月別の格安引越し方法 【2018年】10月の引越し相場※知らないと数万円以上損をする!

10月は通常期の中でも引越しの件数が少ないため、比較的引越し料金が安い月と言われていました。

ただ、10月は9月に引き続き、転勤引越しのニーズがあるため、実際はそこまで引越し料金が安いとは言えないのです。

そこで、

hikkoshihiro
家族引越しだと費用もかさむし、少しでも引越し費用を節約したいなぁ…。

と、お考えの皆さん!

この記事では、

  • 10月の引越し料金相場は高い?安い?
  • 10月は引越しに適している時期?
  • 10月もお得に引越しする方法が知りたい

など、10月引越しに関する疑問や不安を解決しながら、10月引越しを安くするためのコツも併せてご紹介します。

繁忙期とも通常期とも言えない10月ですが、引越し料金を安くする方法はあるので試してみてください!

10月引越し料金相場

10%e6%9c%88

今年は相場料金に大きな差はでないかもしれませんが、今までの傾向だと10月の引越し相場料金は上旬・下旬で料金差がありました。

単身 2人家族 3人家族
10月上旬 ¥52,000 ¥69,000 ¥88,000
10月下旬 ¥31,000 ¥52,000 ¥69,500

※相場料金のため金額は条件により異なります。

事情が変わりつつある10月は下旬に割安になる日が少ない事を考えると、上旬と変わらないくらいの相場料金になるかもしれませんね。

ただ、10月の相場料金が表の金額を大幅に超える事はないと思います。

引越しは平日を選ぶ、荷造り・荷解きは自分でする、時間指定をしないといった条件にするだけでも引越し料金を抑える事ができるのです。

また、格安なために梱包資材がついていない単身プランがありますが、近所のドラッグストアなどでもらえば梱包資材費も節約できますね。

10月引越しを格安にするコツ

引越しを安くしたい時に希望日を割安で引越しができる日に変更できれば良いですが、現実的な方法ではないと思います。

また、人手不足という深刻な問題もあり、割安で引越しができる日に予約が必ずとれるかもわからない10月。

そんな時は格安引越し業者が見つかる無料の引越し一括見積もりサイトの出番ですが、一括見積もりサイトの種類も豊富で迷ってしまう人もいます。

どの一括見積もりサイトが良いかわからないという人は、実際に私が使ってオススメできる一括見積もりサイトを試してみてください。

引越し
時間や手間をとらない一括見積もりサイトは使い勝手良し!

画像引用:引越し達人

  • 入力30秒で見積もり依頼!
  • 引越し料金なんと最大55%OFF!

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

10月も引越し料金を安くするなら値下げ交渉必須!

一括見積もりサイトで引越し業者にまとめて見積もり依頼をすれば、格安引越しができるという事ではありません。

複数の引越し業者の見積もり金額を比較する事で、1番安い引越し業者がわかるという仕組み。

でも、更に引越し料金を安くしたいならやった方が良い事があります。

苦手な人もいるかもしれませんが、1番効果的なのは複数の引越し業者の見積もり金額を比較して値下げ交渉する事!

交渉のポイント
・複数の引越し業者に見積もり依頼
・気になる業者を2~3社に絞る

一括見積もりサイトでは見積もり依頼をすると10社程度の引越し業者を候補に挙げてくれますが、訪問見積もりなどがあるので交渉するなら2~3社で十分です。

多くても3~4社にしておきましょう。

訪問見積もりは1社につき30分~1時間程度ですが、それでも1日に何社も来てもらい営業されると疲れますよ。

初めて訪問見積もりを依頼した時は気合を入れて5社程お願いしましたが、3社が限界と感じました。笑

また、私も最初は「交渉なんて絶対できない」と思っていましたが、営業担当者が話しやすい人が多く、構えすぎていたな~と思いました。

他社の金額を伝えにくいという人は、自分の希望金額をまず伝えてみてください!
もしかしたら「その金額なら頑張ります!」と言ってくれる引越し業者があるかもしれません。

10月の引越し料金が高いのはこの日!

まずは、10月の中でも特に、引越し料金が高くなる可能性がある日を見ていきましょう!

引越し料金が高くなりそうな日を知っていれば、その日を避けて引越し費用の節約をする事もできるかもしれません。

これから引越し日を確定させようと思っている人は参考にしてみてください。

◆料金が割高になる10月の要注意日◆

1週目:1日(月)、5日(金)、6日(土)

2週目:7日(日)、8日(月・祝)、11日(木)、12日(金)、13日(土)

3週目:14日(日)、17日(水)、19日(金)、20日(土)

4週目:21日(日)、23日(火)、26日(金)、27日(土)

5週目:28日(日)~31日(水)

今年は上旬も下旬も同じくらい割高になる可能性が高い日があります。

引越し業者の人手不足問題への対策で転勤の時期をずらす企業が出てきているため、10月は例年通り下旬なら安く引越しができるとは言えないかもしれません。

トラックを使って仕事をする引越し業者にドライバーがいなければ引越しの仕事はできませんよね。

でも、重労働で悪いウワサも多い引越し業界で働こうという人は減りつつあります。

hikkoshihiro
人手不足の問題で、キャンセル規定変更やキャンセル・延期料金が値上げに!!

引越しのキャンセルは何日前までできる?

キャンセル規定が変更された事でキャンセル枠も減る一方だと思うので、益々早めの見積もり依頼が重要となってきますね。

作業員は減っているのに、引越しニーズだけが増えれば予約は難しくなります。

引越し業界もなかなか厳しい状況ですが、そんな時でも引越し料金を抑える方法はありますよ。

10月は引越しのチャンスって知ってた!?

暑い暑~い夏が終わり涼しくなってくる10月は作業員の動きが良くなる時期!

暑さによる体力の消耗が減るため、作業員が1番頑張れる時期だと作業員が話してくれました!

真夏の暑い時期も、真冬の寒い時期も引越し業者には辛い時期ですよね…。

10月は引越し業者のスタッフのフットワークが軽いので、丁寧でスピード感のある引越しをしたい人は10月引越しがチャンス♪との事でした。

引越し
10月もまだ暑い日はあるので差し入れはスポーツドリンクがオススメです!

少し肌寒いからとホットコーヒーなどを用意してもあまり喜ばれませんが、その日の気温なども考慮して差し入れは選びたいですね。

10月引越しの注意点

作業員の動きが良くなり作業効率などが上がる10月ですが、デメリットがある事も忘れてはいけません…。

10月引越しの注意点は、

  • 転勤引越しニーズに備え早めの依頼が必要
  • 中小引越し業者は予約で埋まっている可能性が高い

など、ギリギリになると引越し業者が確保できない可能性が高いという事!

10月は転勤をする人の単身引越しニーズの多い月なので、小さなトラックでも対応できる単身引越しでさえ早めに依頼しないと予約がとれない事も考えられます。

家族で転勤の引越しという人もいると思いますが、家族引越しはトラック丸々1台チャーターする事になるので、トラック台数が少ない引越し業者は依頼が難しくなりますね。

特に、地域密着タイプの中小引越し業者はトラック台数も作業員数も少ないため、あっという間に予約が埋まってしまいます。

そんな時は引越し業者が簡単に見つかる一括見積もりサイトを試してみてください!

自分で探すより簡単で、急な引越し依頼でもトラックを確保できる可能性が高いです。

画像引用:引越し達人

  • 入力30秒で見積もり依頼!
  • 引越し料金なんと最大55%OFF!

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

10月引越しは総合的に狙い目!

10月は何より作業員の体力面でメリットが大きく、夏場に比べてかなりテキパキと作業をしてもらえる時期。

依頼者が少なくなり引越しニーズが落ち着く事で、比較的値下げ交渉にも応じてもらいやすいです。

引越し
通常期は少しでも多くの依頼を取るために、値下げ交渉に応じてくれる引越し業者が増えます。

引越しの際には物件にも諸々の費用がかかるので、せめて引越し費用は抑えたいですよね。

ただし、安易に引越し業者を決めてしまうと10月下旬でも引越し料金が高くなってしまうという事もあります。

せっかく安く引越しができる時期に高い引越し料金を支払う必要はないですよね。

引越し料金で損をしないためには複数の引越し業者から見積もりをとる事が重要です!

他社の見積もり金額を伝えての値下げ交渉ができないという人は、自分が妥協できる金額を決めておいて、まずは希望金額を伝えてみましょう。