引越し業者まとめ集 知らなきゃ損!引っ越しの梱包資材のアレコレ

梱包資材について

引越しをする時の必須アイテムと言えばダンボールなどの梱包資材。

引越し業者でもらう、または購入できるダンボールは引越し業者によって同じMでも大きさは異なります。

正直ダンボールのサイズはさほど重要ではないですが(笑)

  • 最大でもらえる枚数
  • 回収にかかる費用
  • 無料レンタルができる特別な梱包資材

についてもまとめてみたので目を通してみてください!

また、梱包資材にかかる費用を節約するため、梱包資材を安く集める方法・処分するコツなども併せてご紹介します。




引越し業者のダンボール大きさ徹底比較

ダンボール

引越し業者でもらえる・購入できるダンボールにはサイズがあり、各引越し業者によって大きさや名称が異なります。

ダンボールのサイズと引越し業者のオススメポイントなどを併せてご紹介したいと思います!

サカイ引越センター

契約が決まった際にはプランにもよりますが、ダンボール大・小合わせて最大50枚まで無料でもらえます。

奥行 高さ
小サイズ 35㎝ 32㎝ 34㎝
大サイズ 52㎝ 35㎝ 34㎝

サカイ引越センターはダンボールなどの資材回収に費用がかかり、1回/1,000円なので、なるべく資材回収は1回で済むように荷解き頑張りましょう!

アート引越センター

アート引越センターは通常のダンボール箱の他にハンガーBOXやふとん袋、和ケースやリリーフBOXなどがあり、オリジナル梱包資材の種類が豊富です。

奥行 高さ
Sケース 35㎝ 35㎝ 35㎝
Mケース 50㎝ 35㎝ 35㎝

サカイ引越センター同様、ダンボールは最大50枚まで無料でもらえます。

日本通運

単身引越しが人気の日通では単身引越しの際に便利な資材セットがあり、Sサイズ4箱、Mサイズ6箱、クラフトテープ、ふとん袋が1セット/¥2,800(税抜)で販売されています。

奥行 高さ
Sサイズ 34.3㎝ 34.3㎝ 34.3㎝
Mサイズ 51.7㎝ 34.3㎝ 34.3㎝

日通は国内に約400ヵ所の支店を持ち、ネットワークが充実しているため長距離引越しが比較的リーズナブルです。

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスは大手宅配業者クロネコヤマトが運営する引越し業者。

通常の引越しではダンボールの他に、食器用の梱包資材やビニールひも、色テープなどの専用資材も用意してもらえます。

奥行 高さ
ケース小 43㎝ 35㎝ 31㎝
ケース大 60㎝ 35㎝ 31㎝

単身者に人気の単身引越サービスは通常のプランとはダンボールのサイズが異なります。

奥行 高さ
単身引越サービス用 35㎝ 43㎝ 31㎝

CHECK
単身引越サービスのように専用のコンテナBOXに積み込む場合は、自分で用意するダンボールのサイズに注意。

ハート引越センター

中小引越し業者の中では資材の種類が豊富なハート引越センターは、ハンガーBOXや和装用ダンボールの用意もあります。

無料でもらえるダンボールも大手引越し業者と変わらず最大50枚までとなっています!

奥行 高さ
Sダンボール 39㎝ 34㎝ 31㎝
Mダンボール 49㎝ 38㎝ 35㎝

オプションサービスも豊富で不用品の無料回収サービスなどもありますよ。

アーク引越センター

大手引越し業者の中では規模の小さい引越し業者ですが、ギネスに認定される程広いネットワークで迅速な対応が期待できるアート引越センター。

ダンボールは最大50枚まで無料でもらえます。

奥行 高さ
Sサイズ 42㎝ 27㎝ 31㎝
Mサイズ 58㎝ 31㎝ 33㎝

アーク引越センターもタンスパットやジャバラ式パットなど、オリジナル資材を用意しています。

桐ダンスがある場合には手の油で汚れないように手袋を着用し、エアーキャップ・オリジナルタンスパットで二重に梱包してくれます。




オリジナル梱包資材がある引越し業者

最近は独自の梱包資材を扱っている引越し業者も増え、環境に配慮したもの、時間や手間を短縮できるものがあります。

引越し
食器を紙に包む作業も、靴を箱に入れる作業もいらないから手間が省ける~♪

ただし、大手引越し業者でも数に限りがあるため、特に繁忙期はレンタルできない可能性があります。

また、距離やエリアによってはレンタルできない事もあるので、利用希望の場合は必ず見積もりの際に確認をしてください。

サカイ引越センター

サカイ梱包資材画像引用:サカイ引越センター

家財道具の梱包用にサカイ引越センターが業界初となるキルティング素材の梱包資材を使用しています。

シューズBOX 2箱まで無料リース
ハンガーケース 5が個まで無料リース
らくらくパンダBOX 食器専用。一部対応不可な食器、利用不可なコースあり

アート引越センター

エコ楽ボックス画像引用:アート引越センター

アート引越センターと言えばエコ楽ボックス!
エコ楽ボックスは荷造り・荷解きにかかる手間や時間を省けるリユース資材です。

エコ楽ボックスのメイン資材の食器ケースは食器を包む紙が不要なので、引越し後のゴミが格段に少なく済みます。

シューズケース 最大16足収納
ハンガーケース 幅55.8㎝、奥行49.9㎝、高さ97.2㎝
テレビケース 不織布使用で、キルティングや毛布によるチリやホコリなどの侵入の問題ナシ
食器ケース 内箱の仕切りは食器のサイズに合わせて11種類
照明ケース シーリングライト専用ボックス。S・M・Lの3サイズに対応
リリーフBOX 家具のビス・家電製品のリモコン、ネジなどを梱包

日本通運

日通梱包資材画像引用:日本通運

日通にも環境を意識したオリジナル梱包資材、えころじこんぽがあります。

作業の所要時間は通常の箱詰めの約3分の1という事で、忙しくて荷造りの時間があまりとれないという人にはピッタリですね!

シューズボックス 自分で簡単組立
ハンガーボックス ワイシャツ約15枚収納。数種類あり
テレビボックス 薄型・32~42型対応
食器トランク 中がウレタン素材の食器用トランク

通常のダンボールの代わりに小物類を収納できるプラコンという大小2種類のケースもあります。

やさか引越センター

やさか梱包資材画像引用:やさか引越センター

やさか引越センターでは無料サービスのダンボールやテープ類の他に、要望があればシューズBOX、食品BOX、床の傷防止用家具フェルトを無料で用意してくれます。

シューズBOX 14足収納
ハンガーBOX 約10枚収納
食品BOX 1.5Lのペットボトル収納可能サイズ

食品BOXがあれば冷蔵庫の中身が使いきれなかった際に、ある程度は保冷したまま新居まで運べるので飲み物などは冷たい状態で持って行く事ができますね。

CHECK
自分たちでクーラーボックスを持っている場合は、氷を入れるなどすれば食品BOXと同じように新居へ保冷したまま冷蔵庫の中身を運べる。


ただ、食品BOXやクーラーボックスを使っても、ナマモノは腐る可能性があるので引越し前になるべく使いきるようにしてください!




引越しの梱包資材を安く手に入れる方法

引越しに欠かせないダンボールは、一般的に、

  • 一人暮らし:約10~15枚
  • 4人家族 :約40~50枚

が、必要枚数と言われています。

基本的には無料サービスとして引越し業者からもらえますが、単身引越しなどの格安プランの中にはダンボールが無料サービスになっていないものも。

もちろん引越し業者で購入する事もできますが多少割高です。

荷物の少ない単身引越しや、何枚かダンボールが足りないという場合は引越し業者以外で調達する事も検討しましょう!

家電量販店、ドラッグストアなどでもらう

家電量販店やドラッグストアではご自由にどうぞとダンボールが置かれている事は少ないですが、店員にダンボールがほしいと一声かけてみましょう。

引越し
ほとんどのお店で快くダンボールを無料で譲ってくれると思います。

もしもスーパーでもらうという場合は、野菜が入っていたダンボールだと土汚れや水濡れで強度が下がっている可能性があるのでなるべく避けた方が良いです。

CHECK
ペットボトルやトイレットペーパーなどが入っていたダンボールは丈夫なのでオススメ。


また、引越し業者の用意するダンボールではない場合、サイズなどにバラつきがあるので専用コンテナボックスに積み込むプランなどは注意が必要です。

ホームセンターで購入

店舗やサイズによって異なりますが、小さいものなら150円程度から購入できます。

ダンボールが何十枚も必要な引越しの場合は無料である程度の枚数を引越し業者がくれると思います。

引越し
少し足りないな~という時などに便利ですね。

また、ホームセンターで単身引越し用の梱包資材セットなどが販売されていますが、割高なので必要なものだけを単品で購入した方が安上がりな場合もあります。

引越し業者にもらえないか聞いてみる

基本的に引越し業者からもらうダンボールは新品ですが、使用済みのリサイクルダンボールなら無料で追加してもらえる事があります。

誰かが使ったものはイヤという人もいると思いますが、あまりにも汚れている、強度が低くなっているものに関しては再利用の対象になりません。

引越し業者がきちんと選別しているので心配ないです。

引越しのダンボールはガムテープの貼り方で強度アップ

お店でもらったダンボールも引越し業者のリサイクルダンボールも、ひと手間加えて強度をアップすれば比較的底が抜けにくくなります。

通常引越しの際のダンボールはガムテープを底面にクロス貼り(十字)に貼れば十分で、とにかくたくさんガムテープを張れば良いというものでもありません。

十字だと心配という人はカタカナのキになるようにガムテープをキ貼りに張ってもOK。
ダンボール強度

作業員がパソコンなどを梱包する際にダンボールの底を頑丈にするために、ガムテープを米のような形に貼る事がありますが、自分たちで梱包する分には必要ない貼り方です。

そもそも荷物は底が抜ける程詰めるものではないです。

CHECK
自分で持ち上げられる程度の重さが目安。


また、ダンボールを止めるガムテープはクラフトテープよりも布テープの方が丈夫ですが、引越し業者でもらえるガムテープのほとんどはクラフトテープなので、やはり中身を詰めすぎない事が1番です!




引越し後ジャマになる大量のダンボール処分方法

引越し後に大量に出る空のダンボールを処分するには、

  • 資源ゴミの日に出す
  • 引越し業者に回収してもらう

という方法があります。

ただ、引越し業者に引き取り依頼したいけど、都合が合わない、有料だったという経験がある人もいると思います。

CHECK
依頼した引越し業者のダンボール以外は回収してもらえない場合があるので、自分でダンボールを用意しようと考えている人は要確認。


引越し当日に回収、後日引き取りと引越し業者によって回収方法も様々ですが、引越し当日に全てのダンボールを開梱するのは難しいですよね。

もしも引越し業者に回収をしてもらうのが難しい場合は、色々な場所に設置してある資源回収ボックスを利用しましょう!

引越し
自分の住んでいるエリアの近くにあるかどうかインターネットで調べる事ができます。

利用可能時間なども併せて掲載している市区町村が多いので時間も確認しておくと良いですね。

専門業者が設置している資源回収ボックスなら24時間いつでも処分OKというところもあるので、こちらもインターネットで検索してみてくださいね。

資源ゴミの日にダンボールを出す際の注意点

大量のダンボールでゴミ捨て場が溢れると、ご近所さんや回収業者に迷惑がかかってしまいます。

引越し業者に回収を依頼する時もですがダンボールは畳んで、できればヒモなどを使ってまとめておきましょう!

自治体になどによってゴミの出し方も異なるので、引越し先のゴミの出し方や曜日など間違えないように気を付けてください




引越し業者の梱包資材は進化途中

エコ2

環境に配慮した梱包資材を用意する引越し業者が増えていますが、その理由の1つとして引越し後のゴミを削減するという目的があります。

引越しでは食器類などの割れ物を包んだ紙や、壊れやすい物をカバーするためにダンボールに詰めるプチプチなどの緩衝材が結構な量のゴミに…。

引越し後のゴミを減らす事は環境だけではなく、自分にも大きなメリットになりますよね。

特に、食器用のケースは荷造りの際に割れ物を包む手間が省けて、時間短縮もできる優れもの!

引越し
食器ケースはTwitterでも高評価なツイートが目立ちます。

大手引越し業者でさえエコ資材は数に限りがあるという状況ですが、ほとんどの引越し業者で無料レンタルできるので、見積もりの際には是非問い合わせてみてください!