越しする場合】
最高値48,096円-最安値23,150円=24,946円

【県内に家族引越しする場合】
最高値94,861円-最安値51,169円=43,692円

【県外へ単身引越しする場合】
最高値122,358円-最安値82,806円=39,552円

【県外へ家族引越しする場合】
最高値164,923円-最安値111,386円=53,537円

県外への家族引越しに至っては、なんと5万円以上の差額が出ています。

全体的に見ても、12月下旬は単身引越し・家族引越しともに、料金は上旬~中旬の約1.5~2倍となります。

hikkoshihiro
そんなに高くなるのね…
でも、どうしても12月下旬に引越さないといけない人もいるわよね。
どうにかして安くならないの?
引越し
心配ないよ!
12月下旬でも格安で引越しした人たちが沢山いるからね。
次の見出しでそのテクニックを紹介するよ。

実際に12月に格安引越しをした方々の引越し料金データ

ここからは、実際に12月に格安で引越した方々はどんな方法でいくら値下げをすることができたのか、独自アンケートの結果を紹介します!

引越しした年 2015年 引越した人数 単身
移動距離 200km 業者 クロネコヤマト
かかった費用 30,000円
→相場から33,208円OFF!
オプション なし

大型の家具や家電は本当に必要な物品だけを業者に頼み、小物は自分で搬入しました。新居で不要な家電などは欲しいと言う人にあげて、不用品処分にはお金をかけないようにしました。テレビの接続など、できることは極力自分でやりました。

引越しした年 2014年 引越した人数 2人家族
移動距離 15km 業者 大手以外
かかった費用 18,000円
→相場から50,088円OFF!
オプション なし

とにかくあらゆる引越し会社を検索しまくりました。最終的に、大手ではなく子会社に依頼することで大幅に節約できました。大きな家電のみの依頼でしたが、ドライバーさんが優しくダンボールなどの荷物も運んでくれました。

引越しした年 2017年 引越した人数 2人家族
移動距離 50km 業者 大手以外
かかった費用 45,000円
→相場から23,088円OFF!
オプション エアコン、洗濯機、テレビの取り外し・取り付け

担当者が見積もりに来る前に不要品を処分しておいて、目に見える荷物をできるだけ押し入れやクローゼットに直して家の中をスッキリさせておくと、担当者側から見たら引越しの時に運ぶ荷物の量が少なくて、この家の引越しはラクに出来ると思うみたいなので料金を安くしてくれます。

引越しした年 2015年 引越した人数 3人家族
移動距離 15km 業者 大手以外
かかった費用 35,000円
→相場から33,088円OFF!
オプション なし

他社の見積もりを見せて値段交渉しました。引越し日を平日にして時間は引越し業者の都合にお任せ、できることは全て自分でやりますから、と言うと安くしてもらえます。自分の車で運べるものは自分で運んで、お願いする荷物も出来る限り少なくしました。

引越しした年 2016年 引越した人数 3人家族
移動距離 100km 業者 サカイ引越センター
かかった費用 62,000円
→相場から63,645円OFF!
オプション エアコン、洗濯機、テレビの取り外し・取り付け

一括見積りサイトで比較して一番安いところにお願いしました。他にも、転居前の場所で不要な家具や家電を売却してその売上金を引越し費用に充てました。荷物量を減らすことで料金も安く済みますし、断捨離にもなって一石二鳥でした。

皆さん、相場価格よりもかなり安く引越しされていますね!

12月の引越し料金を格安にするためのポイントをまとめると、主に以下の3つです。

12月引越しを安くするポイント
  • 複数の引越し業者を見積もり比較する
  • 平日を選んで時間指定をしない
  • 不用品を処分して運び出す荷物を最小限に抑える

ここからは、上記3つのポイントについて詳しく解説していきます。

複数の引越し業者を見積もり比較する

12月の引越し料金を格安にするためのポイントの中でも「複数の業者を見積もって比較する」については、皆さん例外なく行っていました!

他の業者との料金比較をしないまま訪問見積もりを呼んでしまった場合、『本当はもっと安く出来たはずなのに、知識不足だったためカモにされてしまった…』という悲しい話も少なくありません。

そういったボッタクリに遭わないためにも、複数の引越し業者を見積もり比較しておくことはとても重要!

複数の引越し業者から見積もりを取る際は、先程もお伝えした「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと便利です。

最大55%OFF 12月の引越しを安くするなら「引越し達人」 → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

平日を選んで時間指定をしない

平日を選ぶのが良い理由は、土日祝日は引越し依頼が集中するため割引が減ったり割高料金が設定されていることがあるためです。

平日は、土日祝日ほど引越し依頼がないことから『安くしてでもお客さんを確保したい!』と値引きが増え、結果料金が安くなる傾向があります。

また、時間指定なしの場は他での午前中の作業が終わってからの作業開始となるため、確実な時間を約束できません。

引越し業者の都合に合わせて時間の約束ができない分、料金を安くしてもらうことができるというわけです。

午前中を指定しないだけで料金を40%安くしてもらうことができるので、どうしても土日祝日や午前中でなければいけない場合でなければ、「平日・時間指定なし」の引越しをぜひ検討してみてください!

不用品を処分して運び出す荷物を最小限に抑える

運び出す荷物を最小限に抑えることは、使用するトラックのサイズ・作業員の人数・作業にかかる時間を節約できるので、その分料金を抑えることができます。

不要な物があれば、リサイクルショップやフリマアプリで売ったり、欲しいという人に譲ったりすることでゴミ処分にかかる費用も節約することができますよ!

他にも、買い替え予定のものがあれば引越し先で買う、車があれば自分で運べるものは自分で運ぶ、という方法も有効です。

訪問見積もりの段階でまだ不用品が残っている場合は「これは処分しますので」と伝えれば大丈夫ですよ!

12月の引越しで気を付ける事・注意点

12月の引越しは、月末の料金以外にも注意したい点があります。

注意ポイント

・年末は道路が混み合い渋滞に巻き込まれる可能性がある
・地域によっては天候に左右される
・休みになる引越し業者がある
・手続き関連が滞る可能性がある

年末は帰省ラッシュで道路が混み合うため、引越し業者が渋滞に巻き込まれる可能性があり、作業開始時間が大幅にずれることがあります。

また、地域によっては雪の影響により引越し業者の身動きが取れなくなってしまう可能性も。

もしも悪天候で作業を決行したとしても、作業自体がスムーズに進まないことも考えられるので、12月の引越しは地域によっては予定通りにいかない可能性があることを覚悟しておきましょう。

他にも、年末年始は休業になる引越し業者があり、依頼できる引越し業者が少なくなります。

引越し
引越し業者が減ったら、競争率が高くなって希望日に引越しできないかも…!

そうならないためにも、引越しが決まった時点で複数の引越し業者を見積もり比較してみてくださいね!

引越し達人

画像引用:引越し達人I
  • 入力30

    入力30秒完了

  • 料金55%オフ!

    最大55%オフ

  • 業者とのやり取りなしで、その場で最安値が分かる
  • オプションサービスの内容や口コミも、一覧表でまとめてチェックできる
  • 大手から中小の210社以上の中から、最適な引越し業者を選べる

SUUMO引越し見積もり

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

面倒な電話連絡なしで、一番安い引っ越し業者が見つかります。

SUUMOだけの特典・プランでお得に引っ越し可能!

【電話連絡なし】SUUMOで最安値をチェック