日通 引越しで料金を安くする意外な方法って!?

手際の良さはさすが運送業界最大手!! 日通の引越し利用者は合格点が多数派

たかが引越し! されど引越し!! 大手運送会社のプライドを見よ

運送会社大手の「日本通運」が運営している引越しサービスは、
引越し専門業者ではないとはいえ、運送のプロたちが手がけることに変わりはありません。

仕事の段取りが良く「さすが日通!」と納得させる仕事っぷりです。

「しつこい営業がない」という点を評価する人も多く、
大手運送業者ならではのプライドと余裕を感じさせます。

日通の引越しの口コミ
20代・男性
引越し初めてです。オペレーターの人が親身になって話を聞いてくれたのが嬉しかった。最終的には単身パックで決定して費用も安く上がっりました。ありがとうございました。【20代・男性 大分県】
30代・男性
責任者の部下に対する態度が最悪。何もそんな言い方しなくてもいいでしょうっていうぐらいかわいそうでした。舌打ちとかしてるし。おかげで質問やお願いがしずらくて、引越し中ずっと嫌な気分。【30代・男性 富山県】
40代・女性
清潔なユニフォームをきちんと来ている男性が3人来てくれましたよ。身だしなみのように対応がきちんとしていて手ぎわの良さも◎。前にお願いしたことのある某大手は作業員が腰ばき。大違いですね。【40代・女性 滋賀県】
20代・男性
経験値の低いスタッフが1人いてちょっと危なっかしかった。荷物の破損がなくほっとしました。その他はまあまあでした。【20代・男性 東京都】
40代・男性
転勤で日通を利用。会社と法人契約を結んでいるので料金が高いのか安いのかはわかりません。法人契約ということがあるのかもしれませんが、対応はなかなかのものでしたよ。【40代・男性 岩手県】

日通の引越しで特徴的なのは、段ボールを一切使用しないこと。
独自開発の素材を使った「えころじこんぽ」という箱に詰めて運送するため、
荷物を段ボールに梱包する必要がないのです。

「えころじこんぽ」は繰り返して使えるリサイクルBOX。
資材費用や梱包の手間を削減することができるばかりではなく、
引越し後に出る大量の段ボール・ガムテープゴミの削減につながります。

環境意識の高さは日通ならではのポイントです。

他社にはないありがた~い独自サービスも充実!!

例えば、引越し後に水周りやカギのトラブル、ガラスの破損などがあった場合、
30分無料で現場作業に対応してもらえるんです。交換や処分にかかる費用は別料金となりますが、
利用は何度でもOKなんですよ。

他にも、限られた時間内であれば、法律相談や医療相談、ペット相談、
車の事故に対するロードアシスタントなどを無料で受けられるというサービスもアリ。

ただ単に荷物を運ぶだけではなく、引越しに伴うさまざまな
困りごとの相談をサポートしてもらえるというのは非常に心強いですね。

一部の単身パックはパック料金制なので料金がわかりやすい! しかも安い!
さらに、インターネット申し込みだと、単身パックが1,050円割引になるメリットがあるんです!!

●関連記事:日通の引越しプランと料金

家族で引越しの場合も、公式HPから引越しのお得日を調べることが可能。
安い日を選ぶことができるなんて非常に良心的です。

日通の引越し料金見積り方法

公式サイトのトップページ最上部に、見積もりの流れと依頼フォームがセットで掲載中。

単身引越しはともかく、家族引越しの場合は原則として
訪問見積もりが必須のため、正直、まどろっこしいというのが本音です。

見積りフォームを使った場合、基本的な流れは次のような感じになります。

【家族引越し】
1) フォームに基本情報を入力
2) 受付番号発行
3) 訪問見積りのスケジュールの相談および確定
4) 訪問見積もり時に見積料金提示

【単身引越し】
1) フォームに基本情報を入力
2) プランの選択、作業予定日の選択
3) 見積もり金額と空き状況が確認できる
※訪問見積もりは不要

フリーダイヤルでも見積もり依頼を受け付けていますが、
引越し概要を口頭で説明するのは、かなり時間がかかるのでオススメはできません・・・。

【日通の引越し料金よりも安く引越しをするなら】同じ日、おなじ時間、おなじ荷物量なのに業者によって引越し料金は2倍近く変わることも。
引越を経験したことのある人なら、そんな経験をしたことがきっとあるはずですね。

引越し前後はお金の出費が思いのほかかさむもの。費用代はしっかり節約しましょう。
引越し料金を安くするポイントは複数業者の相見積をすることです。

ですが、1社1社に見積もりを依頼するのは時間も手間もかかって大変ですよね。
そこで「ある方法」を活用してみてください。効率よく一番安い業者を見つけることが出来ますよ。

それは・・

引越し料金を3万円以上安くする方法はこちら