単身引越し料金 単身引越しなら1万円台で可能!賢い引越しをしてみませんか!?

1万円台で可能な単身引越し!
その方法をおしえます!

  • 赤帽いいとも急便の1万円台単身引越し
  • TPO引越し単身ナビパックを使っての1万円台単身引越し
  • 1万円以内でおさめる自力引越し方法
単身引越しなら1万円台!賢い引越しをしてみませんか!?

単身での引越しは1万円台で行う事は可能なのか?

日本には引越し貧乏という言葉があります。

引越しは思っている以上にお金がかかるもの。
できるだけ引越しにかかる費用を抑えたいのは引越しをする人のほとんどが考える事です。

では、単身引越しが1万円台でできると聞いたら、どう思いますか?
実は単身引越しなら1万円台で引越しをする事は可能!

1万円となると色々と条件はありますが選択の幅が広がるように、これから1万円台で単身引越しを可能にしてくれる引越し業者、そして1万円以内で自力引越しする方法を紹介します☆

赤帽いいとも急便を使って1万円台単身引越し

最初にご紹介するのは『赤帽いいとも急便』。
軽トラ1台、作業員1名で行う『単身向け・格安引越しプラン』サービスがあり、距離は20kmまでですが料金はなんと¥13,500(税抜)~。

積載できる荷物量はダンボール箱(みかん箱サイズ)なら30~40個程度可能で荷物の補償も付いています。
大きな荷物(冷蔵庫、洗濯機、ベットなど)があった場合でも、ダンボール箱5個程度までなら積載可能との事。

単身での近距離(20km)引越しであれば、かなりお得な料金だと思います。

そして引越し日時を赤帽いいとも急便で指定された日で行えば、1万円以下になる格安サービスも!

ただ、この単身向け・格安引越しプランでは、梱包資材(ダンボール、ガムテープなど)は含まれておらず、荷物の積み込み、積み出しは行ってくれますが、梱包・荷解き作業は自分で行う必要があるので注意です。

また、荷物がタンス・棚・ベットなどの大型家具、冷蔵庫・洗濯機・テレビなどの大型家電、そしてバイクなどの大きな荷物のみで軽トラック1台に積み込める分だけであれば『家財運搬』というサービスがあり、6千円(税抜)~という格安サービスも!
ただし、これもやはり安くするための条件があり近距離、そして荷物の積み込み、積み出しの協力があってとの事。
大きな荷物のみ、そして体力に自信がある人には、とても良い引越しプランではないでしょうか。

TPO引越し単身ナビパックを使っての1万円台単身引越し

次にご紹介するのはTPO引越し単身ナビパックです。
全国ネットの赤帽とは違いますが、首都圏を中心に営業をしている引越し業者。

通常の単身引越しパックは¥12,000(税抜)~ですが、この業者での一番の売りは何といっても『ミニ引越パック』!

荷物が少なめ(ダンボール6箱程度)、近距離(20km以内)、平日という条件がありますが、このサービスを利用すれば、最安値で¥8,640(税抜)という格安料金で引越しができます。
荷物が少なめの学生さんの引越しにはもってこいのサービスではないでしょうか。

ただし、タンス・本棚・ベット・冷蔵庫・洗濯機などの大きな家具、家電がある場合には、通常の単身引越しパックになってしまうので、見積もりや依頼する時に要確認です。

1万円以内でおさめる自力引越し方法

引越し業者を使わずに自力で行う引越しは1万円で収まるのか、一般的な料金を調べてみました。

軽トラックをレンタカーした場合、費用としては半日¥5,000~8,000程度が相場です。
車を返却する際に使用した分のガソリンを入れて返却する必要がありますが、移動距離を仮に20km以内とした場合、燃料費は¥1,000以内で済むでしょう。

梱包資材のダンボールは近所のスーパー、コンビニなどに行けば無料で譲り受ける事ができるので、ガムテープ、紐などは購入してください。費用は¥100~200程度で入手できるでしょう。

ざっとですが、1万円以内で収める事ができますね!
もし友人、知人から軽トラックなどの荷物の運搬に適した車を借りる事ができれば、レンタカー料金が浮くので、¥5,000以下という可能性もあります

また、引越し業者紹介で2番目にあげたTPO引越し単身ナビパックでは、引越し用の軽トラックをレンタルするサービスがあります。
3時間で¥8,640(税込)になり、引越し資材(ハンガーBOX・クーラーBOX・布団袋・プラ段ボール10枚・ハイパッド3枚)・台車のレンタル代も含まれています。

その後は、1時間ごとに¥2,160加算されます。
交通渋滞で時間がかかってしまったとしても延長扱いになるので、土日は特に注意してください。
※使用した分の燃料費は別途必要になります。

ここまで、自分一人で引越し作業を行う自力引越しを想定した費用で算出しましたが、荷物量が多かったり、大きな家具・家電などがあると家族や友人、知人に手伝ってもらった方が、かなり楽になると思います。
その場合、手伝ってくれた人たちへお礼や食事をご馳走したりすると、意外と実際にかかった引越し費用より高くなってしまった!というケースがあります。

引越し自体を安くすませたいか?または引越しをイベントとしてみんなで楽しくやりたいか?など、どれを優先するか考えて決める事が良いのではないでしょうか。
また手伝ってくれた人の引越し経験が少ないと、荷物の運び方に苦労したり、荷物や建物にキズを付けてしまう事もありますので、この点も含め自力引越しを検討してください。

引越業者と自力、どちらがよいのでしょうか?

1万円台で引越しできる引越し業者と1万円以内で自力引越しする方法を紹介しましたが、どちらともメリット、デメリットがあります。

【引越業者のメリット】
●自らの労力を最小限におさえられる
●家具や家電、住居等の損傷がなく万一の場合も補償される
【引越業者のデメリット】
●料金を下げようとすると日程、時間、運搬方法などに制約がでる
●繁忙時期になると料金がかさむ

【自力引越しのメリット】
●自分の好きな時間、タイミングで引越しができる
●費用をおさえようと思えば、最小限におさえる事ができる
【自力引越しのデメリット】
●労力がかかる
●家具や家電、住居等を損傷した場合の補償がない
●助っ人を頼むとお礼等で費用が嵩む

引越し業者、自力とも費用を安くおさえようとする分だけ、自からやる事は増えてきます。
逆に自らのやる事を人に任せた分だけ費用は膨らみます。
費用と疲労を天秤にかけ、どちらが良いかという考え方が普通だと思いますが、
先にも述べたように引越しをイベントと捉え、友人・知人を集めワイワイしながらやるのも結構楽しいかもしれませんよ。

1点に絞って考えず、色んな角度から考え検討する事をオススメします。
最後に一言、引越しを行う時は引越し業者にしろ、自力にしろ『TO DOリスト』を作成し、運ぶ荷物の確認、時間のスケジューリングなどは事前に準備しておきましょう。

あなたの引越しが楽しく良い引越しになる事を心より祈っております。

引越し業者の料金を安くする方法はこちら

    関連記事