月別の格安引越し方法 【2019年】7月の格安引越し術!最安値業者を見つけて費用節約

7月は夏なので引越し料金が安そう、というイメージがありませんか?

実は7月は料金が安い日と高い日が明確に分かれており、7月の1日〜19日頃までは料金が安く、20日〜31日は料金が高くなります。

では7月の前半と後半でどのくらい料金に差が出てくるのか、実際に安くする方法はないのかなどの気になる疑問を解決していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事でわかる3つのお得情報
・7月引越しの業者ごとの料金相場の差
・7月の引っ越しを安くするたった2つの方法
・7月引越しをする際の注意点

【裏ワザ!】最大55%OFFで引越しできる業者を、その場で見つける方法

前半と後半の価格差が激しい7月の引っ越し。

料金が高い後半はもちろん、安い前半でも、
さらに安く引っ越しできれば、嬉しいですよね。

それには5社以上の引越し業者から、見積もりを取って料金を比較することが必要です。

そこで利用したいのが「引越し業者の一括見積もりサービス」です。

そんなことは知ってるよ、と言わないでください。

ここで紹介する「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。

従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。

しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、
その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

引越し料金が一番安い業者も一目瞭然♪

あとは、気になる業者とやり取りをしていくだけで、最大55%安く引越しができてしまいます。

複数の業者とやり取りしなければならない”面倒”が不要なので、
仕事や家事に忙しい人にこそ、試して欲しいサービスです。

あなたも、引越し達人で7月の引越し料金を55%安くしませんか?

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

7月の引っ越し料金が安い日と高い日

【2019年 7月引っ越し 混雑カレンダー】

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■7月の引っ越し料金が安い日


カレンダー黄色の7月1日〜7月19日(前半)は、3月・4月の繁忙期に比べると約30%〜40%ほど料金が安くなります。

なぜなら、この時期は夏休み前と梅雨が明けてないことで、引っ越しの需要が少なく、業者は少しでもお客さんを獲得するために、値引き交渉などに応じてくれるので、料金が安くなるからです。

家族引っ越しの場合、「子供が長期休み中の方が作業が楽」と考える人が多く、子供が夏休みに入るのを待つ傾向が強いのです。

また、雨の日に引っ越しをするとなると、防水梱包に時間がかかりますし、湿気対策も入念に行わなければなりません。

そうなると晴れている日より引っ越し作業に気を使うので面倒になり「梅雨明けの天気のいい日に引越ししよう」と思う人が増え、結果引越しする人が少なくなるのです。

以上の2つの理由から、7月1~19日は引っ越し料金が安くなるのです

7月に格安で引越しをするなら7月1日〜19日の間に引越しする事をオススメします。

最大55%OFF 7月の引越しを安くする「引越し達人」を見る → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

■7月の引っ越し料金が高い日

反対に、カレンダー赤色の7月の20日〜31日(後半)は引っ越し料金が高くなる傾向にあります。7月前半に比べて、4人家族引っ越しを行った場合2万円〜5万円ほど割高です。

なぜ7月後半が高くなるのかというと、学校の夏休みを利用した家族引っ越しの需要が高まる事が挙げられます。

全国的には7月19日が終業式で、7月の20日〜9月の1日まで夏休みの学校が多くなっています。そのため、7月20日〜7月31日はプチ繁忙期のような状態になるのです。

最大55%OFF 7月の引越しを安くする「引越し達人」を見る → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

7月の引っ越し料金相場は比較しないと絶対に損


7月の引っ越し料金相場は、複数の業者から見積もりを取って比較しないと6万円近く損をする可能性が高いです。

「家族で・県外に・どのくらいの荷物量で」と言う条件で引っ越すとした時、同じ条件でも業者ごとに料金に差が出るからです。

そこで、大手・中小の

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター

を調査対象に

  • 「都道府県内の単身・家族引越し」
  • 「都道府県外の単身・家族引越し」

の条件で実際に料金差を比較してみました。

■7月引越し 同都道府県内

引越し業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 49,124円 81,751円
アート引越センター 37,779円 80,527円
アーク引越センター 35,362円 65,432円
ハート引越センター 31,604円 57,091円

県外の一番差がある料金はサカイ引越センターとハート引越センターの家族引っ越しで、81,751円−57,091円=24,660円も料金差があります。

この金額が県外にもなると…

■7月引越し 同都道府県外

引越し業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 84,249円 147,149円
アート引越センター 73,344円 137,691円
アーク引越センター 52,443円 88,227円
ハート引越センター 60,165円 111,748円

サカイ引越センターとアーク引越センターの家族引っ越しで、147,149円−88,227円=58,992円も料金差がある事がわかりました。

同じ条件なのに大手と中小で最大6万円近く料金に差が出る理由は、大手は従業員人数が多く給料などの人件費がかかる為です。

また、CMなどの広告費用もかかっているため、その分の費用も料金に転嫁されているので大手は引越し料金が高いのです。

この引っ越し料金、どうにかして安く済ませたいですよね。
次章では、7月の引っ越し料金を劇的に安くする2つの必勝法をお伝えします。

最大55%OFF 7月の引越しを安くする「引越し達人」を見る → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

引っ越し料金をさらに安くする2つの方法

①複数の業者から引っ越し料金の一括見積もりをする

一括見積もりを使うと、数百社の中からすぐに安い料金がわかるので、時間も手間もかからないというメリットがあります。

中でも管理人オススメは「引っ越し達人」です。

「料金一括見積もりサービスって営業電話やメールがしつこいんじゃないの?」と不安に思う人も多いと思いますが、「引っ越し達人」は業者とやりとりする前に、その場で料金比較がすぐにできます。

口コミもまとめて見られるので、安かろう悪かろうの業者に捕まることなく安く引っ越せます。

ちなみに管理人は、同都道府県内の引っ越し(50km以内)をする際に、6万円ほどの見積もり額だったのですが、「引っ越し達人」を使って3万円も安く引っ越しができました。

【裏ワザ!】最大55%OFFで引越しできる業者を、その場で見つける方法

7月に引越しを考えていて、出来るだけ安く引越しをしたい!という人も多いはず。

そんな時は「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、大手から地元まで数ある引越し業者の中から、最安値で引越しできる業者がその場で分かります。

中でもオススメなのが「引越し達人」です。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

引越し達人を使うと引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスや口コミ評判もその場でチェックできます。

引越しが決まったらまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね!

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

②7月の上旬の中で「平日の仏滅」の日は、数千円ほど安くなる

7月の1日〜19日の中の平日の仏滅の日は、引っ越し料金が通常より2,000円〜3,000円ほど安くなります。

2019年7月の安くなる狙い日
  • 第1週:7月2日(火)/7月3日(水)/7月4日(木)
  • 第2週:7月8日(月)/7月9日(火)7月10日(水)/7月11日(木)

なぜこの日が安くなるのかというと、

  • 夏休みに入る前
  • 土日(休日)ではない
  • 縁起が良くないとされる仏滅

と引っ越し料金が安くなる理由がてんこ盛りだからです。

ここで注意して欲しいのが、「必ず金曜日も避けること」です。土日に続いて金曜日も休みをとって引っ越しをする人が多いことが理由になります。

しかし、7月の引っ越しにはメリットもあればデメリットもあります。注意点と合わせて紹介していくので、読み進めて見てくださいね。

7月引っ越しのメリットとデメリット

■7月引っ越しのメリット

<メリット1 7月前半は格安で引っ越しができる!>

7月の前半(19日まで)は引っ越し繁忙期に比べ、約30%〜40%ほど安く引っ越せるチャンスです。梅雨明け前で雨の日が多く引っ越しがしづらいので、自ずと引っ越し需要は少なくなることが理由です。

<メリット2 同時に引っ越しの予約が取りやすくなる>

7月前半は引っ越し繁忙期よりも当然予約が取りやすく、スムーズに引っ越しが行えるというメリットがあります。

何故かというと、7月20日〜は学生の夏休みに入るので家族引っ越しの需要が増加しますが、7月1日〜19日までは学生は平日なので引っ越し需要が減る事が挙げられます。

最大55%OFF 7月の引越しを安くする「引越し達人」を見る → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

■7月引っ越しのデメリット

<デメリット1 梅雨が明けきらないので引っ越し日が雨の可能性がある>

梅雨で雨が降ると以下の事に注意しなければなりません。

  • 荷物が濡れる可能性がある
  • 足場が悪く、引っ越し作業も大変
  • 部屋や家具がカビてしまう可能性がある

特に部屋の除湿はしっかりしないと、せっかくの新居の壁や家具の裏などにカビが生えてしまい、買い換えや張り替えという最悪の事態になってしまいますので注意が必要です。

お天気.comによりますと、いずれも梅雨明けは20日前後が平均のようです。

<デメリット2 7月は夏が本格化するので熱中症のリスクが高くなる>

クーラーがつかない場所、状態での引っ越しになる可能性がありますので、熱中症を避ける為にこまめな水分補給は必ずしてくださいね。

スタッフの方にスポーツドリンクの1本でも心遣いで差し入れると、「このお客さんの為に気持ち良く引っ越し作業をしよう!」と暑い中の現場の雰囲気もよくなりますよ。

7月引っ越しの注意点!

引っ越し業者は、エアコンの取り付けまできちんと行ってくれるのか確認しておきましょう。

7月に無事引っ越しを終えても、「クーラーの取り付けはウチではできません」と言われてしまっては、1週間〜2週間ほどエアコンなしで7月を乗り切らなければならないことに…

これさえ覚えておけばOK!7月引っ越しの注意点まとめ

6月引っ越しのまとめ
  • 7月の引っ越しは7月2日(火)/7月3日(水)/7月4日(木)/7月8日(月)/7月9日(火)7月10日(水)/7月11日(木)に行うと安くなる
  • 一括見積もりサービス「引っ越し達人」で210社以上から料金比較
  • 雨が降ったら家具家電の防水梱包・部屋の除湿を必ず行う
  • 夏に入るので水分補給などの熱中症対策を行う
  • エアコンの取り付けは行ってくれるのか業者に確認をとる

引越し達人

画像引用:引越し達人

  • カンタン入力30秒で見積もり
  • 引越し料金が最大55%OFF!

大手から中小の引越し業者210社以上の中から、最安値の業者がその場で分かります。

オプションサービスの内容や口コミも一覧表でまとめてチェックできます。

【30秒完了】引っ越し達人で最安値をチェックする

SUUMO引越し見積もり

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

面倒な電話連絡なしで、一番安い引っ越し業者が見つかります。

SUUMOだけの特典・プランでお得に引っ越し可能!

【電話連絡なし】SUUMO引っ越し見積もりで最安値をチェックする