引越し役立ち情報コレクション 家族引越しのお祝いに皆がもらっているものって?

引越しをした方にお祝いの品をプレゼントする際に一体何をあげれば良いのか、結構悩まされる問題ですよね。
私たちも友人の引越しのお祝いにあげるもので相当悩みました…

友人好みのものが良いか、無難なものか、それとも思いきって欲しいもの聞いちゃう!?なんて主人とも話した記憶があります。

もちろん欲しいものを聞いてしまうのが1番ですが、サプライズ的に用意してより一層喜んでもらいたいという思いもありますよね(*´ω`*)
ちなみに私はサプライズしたい派です…笑

ただ、引越し祝いには相応しくない贈り物などお祝いにもちょっとしたルールがあります。
絶対にダメという事ではありませんが、知識として覚えておくと良いかもしれません!

引越しのお祝いにもらったもの

皆さん引越しの際に現金、時計、食器、食べ物、電化製品などなど色々なものをもらっていますね~。
変わり種ではデジタルフォトフレームやペットゲートなどもありました。

プレゼントをもらう側としては好みも実用性も兼ね備えているものが1番嬉しいです。
でも、実際に好みも実用性も兼ね備えているものというのは難しいですよね…

せっかくなら相手に喜んでもらえるものを用意したいと思うので、私は事前に欲しいものを聞いてプレゼントするのはありだと思います!

では、早速皆さんが実際にプレゼントされたものを見てみましょう♪

【30代:女性】
引越しをした際、親戚から頂いたお祝いは鏡でした。全身が映るような大きな物です。今、その鏡は玄関ホールに壁掛けで置いてあります。玄関に鏡があると身だしなみチェックに便利で良いですね。引越し祝いにかさばる全身鏡を贈るというのはお互いに気を使うものですが、普段から連絡を取り合っている親戚の方だったのでこちらの都合とのミスマッチもなく、嬉しいお祝いになりました。
【30代:女性】
妊娠したタイミングと重なった事もあり、それまでは各々で持っていた家電を持ち寄っていましたが、家族も増えるので買い換えよう!と主人の両親が、洗濯機と炊飯器を一緒に選んで購入してくれました。これ以上ない実用的なお祝いで非常に重宝していますし、経済的にも非常にありがたかったです。
【40代:女性】
キャニスター、現金などをいただきました。キャニスターは私の両親から。新築の家だったので新しくておしゃれな雑貨で嬉しく思いました。現金は5~2万円頂きましたが、新生活の備品を買うというよりもご飯食べに行っちゃったとか、そんな感じで無くなっていったので臨時収入的な感覚で引越し祝いを貰った気がしませんでした…
【40代:女性】
以前から欲しいと思っていた物で、自分で購入するにはちょっと高いと思っていたギャッベの玄関マットをいただき、とても嬉しかったです。デザインもシンプルで素朴ながら玄関のアクセントになって、新居に華をそえてくれました。いつも目にするのもなので、気に入った物をいただけてありがたいです。
【30代:女性】
ホットプレート。持っていなかったので大変うれしかったです。実際にお好み焼きやたこ焼き、焼き肉と日々の料理にも大活躍しています。少し値がはるプレゼントだったので申し訳ない気持ちにもなりました。後日にきちんとお礼をしようと思いました。
【30代:女性】
とてもかわいらしい食器をもらったので嬉しかったです。使いやすいサイズの物で、これから色々な料理で活躍してくれそうです。食器が欲しいなと思っていたので、ちょうど良いタイミングでお祝いをもらう事ができました。
【50代:女性】
数年前、人生で始めて新築の一戸建てを購入し、家族で引越しをしました。念願の一戸建て、ピカピカの新居での新たな暮らしに、心はわくわくでした。ただ、以前の住まいから持ってきた照明があまりにも古ぼけていて新居に不釣合い。そんな折、親友が新しい照明をプレゼントしてくれました。センスの良いライトを選んでくれてとても嬉しかったです。
【30代:女性】
親友から前々から欲しがっていた観葉植物をもらいました。ドラセナのマッサンゲアナという種類で1万5千円ほどする物です。欲しがっていた物ですが、前の家では置く場所があまりなかったので引越しの際に友達が用意してくれていてすごく嬉しかったです。
【30代:女性】
別に催促した訳ではありませんでしたが、以前、犬がキッチンに入りたがり、危なくて困っていると愚痴をこぼした事があって、引越しをしたらペットゲートを購入したいと言っていた事を覚えていてくれた事がとても嬉しかったです。
【40代:女性】
何組かお祝いをいただきましたが、その中で一番嬉しかったのがプリザーブドフラワーです。シックな感じの玄関にしたので玄関が一気に華やかになり生花とは違った魅力がありました。半永久的に飾っておけるのも気に入っている点です。
【30代:男性】
グラスセットを頂きました。一人暮らしから結婚して夫婦生活に切り替わるタイミングだったので来客を想定した食器などは持っていませんでした。頂いたグラスセットは4つ同じデザインのものが入ったセットだったので来客に出す際に統一感がでるので今でもよく使っています。
【20代:男性】
チョコレートのお菓子をいただきました。お菓子だと家族誰でも好き嫌いなく食べられますし、お返しも返しやすいです。でも一番嬉しいのは私の好きなお菓子をその人が覚えていてくれた事です。
【30代:女性】
3千円程度の花柄の玄関マットを引越す前の土地で仲良くなった友人に貰いました。北欧っぽい落ち着いた素敵な柄で私の趣味にピッタリで嬉しかったです。また玄関は家の顔ですがこれまで玄関マットは節約のために100均のものを使っていたので、引越し先では上等のものを使えると思うとこれから家に人を招くのが楽しみになりました。
【20代:男性】
大好きなドイツのブランドの時計でした。高価な品物ですが、食費を削って捻出してくれたそうです。普段ほとんど会話の無い家族ですが、愛情が存在した事に大きな感動を覚えました。もっと家族を大事にしようと思います。
【40代:男性】
新築マンションに引越しした際に義理姉よりティファールの鍋セットを貰いました。元々お鍋やフライパンなど安物を使用していたためティファールのセットは非常にありがたいプレゼントでした。おかけで料理を作る事が楽しくなりました。
★口コミをもっと見る★

口コミを見ると引越しのお祝いに欲しいものを聞かれてプレゼントしてもらうという人が多いですね。
サプライズ的にいただくのも嬉しいですが、好みではない、使い道がないと言って使われないのは悲しいので、本当に相手が必要としているものを聞いてプレゼントした方が喜ばれるかもしれませんね!

お祝いは品物だけではなく現金でという人も中にはいます。
現金なら間違いないと思いますが、目上の人に現金をお祝いとして渡すのは失礼にあたるという考えもあります。
また、目上の人に引越しのお祝いをする場合、スリッパやマットなど下で使うものは良くないとされるので注意が必要です。

ほかにも引越しのお祝いに絵画や時計を送るのは良くないという風習もあるので、リクエストがない場合はなるべく避けた方が良いですね。

お返しはお祝いの半分程度の値段のもの

お祝いをいただいたらお返しをする人がほとんどだと思いますが、基本的にいただいたものの半分程度の値段のものを用意すれば問題ありません。

お祝い返しは新築ならお披露目会を兼ねて食事を振る舞うというのもありです。
以前は親戚の人たちを呼んで大勢にお披露目するのが一般的だったようですが、最近は大人数を呼んでお披露目会というのは少なくなっていますね。

親戚の人が遠方という事もあると思うので、そこまで大掛かりなお披露目会にする必要はないのかもしれません。

お祝いのお返しが多い時やなかなか決められないという時は、相手に好きなものを選んでもらうカタログギフトがおすすめ。
3千円、5千円などの価格帯で選べるのでお祝いにもらった半分程度のものを用意しやすいと思います☆

他にはお子さんがいるご家庭ならタオルや食品など、あっても困らないものをお返しとして選ぶ人が多いです。

引越し祝いのプレゼントは希望を聞くのがオススメ

引越しだけに限らずプレゼントをもらったら嬉しいと感じる人がほとんどだと思います。
ただ、自分ではきっと使わないだろうなと思うものや、新居に不釣り合いな気がするというプレゼントをもらってしまう事もあるかもしれません…

だからと言って返す訳にもいかないし、ずっと使わずにしまっておくのも申し訳ない気持ちになりますよね。
もしかしたらものすごく奮発して用意してくれたものかもしれません…

時計をプレゼントしてもらったが自分のイメージとは異なるため、プレゼントをくれた人が来る度に時計を付け替えていたという口コミがありましたが、金銭面以外でも相手に気をつかわせてしまう事になります。

そうならないためにも1番良い方法は事前に欲しいものを聞いておく事ですね!
サプライズも良いですが、相手が欲しいと思ったものをあげるのが確実です。

プレゼントを渡す時は何よりもお祝いする気持ちが大切だと思うので、自分の気持ちが伝わるものを用意できると良いと思います( ^ω^ )

    関連記事