単身赴任の引越し費用は繁忙期でも必ず格安にできる!?

a002

突然の辞令で決まった単身赴任。
ただでさえ気忙しい中、引越し業者も自分で決めなければならないとなればもうバタバタ。

単身赴任の引越しは時間との勝負!

引越し費用が会社請求ではなく自分で立て替えなければならないとなれば、少しでも安い業者を探して費用を抑えたいところですよね。

仮に会社が引越し費用を負担してくれたとしても、費用の限度が決まっていたりと何かと不自由だと思います。
限られた時間の中で単身赴任の引越し料金を安くしてしまうワザとは果たして…?

単身赴任の引越しをよりスピーディーに格安にするにはこうする!

単身赴任の場合、会社が提携している引越し業者がある場合とない場合があります。
前者の場合は提携業者の中から業者を選ぶ事になるため、まず社内担当者に確認します。

提携している業者がない場合は引越し業者探しから自分で行う事になります。
この時に引越し業者選びは個人任せという会社もあれば、見積りは自分で取ってそれを検討するのは会社というパターンが考えられます。

自分の会社はどちらのタイプなのか?
見積りは1社で良いのかどうか?
複数社必要な場合は何社必要なのか?

単身赴任の引越しが決まったら自分が取るべきアクションを担当者や身近な転勤経験者に相談して確認しましょう!

また、費用の負担区分についても事前確認が必須。
『ここまでは会社が負担』『ここからは自腹』という線引きが明確になっているはずです。

これを確認した上でオプションの追加などを検討していきましょう。
例えば、エアコンの着脱などは〇台までは会社負担と台数指定があったり、荷物の梱包サービスやピアノ輸送を頼む場合は自腹でといった縛りがある可能性があります。

ここまで確認したらいよいよ引越し業者探しです!
とは言え転勤が最も多い3~4月は、学生の卒入学とも重なって引越しの繁忙期。

急な引越しに格安で対応してくれる引越し業者を見つけるのは至難の業…

そんな厳しい状況下でもたった3分程度の作業で済んでしまうある方法を使えば格安料金で対応してもらえる引越し業者を簡単に探す事ができます。

単身引越しを安くする方法はこちらから

単身赴任の引越しの場合、リーズナブルな単身パックに頼りがち。
でも、荷物が多めの場合は専用BOXが2個必要になり逆に高い費用になる可能性があります!

中小引越し業者の単身プランを利用した方が費用を安く抑えられる事もあるので、安易に単身パックに決め込まずある方法を試してみてください。

繁忙期の単身赴任引越しも楽勝

businessman3

引越しのハイシーズンである3月~4月は費用を安くあげるどころか希望通りの日程で引越しができない可能性も…。

でも、ある方法を活用すれば希望通りの日程で、相場料金よりも安い費用で単身赴任引越しをする事は決して難しい事ではありません。

繁忙期でもたまたま日程にキャンセルが出たという場合は、棚ボタ的に格安料金で引き受けてくれる引越し業者もあります。

大手・中小引越し業者から複数の見積りを取り、その中で一番安い引越し業者に決めてしまうのは手っ取り早いけどもったいない!

ある方法を利用して交渉すれば更に引越し料金を安くする事ができますよ。
どうしてもハイシーズンの引越しを避けられないという場合は早めにアクションを起こしてください。

急な転勤引越しで時間がなくても諦めない事がポイント。
時間がないからこそ利用すべきなのがある方法です♪

引越し繁忙期でも安く引越せる秘密はこちら