6月の引越し料金を安くする!閑散期でもこうすればもっと安くなる!

繁忙期や閑散期によって引越しの相場料金が大きく変わってくるのは良く知られている事ですよね。
平均して最も高いのが3月、最も安いのが1月と2月、そして6月。

梅雨で天気が不安定とはいえ費用的な事を考えると6月は絶好の引越し機会。

ただし、引越し料金が底値になるタイミングだからと言って、何も考えずにサクっと引越し業者を決めてしまうと数万円損する事になりかねません。

『他の引越し業者に頼めば良かった…』と後悔しないように、6月の引越し料金を安くする方法を紹介したいと思います!

料金を数万円安くするには相見積もり

引越し業者は引越しの受注数で料金を設定しています。

もちろん忙しい時期は割高設定。

ヒマな時にはお得な料金設定をして少しでも多く引越しの受注をしようと努力している訳です。

梅雨の時期、このタイミングに好んで引越しをする人はあまりいません。
春の引越しシーズンもひと段落して、進学や会社の異動による単身引越しも少ないので引越し件数は激減します。

多くの引越し業者で6月が低料金設定となるのは上記のような理由のため。

『じゃあ料金設定そのものが低いって事は、それ以上安くはならないって事?』と思ったあなた!
決してそんな事はありません!

例えば直接引越し業者に連絡をして1社に決め打ちの場合は提示された金額のままという事もあります。
でも、元々価格設定の安い閑散期の引越しも相見積もりをとる事で更に安くできるのです。

相見積もりは複数の引越し業者から見積もりを集めて比較検討する事!

自分で各業者に連絡するのは相当面倒ですが、一括見積もりサービスを使えば一度でまとめて見積もり依頼が出せますよ。

中でもオススメなのは電話番号の入力が自由なSUUMO引越し見積もり。
自分で気になった引越し業者最大30社に見積もり依頼ができます!

しかもその場ですぐに見積もり金額が確認できるので、急いでいる時でも簡単に一番安い引越し業者を見つける事ができますよ。

SUUMO引越しで一番安い業者を見つける

少しでも引越し料金を安くしたい!節約したい!と思っている人は、引越し業者を決める前に一括見積もりを試してみてください。

引越し料金が高くなる6月の要注意日

引越し料金が全般的に他の月と比べて安い6月でも、中には予約件数が多くなる日もあります。
もちろん、こうした日は他の日よりも引越し料金が高くなるので気をつけてください。

◆料金が割高になる6月の要注意日◆

第1週:3日(金)、4日(土)第2週:5日(日)、10日(金)、11日(土)

第3週:12日(日)、17日(金)、18日(土)

第4週:19日(日)、24日(金)、25日(土)

第5週:26日(日)、29日(水)、30日(木)

見ての通り各週の金曜日から日曜日、そして月末は残念ながらお得料金にはなりませんね。
どうしてもこの日に引越しをしなければならない、という人は一括見積もりを試してみると良い結果が出ると思います!

最後に6月の相場料金を単身引越し、家族引越し別にまとめてみました。

単身引越し

大手 30,000~40,000
中小 20,000~30,000

家族引越し(4人家族)

大手 70,000~90,000
中小 50,000~70,000

※あくまでも相場料金です。

SUUMO引越し

SUUMO引越し

電話番号の入力は自由!

業界初!すぐに見積もりがわかる

口コミや評判など利用者の声が豊富

SUUMOだけのお得なプランあり