オートバイの引越しの相場料金はどれくらい?

バイクを引越し先に持って行く際に近場なら自分で乗って行く事ができますが、遠方の場合は輸送してもらう必要がありますね。

自転車なら引越し荷物と一緒に運んでもらえる事がほとんどですが、バイクは一緒に運んでもらえない場合もあります。

バイクや車の輸送に関してはオプションサービスとしている引越し業者が多いため、別途費用がかかりますが料金は引越し業者により異なります。

また、単身パックなどトラックをチャーターしないプランの場合もバイクだけ別で輸送してもらう事はできますが、費用がかさむのであまり良い方法ではありません。

バイク輸送の相場料金は1万~3万円

引越しの際に意外と困るのがバイク輸送。
引越し先が近場で自分で乗って移動できる距離なら問題ないのですが、長距離引越しの場合は自分で乗って移動が難しいバイクもありますよね。

都内だと大きさによりますが費用は大体1万~3万円が相場となっています。

トラックをチャーターしているプランを依頼してトラックに積み込む余裕があれば料金内で荷物と一緒に輸送してくれる事も。
ただし、単身パックなど専用BOXに荷物積み切りといったプランの場合、バイクが専用BOXには詰めないので別途費用が発生します。

その際の費用はバイクの大きさにもよりますが3万円前後が相場料金。
専用BOXに積み切りのプランで安くあげようとしても、バイク輸送に3万円もかかってしまうのは損な引越し方法ですね…。

また、バイクの輸送はガソリンが入ったままだと危険物扱いとなり運んでもらえない事があります。

もちろん事前に申請しておけばガソリンを抜いてくださいと言われるので、輸送をお願いする場合はしっかり準備をしておきましょう!

バイク輸送オススメ引越し業者

単身者だと引越し費用を格安にするために荷物量を減らし、専用BOXを利用して混載便で運搬する方法があります。
ただ、車やバイクの輸送はほとんどがオプションで有料サービスとなっています。

例えば、単身者でトラックをチャーターして運搬してもらうプランを選び、トラックに積み込めるスペースがあれば無料でバイクも運んでもらえる可能性はあります。

チャーター便でもトラックが他の荷物でいっぱいになってしまえばバイクだけ別に輸送してもらわなければいけなくなりますね。
バイクだけ別に依頼したとしても1万円以上かかる事がほとんどなので荷物量が少なくてもチャーター便にした方が安い可能性もあります。

単身引越しに特化しているTPO単身引越しナビでは東京都23区隣接1市町村なら10,800円~という原付バイクの引越しプランがあります!
地域やバイクのサイズは限られますが、この金額なら格安と言えると思います。

また、一人暮らしで単身パックなどを利用する人が多いヤマトホームコンビニエンスや日通でもバイク輸送は同時に受注してくれます。

例えばヤマトホームコンビニエンスでは東京から東京の移動で単身引越サービス12,000円~(税別)を利用した場合、バイク(100cc以下)を併せて申し込むと別途料金12,700円(税別)が発生するので合計24,700円~(税別)となります。

他にも運送業者の赤帽なら、小さめの原付バイク程度は荷物と一緒にトラックに乗せる事ができれば追加料金なしで運んでもらう事も可能です!

ただし、赤帽は基本的に作業員が1人のため家具家電などを運ぶ際に手伝う必要があります。
トラックにバイクを積み込むためのアルミブリッジを導入している赤帽もありますが、導入されていない場合は積み込みの際の手伝いは必須ですね。

また、個人事業主の集まりなので、どの赤帽に依頼するかでかなりスキルや対応が異なります。
バイクを安全に輸送して欲しい人は引越し業者におまかせした方が安心だと思います。

バイクのみ送りたい時は専門業者に依頼

引越しの際にバイクのみ送りたい時は少し手間になりますが、引越し荷物とは別にバイク輸送専門の業者に依頼する手もあります。

引越し業者はバイクや車両の輸送を提携会社に委託している事がほとんどで割高になるので、多少手間ですが費用を安くしたいなら専門業者に依頼しましょう!

バイク輸送専門業者に依頼するメリットは専用車がある、補償体制が整っているというところですね!
もちろんスタッフもバイクに関しての知識や技術があるので引越し業者より更に安心しておまかせできます。

バイク輸送オススメ専門業者

埼玉に本社があり首都圏近郊エリアを中心に特別価格でお願いできるI-Lineのアラウンド関東便がオススメです!
埼玉・東京・千葉・神奈川の決められたエリア内であれば格安でバイク輸送が可能です。

例えば、埼玉から東京へバイク輸送を依頼した場合、下記の表の料金となります。

150cc以下 ¥7,000
749cc未満 ¥9,000
749cc以上 ¥13,000

更に埼玉県吉川市にある本社に持ち込みすると1,000円割引に!

バイクだけ送りたいという人は専門業者が良いと思います。
ただし、GW期間は休業、繁忙期は割増などがあるので依頼する前に必ず確認してください。

引越しに伴うバイクの手続きに必要なもの

バイクの引越しも手続きが必要になる事が色々とありますが、バイクのサイズや種類によっても多少方法や必要なものが異なります。

今回は原付バイクの125cc以下のバイクの場合の手続き方法です。

運転免許証の住所変更

運転免許証の住所変更が必要となるので新住所を管轄する警察署・運転免許センターで手続きをします。

必要なもの:運転免許証、住民票、健康保険証など新住所を確認できるもの、印鑑、運転免許証記載事項変更届です。

バイクの住所変更

バイクの住所変更も必要となるので新住所を管轄する陸運局・自動車検査登録事務所で手続きをとりましょう。

同一市区町村内での引越しの場合は転居届を提出するだけで自動的に変更されるので手続きは不要。
住所変更が必要な場合は転出・転入の手続きをしてナンバープレートの交換が必要です。

転出手続き:旧住所地の市区町村役場にナンバープレートを返納し、廃車申告受付書を発行してもらいます。
必要なもの:ナンバープレート・廃車申告書・標識交付証明書・身分証・印鑑
転入手続き:新住所地の市区町村役所へ住所変更から15日以内に手続きを行い、ナンバープレートをもらいます。
必要なもの:住民票の写し・免許証など新住所が確認できるもの・廃車申告受付書・印鑑

上記も代行業者などに依頼すれば手続きを代わりに行ってもらう事は可能です。
パソコンから簡単に申込みができる代行業者もあるので、費用はかかりますが忙しくて時間がとれない人などは検討してみてください。

また、引越しをして新住所地が管轄外になった際に登録変更を行わないと罰金や罰則といった決まりもあります。
実際には罰則など受けた例はほぼないに等しいようですが、期日内に諸々手続きをしておけばなんの心配もありませんね。

引越し業者にまとめて依頼で賢く引越し

引越し時のバイク輸送は近距離なら自分で乗って行く、遠方の場合は引越し業者や専門業者に依頼して輸送してもらいましょう!

バイクの種類によっては長距離引越しも自分で乗って移動する事は可能ですが、原付など小さめの物は長距離だと厳しいですよね。
小さめの物と言ってもバイクはバイクでなので輸送費用は決して安いとは言えません。

50cc以下の原付バイクくらいのサイズなら他の荷物と一緒に無料で運搬してもらえる事もありますが、ガソリンが残っている場合やトラックが他の荷物でいっぱいという場合には断られる可能性もあるので注意です。

中にはTPO引越し単身ナビのように原付バイクの格安プランがある引越し業者もあるので、利用エリアは限られていますがエリア範囲内の人にはオススメです♪

意外と名前も知らない地域密着の小さな引越し業者の方が、リピーターを増やすために作業が丁寧だったり対応が親切という場合も。

ただ、大手引越し業者のように経験不足や研修制度がしっかりしていないという点では多少不安な部分もありますよね…

安心をお金で買うと考えれば大手引越し業者に依頼した方が不安要素は格段に減ると思いますよ。

また、バイクだけ専門業者に依頼する手もありますが、引越し業者に依頼してしまえば窓口は一つで済むので楽ですよね♪

引越し前は忙しい上に他にもライフラインなど様々な手続きが必要になります。
特にお子さんがいるご家庭などは本当に大変ですよ。
一度にまとめて済むならその方が手間も省けるので、面倒くさがりな私は引越し業者にお願いしちゃいますね。(笑)

引越し業者探しもバイク輸送専門業者探しも最初から1社に絞らずに比較検討する事がポイントです。
まずは引越し料金を安くする事を考えて削れる部分は削っていきましょ~!

引越し料金が安くなる理由を詳しく見る