月別の格安引越し方法 5月の引越し料金の目安って?ゴールデンウィークでも安く引越しするコツ

5月の引越し料金は繁忙期の3月・4月に比べると確実に安くなります。

繁忙期と比べて単身引越しで約1万~2万円も安く引越しができる時期で、条件によっては3万円以上も安くなる事も!

ただ、年間を通し引越し料金が最も安い閑散期にあたる月と比べると、5月は飛び抜けて相場が安くなる時期とは言えません。
特に4月末から続く大型連休のゴールデンウィークは、まとまった休みを利用して引越しをしたいという人が多いため予約が集中します。

このためプチ繁忙期状態になり、引越し料金が割高になってしまいがち…。
そんな5月に引越し費用を節約したいならゴールデンウィークが終わった1週間後辺りからが狙い目です!

更に、5月の引越しニーズが落ち着くゴールデンウィーク1週間後でも引越し費用をもっと節約したいなら一括見積もりサービスがオススメ。
早いものだとたった30秒で一番安い引越し業者がわかる裏ワザ!利用しないのは本当にもったいないです。

一括見積り
サイト
入力
時間
最大
割引率
特典 オススメ度
見積もり比較 30秒 55%
オフ
4.5
見積もり比較 30-60秒 50%
オフ
3.5

※オススメ度 最大★5
※入力時間は個人差があります

表の2つ以外にも一括見積もりサービスはありますが、私が使って良かったと思うのはこの2つでした!
本当にあっという間に見積もり依頼ができて繁忙期でもスムーズに引越し業者が決まりましたよ。

中には電話がこない一括見積もりサービスもあり、私も使ってみましたが電話がこないので結局自分から連絡をとる必要がありました…
電話がこないから話が進まないし、四六時中メールのチェックをして、最終的には別の一括見積もりサービスを使って引越し業者を決めてしまいました(;´・ω・)

5月に格安引越しを実現させるためのマル秘テクニック

5月と言えば大型連休がありますね!
梅雨前で天候も落ち着いていて、まとまったお休みがとれるゴールデンウィーク中に引越しをしようと考える人は少なくありません。

でも、ゴールデンウィークは3月や4月と同じくらい引越し料金が高くなる時。

新生活を始めるには色々な事にお金がかかりますが、その中でも引越し料金が結構な痛手となる場合も…
繁忙期は単身引越しで大手引越し業者5万~7万円、中小引越し業者でも4万~6万円が相場料金となっています。

ゴールデンウィーク中は上記の金額と変わらない見積もり金額になると思います。
ただし、ゴールデンウィークが終わって1週間後辺りからは通常期と言われ、引越し料金が高くも安くもないという金額に落ち着きます。

通常期の単身引越しの相場料金は大手引越し業者で4万~6万円、中小引越し業者で3万~5万円と、繁忙期よりも1万円は安く引越しができます。

でも、ゴールデンウィークにしか引越しができない人もいますよね。
そんな時は繁忙期も通常期も引越し料金を安くできる裏ワザの一括見積もりサービスを活用しましょう!

引越し料金を安くするなら複数の引越し業者から見積もりをとって比較検討が必須。
見積もりも比較検討も値下げもあっという間にできるのが無料の一括見積もりサービスです。

実際に利用した人たちのリアルな口コミや評判を見ながら気になる引越し業者にまとめて見積もり依頼が出せます。
また、すぐに見積もり金額がわかるので一番安い引越し業者が一目でわかるという事!

スピードNo,1☆見積もりまで30秒

画像引用:引越し達人

  • カンタン入力30秒で見積もり料金がわかる!
  • 引越し料金が最大55%OFF!

たった30秒で見積り依頼

手軽さNo,1☆電話番号入力ナシ

画像引用元:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

メールでまとめて見積もり依頼

時間もお金もかけずに引越し業者を探したい人は一度試してみてくださいね☆

5月引越し狙い目の日はこちら!

引越し業者が年間通して引越し需要を予測するのは当たり前。
月単位はもちろん、日にち単位でもその予測を行います。

でもこれは当然社外秘の重要データなので簡単に知る事はできません。

ところが最近では引越し業界も過当競争。
その影響でこの低い目標設定をした閑散日を、まるでスーパーのように『この日はお安い!』と公表しているところもあります。

そこで5月の引越し料金が高くなる日を調べてみました!

◆料金が割高になる5月の要注意日◆

第1週:1日(月)~6日(土)

第2週:7日(日)、9日(火)、12日(金)、13日(土)

第3週:14日(日)、15日(月)、19日(金)、20日(土)

第4週:21日(日)、26日(金)、27日(土)

第5週:28日(日)~31日(水)

第1週はゴールデンウィークでまだまだ引越しニーズがあるため、割引きがほぼない価格設定となっています。
できれば大型連休は避けたいところですが、仕事上そういった時にしか引越しができない人もいますよね…。

上記の日取り以外で引越し希望日を選ぶ事が引越し料金を節約する最短ルートですが、裏ワザを活用すれば要注意日さえ引越し料金をお得にする事はできます。

引越し料金が高くなる5月のゴールデンウィーク、土日、月末にどうしても引越しをしなければならない…そんな悪条件の人でも裏ワザ利用できっと引越し費用の節約に繋がると思います。

ポイント還元で引越し料金をもっとお得に

引越し料金を直接値下げしてもらうだけがお得な引越しではありません!!
引越し業者によっては支払い方法の選択次第でポイントが還元されるケースも。

引越業者 還元ポイント
アリさんマークの引越社 楽天カード支払いで楽天ポイント還元
サカイ引越
センター
pontaカードポイントを引越料金に応じて還元
アート引越
センター
Tポイントを引越料金に応じて還元
日本通運 JAL、ANAマイレージ、
pontaカードポイントを引越料金に応じて還元

他にもヤマトホームコンビニエンス、ハート引越センターも同様のサービスを展開中です。

ただし、気をつけなければならないのはポイントサービスを受けたい場合、事前にその旨を引越し業者に伝える必要があります。

以前家族引越しの時に16万円をサカイ引越センターに支払ったのですが、引越し後にPontaカードのポイントがもらえる事実を知り電話してみました…

でも、「Pontaカードのポイント付与は出来ません」とあっさりお断りされガッカリしました(´・ω・`)笑
皆さんも私と同じ目に合わないよう注意です!

また、ポイントのために高い引越し料金を払っていては元も子もありません。
格安で引越しができる上に少しでもポイントが貯まれば十分くらいに考えておきましょう!

5月引越しは目指せごみゼロ

5月30日は語呂合わせでご(5)み(3)ゼロ(0)の日!
という事で、引越しの時に出るゴミや不用品についてもお話ししたいと思います。

引越しをする時にはどうしてもゴミや不用品がでるもの。
燃えるゴミなどは指定の曜日に引越し前に出せば問題ありませんが、引越し準備がギリギリでゴミ出しができず新居まで持って行ったという話も結構あります。

せっかくの新居にゴミを持ち込みたくないですよね…荷造りなどの引越し準備は1週間前には始めて、前日には引越し業者に運んでもらうだけという状態にするのがベストです。

また、家具家電などの粗大ゴミは普通のゴミとしては処分できないので、引越し業者に依頼する場合は不用品の引き取りや処分をしてくれる引越し業者もあるので、そのままお願いすると楽ですよ♪

引越し業者に依頼しない場合は不用品回収業者、便利屋にお願いしても良いと思います。
自治体の粗大ゴミ回収とは異なり、回収の日時指定ができるので自分の都合の良い時間帯に作業してもらえます。

他にもリサイクルショップ、ネットオークションという手もありますが、状態が悪いものなどは売れない可能性が高く、引越しの日までに処分が間に合わないというデメリットがあるので注意です。

ただ、引越し業者に荷物はお願いするなら窓口が一つになるので、まとめて引越し業者に依頼するのがオススメです。

引越しを機に思いきって断捨離をすると新居でスッキリと気持ち良く新生活が始めましょう!