月別の格安引越し方法 【2019年】6月引越し安い日はいつ?6月引越しをさらに格安にするテクニック

6月に引っ越しを考えている人の中には、

  • 6月の引っ越し料金って安いと聞くけど本当なの?
  • 雨の日が多い6月に荷物を濡らす事なく、予定通り安全に引っ越しを行いたい!

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、6月はスムーズに、安く引っ越しができます!

6月は引っ越し業界で料金が超安くなる「閑散期」に入ります。そうすると、引っ越し業者は個人個人に時間を割いて丁寧に引っ越し作業を行ってくれるので、雨の日でも安心して引っ越しができるのです!

この記事を読めば、6月引っ越しを激安に済ませることができますので、是非参考にしてみて下さいね。

【裏ワザ!】最大55%OFFで引越しできる業者を、その場で見つける方法

6月に引越しを考えていて、出来るだけ安く引越しをしたい!という人も多いはず。

そんな時は「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、大手から地元まで数ある引越し業者の中から、最安値で引越しできる業者がその場で分かります。

中でもオススメなのが「引越し達人」です。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

引越し達人を使うと引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスや口コミ評判もその場でチェックできます。

引越しが決まったらまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね!

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

6月の引っ越しが安い日と高い日はいつ?

【2019年 6月引越し 混雑予想カレンダー】

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

上記カレンダーの黄色の「平日の週末以外の日」は料金が安くなります。

6月の引っ越し料金が安くなる日
  • 第1週:6月3日(月)〜6月6日(木)
  • 第2週:6月10日(月)〜6月13日(木)
  • 第3週:6月17日(月)〜6月20日(木)
  • 第4週:6月24日(月)〜6月27日(木)

何故なら、黄色の日は土日も大安もない普通の平日だからです。

逆に、カレンダーの赤色の「金・土・日曜日」は料金が高くなります。

6月の引っ越し料金が高くなる日
  • 第1週:6月1日(土)
  • 第2週:6月2日(日)、6月7日(金)、6月8日(土)
  • 第3週:6月9日(日)、6月14日(金)、6月15日(土)
  • 第4週:6月16日(日)、6月21日(金)、6月22日(土)
  • 第5週:6月23日(日)、6月28日(金)、6月29日(土)
  • 第6週:6月30日(日)

何故なら、引っ越し閑散期である6月でも、引っ越し需要は休みの日である土日に集中するからです。

また、土日を使って引っ越しを行いたい人の中には、「家族で引っ越すから土日だけでは時間が足りない!」と金曜日も使って引っ越しを行う人もいる事も理由になります。

そのため、引っ越し料金を破格に済ませるなら、金・土・日以外の平日を選ぶようにしましょう。

引越し
大安の日はお日柄的に人気の日だって聞くけど…
2019年の場合、大安の日の料金はどうなるの?
引越し
6月の9日(日)・15日(土)は土日&大安の日で料金がさらに高くなるので要注意!よって、この日は避けるのが無難よ。
平日の大安の日の場合は、3日(月)・21日(金)・27日(木)で、
21日の金曜日さえ避ければ、料金は心配するほど高くならずに済むよ。

もし6月の3日と27日に引っ越しが決まりそうなのであれば、引っ越し業者に混雑状況を聞いて見る事をオススメします。

引越し料金を最大55%安くする方法はコチラ → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

6月引っ越しのメリットはズバリ、引っ越し料金が安いこと!

6月に引っ越しをするメリットは、通常より30〜40%引っ越し料金が安いことが挙げられます。

6月は引っ越しの閑散期に入り、お客さんが少なくなります。しかし、閑散期でも当然ながら引っ越し会社は従業員にお給料を払わなくてはいけないですよね。

そうすると、引っ越し業者は少しでも多くのお客さんを獲得しようと料金を安くしてくれたり、本来有料のサービスを無料にしてくれたりします。

引っ越しをするなら、6月は実は狙い目の月なのです。しかし、業者ごとに数万円も料金に差が出てくる場合がありますので、業者間の料金比較は引っ越し料金を安くする上で重要になってきます!

6月の料金相場は、業者間で5万円以上差が出ている!料金比較しないと確実に損します!

単身引っ越しと家族引っ越し、それぞれ県内と県外で業者ごとに料金相場を出してみたら、同じ条件なのに最大56,000円も料金に差が出ていることが明らかとなりました!

6月引っ越し 同都道府県内

引っ越し業者 単身引っ越し 家族引っ越し
サカイ引越センター 46,216円 77,540円
アート引越センター 39,837円 73,067円
アーク引越センター 33,834円 60,643円
ハート引越センター 33,409円 57,589円

県内の引っ越し相場を4社比較すると、家族引っ越しでサカイ77,540円、ハート57,589円と同じ条件でも2万円近く料金差があることがわかります。

県外の場合も、同じ条件で引っ越し相場を比較してみましょう。

6月引っ越し 同都道府県内

引っ越し業者 単身引っ越し 家族引っ越し
サカイ引越センター 85,888円 123,780円
アート引越センター 76,347円 133,208円
アーク引越センター 54,594円 76,918円
ハート引越センター 61,127円 114,739円

県外の家族引っ越しだと、アート133,208円とアーク76,918円、同じ条件なのに56,000円以上も料金差があります!

結果として大手引っ越し業者が高いことがわかりますね。大手の引っ越し料金が高い理由としては、それだけ抱えている従業員が多く、中小企業と比べるとCM広告費などのコストも沢山かかっているのでそれが料金に加算されている為です。

  • 料金が高い大手じゃなきゃ、やっぱりサービス面で良くないの?
  • 安くてサービスも良い業者を、簡単に探す方法って何かないの?

上記表のように引っ越し料金を比較してみた時、こんな疑問が浮かびますよね。

結論から言いますと、安くてサービスも良い優良業者を、簡単に探せる無料見積もりサービスがあります!
中でもイチオシなのが、「引っ越し達人」です。

210社以上の引っ越し業者をスマホやPCですぐに一括見積もりできるサービスで、時間も手間もかからず、入力はたったの30秒。

「引っ越し達人」を使って管理人はなんと50%以上も安く引っ越しを済ませることができましたので、皆さんもぜひ使ってくださいね!

最大55%OFF 無料見積もりはコチラ → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

6月引っ越しのデメリットは、雨で引っ越しが大変なこと

6月引っ越しのデメリットは、雨が多く引っ越しが大変なことです。雨対策の梱包などに時間がかかる上、足場も不安定で滑りやすいので時間に余裕を持って慎重に作業する必要があります。

6月は梅雨で作業難航!?4つの雨の日対策と注意点を知っておきましょう!

①引っ越し作業は予定通り行うか確認し、トラブルを避ける

雨の日の引っ越し作業は基本的には通常通り行われますが、雨の降り具合によっては作業を延期する可能性もありますので、念のため業者に「引っ越し作業は予定通り行えますか?」と確認しておきましょう。

雨の日に予定通り引っ越し作業を行えるのか確認しないと、後から延期なんて事になりトラブルを起こしてしまう事態に陥ります。

②引っ越し作業を行う「前」に除湿、換気など湿気対策を必ずやっておく!

引っ越し前にやるべき湿気対策をご紹介します。

  • エアコンで除湿運転をする
  • 窓を開けたり換気扇を回したりして換気を行う
    • クローゼット等に除湿剤を設置する
    • 荷物を運ぶ「前」に除湿をしておかないと、動かせない家具や部屋の壁部分がカビてしまい、引っ越してすぐに家具の買い替えや壁紙の張り替えを行う羽目になってしまうからです。

      ③運搬物をどの程度防水処理してくれるか確認し、荷物を濡らさないようにする!

      木目調の家具や家電製品は特にどの程度の防水加工をしてくれるのか業者に確認しておきましょう。

      思ったより防水処理が弱くて大事な家具や家電製品が濡れてしまい、すぐに買い替える羽目になる、なんて事になりかねません。家具や家電製品は特に高いものが多いので、買い替えるなんて事にならないよう、自分で梱包するなどの工夫も必要です。

      また、パソコンなどの精密機器は特に自分で梱包して運んだ方が得策です。

      雨などで濡れてしまい、パソコンなどの精密機器のデータがもし消失してしまっても、引っ越し業者は責任をとってくれないからです。

      ④家具や寝具のカビに注意!引っ越し「後」の除湿も忘れずに行いましょう!

      引っ越し後にやるべき湿気対策をご紹介します。

      • 布団やベット、クローゼットに除湿剤を設置する
      • 家具や家電に水滴がつかないよう、エアコンの除湿運転を行う
        • 全体的な湿気対策で、お風呂・トイレ・キッチンの換気扇があれば回しておく
        • 引っ越し後は敷く前の布団やベット、家具などが湿気でカビてしまわないように注意する必要があります。家電なども水滴がつくと故障に繋がりますので、なるべく部屋の湿気を逃がしましょう!

          6月引っ越しをさらに安くする3つのテクニック

          ①一括見積もりで安い業者を探す

          引っ越し費用一括見積もりサービス「引っ越し達人」を使えば、ただでさえ安い6月引っ越しを、超激安にする事が可能です!「引っ越し達人」は、210社以上の引っ越し業者の中から一番安い業者をその場で比較できます。

          なぜ一括見積もりを使うのかというと、引っ越しは同じ条件でも、業者によって数万円も料金差が出てきてしまい損をする可能性があるからです。

          引越し達人を使うと、引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスの価格や口コミ評判もスマホやパソコンでどこでもでチェックできます。

          口コミがあるので、安かろう悪かろうの業者を捕まえる事なく引っ越しが可能になりますよ!

          引越し料金を最大55%安くする「引っ越し達人」はコチラ → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

          ②6月の平日仏滅の日を狙う

          「平日の週末以外の日」が安い日とお伝えしましたが、具体的に数千円、場合によっては数万円安くなる日があります!それは平日の仏滅の日です。

          休みでない日でお日柄が良くないとされる日でもあるので、引っ越し費用が格段と安くなる傾向にあります。平日の仏滅は引っ越しの希望者が少なくなり、トラックや作業員の数に余裕が生まれます。

          6月に引っ越しをするならば、14日(金)・20日(木)・26日(水)を狙ってみましょう!

          ただし14日(金)は週末で、土日と合わせて引っ越しをする人がいるかもしれませんので、引っ越し業者に予め混雑状況を確認して見る事をオススメします。

          ③オプションサービス料金を安くしてもらう

          6月になると、引っ越し業者は本来有料のダンボールの回収を無料にしてくれたり、本来2万円近くかかるオプションサービスのエアコン設置費用を安くしてくれたりする事があります。

          オプションサービスの一例
          ・不用品の処分
          ・小物類の荷造りと荷ほどき
          ・荷物の一時預かり
          ・洗濯機の取り外しと取り付け
          ・エアコンの取り外しと取り付け
          ・テレビやアンテナの配線
          ・ペット、絵画、ピアノなど特殊なものの搬送
          ・車、バイクの輸送
          ・害虫駆除
          ・盗聴器発見
          ・ハウスクリーニング

          引っ越し業者は少しでも多くのお客さんを獲得するために値引き交渉に応じてくれるので、オプションサービスを利用する際には必ず「安くなりませんか?」と聞いてみましょう!

          最大55%OFF 無料見積もりはコチラ → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

          6月の引っ越しは安いけど、雨対策はしっかり行いましょう!

          6月引っ越しのまとめ
          • 平日仏滅の14日(金)・20日(木)・26日(水)を狙う
          • 必ず引っ越し料金一括見積もりサービスを使う
          • オプションサービス料金の値下げ交渉を行う
          • ゲリラ豪雨の時は引っ越しが通常通り行えるのかを確認する
          • 雨が降ったら運搬物の防水梱包がどの程度されるのか確認する
          • 荷物搬入前と搬入後の除湿や換気で湿気対策をする
          複数の引越し業者から見積もりを取るなら「引越し達人」がおすすめです!

          引越し達人

          画像引用:引越し達人

          • カンタン入力30秒で見積もり
          • 引越し料金が最大55%OFF!

          大手から中小の引越し業者210社以上の中から、最安値の業者がその場で分かります。

          オプションサービスの内容や口コミも一覧表でまとめてチェックできます。