格安料金に注意!安さが魅力のフリー便のデメリット

point

引越し料金を安くしたいときに力になってくれるのが時間指定をしないフリー便!

時間指定と比べて格安料金のためついついフリー便に目がいきがちですが、その実態に注意しないと痛い目に遭うので気を付けてください。

フリー便は日にち指定だけして作業開始の時間帯は引越し業者側が設定できるプラン。

普通は「〇月〇日の、午前〇時にお伺いします」という事になりますが、フリー便は時間指定を行わずその日の内に作業完了してもらえれば、搬出・搬入の時間も気にしないという利用者に提供するサービスです。

その日の内に作業をすれば良いので引越し業者にとっては非常に都合の良い案件という事。

その分、大手、中小問わず、料金が安く設定されています。

フリー便は近距離・単身者の引越しにオススメ!

フリー便は引越しする日にちは決められますが作業開始の時間指定はできません。

前日にいきなり「朝一番にお伺いします」と引越し業者から連絡がくるかもしれないし、夕方からの開始になってしまう可能性も。

そのため価格は通常より最大で半額くらいまで安くなるよう設定している業者もあります。

午前中の引越し作業終了からの便でよければ指定便に比べて割安に!!
フリー便は、午前中の作業が終了した後にお伺いしますので、
作業開始時間をお約束できない分料金をお安くいたします。
※お荷物の量や予約状況によってはご利用いただけない場合がございます。
引用:引越しのお悩み解決>とにかく安く引越したい(アート引越センター)

通常フリー便は午前中に一件の引越しを済ませた作業員たちがやって来る場合が多いですが、次の作業を開始する時間が確約できないのでお客さんはずっと待機していなければなりません。

引越しが初めての人だと、この待機時間が長い事に不安に感じると思います。

フリー便を使うならこんな人にオススメ。

  • 引越し経験がある
  • 荷物が多くない
  • 近距離
  • その日中に搬出入を済ませられればOK

上記のように時間に余裕があって引越し費用を抑えたい人にはフリー便はメリットがあると言えますね!

もちろん上の条件に合わなくてもフリー便は利用できるので安く引越したいという人は、引越し業者に相談してみてください。

フリー便は本当に安い?通常期なら料金相場は¥20,000!

時間をおまかせするフリー便はどれくらいお得なのか、午前・午後と相場比較してみました!

通常期、繁忙期の時間別料金相場

条件:単身・荷物多め・土日・東京→東京

時間 通常期料金 繁忙期料金
午前 ¥31,000 ¥54,000
午後 ¥25,000 ¥43,000
フリー ¥20,000 ¥39,000

通常期も繁忙期も午前とフリーでは10,000円以上も差額がありますね。
フリー便の料金も通常のプランと同じで引越し業者や荷物量、距離によって異なります。

今回は『荷物多め、土日』という設定なのですが、例え曜日が同じだとしても荷物が少ないだけで表の金額より安くなる可能生が高いです。

ただし、フリー便にすると予定通りのスケジュールでは進められないということを忘れずに!

フリー便が1件目ということはほぼないので、その日は引越し以外の予定は入れない方が良いですね。

フリー便の利用者は優先順位が低い…

free

家族引越しから単身引越しまで全てが朝からスタートでは、トラックも作業員もすぐに足りなくなってしまいます。
引越し業者は稼働率を上げるため当日の件数と作業量をうまく振り分けたいと考えています。

そんな時にフリー便の予約が入っていれば午前中に作業が終わったチームを午後の作業に振り分けて、効率良くトラックと作業員を稼働させる事ができますよね。

その日の作業が立て込んでいたり、交通渋滞で時間が予測できないといった事があっても、時間に確約のないフリー便は引越し業者にしてみれば好都合。

つまり、フリー便は後回しにしても良い引越しという事になります。

都合の良いプランなのでフリー便は価格を安く設定しているのです。
とは言え、優先順位が低いとか後回しというのは…いくら料金が安くても納得できない人もいると思います。

では、フリー便に近い低価格で引越しをするにはどうしたら良い?
実はあるたった1つの行動をとるだけで、時間指定でも安い料金で引越しをすることが可能になります。

それは…
引越し料金をさらに格安にする方法とは!?

この方法を利用すれば時間指定でもフリー便に近い好条件の格安引越しができる可能性が極めて高くなります!
フリー便に決める前一度、この方法を試してみることが賢い選択と言えそうですね。

それでもフリー便でお願いする時に覚悟しておく事

引越し業者内部では『ついでに引越しするお客さん』『安い引越し料金で行う』という意味からついで引越しなる隠語まであるフリー便。
どうしてもフリー便でお願いすることに決めた場合、荷物の扱いが雑になってもいいという心の準備も必要となってきます。

その他にもデメリットがあり、

  • 引越し時間の確認はできない

    あらかじめ時間設定はできないものの、さすがに当日いつ頃になるかを教えてもらえると思ったら…それは大間違い!
    あくまでも前の現場からトラックが出発した時間以降でなければ確認はとれません。
  • 作業スタッフは疲れきっている場合が多い

    フリー便は数件の引越しを済ませてから来るので大抵午後からの作業になります。
    引越しはただでさえ重労働なので作業スタッフは疲れきっているケースが多い。

結果的に荷物に対する配慮も欠けてしまいトラブルが起こる可能性が高くなります。
いくら経験が豊富な作業スタッフとは言え、疲れていればミスをする事も作業ペースが落ちる事もないとは言いきれません。

1件目の作業が予想外に長引いて、自分の元へ来る時間が遅くなる可能性もあります。

作業開始の予定時間がわからないのはもちろん、荷降ろしが夜遅い時間になれば近所迷惑になる事も…

引越し料金が安いというのは大きなメリットでもありますが、デメリットも多いのがフリー便。
料金につられて安易に飛びつかず周りの環境などにも配慮してくださいね。

フリー便のデメリットもしっかり理解した上で頼む事が重要

フリー便で依頼をするならフリー便のデメリットもしっかり理解した上で頼みましょう!

最大のデメリットは時間指定ができず引越し業者の都合で時間が決まるという事。

引越し業者の都合によるので朝一番にやってもらえる事もあります!
でも「フリー便で朝一番なんて、かなりラッキーですよ」と引越し業者の人が言っていました。

フリー便は近距離、単身者向けなのであまり大掛かりな引越しには向いていません。

一軒家の引越しを安くしたいからフリー便でお願いしたいと頼んでも朝から作業をしないと終わらないであろう作業量であれば、引越し業者の方から朝便にしてほしいと言われる可能性も。

また、時間だけではなく作業自体にも影響がでる恐れがある事も理解しておきましょう!

朝からの作業ではない場合ほとんどが2件目、もしくは3件目の引越し作業になります。
前の作業内容によっては作業スタッフが疲れていてペースが遅かったりミスをするかもしれません。

何より繁忙期は特に引越し業者の都合で時間を決められる事が多いです。

夕方や夜からの作業開始になる可能性がある事を覚えていてください。

そんな時間から作業開始になればガスや電気の開通作業もできず、搬入が深夜にまで及び隣近所に迷惑がかかる事もあります。
フリー便を利用する場合はメリット・デメリットをしっかり理解して自分の引越しプランと照らし合わせながら決めてくださいね。

引越し料金を安くする方法はこちら