引越し業者まとめ集 女性の引越しスタッフってどう?

引越しは基本的に搬出と搬入の際に立ち合いが必要です。

一人暮らしの女性や家族が仕事のため、主婦が一人で立ち合いという事も多いですよね。

女性の依頼者の中には、

  • 引越し業者の男性スタッフが家に入ってくる事に抵抗を感じる
  • デリケートな荷物を男性に触られたくない

という人もいると思います。

特に、引越しが初めての場合は心細く感じるかもしれません。

そんな時、引越しのスタッフが女性だったら良いのにと考えた事はありませんか?

引越し
引越し作業をするスタッフの中には、男性だけではなく女性のスタッフもいますよ~。

引越し作業を女性スタッフが行ってくれるレディースプランなどもあり、引越しは力仕事とは言え、女性も活躍できる業界でもあります!

ただ、やはり男性スタッフに比べると、女性スタッフは少なく、対応できる地域や荷物の重量制限などもでてきてしまいます。

女性ならではの細かなサービスなどは期待できますが、引越し費用は一般的な引越しより割高になると考えておきましょう。



引越し業者に女性スタッフがいるって本当?

引越しは大型の家具家電など大きくて重たい荷物を運ぶ事がほとんどですよね。

そのため、必然的に力のある男性スタッフがメインになっていますが、女性のスタッフもいるのです!

スタッフに女性がいると、一人暮らしの女性などは心強いですが、気になるのはどの程度まで作業ができるのかという部分ですよね。



引越し業者作業員の引越し当日の流れ

基本的に引越し当日に作業スタッフがやる事は下記のような流れとなります。

旧居で家具や家電など大物の梱包

荷物をトラックへ運ぶ搬出作業

旧居から新居への荷物の輸送

新居へ荷物の搬入

家具家電などの配置・セッティング

他にも搬出・搬入の際に建物の壁や床に傷を付けないための養生や、小物類の荷造り・荷解き、ご近所への挨拶などもありますね。

上記の一連の作業をアート引越センターのレディースパック、SGムービングのレディースムービングというプランなら、女性スタッフだけで行ってくれるのです!

参考:アート引越センター 女性スタッフQ&A

引越しの男性スタッフに抵抗がある女性の依頼者は少なくないです。

一人暮らしの女性なら、余計不安に感じると思います。

hikkoshihiro
新居の住所まで知られていると思うと、ちょっと不安ですよね…。

でも、レディースパックなどは女性スタッフが担当してくれるので不安な気持ちも和らぎますよね!

ただし、どちらのプランもエリア限定のサービスとなっています。

また、作業内容によっては女性スタッフだけで対応できない場合があります。




女性スタッフがいる引越し業者は他にもある?

女性スタッフがいる引越し業者もありますが、基本的には荷造りなど細かい作業がメイン。

引越し作業の全てを女性スタッフが行う引越し業者はほぼないのですが、女性スタッフがいる引越し業者はアート引越センター以外にもあります。

  • アーク引越センター
  • アップル引越センター
  • ベスト引越サービス
  • ハロー引越センター
  • LIVE引越センター
  • ヴォイス引越センター


などがあり、大手引越し業者でも女性スタッフは基本的に梱包作業が担当となります。

また、時期によって大幅に募集をかけている場合があるので、アルバイトの女性スタッフもいると思います。

特に引越し業者が忙しい時期は、作業に慣れていない女性スタッフにあたる可能性もあるという事は考えておくと良いです

引越し
ヴォイス引越センターで、引越しの流れが動画でわかりやすく紹介されていました!

ヴォイス引越センター引越の流れ

女性スタッフも出演しているので、女性スタッフの仕事をイメージしやすいと思います♪



女性スタッフだけの引越しは割高

レディースプランは通常のプランよりも割高。

女性スタッフは男性スタッフに比べ、力仕事をスムーズに進めるのが難しい事もあります。

例えば、男性スタッフ1人で運べるものも、女性スタッフだと2人いないと運べないという事もありますよね。

人件費は引越し業者によって異なり、『作業スタッフ追加:1人/○○円』と決まっています。

引越し料金には人件費も含まれますが、増員すればその分の人件費が発生するので、女性スタッフのプランが割高な理由の1つと言えます。

また、運搬作業をこなせる女性スタッフはレアな存在のため、そういった点も割高になる要因と言えると思います。

でも、わざわざレディースプランなどが用意されているという事は、他の作業も女性スタッフにお願いしたいというニーズが増えている証拠です。



女性スタッフ引越しプランのメリット・デメリット

引越しと言うと力仕事で男性社会のイメージが強いですが、最近は女性もかなり活躍できる業界になってきました。

梱包作業などはもちろん、コツさえ掴めば大きな家具家電を男性スタッフと同じように運ぶ事もできます!

【メリット】
・女性ならではの気配り・気遣いがある
・女性の一人暮らしの引越しでも安心感がある

【デメリット】
・対応できる地域や荷物の重量制限がある
・女性スタッフが希望日に確保できない可能性がある
・通常の引越しより割高

女性スタッフのみでは難しい作業などもあるため、女性スタッフのプランでも男性スタッフが来る事もあります。

完全に女性スタッフのみとはならない場合があるので、見積もりの際にしっかりと営業担当者と確認してください。

また、いくらコツを掴んでいると言っても、作業効率が下がる可能性も…。

ただ、それでも人によっては女性スタッフに依頼する価値は十分あると思うので、女性スタッフにお願いする場合は当日時間に余裕を持たせてくださいね♪



引越しの女性スタッフはまだまだ少ない

引越し業界にも女性は増えていますが、半数以上が男性というのが現状。

繁忙期は普通に予約をとる事さえ難しいので、女性スタッフにお願いしたいとなると、1ヶ月前の見積もり依頼は必須となります。

そもそも女性スタッフは基本的に梱包作業など、細かい作業をメインとしている引越し業者がほとんど。

男性スタッフと同じように荷物の運搬作業をする女性スタッフは更に少数です。

そういった部分も含め、女性スタッフのみの引越しは金額も少々割高になっています。

ただ、一人暮らしの女性の中には男性スタッフが家にあがる事に抵抗がある、男性スタッフに新居の住所を知られたくない、男性が苦手という人もいると思います。

安心を買うという意味で、引越し料金が高くても有名な引越し業者に依頼する人もいるように、女性スタッフを指名するのも同じような思いからではないでしょうか。

引越しスタッフに不安を感じている一人暮らしの女性には是非体験してもらいたい引越しプランです!

画像引用:引越し達人

  • 入力30秒で見積もり依頼!
  • 引越し料金なんと最大55%OFF!

最短30秒で見積り依頼

画像引用:SUUMO引越し見積もり

  • 電話番号の入力は自由!
  • 気になった業者を自分で選べる

メールでまとめて見積もり依頼