11月の引越し費用相場は安いけど・・・油断は禁物!

11%e6%9c%88

【要注意】11月の引越し費用には落とし穴が!?

『11月って相場は安いらしいし、まぁここで良いかな。』

なんてなんとなく引越し業者決めをしたら絶対に費用は安くなりません!

確かに11月の引越し費用相場は他の月に比べると安いです。

その最大の理由は11月に引越しする人のニーズが少ないいわゆるオフシーズンという事。

引越し業者としては売り上げを立てるため料金を安くしてでも利用者の獲得を目指す事になります。
その結果、相場料金そのものが安くなるという仕組みに。

引越しのピークはこれからなのでタイミングが合えばかなり狙い目の月という事ですね!
では、実際に繁忙期の3月と閑散期の11月の差がどれぐらいあるのかを一緒にチェックしましょう。

閑散期の11月と繁忙期の3月の引越し費用相場の平均

閑散期の11月と繁忙期の3月ではどれくらい相場料金が違うのかケース別に見てみましょう。

  単身(荷物少) 単身(荷物多)
11月 ¥39,000 ¥50,000
3月 ¥50,000 ¥66,000

単身でも1万円以上も金額に差がありますね。

次は家族引越し。

  2人 3人 4人
11月 ¥80,000 ¥95,000 ¥110,000
3月 ¥110,000 ¥130,000 ¥160,000

※あくまでも相場料金です。

移動距離問わずの平均ですが単身引越し料金と家族引越し料金はこれ程の差がつきます。

これは相場料金なので実際はもっと金額に差がでる可能性もありますよ。

引越し前後はあれこれ出費がかさむので誰だって少しでも引越し料金を節約したいですよね。
でも11月は相場料金が安いから『これなら何とか予算内に収まりそう♪』と思っていませんか?

その油断は大きな間違いです!

いくら相場そのものが安いからと言って安易に引越し業者を選ぼうと思っている人は危険です。

なんとなく業者を決めようと思っている

CMで見た大手引越し業者に頼もうと思っている

知り合いから安いと聞いた引越し業者に頼もうと思っている

引越し業者に直接連絡をしようと思っている

上記パターンに1つでも該当している人は注意してください。
せっかく安い引越しが出来るチャンスを、みすみす逃すことになりかねません。

引越し料金で損をする可能性が高いです。

そもそも引越し料金には定価が無いので、同じ日時、同じ距離、同じ荷物の量でも引越し業者によって値段はピンキリ。
アート引越センターは高いけどサカイ引越センターやダック引越しセンターは安い、と噂を聞いたり口コミを見たりするのもそのため。

私の引越し経験では単身引越し3万円、家族引越しではなんと10万円以上も引越し業者間の差がついたことがありました!
そんな引越し業者によって大幅に異なる引越し料金を安くしている人たちがいます。

それは…
引越し料金を3万円以上安く出来るある方法はこちら

上記の4つのケースに当てはまってしまった人は相場よりも高い無駄なお金を払う事になってしまいますよ。

ある方法を使わずに、ただなんとなくや最初から1社に決め込むような事は絶対にNGです。

繁忙期以外の引越し業者別費用相場の平均

では、引越し業者が違うとどれくらい費用が変わってくるのかも一緒にチェックしましょう!

引越業者 単身(荷物少) 単身(荷物多)
アート引越センター ¥57,000 ¥75,000
サカイ引越センター ¥39,000 ¥55,000
アリさんマークの引越社 ¥40,000 ¥50,000
アーク引越センター ¥40,000 ¥50,000
ヤマトホームコンビニエンス ¥40,000 ¥55,000

単身引越しはそこまで大幅な差はないですが最安値で3万円台、最大で5万円台というのを見るとつい安い引越し業者に頼みたくなりますが、ここはぐっとガマンです。

次に家族引越しの繁忙期以外の相場料金です。

引越業者 2人 3人
アート引越センター ¥90,000 ¥110,000
サカイ引越センター ¥85,000 ¥100,000
アリさんマークの引越社 ¥80,000 ¥90,000
アーク引越センター ¥55,000 ¥80,000
ヤマトホームコンビニエンス ¥90,000 ¥110,000

※あくまでも相場料金です。

ちなみに4人家族だとアート引越センターとヤマトホームコンビニエンスが130,000円で最高値、アーク引越センターの95,000円が最安値。
アート引越センターとアーク引越センターでは3万円以上の差があるという事ですね!

これが格安料金で引越しができる中小引越し業者と比べた場合はその差が更に広がります。

引越し料金を安くする鉄則は複数の業者から見積りを取る事!

大手引越し業者や中小引越し業者の見積りを集めて見比べれば、どこが一番安いのかを見極める事だって簡単ですよね。
相場料金の安い閑散期の11月引越しでもそれは同じ事です。

とは言っても、安い引越し業者探しのためにネットを調べて1社1社に費用を聞くのは手間も時間もかかって大変。
荷造りや色々な手続きをしないといけない引越し前の貴重な時間をロスする事になってしまいます。。

そんな忙しい時に活躍してくれるのが、わずか3分程度の作業で複数の引越し業者の見積もりを無料で集めることが出来る”ある方法”です!

それは…
引越し料金を3万円以上安くする方法はこちら

大手引越し業者、中小引越し業者最大10社近くから見積りが取れるこの方法は一番安い引越し業者を見つける最も効率が良いやり方だと思います。

引越し料金が高いところと安いところでは、本当に数万円もの差がつく事もあるので集まった見積りを見ると驚くはずですよ。

閑散期の11月の引越し料金を相場料金以下に抑えたいと思う人は、ぜひこの方法を試してみてください♪

11月のこの日は引越し料金が高くなります!

閑散期とはいっても11月には引越し料金が高くなる日も。
他の月と同じように基本的には土日祝日、それから月末は同じ11月でも料金割高に!

これから引越し予定日を決める人は参考にしてみてください。

◆料金が割高になる11月の要注意日◆

第1週:1日(火)、3日(木・祝)、4日(金)、5日(土)

第2週:6日(日)、7日(月)、11日(金)、12日(土)

第3週:13日(日)、18日(金)、19日(土)

第4週:20日(日)、23日(水・祝)、25日(金)、26日(土)

第5週:27日(日)、29日(火)、30日(水)

日にちをずらすことが出来ればそれに越した事はありませんが家族引越しの場合、家族全員のスケジュールをずらすのはなかなか難しいですよね。
すでに決まっている予定をキャンセルする必要もでてくるかもしれません。

それよりも引越し料金を3万円以上安くする方法を使って、引越し料金の安い引越し業者を探す方がオススメです。

引越し料金を3万円以上安くする方法はこちら