引越し料金を安くする5カ条 少しでも安い引越し料金を狙うなら3月と4月、土日祝日は避ける!!

引越し業者に全く同じ引越し条件で見積もり依頼をしたとします。
でも、全く同じ条件なのに、希望日として選ぶ日にちや曜日で引越し料金は変わってきます。

その理由は、引越し業者にも忙しい時期や曜日があるため。

通常期と言われる5月~2月は比較的値段交渉にも応じてもらえますが、繁忙期の3月~4月、ましてや土日・祝日ともなると値段交渉以前に、予約がとれるかどうかもわかりません。

普段は引越し料金を安くしないとなかなか契約がとれない引越しも、依頼が多い時期や曜日なら、わざわざ引越し料金を安くする必要はないですよね。
でも、どうしても繁忙期の時期にしか引越しできない人も中にはいると思います。

もしも引越し希望日がずらせる場合はまず3月~4月を避ける、引越し希望日がずらせない場合は…どちらの場合も引越し料金が安くなる裏ワザを活用しましょう!
引越し料金を安くしたい人必見!

3月~4月は引越しのハイシーズン!引越し料金もバカ高い

遠方へ進学、就職のために実家を出る、就職して地元に戻る、旦那さんの転勤の都合で遠方へ引越しなど、単身引越しも家族引越しも、あらゆるケースの引越しが集中するのが3月~4月。

1年で最も引越しが多い時期が3月~4月で、引越し業者にとっては最高の稼ぎ時です。
ひっきりなしに依頼がありトラックやスタッフを手配するのが精一杯、黙っていても依頼がくる超超超~繁忙期のため、価格を下げてまで利用者を獲得する必要がない時期なのです…

この超繁忙期は普通に値段交渉をしても応じてもらえない時期でもあります。
また、通常よりも価格を高めに提示してくる引越し業者がほとんどで、通常期と呼ばれるオフシーズンと比べると引越し料金は約1.3~1.5倍もUP。

3月~4月:繁忙期

単身4人家族
¥45,000~63,000¥140,000~250,000

5月~2月:通常期
単身4人家族
¥37,000~55,000¥110,000~140,000

※荷物量や距離で価格は異なります

表にあるように繁忙期と通常期では単身引越しで1万円以上、家族引越しだと10万円以上も差が出る事もあり、1.5倍以上も引越し料金が高くなる事なんてざらなのです。
進学や急な転勤などではない限り繁忙期の引越しはできるだけ避けたいですね。

どうしても繁忙期に引越しをしないといけない場合は、荷造りや荷解きは自分で行う節約プラン節約プランなどにすると費用を抑えられます!
なるべく有料のオプションサービスをつけない事も一つのポイントですね。

また、同じ月でも20日以降~月末は引越しニーズが多くなる傾向にあり引越し料金も高めなので、できれば希望日としては避けたいですね。

基本的に月末の土日は引越しニーズが多いのですが、これは家賃の支払いが月単位である事や給料日に合わせて引越しをしたい人が多いからかもしれませんね~。

土日しか引越しができない時の格安引越し方法

引越し料金は曜日によっても変わるもの。
多くの人が平日は仕事や学校で忙しく土日に引越しを済ませようとするため、引越しの依頼は土日に集中=引越し業者が稼ぎ時の土日は引越し料金が高いという事になります。

引越しのニーズが高い時期・曜日には引越し料金も高くなると覚えておいてください!

ただ、引越し業者の中にはお得な日がわかるカレンダーを掲載しているところもあるので、自分の引越し希望日は安く引越しできそうか参考にすると良いと思います。

画像引用:サカイ引越センター

画像はサカイ引越センターのお得な日がわかるカレンダーで、四角くピンクになっている部分は赤字覚悟=安く引越しができる可能性がある日、白い部分は特に割引などはありません。
繁忙期の3月・4月はもちろん、2月も土日はピンクになっていませんね。

会社や学校の都合で土日しか休みが人は、どうしても土日に引越しをするしかないですよね。
社会人なら有給を使って平日に引越しという手もありますが、引越しに有給を使うのは非常識ではないのかなど気になる部分もあり、引越しに有給を使う事に抵抗がある人もいると思います。

そんな時は私も活用している引越し料金が安くなる裏ワザがオススメ!
引越し料金の高い繁忙期も、土日・祝日も、この裏ワザを使うと引越し料金が高くなるのを抑える事ができるのです。

繁忙期でも引越し料金を安くできる裏ワザ伝授

繁忙期は値段交渉をする事すら難しいのですが、この裏ワザを活用すれば値段交渉もできる上に、繁忙期にもかかわらず相場料金以下で引越しができるかもしれません!

ただし、繁忙期は予約がすぐにいっぱいになり、引越し業者のトラックや作業員が足りずにお断りされる事も本当にあります…

まずは、引越し業者を押さえるために、繁忙期は最低でも1ヵ月前には見積もり依頼をしましょう!

引越し希望日は縁起の良し悪しにこだわると泣きを見る

時期や曜日に加えてもう一つ、引越し料金を左右するのが縁起。

『せっかくの新しい門出、できれば縁起の良い日に引越したい』と多くの人が考えるため、縁起の良い大安は引越しニーズは増加し価格は高めに。
反対に仏滅は人気がないので価格が安くなる傾向にあります。

確かにただの迷信だとしても、縁起というのはなんとなく気になるものですよね。
でも、ものは考えようで、仏滅は仏様がいなくても平気なくらい良い日という解釈もあります!

今日は仏滅だからケガをしないように気を付けて作業しなくてはと、リスク管理を強化する事もできます。
引越し料金もお得な仏滅は、考え方次第では大安よりも吉日なのかもしれませんね。

新生活のスタートに向けての引越しとは言え、縁起にこだわりすぎてムダな出費を重ねるのはもったい気もします。
何を優先するのかは人それぞれですが、何かしら妥協する事も必要かもしれません。

引越しするならオフシーズンを狙う

繁忙期の3月~4月は間違いなく引越し料金が高いです。
でも、通常期である5月~2月の間にも、繁忙期並みに引越し料金が高くなる月があります。

まず、3月~4月についで引越し料金が高くなるのが7月~8月!
お子さんの夏休みを利用して引越しをする人たちが増えます。

また、9月~10月も転勤が増えるため引越し料金は高めの設定になっています。
ただ、引越し業者の人手不足により引越しができない事が問題となったため、異動の時期をずらすという対策をとる企業もあるようです。

通常期の間にも実は引越しニーズがかなりある隠れ繁忙期がありますが、隠れ繁忙期でも引越し料金が安くなる裏ワザを使えば相場料金以下で引越しをする事はできます。

私も夫の転勤のための引越しでかなり損した事があり、いまだにトラウマ…裏ワザを知っていればこんな事にならなかったと思うと悔し~。隠れ繁忙期には要注意です!

その他、5月のゴールデンウィークもまとまった休みがとれる人が依頼するため、引越し料金が高くなる傾向にあります。

引越し料金が高くなるのは需要があるから

引越しの繁忙期に引越し料金が高くなるのは理由があります。
その理由がわかっていれば繁忙期を避ける事ができる人もいますよね。

どうしても繁忙期にしか引越しができない人も、値段交渉で引越し料金を格安にする事はできますよ。

ただ、値段交渉をするためには直接引越し業者に連絡するのはNG。
直接引越し業者に連絡してしまうと、信じられないような金額で見積もりを出してくる可能性があり、断るのが苦手な人なら高い金額のまま契約という事もありえます。

『他の引越し業者だったら同じ引越し条件でも、もっと安く引越しができたのに…』と後悔しないようにまずは裏ワザを試してみてください。
時間もお金もムダにせず引越し料金が安くなってしまう裏ワザ、試す価値ありです☆

管理人ヒロが繁忙期でも引越し料金を安くできる裏ワザ伝授