引越し基礎知識 引越し用語集 *繁忙期・通常期*

引越し業界にも『繁忙期』があり、繁忙期以外の時期を『通常期』と言います。
基本的に繁忙期は引越しニーズが最も高まる3月~4月、それ以外の5月~2月が通常期となります。

簡単に言うと繁忙期は引越し費用が高くなる時期で通常期は引越し費用が高くない時期です。
ただ、繁忙期はもちろん引越し費用が高いのですが、通常期にも引越し費用が高くなる時期があります…。

まず、引越し費用が高くなるのは引越しをしたい人が増えるからという事を覚えておいてください。

引越しニーズが増えるのは3月・4月の新社会人や進学をする人たちが多い時期。
次に引越しニーズが多いのが8月・9月で、8月は夏休み、9月は転勤が関係しています。

8月・9月は通常期に含まれていますが8月に関しては3月・4月の引越し繁忙期と相場料金は変わりません。
お子さんの夏休みを利用した家族引越しと、転勤などの急な引越しが増える時期なので引越しニーズも引越し費用も高めになります。

また、引越しニーズが多い=引越し業者が忙しく予約が取れないという事なので、遅くとも1か月前には見積もり依頼をしておきたいところです。

特に地域密着の中小引越し業者は元々トラックの台数も少なく、1日に対応できる件数が決まってきてしまうので早めの見積もり依頼は必須です!

中小引越し業者は1日〇〇組限定などオリジナルの格安プランもあり、やはり学生や新社会人など格安引越しがしたい人に人気です。
引越し業者に問い合わせた際に言われましたが、特に限定のプランに関しては1か月前には見積もり依頼をしてくださいとの事でした☆

繁忙期は割増料金発生

引越しの繁忙期3月~4月は割増し料金が発生する引越し業者がほとんど。

割増し価格は2~3割と言われていますが、引越し業者によっては2倍という事も珍しい話ではありません。
3万円でできる引越しが、引越し業者選びを間違えれば6万円になる可能性があるという事ですよね…。

引越し業者のホームページを見るとプランの説明部分に時期による料金加算があると記載されているところも。

中には繁忙期も割増、加算は発生しない引越し業者もありますが、地域密着の中小引越し業者に限られるので予約がとれない可能性が高いです。

でも、繁忙期だからこそ少しでも引越しにかかる費用を節約したいですよね!
繁忙期は引越し料金が高くなりますが、そんな繁忙期でも引越し料金を節約する事はできるのです。

荷物を少なくするなど方法は色々ありますが実は現実的ではありません。

一番良い方法は複数の引越し業者を比較する事!
たった1社の見積もり金額を見ても、本当にそれが適正価格かどうかわかりませんよね。

複数と言っても見積もり依頼は2社程度でも問題ありません。
見積もり依頼をした2社の引越し料金に違いがあるかどうか、どちらの方が安いかがわかれば良いので。

もしも見積もり依頼した2社の提示した金額が1万円と2万円だったら、1万円で作業をしてくれる引越し業者にお願いしたいと思いませんか。

ただし、安ければ良いというものでもないので営業マンの応対やサービス内容なども、しっかりと見ておきましょう!
安かろう悪かろうでは意味がありません…安くて質も良い引越し業者を見極める事がポイント。
そのためには比較検討する事が必要となってきます。

ただ、1社ずつ問い合わせをするのは時間のムダ。
そんな時は複数の引越し業者にまとめて見積もり依頼ができる方法が理想的です♪

私も格安引越しをするために見積もり依頼をまとめてしていますが、時間もお金もかからず本当に便利。
私も引越しは安く済ませたいのでいつも利用していますよ~。

管理人ヒロの格安引越し体験談を詳しく見る