エレベーター有無で変わる引越し料金!追加費用相場は?格安料金にするには?

ev

エレベーターがある場合とない場合では引越しの料金が違うってご存じですか?

引越しに関わる料金はできるだけ抑えたいもの。
引越しには様々な要素で料金が加算されていくシステムが取られているので、この点を注意して見積もりを見なければいけません。

実はエレベーターの有無もその内の一つの要素。

3F以上は追加料金の可能性大なのです!
エレベータがない物件の場合、相場料金は1F/1,000~2,000円プラスとなっています。

3F以上・エレベーターなしのケースで加算費用発生!?

エレベーターの有無に関する料金の相違はどの引越し業者でも存在します。
3F以上で階段なしの場合はに追加料金が発生するケースが多いようです。

全て込みのプランでも追加料金として設定される場合があります。
また、引越しには搬出元と搬入先の2つの住居があるので、各々加算される可能性があり注意が必要です。

エレベーターの有無によってどうして引越し料金が変わってしまうのか?
それは次のような理由が考えられます。

  • 理由1
    多くのエレベーターの無い住居では階段での搬出・搬入が行われますが、いずれの場合でも通路が狭く折り返しての動作が必要。その結果、作業時間が大幅にかかる事で追加料金として加算されます。
  • 理由2
    通常、荷物の数量により作業スタッフの人数が決定されますが、エレベーターがない物件の場合、スタッフの人員数を調整しなければなりません。
    そのため追加料金設定を行うことで内部調整が取れるようにしています。
  • 理由3
    エレベーターがない物件では上下の移動は全て人手。
    その場合、多くの家具家電製品なども手運びになりますよね。
    引越し業者は物損事故に関して保険や引当金などで万一の支払いに対応していますが、こうしたエレベーターがない物件では物損確率が非常に高いです。

更にここだけの話し。
オフィシャルな理由ではありませんが作業員もエレベーターのない引越を敬遠したり、担当になった場合は貧乏くじに当たったような気分になるとの事…。

大きな家具家電を階段を使って運ぶのは想像しただけでも大変ですよね。
エレベーターがない物件の引越しの際は、何か差し入れを用意すると良いかもしれません!

エレベーターなし物件の引越し料金を安くするコツ

最も気になるエレベーターなし物件の加算料金はどの程度かと言うと…

1階上がる毎に1,000~2,000円加算が相場料金です。

例えば、4階のエレベーターなしの建物からの搬出→エレベーターなしの3階へ搬入する場合は、次のような計算式によって金額が算出される事になります。

相場料金の間をとって1500円が階段料金とした場合

1,500円×(4-1)+1,500円×(3-1)=7,500円

この計算式でいうところの(4-1)や(3-1)は上がる階数。
4階であれば1を引いて3階分となります。

エレベーターのない引越しを引越し業者に頼む場合にも、引越し料金を安くする効果的な方法があります。

何かと物入りな引越し…本当なら支払いたくない加算料金ですよね?
そんな時こそ引越し料金を安くできる方法を利用しましょう。

引越しの時期など様々な条件も重なって来るので加算された分をチャラにできる程安くできるかどうかはあなた次第。

でも、少しでも引越し費用を削減したいと考えている人は利用すべきサービスです♪

引越し料金が相場より安くなる方法はこちら

たとえ加算料金がかかったとしても相場料金よりも安い料金で引越しが出来るはずです。
まずは引越し料金が安くなる方法、試してみてくださいね♪