月別の格安引越し方法 2月引越しを格安にして費用節約をする唯一の方法とは?

2%e6%9c%88

1月に引き続き、2月の上旬~中旬までは引越しの閑散期なので安く引越すチャンス!

しかし2月下旬から状況は一変し、進学や就職を控える人たちの移動が始まり引越し件数が急増、料金も割高になります。

そこで気になるのが、

  • 2月の引越し料金相場はいくら?
  • 2月下旬はどのくらい割高になるの?
  • 2月下旬でも安く引越す方法を知りたい!

といったことではないでしょうか?

そこでこの記事では、上記の疑問を解決し、2月下旬でも安く引越す簡単な裏ワザを紹介します。

ちなみに、2月下旬と3月上旬を比べるのであれば、2月下旬の方が安く引越しできる可能性が高いです!

3月になる前に安くお得に引越しを済ませて、余裕を持って新生活への準備と心構えをしていきましょう♪

【裏ワザ!】引越し料金は2月下旬でも最大55%安くできる!

2月の引越しを安くしたいと思ったら、上旬~中旬を狙うか、下旬になってしまう場合は複数社から見積もりをとって料金を比較することが必要になります。

なるべく数多くの引越し業者から見積もりを取った方が大きく料金差が出やすいので、できれば最低5社は見積もりを取ると良いです。

とは言っても、引越し業者1社1社に問い合わせて毎回希望を伝えるのは面倒くさい、とにかく手っ取り早く安い業者が知りたいという人も多いと思います。

そんな時は「引越し業者の一括見積もりサービス」を使うと、大手から地元まで数ある引越し業者の中から、最大55%安く引越しできる業者を簡単に見つけることができます。

中でもオススメなのが「引越し達人」です。

  • 引越し達人・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較

仕事や家事のすき間時間で見積もりが取れるので、お金を節約しながら時間や手間もかけずに引越しすることができます。

引越しが決まったら、まずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね!

【引越し達人】で無料一括見積もり → https://www.hikkoshi-tatsujin.com/

引越し料金が割高になる2月の要注意日カレンダー

2月の引越し料金が高くなる要注意日をまとめました!

これから引越し予定日を決める人は、是非参考にしてみてください。

【2019年2月】
料金が割高になる要注意日!

1週目:2日(土)

2週目:3日(日)、4日(月)、9日(土)

3週目:10日(日)、11日(月)、15日(金)、16日(土)

4週目:17日(日)、21日(木)、23日(土)

5週目:24日(日)~28日(木)

土日祝日と大安の日(4日,9日,15日,21日,27日)に加え、5週目に入るとまるっと一週間、料金が割高になると予想されます。

上記のカレンダーに記載がない日付は、引越し業者が赤字を覚悟するくらい空いている日と予想されるため、2月に安く引越すのであれば1週目~3週目の平日が狙い目となります!

では、具体的な2月の引越し料金相場はいくらなのか、次の見出しでチェックしていきましょう。

2月の引越し料金相場!下旬は引越し料金が高くなる傾向に

2月の引越し料金相場を、引越し業者4社で比較してみました!

【同都道府県】2月の引越し料金相場

引越業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 50,747円 77,217円
アート引越センター 41,096円 71,820円
アーク引越センター 37,375円 62,000円
ハート引越センター 35,121円 51,284円
4社平均相場 41,085円 65,580円

【同都道府県】2月の引越し料金相場

引越業者 単身引越し 家族引越し
サカイ引越センター 70,860円 129,975円
アート引越センター 71,145円 131,097円
アーク引越センター 51,923円 73,457円
ハート引越センター 75,848円 11,7234円
4社平均相場 67,444円 112,941円

参考:引越し侍「サカイ引越センター」
引越し侍「アート引越センター」
引越し侍「アーク引越センター」
引越し侍「ハート引越センター」

業者によって大きく差が出ていますね!

中でも県外の家族引越しに至っては、大手のアートと中小のアークで約7万円の差額、中小同士のアークとハートでも約4万円の差額となっています。

このことから分かるのは、同じ2月の引越しでも選ぶ業者によって損をするか得をするかが決まるという事!

そのため、引越し料金を安くするためには”業者選び”が最も重要だと言えます。

とはいえ、引越し業者に1社1社電話をして希望を伝えるのは時間も手間もかかって面倒…

そんな時は、引越し業者の一括見積もりサービス「引越し達人」を使いましょう!

大手から中小まで210社以上の引越し業者から、最大55%OFFで引越しできる業者を見つけることができます。

お金を節約しながら、時間や手間もかけずに引越ししたい人はぜひ試してみてくださいね!

引越し達人

画像引用:引越し達人

  • 入力30秒で見積もり依頼!
  • 引越し料金が最大55%OFF!

荷物の量は入力不要なので、入力時間はたったの30秒!

引越し料金と同時に口コミやサービスも比較できます。

そして冒頭でもお伝えした通り、引越しの需要と料金は2月下旬にかけて高くなります。

2月下旬に引越しの需要が高くなる理由は、大学に合格した高校生や就職先が決まった新社会人が、新生活に向けて移動を始めるからです。

では一体、2月の下旬はどのくらい料金が高くなってしまうのか、某大手引越し業者に問い合わせてみると…

単身引越し・家族引越し問わず、下旬になると”平日の時間指定なし”の場合でも上旬~中旬に比べて2万~3万円は割高になるでしょう。上旬~中旬であればまだ件数が少ないことが予想されるため、値引きすることが出来ると思います。

とのことでした。

とは言っても、仕事や物件の都合で2月下旬に引越さなければいけない人も多いと思います。

2月下旬を避けられる人も、相場料金よりさらに安くできたら嬉しいですよね!

次の見出しでは、実際に2月に引越をしをした方々から聞いた、引越し料金を格安にするテクニックを紹介していきます。

実際に2月引越しを経験した方々の引越しデータ

2月に格安で引越した方々に、値下げした方法と実際にかかった費用について独自アンケートを取ってみました!

引越しした年 2013年 引越した人数 単身
移動距離 同市区町村(15km) 業者 アリさんマークの引越社
かかった費用 約4万円
→相場から12,223円OFF!
オプション ピアノ・車・バイクの搬送

同棲のため引越しをしました。自分で運べるものはできるだけ運んで、業者さんに頼んだのはどうしても運べないピアノと家具何点かだけにしました。休日や朝は高くなると聞いたので、引越しを平日の夕方にしました。

引越しした年 2017年 引越した人数 単身
移動距離 同市区町村(15km) 業者 大手以外
かかった費用 2万4000円
→相場から28,223円OFF!
オプション なし

アパートの更新時期に合わせた結果2月の引越しとなりました。自分の荷物量から、単身の引越しに特化した小中規模の引越し業者を探すことが安くするコツです。特に、大手の業者よりも隣県などの地元に根付いた業者さんは、格安で行ってくれるところがあるので狙い目です。

引越しした年 2016年 引越した人数 単身
移動距離 同一地方内(100km) 業者 サカイ引越センター
かかった費用 2万8000円
→相場から24,223円OFF!
オプション 不用品処分

キャンペーンが記載されたネットのバナー広告や、公式サイトのキャンペーンをくまなくチェックしておくことが安く引越すのに有効だと思います。他社ではこんなキャンペーンやってましたけど…?と料金以外にもキャンペーン内容で交渉できます。

引越しした年 2016年 引越した人数 2人
移動距離 同市区町村(15km) 業者 アリさんマークの引越社
かかった費用 7万9000円
→相場から1,219円OFF!
オプション エアコン・洗濯機・テレビ等の取り外し・取り付け

本当は3月に引越したかったのですが、とても料金が高いと聞き少し早めの2月にしました。楽天ポイントの倍率が平日なら7倍になると聞き、ポイントがたくさんもらえて安くつきました(※アリさんマークの引越社では楽天ポイントが貯まります!)。

引越しした年 2017年 引越した人数 2人
移動距離 同都道府県内(50km) 業者 アート引越センター
かかった費用 3万円
→相場から50,219円OFF!
オプション なし

もともと家賃を下げるために引っ越すつもりでした。3月に入ると引越し件数が多くなって料金が高くなりそうだったので2月のうちに済ませました。たくさんの業者に一斉見積もりして、見積もりに来た人に他社の見積もり資料を見せて交渉しました。

引越しした年 2016年 引越した人数 2人
移動距離 同都道府県内(50km) 業者 サカイ引越センター
かかった費用 7万6000円
→相場から4,219円OFF!
オプション なし

転職のため故郷に引越しましたが、それがたまたま2月でした。見積もりを取ってもらう時に、立ち合いながら「これは捨てるので」など細かく伝えて、「以前も同じ会社にお願いした」とも伝えました。少しでも安くならないか見積もりに来た方から上司の方へ連絡を取っていただき、交渉してもらいました。

引越しした年 2017年 引越した人数 4人
移動距離 同市区町村(15km) 業者 大手以外
かかった費用 3万8000円
→相場から46,052円OFF!
オプション なし

4月の子供の入学に合わせてそれまでに引越しておきたかったのですが、3月は料金が高いイメージだったので2月の引越しを選びました。大型の家具や家電のみ引越し業者に運んでもらい、ダンボールへの梱包と新居への運び込みはは自分たちで行って安くしました。

皆さん、相場料金よりもかなりお得に引越しされていますね!

3月は引越し料金が高いため2月中に済ませた、という方が多く見受けられました。

皆さんが格安で引越せたポイントをまとめると、

  • 複数の引越し業者を見積もって比較した
  • 荷物を最小限に抑えた
  • 自分で運べるものは自分で運んだ

という理由が大きいことが分かりました!ぜひ参考にしてみてくださいね。