愛知県の「ちゃんとしたお引越し」はアーク引越センターで!

愛知県の「ちゃんとしたお引越し」はアーク引越センターで!

名古屋が本拠地のアークに任せれば失敗はありえない!!

東海最大の都市・名古屋を擁し、世界トップクラスの自動車メーカー・トヨタ自動車のお膝元でもある愛知県。
東海地区の中でも特に人の出入りが激しいエリアで、特に、進学や就職、
転勤で他県から単身引越で移動してくる人が目立ちます。

そんな引越し激戦区を本拠地にするのが大手引越し会社のアーク引越センター。

名古屋市中川区に本社を構え、「ちゃんとしたお引越し」の
キャッチフレーズの元、着実にファンを増やしています。
『TVチャンピオン』引越し屋さん選手権(2008年)で、
見事、優勝を果たしたことも手伝い全国的にも評価ウナギ登り!!

アーク引越センターの愛知県支店一覧

支店名 住所
名古屋支店 愛知県名古屋市中川区荒子4丁目218番地
名古屋東支店 愛知県名古屋市天白区梅が丘5-2501
東海物流センター 愛知県名古屋市西区八筋町393-3

そんなアーク引越センターの料金相場を見てみましょう。皆さんの引越しの参考にしてください!!

同一市区町村内

単身引越し(荷物少な目) 25,000円~35,000円
単身引越し(荷物多目) 30,000円~50,000円
家族引越し(3人) 50,000円~120,000円
家族引越し(4人) 70,000円~200,000円


愛知県内

単身引越し(荷物少な目) 30,000円~50,000円
単身引越し(荷物多目) 40,000円~70,000円
家族引越し(3人) 70,000円~150,000円
家族引越し(4人) 70,000円~220,000円

【アーク引越センターの料金を安くするポイント】

同じタイプの引越しでも、かなり料金の差がありますよね。
これは、引越し費用を安くすることができるということの裏返し。
アーク引越センターに限らず、すべての引越し業者に言えることなんです。

引越し料金は、ある方法を使うともっと安くできる可能性があるります。

それは、無料の引越し一括見積もりサイトを使い引越し業者を競合させること。
なんとこれだけで、値引きを引き出すことができてしまうんです!!

アート引越センターの見積りが安くなるだけでなく、もっと安い業者が見つかるかもしれませんよ。
当サイト掲載中の引越し体験談をぜひ見てください!! その方法が詳しく書かれています!!

管理人ヒロの引越し一括見積もりサイト体験談はこちら



アーク引越しセンターの強みは、徹底した社員教育に裏付けられた
サービスとギネスに登録されたほどのネットワークの充実です。
そのことは、ネットの口コミのスタッフの態度に対する評価の高さから見て取ることができます。

引越しプランは「楽をしたいか」「そこそこ楽をしたいか」
「楽せず料金を安くあげたいか」の目的に合わせて選ぶことが可能。

子供がいて引越しの準備がままならないようなら「スペシャルコース」、
荷物が少ない単身引越しなら「ミニ引越しプラン」がオススメ!!

スペシャルコースは、荷造りから荷ほどきまでの全てのプロセスを任せられる超楽ちんプラン。
ミニ引越しプランは、1Kサイズや独身寮への引越しに最適です。

単身で100km以上の長距離引越しになるようなら、「長距離ミニ引越し」がベスト。
引越しと宅急便の中間的サービスで、荷物到着に日数がかかる場合があるものの、
通常の引越しプランよりも料金を格安で済ますことができちゃいます。

>>アーク引越センターは評判通りのサービスなの?
>>アーク引越センターの料金とプラン詳細

引越し後に利用したい! 愛知県と名古屋市の支援制度お役立ち情報

愛知県は、日本のモノづくりを支える中京工業地帯のメインエリア。
東海地区の中心エリアということで、愛知県に本社や支店を構える大手~中小企業も多く、
ビジネスの関連で愛知県に引越してくる方もかなりの数に上えいます。

それだけの大都市圏ですから、市民生活に役立つ各種支援制度がもちろん充実!!

愛知県では「愛知県医療安全支援センター」を設置して、
患者やその家族からの医療相談・苦情に応じています。

引越し後、病院探しや医療トラブルで困った時に、このサービスを利用すると良いでしょう。

また、地球温暖化問題の取り組みも真摯に行っていて、
「住宅用太陽光発電施設導入促進費補助金制度」を設置。

個人住宅で太陽光発電施設を導入する際に、
その経費の一部を愛知県が補助してくれるので覚えておきましょう。

この他、各市町村規模で様々な制度が。

県庁所在地の名古屋市オススメは、「びよか」という子育て家庭優待カード。

このカードを提示すれば、協賛店舗で各種割引・特典サービスを受けられる制度が実施されています。
引越し後に子育てを控えている家庭には嬉しい支援制度ですよね。

「びよか」の対象者は、名古屋市在住で18歳未満の子供を一人以上持つ家庭。
カードは、保育園、幼稚園、小・中学校を通じて配布されています。
妊婦さんは、母子手帳を交付される際に一緒にもらえます。

また、郵送で交付してもらうこともできるので、
引越したばかりでまだ手元にない方は名古屋市の公式HPを確認してみましょう。

あなたへのおすすめ特集