埼玉の引越しは格安料金で人気のファミリー引越センターに注目!!

埼玉県の引越しは料金が安いファミリー引越センターに任せてOK

単身引越しはシングルプラン、家族引越しはファミリープランが料金お得!!

東京都と隣接している埼玉県は、都心への通勤も便利。
都内勤務のサラリーマンが家族を連れて都心から埼玉県へ引越す、
地方出身の学生が都心よりも家賃の安い埼玉県のアパートへ引越すとなどのケースが多く、
家族引越し、単身引越し共に需要が多い地域です。

そんな埼玉県内で引越しを考えるなら、絶対にハズせないのがファミリー引越センター。

埼玉の戸田市に本社を構える引越し業者で、全国的な知名度はまだまだですが、
関東圏内の引越しでは格安料金で定評があります。

【ファミリー引越センターの支店リスト】

支店名 住所
埼玉支店 埼玉県戸田市本町5-9-1
埼京支店 埼玉県朝霞市三原5-1-1
渋谷支店 東京都渋谷区道玄坂1-15-3
千葉支店 千葉県松戸市河原塚228-1
横浜支店 神奈川県横浜市都筑区佐江戸町349
多摩支店 神奈川県相模原市淵野辺本町2-21-13

格安の単身引越しはシングルプラン

ファミリー引越センターの単身プランで注目したいのは、断然「シングルプラン」です。

平日の首都圏内の引越しなら、最安値18,900円で引越しが可能というから、
費用があまりかけられない人にとって非常に心強い!!

格安で単身引越ししたい!! というリクエストを叶える非常にありがたいプランといえます。

レイアウト図を元に、小物や衣類などを元通りに収納してくれるという
便利なオプシがついた「シングルプラン梱包コース」でも42,000円程度。

単身で安く引越したい人にも、ちょっと手抜きしたいけど料金はそこそこ抑えて引越したい人にも最適です。

【さらに安くなる? ファミリー引越センターの引越し料金】

格安をウリにするファミリー引越センターの料金を、もっと安くしたい!!

そう思うなら、無料一括見積もりサイトを使って他の業者を競合させましょう!!

ファミリー引越センターの見積り料金がさらに下がったり、
もっと安い業者が見つかるかもしれませんよ。
詳しい方法は引越し体験談で紹介中です!!

引越し料金を1万円以上安くした一括見積り体験談はこちら

料金の安さ重視の家族引越しはファミリープラン!!

家族向けの引越しも充実したプランが用意されています。
大物家具の搬出・搬入など、ごく基本的な部分のみお任せするならシンプルな「ファミリープラン」。

首都圏内、3LDK程度の規模で54,600円~が料金の目安です。

梱包や荷解きも含めて全てお任せなら「ファミリープランフルコース」。
首都圏内、3LDK程度の規模で料金98,700円~引越しが可能です。

ファミリー引越センターについてさらに詳しく解説中
ファミリー引越センターのプラン詳細はこちら!!

引越し後に利用したい! 埼玉県とさいたま市の支援制度お役立ち情報

全国5位という人口を誇り、都心への交通も便利な埼玉県。
地方に住む人から見ると「都会」「犯罪が多い」・・・といったイメージが強いかもしれませんが、実はわりと田舎。
農業産出額全国6位にランクインするなど、農業が非常に盛んな、のんびりした土地柄も残しています。

引越し後の生活に便利な、各種優遇や支援制度もしっかりと整えられていて、
中でも、子育て支援に関しては非常に積極的!

まず、埼玉県が“県の事業”として取り組んでいる
代表的な制度といえば、「パパ・ママ応援ショップ事業」でしょう。

この制度は、子育て世代が埼玉県内の協賛店舗で買い物をした際、割引サービスやポイント還元サービスを
受けられるというもの。協賛店舗数は、2012年10月現在で15,382店にものぼります。
妊婦~中学3年生までの子供がいる家庭なら誰でも利用できるので、
県内市町村の窓口で「パパ・ママ応援ショップ優待カード」の発行をお願いしましょう。

ちなみに、埼玉・福島・茨城・栃木・群馬・新潟の6県が提携中。
提携先の県でも優待カードを利用できるところも、魅力のひとつといえます。

県庁所在地であるさいたま市には、「入居支援制度」があります。

これは、高齢者や障害者や一人親の世帯、被災者、連帯保証人がいないなど、
家賃を支払えるにも関わらず条件面でのハンディがネックとなり、
一般的な賃貸住宅を借りるのが難しい人をサポートしてくれる制度。

低所得者や高齢者向けの公共賃貸住宅も充実していて、引越し後の“もしも”の場合だって安心です!!

あなたへのおすすめ特集