少しでも安い引越し料金を狙うなら3月と4月、土日は絶対に避ける!!

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc2

全く同じ内容の引越しプランでも選ぶ日にちによって引越し料金は変わってきます。

それは、引越し業者にも忙しい時期や曜日があるため。

引越し業者側は売上を安定させるために引越しニーズに合わせて料金をコントロール。
依頼が多い時期や曜日なら、引越し料金を安くする必要はないですよね。

だからと言って、引越し料金が高い時に高い料金のまま引越しをしてはいられません!

引越し料金を安くあげるためには、利用者も賢く引越し希望日を選ぶ必要がありますよ。

3月~4月は引越しのハイシーズン!引越し料金もバカ高い

%e3%81%8a%e6%9c%ad

遠方の学校へ進学する、卒業して就職のために実家を出る、就職して地元に戻る学生、旦那さんの転勤の都合で遠方へ引越し…単身引越し、家族引越しと、ありとあらゆる形態の引越しが集中するのがこの時期。

1年で最も引越しが多い時期と言えば3月~4月。

引越し業者にとって最高の稼ぎ時です。

ひっきりなしに依頼があり、トラックやスタッフをローテーションするのが精一杯。
黙っていても依頼がくる繁忙期にわざわざ価格を下げてまで利用者を獲得する必要もありませんよね。

要するに値段交渉をしても応じてもらえない事が多い時期でもあります。

また、通常よりも価格を吊り上げて提示してくる引越し業者がほとんどで、オフシーズンと比べると引越し料金は約1.3~1.5倍もUP。
早速繁忙期と通常期の相場料金を比べてみましょう。

3月~4月:繁忙期(オンシーズン)

単身 ¥45,000~63,000
4人家族 ¥140,000~250,000

5月~2月:通常期(オンシーズン)

単身 ¥37,000~55,000
4人家族 ¥110,000~140,000

※あくまでも目安なので、荷物量や距離等で価格は異なります

進学や急な転勤等ではない限り繁忙期の引越しはできるだけ避けたいところ…
どうしても繁忙期に引越しをしないといけない場合は、節約プランなどを選んで荷造りや荷解きは自分たちで行いましょう!

なるべく有料オプションをつけないのも一つのポイントです。

また、同じ月でも後半の20日以降は引越しが多くなる傾向にあります。
これは家賃の支払いが月単位である事やお給料の支給日も関係しているのかもしれませんね。

土日、祝日を避けて平日に有給休暇を有効活用

繁忙期ではなくても曜日によっても引越し料金は変わってきます。
多くの人が平日は学校や仕事で忙しいため土日に引越しを済ませようとしますよね。

その結果、引越しの依頼は土日に集中!

引越し料金も吊り上げられてしまう訳です。
どの程度異なるのかダック引越センターのケースを例に見てみましょう!

条件:単身引越し、同一市区間(東京23区)

曜日 料金
火・水・木 ¥16,200
月・金 ¥19,440
土・日 ¥21,600

週の半ばと週末の料金を比べると5千円以上も開きがありますね。
裏を返せば『金曜か月曜に有給休暇を使って土日と合わせて引越しをしよう』と考える人が多い証拠です。

単身引越しでここまで違うなら金額が一気に跳ね上がる家族引越しだと曜日によって尚更料金差が大きいという事。
では、引越し費用を少しでも安く抑えるにはどうしたら良いのでしょうか?

一番賢い方法は有給休暇を週の半ばに取得して引越しをする事。

更に、値段交渉が通用しない繁忙期でも引越し料金が安くなる”ある方法”があります!

それは…
引越し料金を格安にする方法はこちら

引越し先の都道府県や荷物量を入力するだけで引越し料金の見積もりがとれる便利な方法です!
入力時間もわずか3分と時間もかからないのでオススメ。

実は繁忙期でもこの方法を利用すると、必然的に複数の引越し業者から見積もりをとる事になり相見積もりの状態になります。
その相見積もりで各引越し業者からだしてもらった見積もり金額を他の引越し業者の営業マンに伝える事で値引き交渉に応じてくれるのです。

ただし、「これ以上は料金を下げる事は難しいので今回はお断りさせてください」と言われてしまう可能性もあります。
あまり欲をかいて安くしようとしすぎないように注意してくださいね!

縁起の良し悪しにこだわると泣きを見る

時期や曜日に加えてもう一つ引越しの料金を左右するのが縁起。

大安は引越しが集中するので価格は高め。

反対に仏滅は人気がないので価格が安くなる傾向にあります。
『せっかくの新しい門出、できれば縁起の良い日に引越したい』

誰しもが考える事だと思います。
ただの迷信だとしても縁起というのはなんとなく気になるものですよね。

でも、ものは考えようで仏滅は仏様がいなくても平気なくらい良い日という解釈もあるのです!
今日は仏滅だからケガをしないように作業しなくてはと、リスク管理を強化する意味もあります。

考え方次第では大安よりも吉日と言えるかもしれませんね!

縁起にこだわりすぎてムダな出費を重ねるのはもったい気もします。
本当に縁起や六曜が自分の引越しにそこまで優先順位が高いのか、その辺も引越し業者を選ぶポイントにしてくださいね。

引越しをするベストシーズンはやっぱりオフシーズン

繁忙期の3月~4月は間違いなく引越し料金が高いです。

でも、通常期である5月~2月の間にも、実は繁忙期並みに引越し料金が高くなる月があります。

3月~4月についで引越し料金が高くなるのが7月!
お子さんの夏休みを利用して引越しをする人たちが増えるのです。

また、9月~10月も転勤が増えるため引越し料金は高めの設定になっています。
私はこれを隠れ繁忙期と呼んでいます(笑)

引越しの繁忙期には必ず理由があります。
それがわかっていれば繁忙期を避ける事ができますよね。

どうしても繁忙期にしか引越しができない人も、値下げ交渉で引越し料金を格安にする事はできます。

ベストなのはオフシーズンですが引越し料金を下げるための”ある方法”を使って繁忙期でも格安引越しをしましょう!