月別の格安引越し方法 4月の引越し料金が安い日はいつ?格安料金&最安値で引越す方法とは

超繁忙期の3月を過ぎても、4月はまだまだ引越し料金が高い!

そんな4月ですが、知る人ぞ知る、4月の中で安く引越せるタイミングがあります。

そのタイミングとは、ずばり4月の「中旬」です!中旬の中でも、特に閑散日となる日が6日間あり、その日を狙えば料金相場の高い4月でも格安で引越すことが可能になります!

そこでこの記事では、

  • 格安引越しできる6日間とは具体的に何日なのか!?
  • 上旬や下旬に引越す場合はどうすれば安くなるのか!?

といった、安くお得に4月の引越しを済ませるコツを、単身引越し・家族引越しの引越しタイプ別にお伝えします!

4月の引っ越し料金を安くする方法を見ておかなかった事で、とんでもない額の引っ越し料金を払ってしまった!と後悔しないように、きちんと情報を集めておきましょう!

【裏ワザ!】最大55%OFFで引越しできる業者を、その場で見つける方法

まだまだ料金相場が高い4月。

安く引越すには中旬が狙い目とお伝えしましたが、上旬や下旬に引越しを考えていて、出来るだけ安く引越しをしたい!という人も多いはず。

そんな時は「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、大手から地元まで数ある引越し業者の中から、最安値で引越しできる業者がその場で分かります。

中でもオススメなのが「引越し達人」です。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

引越し達人を使うと引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスや口コミ評判もその場でチェックできます。

この方法は、もともと料金相場が安い中旬に引越しを考えている人にももちろん有効!

引越しが決まったらまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね!

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

4月の引越し料金が安くなる日は?カレンダーで紹介!


引っ越しの繁忙期と言われている4月の引越し料金は、実は3段階に分かれています。

  • 4月の中で一番安い日
  • 4月の中で一番高い日
  • 4月の中でやや高い日

です。これから引越し日を決める人は、下のカレンダーを参考にしてみてください。

【2019年4月】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

4月の中でも料金が一番安い日

青色の日付(16日,17日,18日,22日,23日,24日)は、新入学生や新社会人などの単身引越しの件数がグンと落ち着き、引っ越し業社によっては赤色の超危険日より50%以上安く引越すことが可能なタイミングです!

引っ越し料金の最安値は以下の通りです。

  • 市区町村内(15km以内)の4月引っ越し
  • ●単身者の4月引っ越し最高値:23,490円
    ●3人以上の4月引っ越し最高値:30,000円

  • 遠距離地方(300km)の4月引っ越し
  • ●単身者の4月引っ越し最高値:30,780円
    ●3人以上の4月引っ越し最高値:55,080円

参考:引越し侍

4月の中でも料金が一番高い日

赤色の日付(月初、GW、土日)は、割高料金がピークになる超危険日です!

4月1日~7日までは、3月中に引越し業者を確保できなかった新入学生や新社会人の駆け込みがあります。4月27日からはゴールデンウィークに突入するため、連休を使った家族引越しが急増!

4月引っ越し料金の最高値は以下の通りです。

  • 市区町村内(15km以内)の4月引っ越し
  • ●単身者の4月引っ越し最高値:266,000円
    ●3人以上の4月引っ越し最高値:466,000円

  • 遠距離地方(300km)の4月引っ越し
  • ●単身者の4月引っ越し最高値:490,000円
    ●3人以上の4月引っ越し最高値:500,000円

参考:引越し侍

4月の中でも料金がやや高い日

黄色の日付(4月8日以降)ですと引越し件数は落ち着いてきます。

料金は赤色の超危険日より30%ほど安くなりますので、安い日に引っ越しができなかった場合のために第二候補としてこの日付を覚えておいて損はありません!

4月の2週目は学生の新学期がスタートしているので、1週目に比べたら引っ越しの需要が徐々に減ってくる為です。

引越し業者の空き具合によってはさらに安く引越すことができます。

引越し件数が増えるタイミングは、割引をせずとも引越し依頼が殺到するため、割引が少なくなる上に割り増し料金を設定しているところもあります。

逆に引越し件数が減る時期は、引越し業者としては『依頼がないよりかは料金を安くしてでもお客を確保したい』と考えるため、割引が増えて料金が安くなる傾向にあります。

⇒カンタン入力30秒で見積もり料金がわかる!「引っ越し侍」はコチラ!

引越し
なるほど、4月の中だけでもこんなに料金に差が出るんだね。でも実際の4月引越しの料金はいくらかかるのか、もう少し具体的に知っておきたいな。
引越し
大丈夫!ちゃーんと引っ越し業者ごとに料金がどれくらい差が出るのかまでまとめておいたわ!引っ越しを安く済ませるには業者選びが一番重要なの!

業者によって料金相場の差が違う!


4月の引越し料金相場は、年間を通して見ると3月の次に高くなります。

ここでは、大手引越し業者のサカイとアート、中小引越し業者のアークとハート、合計4社の料金相場をまとめました!

【単身引越し】4月の引越し料金相場

引越業者 同都道府県 同都道府県
サカイ引越センター 58,829円 96,849円
アート引越センター 50,495円 108,281円
アーク引越センター 44,324円 73,269円
ハート引越センター 37,712円 87,121円
4社平均相場 47,840円 91,380円

単身の県外への引越しは、大手引越し業者のアートと中小引越し業者のアークでなんと約3万5千円の料金差が出ています!

【家族引越し】4月の引越し料金相場

引越業者 同都道府県 同都道府県
サカイ引越センター 91,525円 195,136円
アート引越センター 93,968円 180,976円
アーク引越センター 77,751円 132,748円
ハート引越センター 71,529円 197,018円
4社平均相場 83,693円 17,6470円

家族の県外への引越しは、中小引越し業者同士(アーク・ハート)にもかかわらず約6万円も違ってきます。

参考:引越し侍

たった4社の比較ですが、単身引越しで3万5千円、家族引越しで6万円も差が出ていることから分かるのは、選ぶ業者によって引越し料金で損をするか得をするかが決まるということ!

引越し業者は、名の知れた大手の他にも地域特化している業者が数多くあるので、もっと細かく調べていけばさらに料金を安くすることが可能になります。

とはいっても、片っ端から引越し業者を調べて問い合わせるとなると時間も手間もかかってキリがないですよね…

そこで便利なのが、引越し業者の一括見積もりサービスです。中でもオススメなのが「引越し達人」です。

引越し達人を使うと、簡単な入力をするだけで、大手から地元の中小引越し業者まで、210社以上の中から最安値の料金をその場で比較できます。

引越し業者を比較する際に必要な情報は『引越し先エリア』や『建物のタイプ』といった簡単な情報だけでOKなので、入力にかかる時間はたったの30秒!

料金と一緒に、プラン内容や口コミ評判なども一覧表でまとめて比較できます。料金の安さだけで引越し業者を決めるのはちょっと…という人も、まずは一度試してみてくださいね!

⇒カンタン入力30秒で見積もり料金がわかる!「引っ越し侍」はコチラ!

引越し
へー、引っ越し料金が一括見積もりできる「引っ越し達人」ってこんなに便利なんだ…これを使えば引っ越し料金がかなり安く済みそうだね!
引越し
そうなの、利用しない手は無いわね。でもこれだけで安心しちゃダメよ!引っ越し料金を安く済ませる方法はまだまだあるの!どれも自分で簡単にできるから、実践してみましょう。

家族引っ越しをする人はコチラ!

単身引っ越しをする人はコチラ!

家族引越しを極限まで安くするコツ


家族引越しを予定している人は、4月末のゴールデンウィークが始まる前に引越すのが正解!

ゴールデンウィークのようなまとまった休みは、引越しするのに良いタイミングと考える人が多いため、単身引越しだけでなく家族引越しも急増します。

ここからは、ゴールデンウィークに引越す予定のご家族も、そうでないご家族も使える、4月の家族引越し料金を極限まで安くするコツを紹介していきます!

4月の家族引越しを安くするコツ
  • 不用品を処分して荷物を減らす
  • 時間指定をせずフリー便にする
  • 値引き交渉をする

不用品を処分して荷物を減らす

家族引越しは、単身引越しと比べて家具のサイズが大きく量も増えますよね。

引越し料金は、業者に運んでもらう家具・家電、段ボール数などの荷物量によって変動するため、家族引越しは料金も高くなりがちです。

そのため、引越し料金を抑えるためには引越し業者に運んでもらう荷物量を減らすことが重要なポイント!

引越しを機に断捨離などをして、本当に必要なものだけを運び出すと良いですよ!

不用品を処分をする時は、ゴミとして捨てる他にも

  • リサイクルショップやフリマアプリで売りに出す
  • 欲しいという人に譲る
  • 買い替え予定のものは引越し先で買う
  • 自分で運べるものは自家用車や友人の車で運ぶ

といった方法があります。

まだ使えるものは、売ったり譲ったりすることで処分にかかる費用も抑えることができますよ!

見積もりの段階でまだ不用品が残っている場合は、「これは捨てるので」と引越し業者のスタッフに伝えれば大丈夫です。

時間指定をせずフリー便にする

引越し料金を安くするためには、時間指定をしない「フリー便」でお願いしましょう!

フリー便にすることで、引越し料金は約40%安くすることができます。

フリー便は、1日の中で引越し業者の空いた時間を使って作業するため、朝一からの作業となるか、夕方以降の作業となるかは引越し日が近くならないと判明せず、前日に知らされることもあります。

引越しを依頼する側としては少し不便に感じますが、完全に引越し業者の都合に合わせる分、引越し料金が安くなるという仕組みになって居ます。

引越しの時間帯には、フリー便の他に「午前便」と「午後便」がありますが、どちらもフリー便よりは料金が高くなります。

中でも「午前便」は、作業開始が朝一と決まっているため、料金は最も高く設定されています。

午後便は午前の作業が終わってからの開始となり、午前の作業状況によっては開始時間が前後することもあります。

どうしても午前中に引越さなければいけない場合を除いては、ぜひフリー便を検討してみてくださいね!

値引き交渉をする

一括見積もりで見つけた安い引越し業者を、さらに極限まで値切るには交渉が必要になります。

あれこれ安くして貰う理由を考えるより、一番効果的なのは他社で見積もった料金を提示することです!

一番簡単で効率の良い値引き方は、次の3ステップ。

一括見積もりサービスで複数業者の見積もりを取る

その中で2番目に安い業者(B社)に、1番安い業者(A社)の見積もりを伝え、A社よりも安くさせる

A社にB社の値引き後の料金を伝え、B社よりも安くさせる

このステップを踏めば、一括見積もりで最安値だった業者を、さらに値引くことが可能になります!

複数社の見積もりをまとめて取るには、下の一括見積もりサービスを使ってみてくださいね。

⇒カンタン入力30秒で見積もり料金がわかる!「引っ越し侍」はコチラ!

引越し
なるほど!不用品の処分やフリー便は、荷物が多い家族引っ越しに最適な方法だね。引っ越し費用がこれでまた抑えられる!
引越し
そうね!でも次は単身者の引っ越しを安くする方法を紹介していくから、見逃さないようにね!

単身引越しを極限まで安くするコツ


4月に単身引越しする人の中には、3月に引越し業者の予約が取れなかった人や、3月は料金が高いので4月にずらしたという人も多いのではないでしょうか?

入学や就職でただでさえ出費が増えるのに、引越し料金にまで高いお金を支払いたくないですよね…

ここからは、4月の単身引越し料金を極限まで安くするコツを見ていきましょう!

4月の単身引越しを安くするコツ
  • 月初を避け4月8日以降に引越す
  • 単身パックを利用する
  • ゆうパックで荷物を送る

月初を避け4月8日以降に引越す

3月の繁忙の名残は、2019年の場合4月7日(日)まで続くため、引越し料金が安くなるタイミングは4月8日(月)以降です。

進学や就職のために必ず4月初旬に引越さなければならない!という場合でなければ、中旬以降を狙いましょう!

4月8日以降で特に狙い目なのは、先程もお伝えしましたが16日、17日、18日、22日、23日、24日で、閑散期並みの格安料金になることが期待できます。

単身パックを利用する

単身引越しの場合、標準の引越しプランよりも「単身パック」を利用した方が安く済む場合があります。

単身パックとは、トラックを貸し切って荷物を運ぶのではなく、専用のコンテナボックスに荷物を積んで他の依頼者の荷物と一緒に載せて運んでもらうサービスです。

運ぶ荷物が少ない人、家具付きの物件に引越す人、家具や家電を新居で新調する人におすすめです。

単身パックを取り扱っている引越し業者の中でも、大手の「日本通運(日通)」のサービスが充実しているので、日通を例に紹介します。

【日通の単身パックの料金プラン】

プラン名
(コンテナボックスの大きさ)
1ボックスあたりの料金
単身パックS
(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)
16,000円~
単身パックL
(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)
18,000円~
  • PCやスマホから申し込むと2,000円割引
  • 2ボックス以上になった場合は1ボックスにつき1,000円割引
  • 開始時間を日通にお任せで1,000円割引

このように格安料金で利用できる点がメリットですが、一方で割り増し制度もあります。

  • 3/22~4/5は1ボックスあたり+5,000円
  • 土日祝日は1ボックスあたり+2,000円

単身パックは、1ボックスに収めてこそ格安引越しできるサービスです。

そのため、荷物が多く2ボックス・3ボックスになってしまう場合は、通常プランの方が安く済む可能性が高いです。

単身パックと通常プランでどちらが安く済むのか分からない…という人は、下の一括見積もりで標準プランの料金を算出してから検討するのが良いですよ!

⇒カンタン入力30秒で見積もり料金がわかる!「引っ越し侍」はコチラ!

ゆうパックで荷物を送る

家具や家電がなく「段ボールのみを運びたい」という場合は、ゆうパックが便利です。

ゆうパックで荷物を送る場合、段ボール1箱の大きさは「縦・横・高さの3辺合計が170cmまで」と決められています。

一般的に引越し業者で使われている段ボールは3辺合計が140cmなので、それよりも大きな段ボールで郵送が可能になるというわけです!

では、ゆうパックの料金はいくらなのか、3辺合計ごとの基本運賃は以下の通りです。

【同都道府県内へ送る場合】

縦・横・高さの合計 料金
100cm以下 1,260円
140cm以下 1,750円
170cm以下 2,300円

【北海道⇒東京へ送る場合】

縦・横・高さの合計 料金
100cm以下 1,730円
140cm以下 2,220円
170cm以下 2,800円

【沖縄⇒東京へ送る場合】

縦・横・高さの合計 料金
100cm以下 1,870円
140cm以下 2,400円
170cm以下 3,000円

参考:ゆうパック – 日本郵便

  • 「持込割引」や「複数口割引」でお得に!
  • 集荷ではなく事業所の郵便窓口に荷物を持ち込むと、「持込割引」で1個につき120円割引になります。
    同じあて先に2個以上の荷物を送る場合は、「複数口割引」で1個につき60円割引になります。

  • 段ボールの重さは25kgまで!
  • ゆうパックでは基本運賃で送れる荷物の重さが決まっており、包装後の段ボールの重さは25kg以下となっています。
    25kgを超える場合は、基本運賃プラス500円がかかってしまうので要注意。

  • 段ボールは自己調達で節約!
  • 段ボールを郵便局で購入すると、特大サイズ(3辺合計113cm)で1箱370円と高くついてしまいます。
    スーパーやドラッグストアなどで無料で段ボールが貰えるので、使用する段ボールは自己調達することが基本です!

引越し
引っ越しを安く済ませる方法ってこんなにあったんだね…きちんと学んでおかなきゃ、お金を無駄に払う羽目になってもったい無い思いをするね。
引越し
ただでさえ引っ越し費用がかかる4月は、いろいろと工夫をしなきゃね。4月引っ越しをとにかく安くするには、「引っ越し達人」で一括見積もりを出す事が必須ね!

4月の引っ越しはなぜ高いの?4月前後もまだまだ繁忙期な理由


引っ越しシーズンの春でも、3月・4月・5月で料金は違ってきます。3月は引っ越し需要がピークになるので料金が一番高く、1年の中でもっとも混雑する月です。

4月は3月に引っ越せなかった人の引っ越しが多く、料金もまだまだ高く3月と変わらない位引っ越し繁忙期になります。

5月になると、落ち着くかと思いきや…ゴールデンウィークに入るので家族連れの引っ越し需要が高まり、ゴールデンウィークが過ぎるまで料金も高く、まだまだ引っ越しの混雑が予想されるので注意が必要です!

4月がまだまだ引っ越しが多いのはなぜ!?

4月は会社の転勤、学生の新生活などがあり引っ越し需要が高まるため、引っ越し繁忙期となります。そのため4月の引っ越しは、通常よりもまだまだ料金が高いのが現実です。

引っ越し費用は

  • 荷物の量
  • 移動距離
  • 荷物を出す時間帯
  • 引っ越し時期
  • 以上の点で料金が計算される仕組みになっています。繁忙期である3月・4月は当然、どの引っ越し業者も忙しいので、料金は通常の2倍以上の金額になる事も…

    引っ越し需要が高い月には当然、スタッフの人数も多くなり、働く時間も長くなり体力も消耗するので人件費等の割増料金が加算されます。

    引っ越し繁忙期は黙っていても引っ越し依頼がひっきりなしにくるので、料金を1.5倍、強く出てで2倍以上の割増料金を設定している引っ越し業者もあります。

    3月が引っ越しピークにも関わらず、4月中も引っ越しが多い理由としては、3月中に引っ越しができなかった人たちの引っ越し需要が4月まで持ち越される事が挙げられます。

    4月の前半(1日〜7日)は特に、3月と比較すると料金が変わらないくらい高くなってくるので注意が必要です。

    引越し
    なるほど…3月と4月の引っ越しが高い理由がわかったよ。4月の前半に引っ越すとなると料金が3月と同じくらい高くなるんだね。気をつけなきゃ!
    引越し
    そうなの。でも4月の前半だけでなく4月の後半〜5月前半も、実は引っ越し料金が高い日があるの。これから説明していくから油断しちゃダメよ!

    4月後半〜5月前半に料金が高い理由

    4月後半以降で引っ越し料金が高くなる日はズバリ、4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク中です!

    引っ越し需要が高まる理由は、ゴールデンウィークのまとまった休みを使ったを家族引っ越しが多くなるからです。

    長期休みは、特に荷物が多い家族引っ越しをする人たちにとって格好のシーズン。荷物が多いとなると荷造りや荷ほどきなど自分たちでやる事も多くなり、土日だけだととてもじゃないけど時間が足りなくなってくるのです。

    3月・4月の繁忙期の単身引っ越し料金相場は、大手引っ越し業者で4万円〜7万円、中小引っ越し業者で3万円〜5万円程です。ゴールデンウィーク中も、3月・4月前半と変わらず引っ越し需要が高い為、引っ越し料金が同じ位の相場に!

    ゴールデンウィークを過ぎれば、引っ越し需要もだんだん落ち着いてきて料金が安くなりますので、もし繁忙期を避けられるようであれば、ゴールデンウィーク以降で引っ越しするのが賢明ですよ!


    引越し達人

    画像引用:引越し達人

    • カンタン入力30秒で見積もり
    • 引越し料金が最大55%OFF!

    大手から中小の引越し業者210社以上の中から、最安値の業者がその場で分かります。

    オプションサービスの内容や口コミも一覧表でまとめてチェックできます。